神山釣具店ブログ「釣り日和」

男鹿川・鬼怒川の川のようすと釣り情報、 
そして釣りには関係ないネコのこと・・・(保護ネコの里親募集など☆)
 

板穴川 2/20

2017-02-21 11:44:32 | 川のある風景

きのうの昼頃、今市まで用事で出かけ、その帰りに通った橋から板穴川のようすを撮りました。

この橋の下流は一昨年9月の豪雨によって岸が削り取られたらしく、昨年からずっと工事が行われていた場所です。
その工事が終わり、まるで一変した板穴川・・・
過去にこの場所で釣りをしたことがある方、どんなふうに感じますか?

まずは橋から上流です ↓

こっちはまあ こんなもんですね。 細かい箇所を指摘することは出来ますが、おおまかな見方をすればあまり変化はありません。

で、橋の下流 ↓

すぐ下のえん堤の周りも変わってますが、一番の変化は〇で囲んだ場所です。
そこをアップすると ↓

見事な護岸工事! 

川に沿った道を車で下りて行き、途中に一時ストップして運転席から撮ったもの ↓

川のカーブは変わりませんが、これではね~・・・
さらに下へ行きながら

今までもあったえん堤 ↓

上の説明のとおり、えん堤の上から上流(最初の橋のほう)を見て ↓

小砂利と青ノロが目立つ川。 以前とはまるで違った姿です。

川岸が崩れたからって何もこんなにカチンカチンに固めなくってもいいんじゃないのと思ってしまう。
以前はヨシがうっそうと自生し、プールがあったり淵があったり・・・ヤマメの大きいサイズも釣れた場所でした。
エサ釣りはもちろんのこと、ルアーやフライの人も入っていましたよね。
以前のようすに近い状況を作りながらの工事って出来ないものなのかな。
何か悲しい気持ちになりました。。。
 

で、またえん堤から。 

堰堤のすぐ下 ↓

さらに下流へと川は流れて行きます ↓

上の写真のあたり、以前には大きな岩が何個もゴロゴロありました。。。
それがほとんどないです。

長い間の工事は終わりましたが、、、はたして魚は戻ってきてくれるのでしょうか?
ここは今北漁協の管轄です。


          では、また 


砥川&板穴川

2013-05-11 09:11:58 | 川のある風景

今朝は3時ごろに釣果情報のブログ更新して、そのまま夜明けを待ち、薄明るくなってから1時間ほど草むしり・・・
その後、川の様子を見に行った。

万年橋からの鬼怒川を見て、「水 ちょっと多いなァ・・・」  で、そのまま通り過ぎ、

久しぶりに砥川へと向かいました。

鬼怒川は水量たっぷりすぎなのに、砥川はこんな状況でした。 ↓
佐下部橋からの砥川の上下流。  時間は5時5分過ぎぐらい。

・・・と橋の下流、左岸にアオサギ発見!

この付近でアオサギを見ること、わりと多いです。
水が少なくて魚を捕りやすいんでしょうか・・・
カメラを調整するのにちょっと目を離したすきにいなくなってしまった。。。 撮れたのはこの1枚だけ。

次は板穴橋からの川の様子ですが、、、 これが上流で ↓

↓ 下流側

やっぱり水は少なかった。。。
これでは釣りは難しいかもね。 と言うより、最近ではここでの釣り人さんは全然見ないと、犬の散歩のおじさんが言ってました。

それにしても橋の下流のようすはずいぶんと変わってしまいましたね。
人間の都合での河川工事ですが、環境の変化による悪影響、全くないとは言い切れないんじゃないか? と思います。

旧今市市の大谷川なんてすごく変わっちゃいましたよね。
大谷橋や並木大橋を通りながらいつも複雑な気持ちで川を見ています。


          では、また 


塩原温泉、箒川(ほうきがわ)

2012-10-05 20:41:57 | 川のある風景

ここ何日かは連続で外出してまして、その間当然店は閉めてます。。。

きのうは塩原温泉まで釣り券の精算に行き、帰る途中 箒川(ほうきがわ)の写真を3枚だけ撮りました。
C&Rに指定されてる場所デス。

この前の台風で洗われたのか、川底の石はきれいでした。
だから流れてる水もきれいに見える。

このちょっと下流でフライマンを見かけました。
2人だったかな・・・ 今はもう殆どの川が禁漁になってるので、釣れる河川は有難いですよね。
このC&Rエリア(ニジマス)は来年の1月14日まで釣れるそうです。


