オマエ、どんだけ寂しがりなんだ...

と、他人に言われるけど、みんな同じでしょ?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初めての「山の日」は立山室堂でテント生活!(雷鳥沢キャンプ場) ~ 2日目 [奥大日岳]

2016年08月28日 11時41分09秒 | いった>山


■日程
0日目: 出発、東京~室堂
1日目: 室堂、浄土山、龍王岳、一ノ越、雷鳥沢キャンプ場 +雷鳥
2日目: 奥大日岳
3日目: 休息日(みくりが池温泉)
4日目: 劔御前小屋、別山、別山北峰 +雷鳥
5日目: 雷鳥沢キャンプ場、室堂、下山


つづき。


さて2日目。当初計画では、「別山に登って剱岳を眺める」ってのが今回のメインで、天気が良ければ2日目に決行!だったんですが、昨日の浄土山で結構疲れたなーというのが正直なところ。ぶっちゃけ足も痛いし。

ということで、周囲の身支度の音で5時過ぎには目が覚めたものの、テントの中でウダウダごろごろ。

行こうかな~、止めようかな~
足いたいしな~、日程もまだたっぷりあるしな~
でも、せっかく来たのにもったいないよな~
天気もいいよな~、早起きもできてるしな~
どーしよっかなー、うーーーーん・・・


なんて思いながらひとりシュラフの中でゴネてたらあっという間に7時過ぎ(汗
前日炊いたご飯がまだ残ってたので、フリーズドライのお味噌汁に乾燥野菜をおりゃー!っと投入。不思議なもので暖かいもの食べると元気になったりして、テントの外へでる気になり、一気に気分前向きに。「折角だから少し歩くか!」と。

まあ疲れてたのもあり、出発も遅くなったので、今日は様子見で奥大日岳に行くことにしました。立山を背に富山湾の方へ戻るような方向です。別山とは反対側の剱岳が見えるハズなので、のんびりいこうと。

おにぎりを作って剱岳をみながら食べるのを楽しみに、いざ出発。

最初は木道を歩く気持ちの良い道。花も沢山でブルーベリーなんかも見つけました。その後稜線までの登り。ここが唯一大変なだけで、稜線まで出てしまえばあとは景色もよく気持ちよい歩きとなります。昨日バスで登ってきた道が見えるし、ずいぶん下る感じになるんだなーと。立山三山を少し引いたところから見えるのもステキです。

で、剱岳が見えるようになり、稜線を進むとだんだんとその隠れていた姿が見えるようになってきて、また眼下には雪渓もあったりして楽しいです。雪渓からあがってくる風は明らかに涼しい(むしろ寒いw)ですね。

で、景色の良いところで持参したおにぎりを食べて休憩して、来た道を戻ります。やっぱり足が痛いな~。昨日の疲れが残っているというか、日頃の不摂生がたたっているというか...

足の痛さがホントきつくて、怪我しないように、ゆっくりゆっくりとおりてきて、それでも奥大日岳のピストンなら時間的にはかなり余裕あり。早めのお風呂&ビールで満足し(これが毎日の目的ともいうw)、テント場に戻って明るいうちから夜の宴。ベーコンやソーセージを焼いて、チーズにからめて飲みながら、オイルサーディンなんかも出しちゃって、これもつまみながらまた飲んで。最後はパスタからめて食べたら、お腹もすっかり満足してテントへ転がり込む。もう少しだけと思ってウィスキーをチビチビ飲みながら、眠くなったので就寝。恐らく19時くらいだったと思います(笑



寒くてテントの中で食べたので色がテント色(オレンジ)ですが、これを食べるまでが長かったw



さて出発。



こっちですね~。右に行くと昨年下ってきた大走りだね... きつかったなぁ(遠い目



こんな感じの道をスタート



今日は左です。別山いくなら右!



チングルマが沢山。かわいいねー



ブルーベリーみたいな実だなーなんて思ってみてたら、すれ違った人が「ブルベリーだよ!上にも沢山あるよ」と教えてくれた。(上では実が付いているのはほとんど見つけられなかったが...)



振り返ってテント場から続く木道。ここまでは気持ちよく散策な感じ。花も多いし、気持ち良い。ここから稜線まで登ります。ゆっくりゆっくり30分ちょいくらい?



稜線につきましたー!右にいくと、稜線伝いに剱御前小屋。その先が別山ですね。今日は左です!



稜線はこんな感じで気持ちよいですー!ほとんどアップダウンも気にならず。



谷の向こうに見えるは立山高原ホテル(手前)と天狗平荘(奥)。結構手前まで来たんだなー



地獄谷の向こうに立山。こういう景色もいいなー♪



ということで、剱岳みえたーーー!



持参したおにぎり(自作に付き美しさは問わないw)でランチ休憩!



歩いてきた稜線を戻ります。平らなところでも足がダルイし、くだりなんて論外だし。うーん、ちょっとこりゃダメだなー




花が綺麗ですねー。例によって名前はよくわかりませんがww(と良いながら撮影のフリをして休憩)



なんとか無事降りてきました!川の水も冷たくて美味しい(自己責任)!



テントで荷物を置いて、そそくさとお風呂へ。お風呂でゆっくりするぞーーー



生ビーーール!うましっ!言うことなしっっ!!



テントに戻って宴開始!ジュウジュウ焼いて良い匂い!やっぱりベーコン美味しい!



つまみ用にもってたチーズを溶かして絡めて食べる!脇を通る人に「やばいー!良い匂いーっ!」と言われてドヤ顔になったのはナイショw



続けてはオイルサーディン!定番ですね!鷹の爪を追加投入して、ホジホジしながらビールをグビーーーッ!ウィスキーもいっちゃえー!



シメはパスタ投入してーーー!満足。



まだ明るいけどぉ、気持ちよく酔っ払ったしぃ、テントに転がり込んで、もう1杯のんで轟沈!



■タイム

5:00 目が覚める(もウダウダ)
7:00 諦めてテントを出る
8:00 朝ご飯食べて行く気になり、昼のおにぎりのためのご飯を炊く


10:00 出発
10:30 木道から登りへ
11:00 稜線
12:30 奥大日岳
13:00 下山開始
13:45 雷鳥沢(キャンプ場の下)到着


15:30 風呂(雷鳥沢ロッジ)
17:00 夜の宴
18:15 テントへ転がり込む


(つづく)
コメント

初めての「山の日」は立山室堂でテント生活!(雷鳥沢キャンプ場) ~ 1日目 [室堂、浄土山、龍王岳、一ノ越、雷鳥沢キャンプ場、雷鳥]

2016年08月21日 09時23分00秒 | いった>山


■日程
0日目: 出発、東京~室堂
1日目: 室堂、浄土山、龍王岳、一ノ越、雷鳥沢キャンプ場 +雷鳥
2日目: 奥大日岳
3日目: 休息日(みくりが池温泉)
4日目: 劔御前小屋、別山、別山北峰 +雷鳥
5日目: 雷鳥沢キャンプ場、室堂、下山


つづき。


初日は立山雄山に向かって右側の一ノ越のさらに右にある浄土山を回ってみようと。

雷鳥沢キャンプ場までいくと室堂から下ることになるので、また行くのに登り返すのがメンドクサイのと、せっかく朝に室堂についたんだから軽くまわってから雷鳥沢キャンプ場まで向かおうという計画。さくっと回って、昼過ぎに戻ってきたら立山そばを食べて、でもって雷鳥沢キャンプ場までいくぞーーー!なんて思ってた。

林間学校やツアー客も、少し歩くプランだと一ノ越から浄土山をまわって帰ってくるなんてのもあるので、よゆーーーかと思ってたのですが、思ったよりきつかったです(汗
ペースがつかめないのと(頑張りすぎてすぐバテて足が止まる)、一気にバスで高度をあげてきているので体が順応しておらず息が切れやすいのと、そもそもふとっちょなのと...ww

とはいうものの、雷鳥にも出会えたし(初体験!)、五色ヶ原も見えたし(いつか行きたい!)、槍ヶ岳(どこからも見つかるね!)もくっきり!とっても気持ちのよい山行でした。

室堂バスターミナルまで戻ったら荷物をピックアップして雷鳥沢キャンプ場まで。下るしちょっとあるんですよね。山の日前日だからそんなに混雑してないだろうとふんで、夕方着けばいいやと思ってたのですが、浄土山で思ったより時間がかかったので、山がすっかり夕焼色。テントを張って、まずは風呂だ!とのんびりつかって(これもよくないw)、生ビール飲んで(ますます時間がかかってるw)、帰ってきたら日没でした。夕食はすっかり暗くなった中で、となりました。

疲れたのもあって、あっという間にテントに転がり込んで爆睡!周囲の声など気にならず朝まで熟睡でした(^^



テント一式の重い荷物はバスターミナルにドロップして、おいし~~~い水をくんで、いざ出発!



