21万祭壇 超宗教世界聖殿 完成期天福宮 奪還勝利は UPMC(心身統一)から

当ブログ管理人はUPMC(統一原理マスタークラブ)の会員であり、ブログ主が説かれる原理観に共感し推薦致しております。

ベーシックインカム(BI)は一網打尽国民奴隷化制度(BIと体内チップのセットが国民を襲う?!)

2019年05月31日 09時09分47秒 | グローバリズム(サタンの役事)

今後、ベーシックインカム制度(統一最低所得又は基礎所得保証)が導入されるようになると、体内チップ移植セットで導入される可能性があると坂の上氏は説く。(43:00参照)動画ではさらっと流して言われましたが、どういうことかと自分なりに考察してみると、グローバリズムのしたたかな国民奴隷化策略が見えてきました。

今後、ますます$経済は危機になりながら国民は生活に対する不安感が増大しつつ、政府をより依存せざるを得ない状況に陥りながら政府はベーシックインカム制度を導入します。国民がその配給保証を受ける為にはチップによる管理体制が必要との理由で、半強制的にチップを体内に埋める様に仕向けます。その時に個人として拒否すれば、地方に疎開して自給自足するしか生きる選択がない状況に社会がなっているということです。このまま政府のコントロール支配に気付かずにそこまで来てしまえば、無理なくそれを受け入れる様になってしまうでしょう。

このチップを体内に埋められるということを受け入れるか拒否するかの選択が、個人にとっての永遠の命に関わる大きな選択となり、受け入れた者は完全に政府の支配下の奴隷となって聖書で言うところの「獣の刻印を押された者」となってしまいます。現状でのほとんどの国民は政府に依存していますので受け入れるようになってしまうのでしょうが、そのこと(政府の完全奴隷)を察知した個人が今の現状から生き延びる方法を模索選択するとすれば、“はこぶねコミュニティ”のような自給自足コミュニティしか生き残る方法はないという事になります。

ベーシックインカム 「人々が無条件で現金を受け取る仕組み」

マイクロチップ (GPSによる監視識別体制)

ハイテク好きなスウェーデン、マイクロチップの皮膚下移植進む

人類統率計画。アメリカでは来年を目処に・・・、日本のマイナンバーもそのためのものに過ぎないのかも知れない

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 文鮮明先生 父の祈り 1-25「... | トップ | 今の日本の国民はK連合の状況... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

グローバリズム(サタンの役事)」カテゴリの最新記事