gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

坪井お菓子倶楽部

2020-11-22 09:33:07 | 日記

今年も最後の月になりました。予想もしなかった1年だったと誰もが思っていますよね。そんな中、坪井お菓子倶楽部では毎年と同じようにクリスマスケーキを楽しく作っていきたいと思います。家族や身近な人々のありがたさを再認識した昨今、大切な人と特別な日を手作りのお菓子でお祝いできたら素敵ですね。

今年はクリスマスリースをイメージした抹茶のクリスマスリースシューを作ります。シュー生地の作り方、クリームの絞り方を学びます。

→抹茶のクリスマスリースシュー

❤日時    12月1.2.3.6.7.9.10.11.15.16.17.21.22.25.26.27日              10時半~

                         ※9.15.16.17日は残り1名

❤持ち物   エプロン、ハンドタオル、保冷剤、お持ち帰りの袋

 体験随時受け付けています。お気軽にお問合せ下さい↓

   chieko.tsuboi.mn@gmail.com

 

#お菓子教室#さいたま市お菓子#宮原お菓子#アットホームな教室#お菓子作りのなぜがわかる#スポンジ#スイーツ#ケーキ#お菓子作り好きと繋がりたい#クリスマスケーキを習う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスケーキをつくりませんか?

2020-11-09 20:30:47 | 日記

坪井お菓子倶楽部ではクリスマスの体験レッスンを受け付けています。大切な人と特別な日を手作りのお菓子でお祝いできたら素敵ですね。

今年はクリスマスリースをイメージした抹茶のクリスマスリースシューを作ります。

→抹茶のクリスマスリースシュー

❤日時    12月1.2.3.6.7.9.10.11.15.16.17.21.22.25.26.27日              10時半~

                         ※9.15.16.17日は残り1名

❤持ち物   エプロン、ハンドタオル、体験料3500円

お気軽にお問合せ下さい↓

  chieko.tsuboi.mn@gmail.com

 

#お菓子教室#さいたま市お菓子#宮原お菓子#アットホームな教室#お菓子作りのなぜがわかる#スポンジ#スイーツ#ケーキ#お菓子作り好きと繋がりたい#クリスマスケーキを習う

 ■講師プロフィール

 坪井智恵子

 お菓子教室を始めて今年で16年目になりますが、お菓子への興味は今だ尽きることはありません。お菓子に出会えたことが私の「人生最大喜び」といっても過言ではありません。5年前に利き腕の靭帯を切り手術を経験。一時はお菓子作りをあきらめようとまで思いましたが、言葉を忘れかけた認知症の母が、私の作ったお菓子を「満面の笑みで食べる姿」にお菓子が持つ言葉をも超えるパワーを再認識。「お菓子で人を笑顔にしたい」との思いで再出発し、今日に至ります。

 大妻女子大学家政学部卒業後、高等学校の食物科、家庭科の教師として勤務する。その後、東京製菓学校2部で学びながらさいたま市内のパティスリーに勤務 する。その間料理教室のお菓子講師を努める。出産後、自宅でお菓子教室を始める。2009年からは小学生を対象とした「キッズクッキング」を開始する。 2016年より国際パティシエ調理師専門学校 非常勤講師を務める。

  製菓衛生師、調理師、食生活アドバイザー2級、野菜ソムリエ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坪井お菓子倶楽部2020.11

2020-10-26 14:43:08 | 日記

日に日に秋めいているこの頃です。今年は特に夏から秋の移り変わりがはっきりしていたので、より季節感が感じられている気がします。秋は紅葉で緑も色づくし、秋服の色も素敵ですよね。先日秋用のレースのマスクを作りました。ウィズコロナの時代は顔半分はマスクで覆われているので、マスクは重要アイテム。冬マスクはどんなものを作ろうかと今から楽しみです。

今月はマロンとチョコレートのスイーツを2品作ります。涼しくなってくると、濃厚なスイーツが食べたくなってきますよね。秋の夜長にティータイムにも喜んでいただけるスイーツを作ります。

坪井お菓子倶楽部では今月も感染対策に気をつけつつ、楽しくレッスンをしていきます。

<11月のお菓子>

♥マロンのダコワーズ

 ダコワーズとは、「Dax(ダクス)の」、という意味であり、フランス南西部ランド県ダスク地方が発祥といわれています。スペインとの国境にも近いこの地域はスペインの特産品であるアーモンドやヘーゼルナッツを使ったお菓子が多数生まれています。

しっかりと泡立てた卵白にアーモンドプードルを合わせ、粉糖をふった生地を焼き上げる為、卵白の固さがポイントになります。バタークリームの代わりにマロンクリームをサンドして秋らしく仕上げます。

→マロンのダコワーズ

♥チョコレートプディング

湯煎で溶かしたチョコレート、卵黄、生クリームを合わせた濃厚な生地を柔らかく焼き上げたプディングです。ホイップクリームとココアをふって仕上げます。

→チョコレートプディング

 

<今月のお教室>

 ❤日時    11月4.8.14.15.16.17.25.26日     10時半~

 ❤持ち物   タッパーをお持ちください。(体験の方は不要です)

 体験随時募集しています。お気軽にお問合せ下さい↓

chieko.tsuboi.mn@gmail.com 

https://cookingschool.jp/school/tsuboiokashiclub(インターネット上で予約ができます)

 

#お菓子教室 #さいたま市お菓子 #宮原お菓子 #アットホームな教室 #お菓子作りのなぜがわかる #スポンジ #スイーツ #ケーキ #お菓子作り好きと繋がりたい #マロン #ダコワーズ #プディング

 

<ほっと一息>

今月の注文ケーキをご紹介します!

