カイロプラクティックと院日記 in 島根 ~ 関節ケアルーム ~

開業して二十数年。試行錯誤しながら今も松江で施術の日々。人体は奥が深い‥まだまだ勉強。 KCA会員/JCR登録者

こんな報告もあり

2009年09月10日 09時12分53秒 | 院日記
おはようございます。
順調に進んでるはずなんですが、やることは溜まっています。
一歩ずつ進めていくのみ。今日も精一杯取り組みます。

そういえば、症例報告をあまりしていません。
なので、来週また報告したいと思います。
と言いながら‥。

臨床での改善率は、最近特に良いと感じています。
なので反対に、今抱えている難しい痛みについて報告。
今来ている方では、
 母指のバネ指
 脊柱管狭窄症&すべり症
の2つです。

年齢やバイタル、既往歴も関係があり難しさがあります。
それについてはもちろん該当する患者さんに説明をして施術を続けております。
(もちろん同じ原因(バネ指・狭窄)でも、楽になる方はいます。)

わざわざする必要のない報告かもしれませんが、
どんなものにも万能の医療や施術はありません。
その効果を知るほどに、その限界も見えてくると思います。

必要なことは、現実を踏まえながら可能性にチャレンジしてみること。
患者さんに現実を理解してもらいながら、施術者は希望を持って施術することだと思います。

そして数年経ったときに「良くなりますよ」と言えてるといいですね。
話が矛盾してるかな?
この記事についてブログを書く
« 首をバキッ! | トップ | 理念 »
最近の画像もっと見る

院日記」カテゴリの最新記事