遊歩道をずんずん歩いて右に曲がり、一ノ越方面へ進むと、途中で浄土山への分岐へ。写真左の細く伸びているのが一ノ越方面。右側のまっすぐ太い道がこれから向かう浄土山方面。目指す山はその間ということになります。展望台もあるけど、ここからは途端に人が減る(苦笑



少し階段が急になってきて、高度もあがっていく。休憩スペースもあって整備もしっかり。思ったよりピークが高く見えてちょっと焦り始める(笑



コレで見るとよく分かる。今日は下の0.8kmのルートから展望台を経由して、浄土山、富山大学の施設、龍王岳、一ノ越とまわって、祓堂を経由し、室堂バスターミナルへ戻るルート。



展望台までのルートはかなり整備されていたけど、浄土山登山口からは、あれ?やっぱりこういう感じ??(汗
のぼりますかーーー!(全然観光ルートじゃないじゃんとか心の中で文句を言う。誰に向かってって、自分ですが...)









たくさん花が咲いていまして、とっても綺麗です!そんな花を見ながら、写真をとりつつ、それを理由にしっかり休憩!www



段々とキツクなってきて、こんなところをよじ登る感じに。天気もいいし、高度もあって涼しいから気持ちいいですけど!キツイ~~~(ペースがつかめてない)



ついたーーー!一ノ越から雄山までが綺麗にみえる~~~



どこがピークかイマイチよくわからなかったですが、地図的にはこのへんなので、このケルンで恒例(勝手に自分の中でだけ)の足入れショット!



周りをみわたすと、お、槍ヶ岳も見えるじゃん!あっちのほうが綺麗にみえるかなと、稜線の先にある富山大学の施設の方へ向かう。



稜線を歩いて行くと、少しだけ急に下るところがあるのですが、五色ヶ原の方向を見ると切れ落ちてるし、でもその先には雲海が広がるし、綺麗だーーー!




いやー、ホント花が沢山咲いてるな~



なんて思いながら、ふらふら気持ちよく歩いていると・・・・


・・・ん!んんん!??

おおおおおっ!!!



雷鳥じゃーーーん!!!親子じゃーーーん!!!



石の上のったじゃーーーん!!!


大興奮で、あわてて動画撮影。


20160810_1300_雷鳥親子に遭遇_浄土山山頂付近



通りかかった人達も、気付いて何人もカメラで撮影するものの、全く怖がらないというか、逃げませんね。近寄りすぎず、しっかり撮影して、満足満足。初めて雷鳥みましたよ。何度も来てて、何泊もしているのにずっと出会えず、みつけ方が悪いのかと思っていましたが、そういう問題でもなかった模様で、基本は出会える運ですね




富山大学の施設を回りこんで龍王岳側にいくと景色が開けます。



左が龍王岳。ここから15-20分で登れます。遠くに槍ヶ岳が見えます。



雲の切れるのをまって、槍ヶ岳!



さあ一ノ越へ降ります。すっかり時間をくってしまった(汗



やっぱりいろんな花が咲いてます。ほんと名前が一切わからないのが...(涙



みくりが池や、一番低いところには本日からお世話になる雷鳥沢キャンプ場まで見えます!
結構あるな...時間大丈夫かいな(汗汗



一ノ越到着。さすがに平日だし午後だし人が少ないですね。



昨年もこの景色みたなー!ここを歩いて行くと(細くある登山道)黒部ダムまで行けるってことだな。いつかやってみるかー(無責任)



祓堂を通過して、室堂バスターミナルへ



室堂バスターミナルまでもどってきた。最新の山情報や事故情報などに目を通して、安全登山に今一度意識を向ける。
ちなみに期待していた立山そばは既に営業終了... 帰りに食べることにしよう(涙




みくりが池。完全無風で、綺麗に立山三山が湖面にうつった!



血の池。雪が全く残っていない。やっぱり雪が少なかったんだな。



去年(しかも9月のシルバーウィーク)はここに残雪が沢山あったのに、今年は全部溶けちゃってるな~



見えた見えた。雷鳥沢キャンプ場。やっぱりそんなに混雑してない。でも昼に遠くから見たよりは増えたな...(汗



これを下っていく。「行きはよいよい、帰りは~(省略w 」撤収時にはこの荷物もってあがってこないといけないんだもんなー



エンマ台からの地獄谷。硫黄臭がほんとすごい。活動が活発でここ数年近くの道が歩けない。



登山届けとテント泊の料金を支払ってテントタグもらって、設営完了!昨年と同じ場所(完全に一致w)さあ、急いで風呂に行こう。18:30で受け付け終了になっちゃう。

しかしここは水場も近くで美味しい水が豊かに使い放題。トイレも綺麗に掃除されていて(和式だけど)ほんと快適。金沢大学の診療所も開設されているので万一の相談も安心だし。
でもってちょっと歩いて雷鳥沢ヒュッテまでいけば地獄谷から引いた素敵な天然温泉(硫黄泉)に入れて、生ビールもある。まったくもって快適すぐる!!!超お気に入り。あんまり流行って混雑しすぎないようになんてずるい事も思っちゃうけど、それくらいご機嫌です。

◎料金
1泊 500円/人
2泊以上 1000円/人

トイレはチップ制ですが、テント泊料金に含まれています。水も同様に含まれています。
1人いくらというシステムなので1人用テントで3人で3張でも、3人1張でも同様の料金。
2泊以上は同一料金ってのもステキですよね。私は今年4泊しましたが、安すぎるわ~




夕陽に照らされる立山三山と手前に雷鳥沢キャンプ場。雷鳥沢ヒュッテからの撮影



さあお風呂ですよ!18:30受付終了、19:00終了。
あ”~~っ、気持ちよい~~~!!



おふろ出たらこれ!生ビーーール!600円とか山なのに安すぎw みくりが池温泉だと700円なのに!と思いつつ、毎晩ありがたく生を頂きました。
帰りには自販機で500mlのスーパードライを2本ゲットしてテントに戻る。ホントご機嫌過ぎるこのシステムw



お風呂に行く前に給水しておいたご飯を炊きまして...(上手く炊けた



山ではこれまた個人的には定番のマルシンハンバーグを焼いて、ハンバーグカレーに!うましっ!!


ということで、初日は盛りだくさんでしたが、21:00にはテントに転がり込み、疲れて&ビール飲み干した勢いで轟沈!おやすみなさーーーい!




