昨日の晩ごはん

毎日家族のために作る晩ごはん(プラスα)を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月27日 困ったつまみ食い

2010-01-27 23:50:20 | Weblog
「つまみ食いは、食事を作る人の特権である」というのは名言である。(ウソ
そんな言葉を言い訳に、私は毎日「味見」と称したつまみ食いをしている。

味噌汁の味付けが濃くはないか、
煮物の味は染みているか、
そんな必要不可欠な味見もあれば、
切り落としたキャベツの芯やたくあんのしっぽなど
そのままゴミ箱に行ってしまうはずの食材のかけらを 口に放り込むつまみ食いもあり、
チャンスがあれば食べようという私の意地汚さが現れた 困った癖だ。

そんな母を見て育った長女も つまみ食いの常習犯だ。
お菓子の缶に入っている明日の分のおやつや 
カウンターに積んであるみかんならともかく、
フライに添えるためにボウルに入れておいたキャベツの千切りや
あとはお皿に盛り付けるだけの状態になったおかずなどを
晩ごはんの直前にラジオの英語講座を聴きながら大胆につまんでいくので たちが悪い。

疲れて帰ってきているのだからしかたがない…
おなかだってすいているのだろう、大目に見よう…
そうは思うのだが、許せないことが一点。
せめて、つまんだあとはきれいにしておこうよ。
みかんの皮やお菓子の包み紙がその辺に落ちているのは どうにかしてほしい。

今日、洗面台の下の棚を開けたら、キャンディーの包み紙が2枚出てきた。
(なぜ、ゴミ箱に捨てない?
こんなところに隠すのは、次男の仕業に違いない。
隠すくらいなら、長女のように出しっぱなしにするほうがまだまし?

つまみ食いの癖は 長女から次男へ 確実に受け継がれ、
「片付けられない度合い」も増しているような気がする。
困ったものだ。






今日の晩ごはんは…



マカロニサラダ



マーボ豆腐



ワカメと長ネギのお吸い物
さつまいもごはん
イカゲソとちぢみほうれん草のトマト炒め
  イカの足は吸盤をこそげ落とし、一本ずつに切り分ける。
  ちぢみほうれん草は根元を切り落としてきれいに洗い、粗く刻む。
  フライパンにオリーブオイルを入れてみじん切りのにんにくを炒め
  イカゲソを加えて 色が変わったらすぐに取り出しておく。
  そのままのフライパンに ちぢみほうれん草を入れて塩・こしょうして炒め、
  半分に切ったプチトマトを足してほうれん草のかさが半分くらいになったら
  イカゲソを戻し、炒め合わせる。

よろしければ、こちらからレシピブログへの投票もお願いいたします。
クリックするとランキングへ投票されます。よろしくお願いします。


「子育てブログ」にも登録しています。
クリックするとランキングへ投票されます。よろしくお願いします。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 1月26日 クーポン券 | トップ | 1月28日 ご質問にお答え... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事