実はこのあと、この7日(日)に開催される「里親会」の会場となる那須塩原市のイオンモールまで、場所確認がてら下見に行ってきた。。。
お世話になる保護団体は、主に3つの会場を利用し順番に開催してますが、今度の那須塩原市がうちからは一番遠方になります。

スピード控えめで行くと、1時間20~30分はかかりますねぇ、きっと。。。。。
明後日は8時20分に出発予定です。

きょうの とのクロ。 こんなふうにすっかり「親子」みたくなってますが、あとわずか・・・・・ダトイイケド、ズット コノママダッタリシテ、、、(´へ`;)



           では、また


板穴川のようす

2012-08-25 15:45:02 | 川のある風景

早朝の板穴川です。。。

橋から川を見てビックリしました。 ここも減水状態。 かなりひどいですね。

カーブした先の瀬をアップでとってみました。 ↓

ここまで水が減ったのは多分見たことないデス。

そして、こっちが橋から下流

なんか、、、、 ボーっとした感じでしばらく眺めていました。
こんな状況で魚、釣れるんでしょうか?
もっとも、ここでの釣り人さんは今年 あまり見てません。。。
ココのみならず、うちの近くの万年橋付近でもそうです。

どこかおかしい・・・

何かがヘンだ。。。

今年の釣りは・・・


          では、また


板穴川  6/2 AM5:00

2012-06-04 02:31:56 | 川のある風景

アップが遅れました・・・   一昨日、6月2日の板穴川のようすです。。。

この日はダンナが早朝から釣りに行き、わたしもすぐあとに家を出て、砥川からこの板穴川までのようすを見に行ってきたんです。

2年前まで、娘が高校へ通っているときには、今市の駅まで送って行ったりが多くて、そのついでに良くここの写真を載せていましたが、、、、
今年は初めてです。。。
板穴川と小百川をベースにしている人から
「今年は釣り人が少ない・・・」 って話を聞いてて、ちょっと気にはしていた・・・

やはり、、、放射能のことが関係してるのかも・・・ですね。

この日も時間が早かったせいもあるでしょうが、釣り人さん 1人もいませんでした。。。
アッと、、、川虫を採りに来た人が1人いた!

 

以下、板穴橋から下流の鉄橋までの川の写真です・・・

まずは板穴橋の上流と・・・

下流 ↓

先に見えるえん堤の下のようす、工事の後すっかり変わってしまってました。
岸に沿って うっそうと生えていた草(葦みたいな?)がなくなって川幅が広くなり、さらにはここ ↓

この堰堤の上にあったプールがこんなふうに変わっててビックリしました・・・ ↓

まるっきり浅いですし、魚がいそうな石もありません。
フライやルアーを振ってる人、けっこういたんですけどねぇ・・・  工事前の状態に果たして戻るのか? 疑問です。  

そしてね、堰堤のすぐ下は・・・ ↓

ここもダメ。

この堰堤も・・・ 下流は小砂利で浅い状態。

あ、これ さっき書いた、川虫を採りに来た人です。

うっかりしてましたけど、この日は小百川の放流日でして、、、多分そちらに行くためのエサ採りだったのかも?
放流したばかりの魚は放射能の心配はありませんからね、きっと大勢来るでしょうし、お持ち帰りも多いでしょう。
そして それ以外はひっそりとした静かな川なんて、なんか寂しい気がします。。。

この辺りまでくると、遠くに東武鉄道の鉄橋が見えてきます ↓   これはややズームで撮りました。

で、鉄橋の下

ところどころ良いところもありますが、やはり魚はあまりいない印象でした。
上流部がいいですね、やっぱり。
近くに住んでるらしいおじさん、犬の散歩に来てた人が言うには、
「雑魚」はけっこういるらしいです。
でも、ヤマメは今は少ないとか・・・  残念です~

          では、また


板穴橋から

2012-01-30 16:29:15 | 川のある風景

この時季の川の写真て何の意味もないかもしれませんけど・・・

ネタ不足もあってのUPです。。。 お許しを(´_`;)