■タイム

10:00 室堂バスターミナル(玉殿の湧水)
10:25 浄土山への分岐(遊歩道)
12:30 浄土山山頂
13:00 雷鳥と遭遇!
13:30 富山大学の施設から一ノ越に向けて下山開始
14:20 一ノ越山荘
14:45 祓堂を通過
16:00 室堂バスターミナル
16:15 みくりが池
17:00 雷鳥沢キャンプ場
18:00 手続き、テント設営、荷開き完了
18:20 雷鳥沢ヒュッテ(お風呂)
19:00 生ビール
20:20 夕食
21:00 就寝




(つづく)
コメント

初めての「山の日」は立山室堂でテント生活!(雷鳥沢キャンプ場) ~ 0日目

2016年08月20日 13時16分05秒 | いった>山
今年の夏休みは制定されて初の「山の日」にあわせて立山に行きました。昨年もシルバーウィークに滞在しましたが、ホントここは素晴らしいですね~♪




天気も良く、雷鳥に2度も出会い(初体験)、剱岳も両サイド(奥大日岳側からと別山側)から眺め、いつもながらに温泉とビール付きという、大満足な山行でした。

■日程

1日目: 室堂、浄土山、龍王岳、一ノ越、雷鳥沢キャンプ場 +雷鳥
2日目: 奥大日岳
3日目: 休息日(みくりが池温泉)
4日目: 劔御前小屋、別山、別山北峰 +雷鳥
5日目: 雷鳥沢キャンプ場、室堂、下山


■交通

◎往路
8/09(火) 新宿バスタ 22:30発 -(車中泊)- 富山駅 5:30着
8/10(水) 富山駅 6:40発 - 室堂 9:10着

◎復路
8/14(日) 室堂 15:30発 - 黒部宇奈月温泉駅 18:00着
     黒部宇奈月温泉駅 18:45発 -(はくたか 574号)- 東京駅 21:16着

バス – 高速バス – 東京線 | 富山地方鉄道株式会社
バス – 夏山バスのご案内(室堂線) | 富山地方鉄道株式会社
バス – 夏山バスのご案内(宇奈月線) | 富山地方鉄道株式会社


■感想
初日は平地から高度が一気に上がっていることもあってシンドかった。先週の常念岳のダメージもじんわり足に残ってたし。
おかげで2日目の奥大日岳がホントきつかったです。特にくだり。
ということで3日目は休息日に。温泉三昧。ビール三昧。
足が痛かったけど、4日目は登り始めたら元気でした。休息日が効いてるし、高度にも慣れたし、筋力もついてきた感がありました。
5日目の帰りも結構登るのですが、3日目の空身より5分早い55分でみくりが池温泉についたのは驚いた。15kg超のリュック背負ってたのに。

コレで室堂からアクセスする山は大体は行ったことになるので、次はどうしようかなー。もちろん剱岳とかあるけど、危険なのであまりいきたいと思わないんですよねー。ま、気持ち良いから別にどこに登らなくてもぽけ〜っとしに行けば良いんだけどw
どうしようかなーって考えつつも、また行く気になっているところがなんとも立山室堂の魅力でして、また機会をみつけて行きたいと思います(行くと思います)。



では、はじまり。


仕事おわってから一旦帰宅して、荷物を持っていざ新宿バスタへ。Suicaのデカイキャラがお出迎え(最近ずっとあるね)



新宿駅の新南口から一気にながーーーいエスカレーターで出発ロビーへ。真ん中の細いのがマイお気に入り(謎w



初めてのAターミナルからの出発。いつも中央道だから(なのかしらないけど)Cターミナルだもんね。


・・・(バスでは爆睡!3列シート快適♪)・・・



富山駅前到着。予定どおりでよかった。同じ富山地方鉄道のバスとは言え、次の室堂行きバスに乗れないと切ないもん...
バスを降りたところにレンタルサイクルが!ドコモバイクシェアのライバルかっ!www



バス降りて駅と反対側に少し歩くとあるローソンで朝ご飯&コーヒーをゲットして、富山駅の富山地方鉄道カウンターが早朝よりあいていたのでバスの料金を支払い、いざ!とかいう写真ですが、何気に10分前の「折立行き」に間違って荷物まで積んで危うく乗り間違えるところだったよ...(汗
室堂行きバスの方が高級だし、こっちでよかった~~~w



車内はこんな感じで4列ながら綺麗なバスでうれし~
途中、「あるぺん村」でトイレ休憩があるのですが、3合の地元米が売ってたり、同じ敷地内にセブンイレブンありますので、最後の買い忘れはここですることができます(でも停車時間10分たらず)



有料道路へと入っていきます。バスの料金のたまげること!!往復とは言え、51,820円!!怖ろしや怖ろしや...
ま、基本的に一般車両(マイカー)は通行禁止なので関係ありませんが。



しばらく進むと、日本一の滝が見られる滝見台に。バスもゆっくり見えるように回ってくれます。



落差350mの称名滝(しょうみょうだき)です!ガスってるのが多いので、今回は結構よくみえた方です。



ずんずん登っていくと、いよいよ室堂バスターミナルが見えてきた!



ほぼ予定通り9:08に室堂バスターミナル到着!



復路13:30までの間、ここに止まっているみたい。



立山キターーー!いつ来ても気持ちよいですね~



山の日制定にあわせ、いろんなイベントやってますね!



さ、テント一式の重い荷物はバスターミナルにドロップして、おいし~~~い水をくんで、いざ出発!




(つづく)


コメント

一ノ沢登山口から「常念岳」に1泊2日で登ってきた!(両親と3人) 2日目

2016年08月15日 20時52分27秒 | いった>山


前日は常念乗越まで登って小屋泊し、のんだくれて爆睡。2日目はいよいよ常念岳山頂を目指し、その後一ノ沢まで下るという計画。

朝は同室のみなさんもゴソゴソしてるので自動的に早起きに。4:30には食事をして、5:30には登り始めました。小屋の外へ出てみると、予報通り良い天気に。常念小屋の向こうには槍ヶ岳も綺麗にみえて盛り上がります!事前調べでは山頂まで50分とあるので、まあ1時間ちょっとで付くだろうから登って降りて2時間半~3時間もあれば良いかなと思っていたのに、登ってみてびっくり。下から見えた山頂はまさかの偽ピーク。そこまでヒイヒイ1時間はかかったのに、信じられない気持ちに...まあ良くある話ですが。
さらには、一気にガスが出てきて視界不良となり、山頂に到着した際には残念ながら眺望は望めず。それでも元気に親父はポーズをとって記念撮影。嬉しそうなので何よりでした。
少し降り始めたら、また一気にガスが晴れて視界良好に。ちょっと悔しい思いをしつつも十分に美しい眺望で個人的には大満足です。また登る理由も残してきたし、なんて前向きな解釈(笑
写真も沢山とったりしてたので9時過ぎに小屋までもどってきて、ドロップしてあった荷物をピックアップ。支度をして9:30には小屋の方のアドバイス通り、予定を変更して一ノ沢登山口に向け下山開始。



朝イチの部屋の模様。ギュウギュウでした。10人?11人??知らんっ!狭いわっwww



朝から元気にご飯おかわり3杯!ふりかけでいくらでも食べられる。



予報通り晴れ模様に。これからさらに天気が良くなる予報で期待!



さて、常念岳山頂目指して出発!槍ヶ岳が綺麗に見えますね~



結構な登りだけど、頑張って登ればサクッと行ける行ける!と信じてました...



がーーーん!これ偽ピークじゃん!ガスも出てきたよぉ...





山頂に到着!ガスで眺望は失われましたが、それでも満足気な両親で良かった良かった。



下ってきて三股口との分岐。山頂からか、ここから向かう予定だったけど、小屋の方のアドバイスに従い予定変更!このへんに降りてきたらガスが晴れてきた。



こんなカッチョイイ写真もとれたり。



振り返れば頂上も晴れてきて。少し悔しいおもいもありながら、でも視界が開けてきたことのほうがずっと嬉しかったり。



東側も眺望が開けてきましたよ!赤い屋根の常念小屋。その左が下から見えた偽ピーク...



西側はいよいよ槍ヶ岳もくっきり!小屋から見るのとは違い、角度が上からになるので素晴らしい眺望です。あ、写真はだいぶ降りてきてからのですので、もっと上からな感じで見られますよ!