       

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坪井お菓子倶楽部2020.10

2020-10-01 21:20:47 | 日記

10月になりました。あの暑かった夏が思い出せない程、涼しい日常になりましたね。涼しくなるとなぜだかチョコレートや濃厚なスイーツ風が恋しくなります。スイーツ作りの幅も広がりなんだか嬉しくなります。最近はおいしいパンを食べたくて自粛中に凝り始めたパン作りも再開しています。

お菓子教室を始めて今年の12月で丸16年になりますが、まだまだ勉強の日々です。最近は生徒の皆さんにいかにリラックスした状態でレッスンに臨んでいただけるか、が私の課題です。私自身も歌を習っているので、常に習う立場を意識してレッスンを受けています。緊張すると声がでなかったり、うわずったりしてしまします。なるべく自然体で歌に向かえるように心がけています。お菓子作りも同じです。慣れない作業をする時は誰でも緊張してしまいます。余計な緊張は不要です。リラックスしてもらうと手もスムーズに動きおいしいお菓子が作れます。みなさまに今日のお教室は楽しく有意義だった!と思ってお帰りいただけるようにこれからも努力してまいります💪

坪井お菓子倶楽部では今月も感染対策に気をつけつつ、楽しくレッスンをしていきます。

<10月のお菓子>

♥かぼちゃのクランブルパウンドケーキ

サクサクのクランブルをのせたかぼちゃのパウンドケーキです。パウンド生地はバターの代わりに太白ごま油を使っているので、さっぱりヘルシー、濃厚なクランブルとの相性も抜群です。ハロウィンパーティーのスイーツとしても喜ばれます。

→かぼちゃのクランブルパウンドケーキ

 

 

♥りんごのスカッシュ

りんごのコンポートを作り、レモン汁を加えミキサーでひいて炭酸水で割ります。ほんのりピンクのスカッシュに木の葉型のりんごを添えていただきます。

→りんごのスカッシュ

 

<今月のお教室>

 ❤日時    10月2.4.7.11.15.18.25日  10時半~      21日は14時15分~

❤持ち物    20×10×8㎝以上のタッパーをお持ちください。(体験の方は不要です)

 体験随時募集しています。お気軽にお問合せ下さい↓

chieko.tsuboi.mn@gmail.com 

https://cookingschool.jp/school/tsuboiokashiclub(インターネット上で予約ができます)

 

<ほっと一息>

8月末は次女のお誕生日でした。今年のバースデーケーキはレモンのムースケーキにバタークリームで作ったひまわりを飾りました。ひまわりのように周囲を明るく照らす女性に成長していって欲しいとの母の思いを込めています。

→レモンムースのバースデーケーキ

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坪井お菓子倶楽部2020.9

2020-08-27 15:41:53 | 日記

9月になりました。朝夕は涼しい風が感じられるもののまだまだ厳しい暑さが続きます。夏の暑さによる疲れも感じられる頃ではないでしょうか?

コロナ渦でお家で楽しむ方法が注目される中、手作りの良さが見直されていることに頼もしさを感じます。よくお教室の生徒さんから持ち帰ったお菓子がご家族に喜ばれた、という話を聞きます。私にとってこれ以上に嬉しいことはありません。おいしいお菓子は人を笑顔にするパワーを持ちます。そしてそのパワーをこれからもずっと発信し続けていきたいです。

坪井お菓子倶楽部では今月も感染対策に気をつけつつ、楽しくレッスンをしていきます。

<9月のお菓子>

♥季節のフルーツのショートケーキ

日本でなじみの深い苺と生クリーム、スポンジでできた「ショートケーキ」とは日本人が作りだしたものと言われています。アメリカやイギリスには「ショートケーキ」と呼ばれるお菓子があり、苺と生クリームで作られますがスポンジ生地ではなく、パンとクッキーの中間のような生地を土台にしてあります。

日本式の「ショートケーキ」は1922年に不二家が販売したものが最初であるという説もあります。

今月のレッスンでは基本のスポンジ(ジェノワーズ)の作り方、一人1台ずつ生クリームのナッペのコツを学びます。

⇒季節のフルーツのショートケーキ

<今月のお教室>

 ❤日時    9月2.4.6.10.13.17.24.27日     10時半~

 ❤持ち物   15×15×8㎝以上のタッパー、保冷剤をお持ちください。(体験の方は不要です)

 体験随時募集しています。お気軽にお問合せ下さい↓

chieko.tsuboi.mn@gmail.com 

https://cookingschool.jp/school/tsuboiokashiclub(インターネット上で予約ができます)

 

<ほっと一息>

8月中旬に母の誕生日会をやりました。なかなか外出がままならない母の為に、大好きなコスモスをあしらったバースデーケーキを作りました。抹茶のショートケーキにバタークリームで沢山のコスモスを絞り、お花畑に見立てました。

⇒コスモス畑の抹茶のバースデーケーキ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加