はないちもんめであそびましょ

花やハイキングで写した写真のブログです。
毎日は難しいですが、ぼけ防止のために続けます。

三宝下水処理場のあじさい

2019年06月06日 | 花花花
数年ぶりに堺市三宝(さんぼう)下水処理場のあじさいの一般公開を見に行きました。

三宝下水処理場の移転に伴いあじさいたちも移植され新たな場所で大切に育てられています。

以前はやや狭い構内にぎっしりと植えられている感じでしたが、今はその広くなった空間を持て余しているようです。

ひとつひとつの株が充実するにはもうしばらく時間が必要と思いました。































よく見かけるカシワバアジサイです。



これは大きな塊のハーモニー。



ひとつひとつに愛らしい名前がついていますが省略しました。

最後にそれらしい風景を。



我が家のアジサイも。

年々色褪せていくのが悲しい。














コメント (2)

大文字山

2019年05月11日 | 歩きましょう
一昨年の台風の影響で山道が荒れて、山に慣れたはずの知人が京都で遭難しそうになったのを聞いて、京都一周トレイルを自粛しておりました。

更に昨年の台風でも大きな被害があり、京都山岳会の関係者が「京都の山にはしばらく登らないでください」という談話を読んで、自粛を続けておりました。

ようやく何とか整備されたというので、2017年に中途半端に終わっていた京都一周トレイルを再開することにしました。

五山の送り火で有名な大文字山に登り、蹴上まで下るというコースです。

京阪電鉄出町柳駅を出発、銀閣寺を目指します。



途中、京都大学前を通過し、吉田神社前を通り過ぎて、銀閣寺前に到着。





















銀閣寺には入らず



このお寺と神社の前も素通りして登山道に入りました。















火床に到着、好天に恵まれ景色も良好です





ここからさらに頂上を目指します、思っていたより険しい道のりでした。

もちろん登山道は整備されていましたが、途中倒木がたくさんあり、台風の被害の大きさを改めて思い知りました。





下りは更に厳しく、本道のほかに踏み固められた道がいくつもあり、標識も少なく何度か迷いそうになりました。





ここまでは順調でした。



ここもオーケーと思いました。





ところが着いたところは蹴上駅では無く南禅寺の水路閣でした。



10分ほど歩いて地下鉄蹴上駅から帰路につきました。



ようやく京都一周トレイルを再開しましたが標識などで不安が残りました、遭難する前にもうやめようかな。


コメント (2)

神戸北野異人館街

2019年04月30日 | 歩きましょう
夫は仕事で何度も神戸に来ていますが北野異人館街は初めて、

私は二回目ですが20年以上前なのでほとんど覚えていません。

まずは阪急神戸三宮駅からスタートです。





恐らく枠で固めてられていてそのまま育ったのでしょう、この通りの街路樹の根はみんなこんな風でした。



通りにチューリップの花びらなどで花絵を作っていました。



北野異人館街の雰囲気を楽しみながら歩きました。











ほとんどがレストランや結婚式場などになっていましたが、

中には個人のお家にもプレートが貼ってありました。



お寺の塀越しに見えた龍の彫刻です。





歩きながら「年を取ってから坂の多いところは住みにくいね」が正直な夫婦の感想です。



本日の目的地南京街に到着、夫が遠方から来る友人の接待のための下調べです。







目に留まった中華料理店で下見を兼ねて食事をし、外に出ると通りは人ごみで身動きできない混雑になっていました。

改めて連休中は外出しないのがベストと思いました。

ようやく混雑を抜けてJR元町駅に到着。



駅前のイペ(コガネノウゼン)の花



駅前交番





やっぱり連休中はおとなしくするのが一番です。








コメント (2)

神戸市立森林植物園

2019年04月26日 | 歩きましょう
行って来ました。

ず~っと前から行きたかったところです。

神戸高速線北鈴蘭台駅から無料バスが出ています。

ワンマンカーの車掌さんの代わりにマスコットのぬいぐるみ発見。





駅から歩くと40分ほどだそうです、バスの発車まで30分以上あります。

歩こうと思いバス停の前を掃除していたおばさんに森林植物園の方向を聞いたら、「バスがあります」と。

次いで「遠いですか?」「遠いです」

不愛想なおばさんでしたがすぐにバスで行って良かったと思いました。



ミツバツツジにも色々な種類があるのですね。





シャクナゲかと思ったらエゾムラサキツツジでした。



小さな花シロバナウンゼンツツジ



今度こそシャクナゲ











山歩きをしているような植物園のほんの一部を回ってきました。



コメント

熊野街道信達宿のふじまつり

2019年04月20日 | 花花花
昨年から楽しみにしていました。

今年は開花が遅れているそうですが見事な藤の花に出会えました。

個人の庭で大切に育てられた樹齢39年の藤の一本の木から4万を超す花房が咲いています。

先代の当主が亡くなった後もご家族と地域のボランティアが大切に守り育て毎年「ふじまつり」で一般に公開しています。

JR阪和線和泉砂川駅下車、「ふじまつり」に向かう人がぞろぞろ歩いています。







お庭ではミニコンサートが開かれています。



デッキが作られていて藤棚を上から見ることが出来ます、なかなか見られない景色です。





まさに藤の花の海でした。





「ふじまつり」を盛り上げるお店も多数あり、ウィンドウショッピングしながら歩きました。

信達稲荷神社、信達宿常夜灯





本陣跡、こちらも「ふじまつり」期間中のみ公開されており普段は28代目当主ご一家が生活されています。

代々伝わるお品や家宝を拝見出来ました。



最後に長慶寺(真言宗)にお参りしました。





















鐘楼から関空が見えます。



ここでもボランティアの方が活躍していて「アジサイも見に来てください」と。










コメント (2)