そんなこんなで、常念小屋まで戻ってきて、ドロップしてあった荷物を拾って一ノ沢登山口に向け出発。
実はここで既に微妙な空気が流れつつあった。親父が足がつらいと言い始めていた。常念岳山頂からの降りだけで、結構な疲労があった模様で、ここから登山口まで大丈夫かと心配に。
ストックも出してゆっくり降りていこうということで、慎重にゆっくりゆっくり足を進める。どんどん抜かれていくが気にしない。ベンチや沢や、座りやすそうな岩などみつけては休憩を重ね、降りていく。最後の水場でおにぎり休憩、胸突き八丁下の沢筋の水場では親父の荷物をお袋がひきとり、先に着いていた私は紅茶を入れて砂糖を溶かし、沢の水で冷やした甘いアイスティーなんぞでなんとか親父の補給を試みたりと、色々やってみる。登山道も傾斜が緩くなってきたのでダブルストックにして足の負担を減らし、転んだり挫いたりしないように、とにかくゆっくり慎重に。
どんどんペースも落ちていくのだが、まあ日没になることはないペースと時間だったので、のんびりのんびり。予定時間を大幅に遅れたけれども、無事下山できました。親父のブログには15:30と書いてあるけど、正しくは16:30。写真のタイムスタンプで間違い無しw




さあ、一ノ沢登山口に向けて下山開始。



熱々の紅茶も、こうしておけばものの10分でつめたーーーいアイスティーに!オススメです!



行きは安全登山をお願いしましたが、帰ってきたときにはホッと安堵したのが本音です。さぁラスト500mでゴール。



やっとついた~~~!日差しが少し夕陽ですね(^^;



最後の2kmくらいは、お袋まで膝が笑い出しそうと言うし、親父は相当ヘロヘロになりながらもみんなで無事下山できて良かったです。時間はかかりましたが、楽しい山行でした!

駐めてあったジムニーを拾って、下界に降りていき、コンビニを見つけて突撃!まだ運転があるということで、ビールはお預け。レモンスカッシュで喉を潤しました。親父はアイスクリームを嬉しそうにかじってたな(笑
その後、諏訪まで戻って「片倉館」なる温泉へ。私は初めて行ったのですが、相当ご機嫌でした。良いお湯であることはもちろん、80年の歴史をもつ建物からしてちょっとモダンな作りで雰囲気良いですし、湯船も深く立って入るような感じで足元は玉石と気持ちよいです。これで650円ですからステキすぎます。

スッキリサッパリして、茅野駅に向かい、最終のあずさで東京へ。ホームで電車が来るのを待ちきれずビールを開けてしまいましたw 気合い入れて2本買って乗車したのですが、つまみをあけてビールを飲み進めてすぐに疲れから轟沈。気付いたら終点の新宿駅とびっくりな状況。慌てて荷物かかえて降りる始末でした。満足満足!



ファンタなんて何年ぶりだろう(笑 強めの炭酸が喉にシュワーーーッとうまかった!!



雰囲気素敵な片倉館。ホントここオススメですわ♪



ホームで待ちきれず...



うれしくて写真とったけど、直後に轟沈。



■行程(2日目)

4:00 起床
4:30 朝食
5:30 常念小屋 出発
6:30 偽ピーク
7:05 常念岳山頂
7:20 下山開始
7:40 三股口分岐
9:10 常念小屋(常念乗越) 着
9:30 常念小屋(常念乗越) 発
10:15 第一ベンチ
11:15 胸突八丁 看板
12:40 笠原沢
14:30 大滝
16:05 山の神(鳥居)
16:30 一ノ沢登山口


5:30の登り始めからだと11時間、常念小屋出発の9:30からでも7時間と登りよりもずいぶん時間がかかりました。
コメント

一ノ沢登山口から「常念岳」に1泊2日で登ってきた!(両親と3人)

2016年08月06日 19時21分13秒 | いった>山


7月の最後の週末に、北アルプスは常念岳(2857m)に登ってきました。
2015年元日の親父の宣言があり、しかしそれが叶わず2016年を迎え、今年こそは!と7月の連休に予定するも、悪天候につき断念。このままいくと、またずるずる今シーズンも逃しそうだなと気になっていたら、天気予報もまずまずということで計画。
さらに母も節目の歳を迎えることもあり、記念の登山となればと元気に行ってきました!

親父のブログにも山行の模様がありますのでよろしければ
念願のの常念岳へ




常念岳(じょうねんだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の常念山脈にある標高2,857 mの山である。山体すべてが長野県に属し、松本市と安曇野市にまたがる。常念山脈の主峰。日本百名山のひとつ
Wikipediaより)


諏訪湖から北へ松本の先にある安曇野市あたりから左手に見えるのが常念岳。

今回は「一ノ沢登山口」から登って「常念小屋」まで行き1泊。翌朝「常念岳」を目指し「前常念」を経て、「三股登山口」に降りてくるという予定。
急遽計画した数日前の天気予報では土日ともに晴れ予報だったのに、前日にはなぜか土曜が雨予報に。とは言え雨量も少なそうで風も穏やか、土曜の午後から翌日は晴れの予報だったため、眺望は期待できそうだし、安全面でも問題無さそうということで決行!!

結果的に天気については良い判断でしたが、常念小屋で相談したら「三股登山口」は大変だからやめたほうがいいとアドバイスされ、「一ノ沢登山口」とのピストンになりました。とはいえ、結果的には予想を超えてくだりに時間がかかり、いつぞやの硫黄岳と同様にかなり足をもっていかれそうになりまして(あの時よりはだいぶマシでしたが)、親父が大幅スローダウン。無事下山できましたが、ピストンで良かったと小屋の方のアドバイスに感謝しています。

・・・

さて、ということで、山行の模様。


引用元:http://www.naganoken.jp/mount/chushin/k-alps3/jonendake-map.htm



引用元:http://w1.avis.ne.jp/~nakajima/mapchu/mjyou-ichi.htm


こんな行程でして、結構長いのですが、ほとんどが沢沿いを歩くことになるので水の心配が無いのはよかったです。水の音を聞きながら登っていき、胸突き八丁から一気に高度をあげて、最後のジグザグで「常念乗越」まで。コースタイム4時間半が目安らしいので、まあ私の場合はその1.5倍程度ということで6時間くらいを予定。


引用元:http://www.naobe.com/guide/mitsumata.html


登山口が1260m(山中の案内板には1300mとあるけどどうやら1260が正確らしく、登山口の看板だけ訂正されていたw)から常念乗越が2460mなので今日は高低差1200mを登るという私にとってはかなりハードな山行。ま、のんびり前に進めばいつか届くさと言い聞かせながら、登山届けを提出していざ出発。

※平成28年7月1日から長野県内の指定登山道を通行する際には、登山届けが義務化されました



安曇野ICから1時間程度で「一ノ沢登山口」。途中の山道で猿に出会う。まだまだ民家が多いところなのに、なんでこんなに下まで降りてきたんだろう。住人は迷惑してるだろうなぁ...




雨がぱらつく「一ノ沢登山口」。沢の水ですが水場もあり、トイレもあり。自販機もありますが、朝のウチしか小屋が空いていないのでその時間限りです。あしからず(下山してきた時間には空いていなかった)。登山届けを提出して、しっかり準備運動して、いざ出発!



8:00am 出発です!



30分足らずで山の神。頭を下げて安全山行をお祈りして通過。





こんな感じで支流を越えたり。この後川幅が広くなったりして何度も渡っていくことになる。



最初の沢らしい沢を越える。雨で水量が少し多めですが、落ち着いて渡れば何の問題もなし。



「あれーっ、崩れてるよ~」なんて思ったら、沢沿いに別ルート整備されていてホッとする。間違って登らないように先行者がこっちだよと手を振ってくれた。優しいな~、山はいいよなー。みんなで安全山行!



