21万祭壇 超宗教世界聖殿 完成期天福宮 奪還勝利は UPMC(心身統一)から

当ブログ管理人はUPMC(統一原理マスタークラブ)の会員であり、ブログ主が説かれる原理観に共感し推薦致しております。

文鮮明先生「自分を信じよ!」1972年5月 守山修練所

2019年04月27日 21時26分31秒 | UPMC 統一原理マスタークラブ

☚統一原理講座 一覧

『UPMC』(統一原理マスタークラブ )
https://unification-principle.com/
 
 もし今、あなたが人生や人間関係などでお悩みなら、
 もう一度「統一原理」を一緒に学び、体験してみませんか?

 自分を信じよ!

 1972年5月 名古屋 守山修練所

 人を頼りとするな、あなたたちがいかなる難しいことがあったとしても、人を頼りとしてそれを決めるんじゃなくて、自分を頼りとせよ、自分を信じる人間となれ。特に信仰生活において、蕩減路程において、いつも問題になるのは、自分が自分を信じることができない。だから自分が自分を信じられない者は、神自身が信じることができない。

 自分が自分を信ずるには、良心の指示する、命令するすべてのことをなして、あまりある人間にならなければいけない。人に頼ったり、人に何か望みをもって頼ったりする、そういうような立場には完全蕩減復帰というものはありません。

 だから、蕩減の路程は、自分が自分と対決して、自分が自分を信ずるような立場に立っていくところに、蕩減の道は生まれてくる。そういうふうに 自分が自分を信ずる様な結果は、個人より、家庭より、何段階までも 発展させていくというと、それは神様がいつでも共にいてくれる、それが問題である。だから、人に頼って、何か相談してやったということでは蕩減の道は進展いたしません。

 アベルというものは、神はいつも最後の直前に達する時には、いつも孤独な立場に立たせる、それが原則である。自分以外には何もありません。自分ただ一人である、原理はそうである。すべてのところにおおわれて、たった自分一人しかありませんというところに、それは蕩減の結果が生まれてくる。

 だから、自分が自分を放棄してしまったら、地上の基台は完全になくなってしまうから、自分が自分を信じられる立場で、いかなることがあっても、その立場を譲ってしまうとか、人に頼ってしまうとか、こういうふうになった場合には、完全なる自分として、越えるべき蕩減の道を越えることはできません。


 神に導かれている確信

 そういうような時が経つにしたがって、時が切迫してくるにしたがって、これは真剣な自分のものじゃないか。自分の本心と神のみ旨と いつも対話するように祈る瞑想の中に いつも神に導かれる、その本筋道は必ず、自分に対して逃れずにやったならば、神は必ず、いかなる方法でもってしても教えてくれる。あるいは夢とか、あるいは人を通してでも、あるいは動物を通してでも、暗示作用を通してでもわかるようになっている。そういうような生活態度を体験していけば、それは間違いなく蕩減の道を辿って発展していくことができる。これを忘れてはならないということをあなたたちに言っておきたい。

 世の中もそうですよ、自分が大きい成功をするか、しないかという問題は、人と相談して決めていくんじゃない。真剣になって、自分がすべての生命をかけて、自分の生涯をかけて、あるいは自分の家族 一家のすべての運命をかけて、真剣なる立場に立って、そして決めて成功した場合には、それはその一家の成功になる。


 最後までこの道を行こう

 それと同じように蕩減の道は、絶対相談してはできない。なぜかというと、堕落が相談の因縁によって堕落してきた。アダムとエバでもそうだし、エバと天使長も共に話し合い、共に相対的に、横的に何かいいものがあると思うところに堕落をなしてきたんだから、その復帰路程はそれを乗り越えていく道だから、最後には、自分が自分を絶対視して 信頼する立場において、それを決定して、乗り越えなければいけないというのが原理の神ですよ。それだけあなたたちは覚えてもらいたい。

