okashihimeのおやつな生活

   こんなお菓子やあんなお菓子・・・そして、ときどきごはん。

清月堂 かわいいパン屋さん

2018-10-13 21:07:55 | 和のおやつ

 ミニサイズのパン

 なんですが、これ、和菓子なんです 白あんと卵をベースにした桃山製。

 バゲッド、シナモンツイスト?、メロンパン、あんぱんなど。

 こんなかご盛りになってました♪

 あんぱん、中はちゃんとあんこになってた

 もともと白あんの生地なのですが、こしあんをいれてて。凝ってますね!

 「かわいいパン屋さん」(¥880)、ほんとかわいかったです 

 三越限定だったかな?

 

清月堂本店

 

コメント

とらや 二見潟 @赤坂店

2018-10-13 20:35:27 | 和・とらやのおやつ

 10月1日にリニューアルオープンしたとらや赤坂店。早速、いってきちゃいました!

 ガラスと木材に覆われた外観。以前とは全然違う雰囲気ですね。ドキドキ

 1階の入り口を入ると、右手に階段が続いていて。

 吉野の檜が贅沢に使われ、明るく優しい雰囲気!

 ここは、「TORAYA」ローマ字なのね。

 以前は9階建てのビルでしたが、新赤坂店は4階建て。地下1階がギャラリー、1階が入り口&駐車スペース、2階がお菓子売り場、3階が喫茶になっています。

 まずは3階の虎屋菓寮でお茶を。

 赤坂店限定の「二見潟」。 

 朝日が昇る伊勢湾に二艘の帆掛け船。「二見潟」は、伊勢神宮を参拝する前に心身を清める場所のことなんだそうです。

 白い船の部分は淡雪。ふんわりとしたメレンゲを固めたもの。

 3階にはお菓子の御用場があって、ここで赤坂店お菓子をつくっているそうです。

 菓寮は天井が高く開放的 さらに一面ガラス窓で、めちゃ明るい!前の菓寮は地下だったけれど、新赤坂店、最高!お気に入りスポットになってしまった 

 絨毯、ソファー、ポットなどすべて黒で統一。かっこいいー 

 お菓子とお煎茶とのセットで¥1242。 

 テラス席もあるのですが、割と交通量が多い通りなので、ちょっと音が気になるかも。。。

   さて、2階のお菓子売り場。

 このとらやマークは以前の赤坂店のもの。

 こちらも赤坂店限定 

 

  白小豆羊羹「月の暁」(¥3780)。

 白小豆の羊羹!これはゼッタイにおいしい。職人さんも一押しなんだそうです。毎月1日、15日のみの販売で、この日が最初の販売日とのこと。3階の御用場で練り上げているもので密封はしておらず、生菓子と同じく日持ちはしませんが・・・確かにおいしかったです ぴかぴかの白小豆もはいってた

 菓寮も売り場も整理券による案内になって、かなりシステム化されている模様。

 2階には昔の通い箱なども展示してあって、これは「平成のお通い箱」。デザインが現代的

 この黒漆、お菓子が映えるだろうなあ。

 地下1階のギャラリーでは「とらやの羊羹デザイン展」が開催。

 ずらり、見本帳が展示されています。

 「二見潟」もありました!

  この升、羊羹1本分の小豆なんですって。へぇ、意外と少ないような。 

  来年の干支羊羹も 

 赤坂店オープンを記念した限定パッケージの栗羊羹。

 赤坂のど真ん中に、ほんとにこういうお店ができたのかなぁと思っていたのですが、ほんと、そのまんまでした!

 てっぺんにとらやマーク、なんかウレシイ

 設計は、虎屋京都店も手掛けた内藤廣氏。

 1階のガラス越しに、焼印を展示してました!

 あー、楽しかった!

 赤坂店、通いたくなります

 とらやさん、ますます憧れ度、アップです

 

とらや赤坂店

東京都港区赤坂4-9-22  

 

コメント

とらや 空の旅

2018-10-13 00:40:04 | 和・とらやのおやつ

 空港限定といえば!

 とらやさんの空港限定パッケージ 

 前回は夕焼けver.(秋冬)でしたが、今回は青空ver.(春夏)をget

 やっぱりカワイイな、この箱 空の青が、ほんときれい!

 中には、小型羊羹が5本。もちろん、夕空をイメージした空港限定羊羹「空の旅」もはいってますよ。

 1箱¥1300+税。

 高松おさんぽ、最初から最後まで大満足♪ 金比羅山に行けなかったのは残念でしたけど・・・土日だけでも十分楽しめることがわかったので、また機会をみて 東横なかまさん、ありがとうございましたー

 

コメント