大滝のすぐ手前の河原で休憩。みんなも荷物下ろして休憩していた。水が冷たくて気持ちいい!雨でも水は綺麗そのもの。



さて、大滝を元気に出発。まだまだ先は長い。



途中でまた沢を渡る。沢でみんな休憩というスタイルみたいですね。気持ちいいし、間隔も短くてご機嫌です。



笠原沢で持参したおにぎりをひとつかじりながら休憩。お腹空いたー!うましっ!!ランチは最終水場までお預け!



汗だくのタオルをじゃぶじゃぶしてから顔(と頭)をふくと、超キモチイイ!!あんまりやりすぎると、沢の水冷たいので、体冷えます(笑



さて出発!残り2.2km。半分は過ぎた!けど、距離的にであって、実際はまだ中盤ですな。


笠原沢まできておにぎり食べて休憩。お腹空いたのもそのはず。もう11:30。3時間半が過ぎているし、高度も600mあがってきた。汗がすごい勢いで出てくるけど、雨のおかげで暑くもなく、沢の水のおかげでタオルはすぐに冷たく洗えるので気持ちいい。
ここから胸突き八丁となり、危険箇所も多いとのこと。実際に歩いてみるとしっかり整備されていて(感謝!)、雨で足元が心配だったが実際は不安は全くなし。事前情報で構えてたのもあって拍子抜けしました。
最終水場でランチをとって、最後のジグザグ登坂。ここがきつかった~~~。第一ベンチまで遠いこと遠いこと。第三ベンチまでついちゃえば、あとは乗越でくつろぐ人の声も聞こえ始め、ゴールまで一気にいけます。
あ、そうそう。小屋でも水は手に入りますが、宿泊者以外は200円/リットルとかなので、最終水場で汲んでいくと良いです。




幅が狭くなってきた沢を登っていく感じに。



ここから胸突き八丁。階段などしっかり整備されていて雨の中でも安心でした。(降りは少し気になるかも)



一気に高度があがるので、これまで歩いてきた沢がよく見える。おお-!結構登ってきたな~(気持ちいい)


で、ここから最終水場までは、花が多いこと。綺麗です。とっても綺麗で写真をパシャリとしながら実は休憩している説...(汗
でも、ホントに綺麗ですので、ここは花に目をむけて歩くと気持ちよいですよ~

















最終水場到着!ランチだああああああ!



やっぱりコレっしょ!ww当然BIG!! どうして山でのカップラーメンは最高なんだろう!!!うまーーーいっ!



さて、しっかり食べて、休憩もしたので、行きますか-!(冷たい水も満タンに1.5Lくんだ)



最終水場では、コソッとコップがおいてありました。何人か寄って行ってるから何してるのかとおもったら水飲んでたのね。



最後のジグザグ。ラスト区間だー!



第一ベンチ。うー、やっぱり登るなー(あたりまえ)。あと800mかー、頑張るぞー!



第三ベンチキターーー!あと300m!これはもうすぐだ!(ちなみに第二ベンチから第三ベンチまでは近く感じました)



おお、開けてきて常念が見えるじゃないかーーー!(翌日これが偽ピークだと知る...)



ついたあああああああああああああああああああああああああああ!!!曇天だけど気持ちいいぞーーー!!!



(自分の中では勝手に)恒例の足かけショット。おりゃーーー!来たぜバカヤロウっ!(何に怒っているのか不明w


と言うことで、最後の登りは無言になりながら1歩1歩足を進めてなんとか登ってきました。常念小屋で手続きして、部屋を割り当てられたので行ってみましたが、「今日は布団1枚に2人の割り当てです」と冗談みたいな事言われて、まさか~なんて思ってましたが本気でした(富士山の8.5合目小屋以来のすし詰め)。
ということで、荷物を置いて、外へご褒美のビールを飲みに。ジョッキグラスで飲めるということで、800円もする高級生ビールとつまみを買い込んで外へ。ベンチがあったけど、既に先客が盛り上がっていて場所ナシのため、適当な場所で宴開始。



ピリ辛のメンマがうまかった!いやー、山でのむご褒美ビールはたまらんっ!!!



おつかれちゃーーーーん!!!



その後、700円のアサヒスーパードライ500mlを2本買い足し、さらには親父が定年の時に東京オフィスの方々に記念に頂いたスキットルに入れてきたカナディアン・クラブ(これまた叔父に頂いたプレミアモノらしい)まで綺麗さっぱり飲み干しました。疲れたし、酔っ払ったし、あー、気持ちよい!!






夕食は4回転していた模様です。300名が宿泊と、ホントにすし詰め状態の小屋でした。部屋の扉をしめて消灯したものの、2時間もすると暑くなって目が覚める。廊下の明かりが気になるけど、みんな暑くて起きてきたので全開に。30分くらいで一気に涼しくなって、なんとか寝付く。同室の方のいびきというか無呼吸症候群なのがホントに大変そうで、寝付けない人も多かったそうです。私は涼しくなったら寝ちゃいましたけどね。疲れてたもん。

そんな1日目でした。


■行程

8:00 一ノ沢登山口
8:25 山の神(鳥居)
9:30 大滝手前の河原 着[小休憩]
9:45 大滝 発
11:30 笠原沢 発
12:35 胸突き八丁
13:15 最終水場 着[ランチ]
13:50 最終水場 発
14:15 第一ベンチ
14:50 第三ベンチ
15:15 常念乗越 着

小休止沢山+ランチ休憩30分を含めて、7:15 の道のり。
コメント

GWは四国横断してしまなみ海道にバイクでキャンプで行ってきた -その2(徳島港~美濃田の渕キャンプ場)

2016年05月15日 18時20分48秒 | GROM


徳島港にフェリーが到着してからも、バイクの下船は最後みたいで、すこーし待たされた。

雨も降っていたので、バイクにくくりつけてある荷物からレインウェアを引っ張り出して上下完全装備になったのだが、あれこれ荷造りしなおす時間もとれるくらいだ。フェリーの出航から到着までの間は、バイクが置いてあるデッキは立ち入り禁止になるので、忘れ物があっても取りに行くことができないのだが、バイクに行ってからの時間も結構あったので変に手荷物を増やして持ち込む必要は無さそう(次回以降のためのメモ)。


で、結局なんやかんやで、結局下船できたのは14時近かったと思う。天気予報通り、雨がパラパラ降り始めていたが、どしゃ降りではなかったのがせめてもの救いで。



徳島港からは、吉野川沿いまで北上して、川にぶつかったら左折して西へと向かう。

14:00頃の出発になると予想していたし、寄り道したいし、テントを張ることも考えると3時間くらいしか正味時間が無いなということで、今日の目的地は吉野川SA/ハイウェイオアシスに併設されている「美濃田の渕キャンプ場」のつもりで計画。

Google Mapsによれば、70-80km程度だから、丁度良いかと。走り始め初日だし、午後からだし、知らない道だし、雨だし。うん。

吉野川の堤防沿いをずーっと走り、民家と田畑が広がる景色を眺めつつ、肥料のカグワシイ匂いを味わいながらずんずん進む。川を越えるのにも素敵な橋をわざわざ通るなど、早々に四国を満喫(楽しい♪)




途中で遅めのランチをということで、セルフうどんを選択。Rettyかなんかで地元に人気と出ていた「うどん処 平吉」をクチコミで選択。マクドナルド行くよりやっぱりうどんでしょ!
ふつーに美味しかったよー。ダシがきいててうまいよーー。四国きたよーーー!!





さらにはコレ!途中で寄ったセブンイレブンで見つけた!四国限定と書いてあったけど、これはテストマーケティングに違いない。ラテがもうすぐ登場するのかー!機械も新しいのに変わっているし、こりゃやる気だな。相変わらずUI/UXに難があるのは直っていないが(笑






ということで、寄り道もしながら、雨も強くなってきたけど、なんとか到着。吉野川ハイウェイオアシスにあるお風呂「美濃田の湯」も20:30まで受付(21:00終了)だったので、先にテントを張ってからお風呂に。入浴料600円と良心的価格ですが、更にJAFカードとかで割り引きがあるので、一応調べてだしてみるのが良いと思います。

間に合いました。雨で冷えた体が暖まるわ~!ステキ♪1時間はみっちり温まりました!!