 いろいろと活動するには、いろいろなことがあるであろう。そういう立場において、あるいは故郷とか、あるいは父母に対して、情的や環境的にも思い出されるんだね。それから、開拓の先頭に立っていると、環境が自分の思うようにいかない。それが、すべてがその不自由な立場に追い込まれる。そうなると、ただちに昔を振りかえり、自分の家を振りかえりながら、これを比べあうんだね。そういうところにあなたたちの行く道において、非常な副作用をきたすようになるんだよ。

 一旦、家を出てくるとき、自分なりに決心して出てきた人は、それは最後まで行ってみることだね。最後まで行ってみること。あるいは、こちらへ来るときは、自分の知恵で決定したんじゃなくして、誰かの勧めによって、まあ、行(い)ってみようとして来た人も、新しく出発するときには、自分が決意して、すべての動機は自分がなしていくんだという確信のもとで行く所も、自分の将来、自分のすべての蕩減の道を果たすために行く。

 いつも自分と神との関係、縦的関係は許されるんだけれども、横的関係は許しません。何か難しいことがあった場合には、あるいは故郷なり、自分の共に来た友達に、ああ、これは難しい、そういうふうに言うんじゃありませんよ。そういうことがあった場合には、必ず祈りの中で 自分の生涯をかかげ、過去、あるいは現在と比べ、比較、検討して、これは正しいというふうに決まった その方向に進んでいくところに 我々の発展があるということを覚えてもらいたい。


 まず自分で解決の道を探す

 自分が自分を信ずる、そういう立場に立てない者が、神に頼ることはできない。神自体も、信じて何事もまかせることができない。自分はどうでもいいんだけれども神だけ認めればいい。そうはいきません。自分が自分を信ずるような 立場に立たない者は、神もいりませんよ。神がいかに信じられるか。自分が自分を信じられない立場に立ったら、基台がないこととなる。基台がないことになるんだから、基台のない者を神様は、絶対なる主体の神様は、そういう者を相手にすることはできません。だから自分がこういう者であるというならば、それは絶対に自分の信ずるような 基台に立ったという確信をもってやっていくところに、神はいつでもそこに援助してくれるということを覚えてもらいたい。

 そういうふうにして、今一月、あるいは一年ずっと 信仰生活をやっていれば、神は必ず援助してくれる。先生だってそうだよ、今でもそうだよ。

 先生だって友達おりません。生涯何か難しい問題を、父母がいるとしても、父母に相談することができなければ、あるいは自分の友達がいるとして、友達に相談することもできなければ、あるいは先生がいるとしても、先生に 相談することができません。それはすべて、天使長圏の仲間になっていると言うんだね。だから真剣に一人で解決していく道である。自分が自分のものを決定していく、そういう者になったならば、神はその人を必ず導いてくれる。

 もしも、それでもこれがいよいよ 解決できないという場合には、自分の仲間、同志に相談する。自分が信頼しているあの責任者に真剣な立場で相談する。相談するその時、あんたたちは、もしも団長なら団長に対して相談する時には、こういう考えでやれ。もしも、団長と相談して、それが、ある答が下された場合には、その答は、それは神より下された その答であるというように思ってやれ。それがその地区長が、巡回師が間違っておったとしても、そういうような信念でもってそれをなしていくならば、間違った立場で答えても、その信念を中心として神は、その方向にその結果を来たすように 援助することができるんだね。あなたたちが相談したにもかかわらず、どうかわからない、と言うように そう思ってはいけないよ。だから信ずる。

 アダムとエバは、信仰の中心、信仰が立っていなかった。それが問題である。だからあなたたちも絶対的信仰でそれを押し通していけば、サタンが利用するとしても、サタンの言葉と思わず、神様が教えてくれたというようにして、最後まで押し進めていくと、サタンの欲望の基準をのり越えた場合、神様はその信仰を中心として創造しても 成してくれるというんだね。先生は、そういう信仰生活をやってきたよ。


