新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

先週行った園芸センターでの話です

2018-01-10 23:27:40 | 園芸センターで写した植物他
寒い日が続いていたが、この日は少し暖かかった。

そんな中、温室の中を物色していると、どこからともなく甘い香りが漂ってくる。









香りの元を探していると、どうも、このシンビたちの中にあるらしい。


あれこれ匂いを嗅いでみると・・・・。









この花にたどり着いた。

値札を見ると「8000円」とある。

匂いはかなり良いが、値段が厳しすぎて手を出せない。









こちらも少し匂いがあるが、あまりよい匂いではない。

これではいくら安くても買う気にはならない。

実際はそれほど安くはなかったが・・・・。









こんな花も売っていたが・・・・。

ラベルには「白い妖精」とある。


これは確か去年買っている。なので、スルーしました。


さて、去年買ったのに、どこに置いてあるのか記憶にない。

明日にでも探さないと。

秋になって室内に収容した記憶はあるので、まだ枯れてはいないはずだが・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またも気まぐれに買ってしまった「七宝珠」   追記と追加の画像あり

2018-01-10 21:24:10 | その他の多肉植物



値段も手ごろで、我が家にある七宝珠とは少し雰囲気が違うので、またも気まぐれに連れ帰ってしまった。


そして・・・・。








改めてよく見ると、葉に斑が入っている。


それだけでなく。








この画像ではイマイチ色が再現できていないが、結構きれいな赤紫色をしている。



で、我が家に前からいる七宝珠。

ほったらかしなので、チョットひどい状態に。

なので、画像は載せません。





追記です。

あることがきっかけで、画像を載せます。






左が以前からある「七宝珠」です。









長らく放置していたので、かなりひどい状態に。



ところで・・・・。

私は「七宝珠」と表示するが、最近は「七宝樹」という人が増えている。

さて、どちらが正しいのか。


実は、ネットが普及する以前は「七宝珠」といっていた。

それを、ネットが普及するとともに「七宝樹」と勘違いする人が出てきて、それが徐々に広がってしまった。

これはほかにも結構あるようで、名前の混乱も起きているのです。

「玉扇」は「タマオウギ」であって、「ギョクセン」とは読みません。


また、一部のネットショップでは「綴化」を無理やり「セッカ」と読ませるところもあります。

「綴化」は「テッカ」と読み、かつては「帯化(タイカ)」とも言っていた。


で、「セッカ」は「石化」と書き、「かつては「獅子化(シシカ)」とも言っていた。


そう、「綴化」と「石化」は別物なのです。


ということで、私は「七宝珠」と書きます。

そして・・・・。

今回買ったのは、葉に斑が入っているようなので「七宝珠錦」のようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加