特定のファンの方にしか伝わらないと思いますが(汗)、日没後の設営だったし、こんな気分でテント設置でした。
でも、なんかしりませんが奇跡的に設営時に雨が止んで、その間にちゃちゃっとテント張ることができました。

お風呂いって、お酒買ってきてテントに潜りこんじゃえば、快適快適。疲れてたのかなー。早々に爆睡!(しっかり飲んだけどw)




↑↑↑ ちょいと動画もまとめたのでよろしければ。




翌朝のテントです。ペグを打ち込むのがメンドクサくてサボったらヘロヘロテントになってしまいました。

でも今日は快晴予報!朝から予報通り晴れているので、少しテントを乾かしてから、出発!今日は温泉寄って、いよいよ「しまなみ海道」までいくぞー!
(つづく)
コメント

GWは四国横断してしまなみ海道にバイクでキャンプで行ってきた -その1(東京~徳島港)

2016年05月15日 12時29分33秒 | GROM


まずは東京から四国へ。

Google Mapsで調べると最低でも片道650km。原付なので高速は使えないし、通れないルートやらもあったりするだろうから、実際は800km位になる可能性もある。
自走(じそう)していくと、それだけで疲れ切っちゃいそうだということでフェリーを選択したのだが、このフェリーを発見したことで昨年のしまなみ海道での思いつきが現実味を帯びたプランへと具体化した。

東京は有明から徳島港を経由して北九州(新門司)までのルートを、オーシャントランス株式会社の「オーシャン東九フェリー」が運行されている。新造船が次々就航しているタイミングで、新しい船と退役間近の船と両方に乗れる旅となった。徳島までは、約18時間の船の旅になるわけだが、往路(東京→徳島)は19時半に東京を出て翌日昼の13時(or14時)くらいに到着、復路(徳島→東京)は11時ごろ出航で早朝5時半に東京へ到着する。自走して途中でホテルに泊まってとか考えると、ホントに悪くない選択だ!


予約時に「出航1時間前には乗船できる(バイクを積める)ように来るように」と言われていたので、船内でのお酒とツマミを仕入れてから18時過ぎに有明に。既に乗船手続きしている人も居るが、まぁ問題ない時間には来れたようだ。


無駄にデカいターミナルで乗船手続き。予約しかしていなかったので支払いもこの時にしたんだけど、ホント建物は無駄にでかくて利用効率低いし、手際は悪いし、このへんは「公共的箱モノ」なニオイがぷんぷんするわ~。
「復路もフェリーですか?」と聞かれ、「そうだ」と伝えると復路で使える割引券くれた。え!マジデ!ラッキー!なんだけど、そんなのWebに書いとけよ!決心して支払う気になっている人にあげてもしょーがないだろw(まぁありがたく貰うけどw)



外にでるとすっかり暗くなってきたが、いよいよ乗船。車やバイクの無い人は上の通路つかって乗船する模様。バイクも沢山あったのに、先行して乗船しているみたいだ。


バイクの前に行き先である「徳島」と書いた紙を貼って、いざ乗船!

ちなみに料金は、17,310円也(二等乗船券:11,510円、原動機付自転車:5,800円)

原付やっぱり安くていいわ~。バイクを積めないという点は無視することになりますが、新幹線で行っても同等の金額かかるでしょうし、自走していっても1泊は必須だろうから、ホテル代考えると、やっぱりステキだわ~。車を積むと、運転手1名の2等運賃が含まれるとは言え3万はするはず。まぁ、時間がかかるから、新幹線はそれはそれで魅力ですけどね。バイクでいくならフェリ-でしょ!



乗船はやっぱり最後のほうでした。トラック→乗用車→バイク という順番みたいですが、バイクの中でも最後のほうでしたね。余計な写真撮ったりしてたから遅くなっちゃいました(笑


こんな感じで、内装もとってもキレイ。さすがに就役したばかりの新造船ですね!


2等なのにこんな感じの個人空間が!自分でシーツをしくとかやらないとですが、大部屋で雑魚寝からすると、ものすごいグレードアップ感。下も柔らかいマットが敷いてあり、毛布も枕もあります。頭上のライト部分にはAC電源が1口ありますので、スマホやらカメラやらあれこれ充電できてグレイトです!プライバシーと共に電源があり、ライトのON/OFFも自分でコントロールできるのがとても良いですね。ホントに快適な旅になります。



いざ出航!すっかり暗くなり、遠くに東京ゲートブリッジが。



展望ブリッジにも出られます、が・・・「自殺防止のためフェンスを高くしています」とか書かれてましたが...萎えたw



こんなステキなツマミを仕入れてあったので、広くて綺麗で開放的なラウンジでしこたま酒を飲み、満足!→早々に寝床に入る(就寝時間記憶なしwww)





そしてこんな感じでお風呂!窓も大きく2つあり、外を眺めながらの風呂は最高です!写真は深夜3時に目覚めての風呂だったので外が真っ暗ですが、翌朝再度入った際にはホント最高でした!こんなお風呂があるのは日本のフェリーならではなんでしょうかね。無料で 24H いつでも入れます。そんなに混んでいませんでしたし、清潔感もバッチリです。湯温もバッチリ!シャワーのお湯もたっぷりで、ホントに快適♪



私は使いませんでしたが、同じ脱衣所から行けるシャワーブースも併設されていまして、異国人などこちらが良い人も安心。いやー、ほんとスゴイわ~。2等で十分!ステキすぎる。

他にもこの新造船「びざん」はホント快適でした。気になる方はぜひご覧下さい。(ステマ気味だが関係は全くないw)




いよいよ徳島港。予報どおりの雨雲。午後から雨予報だったし、これから降るのは確定だなー(涙



下船も最後になります。ライダーたちが最後までロビーで下船待ち。



ということで、いよいよ四国上陸!旅が始まる!いくぞーーー!!
(つづく)

コメント

GWは四国横断してしまなみ海道にバイクでキャンプで行ってきた -概要編

2016年05月15日 09時14分26秒 | GROM


愛車グロムを購入して1年。

昨年のGWにしまなみ海道に行ったときに、自転車天国であることと同時に「原付天国」でもあることを知り、買ったばかりのグロムでこれると良いなぁなんて思ったのがこの旅のキッカケに。

今年の飛石連休になっているところもお休みを頂いて、「しまなみ海道」目指してGoGo!!まずは概要編です。
時間みつけて個別の想い出も綴っていくつもり(つもりです、つもり...)

