そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

大型農業=機械依存農業=外部資本依存=経営効率の低下=労働時間の増大、これが攻める農業の実態

2017-02-14 | アベノミクス

安倍晋三は日本の農業を攻める農業にと転換を促す。攻める農業とは、大きくすることである。農業の規模を大きくすれば経営が安定するという、固定概念がある。農業は工業のように、商業のように徒に大きくすれば、効率が上がって経営が安定するというようなものではない。農業の持つ基本的な生産性は、規模とは無関係である。規模拡大することによって、粗収入が増えて機械屋さんも飼料屋さんも乳業メーカーさんも、沢山お金が回っているから農協さんもホクホクでお奨めなのである。
上の記事は(クリックすれば大きくなります)友人が送ってきたものであるが、それは全く農家のためになっていないことを、珍しく経済学者が語っている。つい先日の朝日新聞のコラム欄である。
一般的な酪農家は、働き手が2.4人で70.9頭搾乳している。粗収入が7592万円であるが経費が5979万円となっている。農家手取りが1613万円である。労働時間は8078時間であるから、時給は1997円になる。
一方、在来型の小規模農家では働き手が1.2人で28頭搾っている。粗収入が2775万円であるが経費が1035万円である。労働時間は3489時間であるから、時給は4987円になる。
この数字は根室地方ではもっとこの差は大きい。筆者は経済学者であろうが、酪農の現場はこの数字以上のものがある。上の一般的な農家は乳量が多く、労働の質が格段に濃いのである。簡単に言えば牛から目が離せない、小規模農家は牛が長生きしているので、それほどの負荷がかかっていない。
一見収入がどちらも多いように見えるが、休日のない労働時間を考えてください。そして、何よりも時給換算の労働評価が、ほぼ5倍も異なるのである。
かつては酪農家は誰もが小規模であったから、規模を大きくはしてみたが手取りは変わらないけど労働の価値は5分の一になってしまったというのが実態である。沢山働いた分を、周辺産業に吸い上げられたといってもよい。アベノミクスの攻める農業とは、周辺産業のためのものであって、農家や家畜には大きな負荷をかけるばかりなのである。農家は補助金を目当てに経営の実態、農業の本質を失ってはならない。いつも責任を取らされるのは農家自身だからである。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« イスラエルを火種にしたトラ... | トップ | 体制の終焉を予告する金正恩... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MIC)
2017-02-14 23:03:30
この説明だと、28頭の搾乳牛で農家手取りが1700万越えになるのは有り得ない数字です。


読まれる方々、信じないでください。


この数字が正しかったら、規模拡大するアホはいません。
Unknown (MIC)
2017-02-14 23:21:07
ちなみにですが、九州で酪農を夫婦2人でやってます。

経産牛60(搾乳牛は約50)ですが、もっとあげています。

私の地域では、ヘルパー制度が約10年前に始まりましたが、自分の意志で使用せず365連勤を続けてきましたが、自分の意志で夏より月2回ヘルパーを使うようになり晩〜朝を休ませてもらってます。出掛けたり、食事に行ったりしています。

連勤と言う意味ではまだ継続中ですがね(笑)
Unknown (MIC)
2017-02-15 00:15:58
自分の文章読み返してみましたが、決して規模拡大ありきが正しいとは思っていませんので。


人には裁量ってものがありまして、何やっても上手く行かない人、上手く行く人ありまして。

酪農家をする時にはなから休みなどあると思って始める輩もいないでしょう(笑)。

確かに経験則で、家族経営で40〜50頭で、ある程度の時給粗飼料を確保出来ている経営体が一番安定していると思います。

Unknown (タンケ)
2017-02-15 09:55:53
農業を知らぬ者、戦争を知らぬ者が、それらを決めて、決める者自身は安全圏に居て下っ端にそれを命じ実行させるというのが現実だ。苦しんだり死んだりするのはいつもそんな下っ端たちである。

農業が資本主義的ショーバイとして扱われていること自体おかしなことであり、無理あることではないのか。

無知で小学生漢字読めぬ書けぬ筋金入りバカだが強い者に媚びるのが得意なアベシンゾなどが権力者であることによるこの国の不幸不運は一体いつまで続くのだろうか。
Unknown (きなこ)
2017-02-15 10:07:04
この新聞の数値、どこまで正確か、現場から、しっかり検証しないといけないですよね。
誰が書いた文章でしょう?

ともあれ、育ち盛りは、「肉~肉~!」「牛乳~牛乳~」と欲しがりますので、
国産の、安心な牛乳、肉などが継続できるように、
多くの人の働きにお世話になっていることに感謝しつつ、
関心を持っていきたいと思います。

Unknown (Unknown)
2017-02-15 10:24:49
大きかろうが、小さかろうか要は経営能力の問題。
ゆとり酪農かぶれを実践して倒産した人沢山みてます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アベノミクス」カテゴリの最新記事