八咫烏の声

神社の行事、社務などの日記です。

正月奉仕★⑫

2019年01月27日 16時21分35秒 | 巫女の社務日誌
こんにちは
さくら出仕です

正月奉仕★ブログですが
本日が最後となりました

最終日の本日、奉仕に来てくれた巫女は
もも巫女・スミレ巫女です

早速ですが、コメント紹介です


本日は昨日の雪が嘘のような晴天
もも巫女です
今日は厄祓のご祈願が多く、
なかにはスーツ姿の男性が10人以上
ご一緒に来られて厄祓を受けていらっしゃいました
同級生の集まりでしょうか
なんだか楽しそうでよかったです
今日で正月奉仕は終わりですが
来週の節分祭でまたご奉仕です
鳥居のおたふくをくぐりにぜひいらして下さい





こんにちは、スミレ巫女です
本日は祈願の受付と白衣のアイロンがけを行いました
風は冷たかったですが、
太陽が出ていたので気持ちよかったですね
本日は、お正月最後のご奉仕でした
この1ヶ月でとても良い経験ができたと思います
ありがとうございました
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 正月奉仕★⑪ | トップ | 「中村文昭」北九州講演会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正月奉仕 (にわ)
2019-01-28 12:23:18
こんにちは・・
正月奉仕お疲れさまでした
次は節分ですね
又の奉仕、頑張って下さいね

最近ネットで神社を表現する詩を
見つけ感心しましたので・・

特に 自分自身じゃなく 自分自神・・
シェアした文章です・・


「神社にて〜静寂の語り」

神社には静寂が宿る
そしてその静寂はすべてを語り
来る者来る者へ気づきを与える

答えはいつも自らの内側にあり
安らぎもいつも自らの内側にある

遠く遠くへ求めるなかれ
境内で対話するのは
自分自神

本殿の鏡は自らを映し出す

人は清まるほどに全てを敬うのだろう
人は自らを知るほどに全てを知るのだろう

神社を大切にしてきた古来の人々の
想いを感じながら
自らの心を見つめたとき

感謝の祈りが自ずとそこから溢れた

山に感謝 川に感謝 大地に感謝
太陽に感謝 月に感謝 地球に感謝

繰り返す感謝の道が
神への道と知ったとき

世界は今この瞬間瞬間の輝きで
鮮やかな彩りとなる

まだまだインフルエンザ流行していますので気をつけて下さいね。
にわ様 (さくら)
2019-02-04 09:14:33
こんにちは☆
年明けてから節分まであっという間でした。

感謝の気持ちは大切ですね☆
素敵な詩ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

巫女の社務日誌」カテゴリの最新記事