・東京は有明からフェリーに乗って徳島港まで。その後、熊本震災で注目されるキッカケにもなった中央構造線をひたすら西へ横断(吉野川沿い)。フェリー到着が昼過ぎなので、途中のキャンプ場にてテント泊。
・翌朝はひたすらまっすぐ移動だけもつまらないので、途中の秘湯「祖谷温泉」に足を伸ばして立ち寄り。良いところ。ぬるめで女湯は寒かったとの声も(立ち聞き)。夏だと冷泉的にさらに気持ちいいかも。
・319号線戻る途中でグロム3000km達成!その直後に駐在さんに大変お世話になりました...(犯罪ではないw)
・でもって西へ西へと今治へ向かってそのまま「しまなみ海道へ」! 原付以下でないと行けない無人島「見近島」のキャンプ場へ泊(★目的地)。
・翌日は「しまなみ海道」をひたすら満喫。島が沢山で回りきれなかった。また行こう(悔しそうなフリしてまた行く理由ができて嬉しい側面もw)。
・早めの夕食からまったりして就寝(テント泊)。
・翌朝から雨予報だったので、降り出す前にテント撤収(濡れるとメンドクサイ)。で、徳島に向けて帰る!寄り道しながらいくけどねw
・今治方面へ戻り、ブルーラインが続く「鈍川温泉」へGo!!ぬるっとした泉質でご機嫌でした。
・雨がじゃんじゃん降ってきました。まぁしょーがないよなーと思いつつ、安全運転。雨に嫌気もさして、四国中央市のビジネスホテル泊。たまった洗濯物を一気に。ベッドって寝やすいのね~(笑
・瀬戸内側をぐるーっと丸亀城を見て、山越うどんを食べ、徳島で最終日。徳島駅前の超大衆居酒屋に凸撃!うましっ!やすしっ!仕事で何度も来てた際に泊まったホテル近くだったのに知らなかったよw
・最終日は今月で退役となるフェリー「おーしゃんうえすと」で東京まで。25年と聞いたけど快適快適。大部屋ってのが学生みたいで楽しかった。


■記事一覧(書いてアップしたら随時リンク追加していきます)
・その0(準備編)
その1(東京~徳島港)
その2(徳島港~美濃田の渕キャンプ場)
・その3(執筆中)



ひと月前くらいから事前準備をシコシコと。小さなボディー、小さな荷台にどうやって荷物を積むのか。ホームセンターへ通って試行錯誤を繰り返しました。結局このカタチに。



有明からフェリーで徳島へ、乗船手続き。サイドバックはシートにくくりつけて、キャリアーに負荷が集中しないようにしてみた。コレが意外と良かった。


秘湯「祖谷温泉(いやおんせん)」へ。ケーブルカーで下っていくという楽しさ(笑


3000km 記念撮影!


大変お世話になりましたヽ(;▽;)ノ ←違反はない!w


ここを行きたかったのだ!


車道脇の専用道を。車道に加えて、原付(125cc未満)専用道と歩行者&自転車専用道で分離されている。


瀬戸内の潮の流れが速い中、小さなフェリー(連絡船)もかわいく運行。地域の足になってるなー


夕陽がはえる~


原付天国の無人島「見近島キャンプ場」到着!サンセットがキレイに見える~~


ここをキャンプ地とする!


朝~!こんな感じで楽しんでおります(笑









伯方の塩!


この青いラインが「しまなみ海道」!


瀬戸内レモン!


地元の人が無料でふるまい!なんてありがたい!地元の方と良好な関係が続くよう、マナー良く楽しみましょうね!みなさん!


スッキリレモンジュース&柑橘系で甘酸っぱくておいしかった!


タコ天卵とじ!(特盛り)破壊力抜群!うまかった~


撤収!


また来たいな~(後ろ髪)


しまなみ海道は鈍川温泉まで続いている!ので行ってきた(風呂に入りたかったw)!@快楽荘


これで黄金持ち間違い無しっ!(笑


やっぱり「山越うどん」いかないとw


旅の想い出。あちこち行って、シール一杯にするぞっ!w


吉野川にかかる橋。楽しいですね!


帰りは今月で退役するフェリー「おーしゃんうえすと」で。gooシールのデカイヤツ、誰か頂戴...(^^;


東京ゲートブリッジをくぐる!帰ってきた~


帰宅!





■総距離:685.4km


■行程(距離はGoogle Mapsであとから算出)

Day1 5/2(月)
フェリーびざん@有明(1930出航)
フェリー泊
11km

Day2 5/3(火)
徳島港 1310到着
美濃田の湯@吉野川ハイウェイオアシス
美濃田の渕キャンプ場(吉野川ハイウェイオアシス)
テント泊
75km

Day2 5/4(水)
秘湯 祖谷温泉
しまなみ海道
見近島キャンプ場
テント泊
165km

Day3 5/5(木)
しまなみ海道 探索(伯方島、大三島、生口島、高根島)
多々羅温泉
見近島キャンプ場
テント泊
115km

Day4 5/6(金)
鈍川温泉(偕楽荘)
スーパーホテル四国中央(東予の湯)
お好み焼き 道頓堀
ホテル泊
116km

Day5 5/7(土)
丸亀城
山越うどん
安兵衛(居酒屋)
ビジネスホテル メイアップ
ホテル泊
149km

Day6 5/8(日)
フェリーオーシャンウエスト@徳島港(1130出航)
フェリー泊
5km

Day7 5/9(月)
有明 0540到着
コメント

3月の3連休中日の日曜日は、晴れ予報の湯河原温泉近くの幕山へ行ってきた

2016年03月21日 10時48分40秒 | いった>山


金曜日の夜の飲み帰りに雨に降られ、折角の連休初日は盛り下がって引きこもっていたのですが、翌日予報は晴れ!
おお!やっぱり休みは晴れないとね!なんて思いながら、久しぶりに少し山にでもいくかと思い立ち、軽くいけて温泉があるところということで、今回は湯河原駅からバスで20分の幕山公園からハイキングコースともなっている幕山へ行ってきました。

3月上旬までは「梅の宴」とかいうのもやっているそうで、梅林が見事だそうですが、すっかり終わってしまっている模様。イメージはこの記事みてなんですが。

<連載 vol.1> yamajoshi(ヤマジョシ)の登山レポ 『湯河原・幕山(まくやま)で梅のお花見ハイキング』

まぁそれでも行けば少しくらいは見られるんじゃないかとか、湯河原温泉行ってみたこと無いし、そっちメインだし。なんて思いながら出発。

朝、近所の24H開いてるマルエツプチに寄ってランチの材料を買って(←これ大事。ほとんどコレ目当てだからw)駅に向かう。



今日の電車はこれ。9:00に湯河原駅から幕山公園行きのバスが出てしまうので、降りてからも急がないと。



朝ご飯は定番の深川めし。やっぱりコレが好きだなぁ。安定しておいしいわ~



ということで、オナカも一杯になって、眠くなったのでウトウトしてたのですが、ふと目が覚めて外を見ると、雨ふってるじゃん!!!(ヲイ!
湯河原駅でも無事バスに乗れて、幕山公園到着。なんですが。。。


こんな様子ですよ。ええ。。。(涙

早々に雨具を取り出してきましたからね。晴れ予報はどこいった...




それでもくじけずレッツゴー!菜の花キレイだね~



ロッククライミングする人には素敵な岸壁が多数あるそうで。



と、梅林を歩いていくと、最高点の看板が。ここまではかなりしっかり整備されているのでスニーカーでもOKですが、ここからは登山道(ハイキングコースとも言う)。ま、幕山山頂まではかなりキレイな登山道でしたけどね。でも歩きやすい靴は必須。



ほらほら。途中でも岩にへばりついている人達が。みんなでワイワイ楽しそうでしたけどね~。私は全く無理ですww



途中、華麗に山ガールに抜き去られ(いつものことですがw)



途中の休憩ポイント。雨が降ってきたので、ここで食事している人たちも居ました。ここがおおよそ山頂までの中間点になるのかな。



段々高度も上がってくると、景色もすばらしく!なるはずだったのですが、残念ながらこの天気。。。よーく見ると初島が見える(カメラでは捉えられなかった)





この看板の下の文字に愛を感じましたよ あと15分で山頂。



と、思ったらまたガスががが。山頂でガスと雨なのかなぁ・・・




到着!久しぶりの山歩きでペースがよく分からず時間かかりましたが、予定どおり11:30到着(11:20でした)



これ、撤収時の写真ですが、これくらの広さがあり、みんなレジャーシート広げてまったりできて良いところですよ。晴れが良かったなぁ。。。と思いつつも、山頂についたら少しずつ天気も回復してきて、途中で太陽も顔をだしてきて暖かくなってきました。

では、主目的のひとつであるランチをばw





まずは雨と汗で濡れて冷えた体をワンタンで暖めて。卵とベーコンチーズをぶち込んで焼きましてクルミ入りの食パンを焼いてがぶりとやりましたよ。ウマしっ!!!



