そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

還暦を過ぎた森永ヒ素ミルク患者たち

2016-07-25 | 公害
すでに多くの国民が、森永ヒ素ミルク中毒事件をお忘れであろう。1955年前後(昭和30年ころ)に起きた乳児用粉ミルクに猛毒のヒ素が混入していた事件である。牛乳を粉末にする過程で、安定剤として使用され薬品にヒ素が入っていたというのである。酪農の現場では、農家がアルコール不安定乳の予防に薬物を添加した疑いも消えていない。現在よりもかなり杜撰な医薬品管理の時代の出来事である。
他のあらゆる同類の事件と同様に、加害者の企業と許認可権を持つ国は、加害者でない理由を探すところから始まる。その最も悲惨な例が、森永ヒ素ミルク事件である。
西日本を中心に、1万3千人が被害になり130人もの死者を出した。企業と国は因果関係を盾に賠償を拒み続けたが、それでも一時保証はされた。ヒ素の急性中毒の臨床例はあるが、乳幼児の発育に及ぼす病例はなかったのである。14年後に知的障害や運動機能障害があると生存者の訴えも、ヒ素にはそのような作用はないと、医学者を取り込んで森永と国は賠償を拒み続けた。知的障害や運動機能障害はは先天的なものとして退けられた。
これを認めさせたのは幼児の発育に及ぼす実例を持たない医学ではなく、地道な調査が証明した統計学であった。ついに森永も国も認めざるを得なかった。
発育期の子供にとって、ヒ素という猛毒の被害は死亡者だけではなかった。母乳より優れていると、わざわざ粉乳を与えた母親たちであった。悔悟の気持ちは消えることなく、幼児期の健康だった子供の写真を破いたり、実家に子供ともども返されたりと、母たちの苦悩は推測を超えるものがある。その母親たちの多くはすでにこの世になく、生存する被害者の子供たちもすでに60歳を超えている。90に近い母親たちは、障害を抱えた子供を残して死ねないと嘆く。
その後、水俣水銀中毒、カネミ油症、サリドマイド禍、そして忘れてはならないハンセン病(ライ病)、最近では子宮頸がんワクチンと絶え間ない薬害禍が繰り返される。薬害は変わっていても、構造は全く同じである。商品を売り込みたい企業とそれに認可を与えた国は、被害の認定を回避する余地から検討する。その間数年から数十年経過して、被害者の実態のことは二の次なのである。企業は利潤の放出と営業成績を最優先し、国(官僚)は責任回避が何よりも優先するのである。
本ブログで繰り返しアクセスが多いのは、サリドマイドである。国民の多くは企業の管理営業体質を信用していない。安倍晋三の経済対策以降、企業な360兆円貯めこんでいると思われる。薬害は企業体質の片りんに過ぎない。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 高江のヘリパッドは遺棄され... | トップ | 28兆円もの経済対策の正体... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぷーさん)
2016-07-26 06:05:39
このような被害、何度繰り返したら気がすむのだろう。
それでもまだ国や企業を信じるのか?
いいかげん国民は利口にならなければならないと思います。
Unknown (きなこ)
2016-07-26 10:37:02
国の言うことはマチガイない、と、盲目的に信じるのも、
国や企業は信用ならない、と、頭から全否定するのも、
どっちも同じように思考停止、アカンことと思います。

アメリカ人の特に共和党は、連邦政府を信用していないそうですが、
信用しなければ世の中良くなるか?というと、あ~んな、銃事件多発とか極端な医療格差とか、グロテスクなことになっていますからね。。

かつてのアメリカは、だれもがフランクに、ものが言い合える、自由な国、というイメージがあったんですがね。。

対話を断って殻にこもってしまう、というのが、社会の分断の原因となる、幼稚というよりは老害な、最大の愚行ではないでしょうか。



ともあれ被害者の方は想像超えてお気の毒ですね。。
Unknown (タンケ)
2016-07-26 13:10:46
この日本の権力者らの卑劣で無責任な体質はいつまでもに終わることなく続いている。例えば先の大戦中の指導者らのそれを語ればその例は枚挙に暇がない。ワルならワルを自覚し潔く責任取ったり自身を処断すればよいが、そんなまともな人物にはまずお目にかからない。他方、かつて足尾鉱毒事件で身を捧げた田中昭造如くの人々などは稀な存在だが、そんな人物は悲しく哀れな人生を終えるのが日本の常である。「悪が栄える国こそ日本」なのだ。森永ひ素ミルク事件、水俣病など、子供や老人ら弱者が犠牲者にされてきたが、その責任をこれまた下手人らは取らないのが日本である。福島原発事故にしても然りだ。下手人らは逮捕されるどころか今も野放しだけでなく、高額退職金を得て海外逃亡している輩もいるという始末だ。

アベシンゾーは憲法無視を始め、事実上様々な犯罪を行ってきた明白に下手人である。この度の高江事件でもシンゾーの暴力行為や犯罪は明らかだ。アベシンゾーを逮捕せよ。ケーサツよ、何をしているのか?ケーサツ検察司法もシンゾーらと結託しているからしないということなのか?



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

公害」カテゴリの最新記事