氣天流 獅子・ひょっとこ会

日本古来よりの伝統文化「獅子舞」を日夜研鑽。会員制は無くつながりで自由参加。他の会と和洋折衷コラボレーションを楽しむ。

結婚披露宴&氣天流「寿・若獅子の舞」

2011年12月18日 | 活動報告

 

                 獅子舞でお祝い

            。

大宮グランドパレスホテルにて2011年2月19日に結婚披露宴が行われ

獅子舞でお祝い.

            ご縁

         合気道&空手(新婦)

新婦美里さんとは日本話し方センター山越幸副所長の新宿教室で一緒でした。
私は(財)氣の研究会で心身統一合気道を修行しておりました。空手をしている女性がいると
紹介されたのが新婦美里さんです。美里さんは空手の経験があることで合気道に関心が
あるとのことでした。
教室が終了。それから11年経って私が獅子舞をしていることを聞いて新郎達也さんに
に相談。
「結婚するので是非江澤さんの獅子舞をやって頂けませんか」「杉並公会堂で
山緑さんの講談二つ目昇進祝いの獅子舞をみました。」
と新婦美里より電話を頂きました。
教室から11年経って獅子舞依頼の連絡を頂くとは・・・徐々に当時の記憶が蘇りました。
喜んで勝浦市から埼玉県大宮グランドパレスホテルにて獅子舞でお祝いをさせて頂ました。
結婚なさったお二人を獅子舞でお祝いすることができました。お役に立てたことを大変
うれしく思います    感謝

 心身統一合気道会 

 藤平光一会長  

  

心身統一合気道会 会長 藤平光一先生の        日本話し方センター所長 江川ひろし先生(左)   日本話し方センター 副所長 山越幸先生(右)
   
  指導を受ける   江澤廣(右) 

    創作 氣天流 「寿・若獅子の舞」

 氣天流「寿・若獅子の舞」は財団法人「氣の研究会」
藤平光一先生にご指導頂いた「統一道と氣の転換」の
「精神・技」そして子供の頃からの機械体操経験から
この舞を創作致しました。
創作したものが「国立劇場協力の民族芸能」に記されている
芸能学会会長、三隅治雄芸能文学博士の神懸り「狂い」の
所作などが偶然偶一致したことを不思議に思っています。

     座右の銘 (財団法人 氣の研究会)

万有を愛護し、万物を育成する天地の心を以て、我が心としよう。
心身を統一し、天地と一体をなる事が我が修行の眼目である。

     心身統一の四大原則

1・臍下の一転に心を静め統一する 
2・全身の力を完全に抜く 
3・体の全ての重みを、その最下部に置く 
4・氣を出す               

            高砂で氣天流「寿・若獅子の舞」を披露

 

新婦 美里さんコメント

獅子舞が体を震わせながらガッチ・ガッチと歯をならして
入場してくる姿はとても迫力がありました。
見たことのない動きに皆の動きが一点に集まり、会場の空気感が
変わったのを今でも覚えております。
また、獅子舞というと赤い顔が定番ですが、江澤様の金獅子舞は
金色!会場のライトを浴びてきれいでした。
まさにお祝いの席にぴったりという感じです。
獅子舞と大黒様(新郎も参加して)、円卓の間を練り歩いたのて
高砂へまわり、高砂でダイナミックな舞を舞って下さいました。
今までにない…感動でした。
披露宴は大好評で、無事に結婚式ができたことを感謝しております。
お忙しい所、お引き受け下さいましてありがとうございました。

 

日本話方センター山越幸副所長のお祝いスピーチ

巻物は地元の滝口神社で必ずお参りを致します。

新婦 美里さんコメント

 「獅子が舞った後に巻物が開き、新郎新婦からの
メッセージということで司会者の方に読み上げて
頂きました。会場からは大きな拍手が、メッセージに
向けてだけではなく獅子舞に向けての意味もあった
ように思います。
獅子舞の舞をみてテンションの上がった会場の空気が、
更にいっそう大きな拍手になったようでした。
江澤様の気合が入った文字は魂が込められていた
ように力強く、離れた席からも充分に見えるほどでした。」

新郎新婦より依頼があり作成させて頂きました。オリジナル「福銭」です。記念にみなさんに配布されました。

翌日、新郎新婦と朝食をご一緒させて頂きました。そして記念撮影です。

 

 

 ★……………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

     

      小林悠記/真琴さんご結婚おめでとうございます。                

 

 氣天流「寿・若獅子の舞」でお祝いをさせて頂きました

                                           於  鴨川グランドホテル

                           ご縁

「勝浦ビッグひなまつり」でお馴染みの「遠見岬神社(とみさき)小林宮司」ご夫妻と懇意にさせて頂いております。

また、神主でご長男の新郎(悠記さん)とはお囃子会の同志です。

このご縁を頂き結婚披露宴で氣天流「寿・若獅子の舞」にてお祝いさせて頂きました。

 

 

 

 

      新郎笛を披露 (左)                                 新郎太鼓を披露 (右)           

 

 氣天流 「寿・若獅子の舞」

  動画(youtube)下記をクリックしてご覧下さい

http://www.youtube.com/watch?v=BPU-P3FM7K4

    

江澤 廣
〒299-5223
千葉県勝浦市部原1928-26

FAX 0470-73-5748
メール 
info@shishimai.info
ブログ http://blog.goo.ne.jp/okagura_shishimai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« コラボ講談(右桜左桜・矢梅/... | トップ | アクセス解析&ボランティア活動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動報告」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事