しっかり休んで食事も食べて満足したので、撤収前に景色どうかなと。左に真鶴半島が、右の木の枝の間からは初島が見えました!わーい!



ということで、下山開始。
同じルートで戻るのもつまらないので、反対側の南郷山へ降りていくことにしました。幕山公園までのバスが途中で寄った鍛冶屋バス停まで歩いて向かいます。



こっちはまた雰囲気の違う登山道。ずいぶんキレイに整備されてるなぁ。このままずんずん降りていくと、舗装路に出た。



南郷山目指して降りていったのですが、途中で見つけた上り口ががが...この急登で400mとか。萎えたので華麗にスルーしましたよ



舗装路歩いててもつまらないので、下山する道も見つけて突撃!



なんかすごいんですけどーとか思いながらずんずん進みます。しばらく歩くと、湯河原カントリークラブ(ゴルフ場)の脇にでます。電気柵がしてあるので、触らないようにしないとですね(怖





ゴルフ場から離れ、人里に近付いてくると梅がチラホラ咲いてましたよ。



キレイに初島も見えました!



ということで、2:35に鍛冶屋バス停まで降りてきました。
丁度バスがいっちゃったばかりで次のバスが3:15とか。待ってる間汗も引いて寒かったな~




湯河原駅で乗り継いで、幕山とは反対側になる湯河原温泉へ!町営「こごめの湯」です。キレイでしたし、めっちゃ気持ちよかったですよ~



そして、その次は、晩飯!地元で人気の居酒屋にのみやさんへ。
オススメを3つ言われたので全部食べる!と言って出して貰いました。


ホタルイカ!大ぶり!


しらうお。大将が身が溶けちゃってるからこれはお金貰えない!とサービスしてもらっちゃった(いきなりサービスされて驚く)


白子ポン酢。すんごいフレッシュでクリーミーでした!


当然、日本酒になりますよね( ;´Д`)


珍しいよとすすめられたマンボウ。肝もついてて美味しかった!前に一度食べた事あるけどこんな印象だったかなあ。もっと覚えていて良い味だけどなぁw


これも大将から。マンボウの腸だって!初めて食べたけど、コリコリしててイカみたい?いやむしろ貝みたいかな。おもしろい食感でおいしいです。どんどんサービスしてくれちゃうもんなー(ちなみに500円で売っているメニューで後から来た隣の人は普通に頼んで食べてた)


シメにサクラエビのかき揚げ。想像を遙かに超える大きさでお腹一杯。タマネギ甘くておいしかったなー。ちなみに手前は菜の花の辛子醤油。うまし!


お品書き。私は食べたのがお刺身中心でしたが、かなりメニュー豊富なお店です。お品書きもこの写真の4-5倍はありました。隣のおっちゃん達は焼鳥にホッピーで楽しんでました。

なかなか美味しかったですし、オススメですよ~(次もまた行くと思うw)
なお、あえての一言を言えば、地場地場の地酒が無かったのが残念!その土地に行ったらその土地のお酒飲みたいもんなー、なんて贅沢を。
でもまあ美味しく飲めちゃいますけどね~!ほんとオススメ。





ということで、飲み過ぎたので、駅でコーヒーを50円!で買って電車に揺られて帰りました。


天気予報に裏切られて雨に降られたけど、いやー、楽しかった!



■ルート
幕山公園 → 幕山 → 南郷山登山口 → 鍛冶屋バス停

■タイム
9:30 幕山公園
10:05 梅林最高点(←途中寄り道多しw)
10:25 途中の東屋
11:20 幕山山頂
   (ランチ&休憩)
12:45 幕山下山開始
13:10 南郷山登山口
14:35 鍛冶屋バス停








コメント

冬は空気が澄んでるから富士山を眺めながらヤマメシしに大月付近の高川山!

2015年12月06日 21時55分08秒 | いった>山


紅葉を追っかけていたら、あっと言う間に師走は12月。忘年会等で飲み過ぎで週末は内臓が「休ませろ~」と言う声に耳を傾けグロッキーな生活をしてたら、なんとも快晴な土曜日でした。

そうだ!秋から冬は空気が澄んでるから景色良いよな!なんて思い出し、日曜日に大月駅周辺の富士山絶景ポジションとのブログも多い高川山へ行ってきました。

目的は、富士山みながらのんびりランチ!

標高976m と低山で雪の心配もほぼ無く、電車でのアクセスが容易で、1~2時間で登れ、何より富士山絶景!

課題は山頂が広くない(ので食事するにも混雑が予想される)、帰りの風呂が分からないこと。

ということで、早出して、帰りに寄り道して風呂に入ることにした。

6:10 御茶ノ水
8:00 禾生駅着
(ちょっと歩くけどローソンで買物)
8:30 禾生駅出発
9:30 山道へ
10:30 稜線
10:45 高川山山頂
★ヤマメシ!!
12:15 下山開始
12:20 男坂女坂分岐
13:10 登山口
13:30 初狩駅





6時過ぎの中央線でまずは高尾で乗り換え。




大月駅で富士急に乗り換え。初めてかも。




富士急マークの向こうに富士山!もうこんなに大きく見える!!










禾生駅下車。かせい、と読むみたいです。読めない…






8:25
踏切越えて、民家の間へ。看板出てます。






かわもばし越えたところで左に。






8:30
ちょっと歩くとまた看板で右に。ここからちょっと登ります。






富士山みえるじゃーん!

とか喜んでいたのですが、このあと下ります…ヽ(;▽;)ノ


登山口に行くためのちょっとした丘越えCT30分。私は珍しく20分くらいでしたが。




8:50
んで、この辺から本当の登山口(まだ軽トラ道)。




9:15
シラサワコースとの分岐。まだ軽トラ道でいきます。






9:30
ここから本当に山道に。








こんな山道です。落葉で足滑ります^^;
ハイキング気分で、高尾山的なイメージでいたので、思ったより大変でしたヽ(´o`;




10:30
で、駅から120分、山道頑張って60分、ここまでくればあと一踏ん張り。看板通り左に稜線歩きで10分で山頂です。




10:45
ついたーー!!




富士山ドーーーン!薄曇りだけど、満足満足!!










押さえるべき写真を撮って…(まだ空いてた)




東京方面。目の良い人は新宿のビルも見えると。
まっすぐな線路はリニアの実験線。昨日は走ってたけど今日はお休みとか。残念!




では本番開始。まずは海老ワンタンで温まる。




いつもカップヌードルになりがちなので、今日はチョリソーと生卵持ってきた!




うまーーーい!!!


このあと写真撮り忘れましたが、レモンティーのんで、じっくり1時間30分は山頂で楽しみました♪( ´θ`)ノ




12:15
さて、下山。気付けば山頂はこんなに大混雑。健脚シニアの方々が多いですねー。ほとんどの方は初狩駅からきてるみたいです。私は多くの人と逆ルートになりました。





帰りは大月駅のひとつ先、初狩駅を目指します。山頂にしっかりこっちと書いてあるので迷いませんw




12:20
男坂女坂の分かれ道からも富士山みえた。




男坂はこんな道でした。下りは女坂の方がよかったかな…




13:10
無事、登山口まで降りてきました。約1時間でした。




と思ったら駅までまだ20分くらいかかるみたいで。




こんな案内もありました。やっぱりこっちからの人が多いのかな。








13:30
初狩駅到着。無人化されちゃってましたが、トイレおかりしました。



ということで、このあと近くにご機嫌なお風呂が見当たらなかったので、時間も早いことだし、大菩薩嶺帰りに寄ったやまと天目山温泉まで足を伸ばしました。

有数の強アルカリ泉でヌルヌルつるつるです!

登山シーズン中の今日までの週末は、大菩薩嶺までのバスでてるけど、冬はどうやっていくんだろうなあ…






風呂入って、ビール飲んで、ゆーっくり東京へ戻りました。





コメント