 真剣な祈りを

 誰か真剣な立場で 答えてやった場合に、その課題は、主体はどうでもいい。神から教えられたということを信じて、そして最後まで それを守って闘い続ければ、サタンが80パーセントの 目的基準で教えてくれたとすれば、90パーセント、100パーセントという基準までおし続けていけば、神様がそれは取り扱って成功させるようにしてくれるんだね。

 すぐに相談するのはよくありませんよ。何かあったらすぐ、これは重大な問題として地区長とか巡回師に走っていって話すんじゃありませんよ。

 まずもって神に祈るんだね。特にあんたたちが、身体を清めて、断食しながら3日以上祈ればね。これ 教えるようになっているよ。あるいは、先生が教えてやる。しかし、直接教えてやることはできない。それは蕩減の条件がひっかかるから、象徴的、あるいは形象的に教える。そういう経験において分別する体質にしておかなければならない。そういうような統計的、科学的結果を立つようにしながら、ああ、こういう時はこういうようになってきた。だから何か現象が現れてきた場合には、それに対して、さあ、その結果がどういうふうになるんだろうと 研究する心が必要だよ。

 それを見れば、人によってみんな違うよ、人によって違うんだから、自分は、ああいうことがあった場合には、こういうような結果を来たした。それを体験した立場で、それを分かっているならば、こういうように見られたとするなら、これを研究せず直接行動に移すことができるよ。そういうのをずっと 統計的に結果を探求するような、そういう生活態度が必要である。

 そうできれば、神と……。アダムとエバが堕落したのは、最後に神と相談しなかったから。もしもエバが最後に、堕落をしない前に神様の前に行って、「神様、天のお父様、天使長がこういうことを言うのでありますけれども、いかがですか」 と もしも相談した場合には、神は、これは主管することができるよ、だからアダムもそうだよ、堕落したエバが善悪知る木の果を取って食べよ、と勧めるに従って、神を中心として 最後の決裁を決めるというアダムの立場だったら、いくらエバが そういうことを言ったとしても、神の前に相談した場合には、その堕落について、これが最後に乗り越える時の重要な位置であるということをあなたたちに記憶してもらいたいよ。

 そういう意味において真剣に祈る。だから、何事をなすにも そういう蕩減だと思って真剣にやる。その仕事の中に自分が蕩減を越えるかもわからないんだから、すべては真剣にやる。人が見ようとも見なくてもそれは関係ない。

 世の中には、十人の人が働けば監督者がいて、やるかやらないかと監督するんだけれども、我々においては必要はない。監督される方(ほう)がかえって気持ちが悪い。それで人が見ても見てなくても、神と一対一によって報告しながら、一歩一歩前進する価値を 自分なりに積み重ねて行くという様な 生活態度が必要ですよ。そういうように行く者は、決して堕落とか、あるいは絶望とか、そういう立場に絶対落ちない。

 先生が 経験によって、霊界の原理原則によって、これは間違いないと いうことを知らせておきますから、このことだけは忘れないで守ってもらいたい。

 だから、自分が自分を より以上に信ずる様な者に、もしも神様が期待するより以上に、自分を信ずる者になった場合には、神様は、今まで自分を召して祝福しようとした、より以上の基準に、祝福されることができるよ。この基準がいかに重大であるかということを あんたたちは 理解するように、信仰生活において 体恤するように先生は頼みながら、簡単であるけれどもこれで終ろうと思います。

 自分が自分を信ずる、自分が自分を信じられない者は、神様自体も信ずることができない。さらに、最後には相談して乗り越えるんじゃないよ。自分がするんだよ。自分が中心にならなければならないということを、はっきりと記憶しておかなければならない。

コメント   この記事についてブログを書く
« Ⅱ-⑰ 原理本体論 Ⅱ前編 第1章 ... | トップ | UPMC 統一原理講座 『統一原... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

UPMC 統一原理マスタークラブ」カテゴリの最新記事