一昨日の28日の朝、、、7時ちょっと前の板穴川です。

上流側と・・・

こちらが下流側。

この日もすごく寒くて、指先の感覚がまるでなかった。

今年の冷え込みは半端じゃないです、、、
川のあちらこちらに氷がはってますもんね。

ここ何年かこの場所からの写真を撮ってきましたが、こんなに氷がはってるのは初めてのような気がします。

川の近くで空を飛んでる鳥をみつけると つい目で追ってその姿を確認してしまうわたしですが、、、(^^)
この時も3羽が飛んでくるのをみつけて、 「カワウ?」 と思って目をこらしたら、、、   カラスだった(笑)
なるべくなら見たくないけど、カワウの群れを見る春ももうすぐです・・・


          では、また


砥川&板穴川

2011-06-03 23:15:31 | 川のある風景

今朝撮って来た写真を今頃にアップです・・・(^^)

ダンナの朝食とお弁当作りを終えてから朝の5時40分ごろに家を出て、まずは近くから・・・と砥川の佐下部(さげぶ)橋へ行きました。。。

行ってみてビックリ!
砥川の水、かなり多い。 いっつもチョロチョロ程度しか流れていないのに、今朝は川幅いっぱいの水量でした。
左下部橋から下流 ↓

↓ こっちは橋の上流、、、河原まで下りて行きました。

同じ所から下流(橋のほう)です。 ↓

この水量は、梅雨入りしてからずっと雨模様の天気が続いていたからでしょうか。 ホント、砥川にしては珍しいです。

さて次は板穴川へ・・・   いつもの板穴橋から撮影しました。
橋から上流 ↓

こっちが下流 ↓

この川も水が多かった。。。 えん堤からはザーザーと音を立てて勢いよく水が落ちて行く。
ついでなのでえん堤の下のほうのようすも見に行くと・・・

↑ この写真の手前のプール、普段はこんなに広くないし、まったく水がないときもあるくらいですが、きょうはご覧のとおりのようすです。

この下にもまたえん堤がありまして、、、そのえん堤の下流がこっちデス。

相変わらず大きな石がゴロゴロしてます。 それ以外は同じような大きさの石ばかり。川底は平らっぽくなってるように見える。

護岸工事が終わって人工的に作られた川の流れです。
見た目は普通ですが、肝心な魚は戻ってきたのでしょうか・・・?
時々見に行ってますけど、ここで釣ってる人は見たことありません。。。
この上のプールではフライやルアー、エサ釣りの人も入ってますけどネ。 

あ、そうそう、、、わたしが橋のそばの狭い空き地に車を止めた時、ルアーロッドを手にあがってきて軽のワゴンで出て行った人がいましたが、、、、、釣果はあったのかしらね。
もうちょっと早く着けば話を聞けたかもしれませんが、タッチの差で残念でした。

          では、また


堰場川 (せきばがわ)

2011-04-29 17:16:34 | 川のある風景

きのう イワナとヤマメ、合計 90kgが放流された堰場川。

鬼怒川温泉を過ぎて国道121号線を北へ向かい、藤原地区から右折して塩谷町へ抜ける道を走ると、やがて右側に堰場川があります。
ずーっとこんなふうに ↓ 道路と川が並行してるので、川のようすをチェックしやすくなっています。

ご覧のように川まで下りるには高さがあってちょっと大変・・・ これと言ってちゃんとした下りやすい道があるわけではないんですが、ところどころ人が通って道筋をつけた場所があるので、そこを見つけて下りるとまあ、下りやすい・・・かな。

わたしが行ったのは午前11時すぎ・・・  ほとんどの人は引き揚げたあとでしたが、それでも車が5台、バイクが1台止まっていました。
車が止めてある場所から下を覗くと・・・・

いましたよ、釣り人さん。。。

1人・・・その近くにもう1人・・・

↑ こちらの方、このあとヤマメを釣りました。。。

車に戻って発進しようとキーを差し込んだ時、バックミラーにヤマメかごを片手に歩いてくる人がいるのに気付き、また車から降りて声をかけてみた・・・

地元の人でした。 かごの中の魚を見せてもらっちゃいました。 最近さらにずうずうしくなったワタシデス(^^)
ヤマメ4匹、イワナが1匹。 大きいのは25~6センチぐらいのが入っていました。

 

きょうの堰場川はいつもより水量多め。  勢いよく流れる澄んだ水に、渓流本来の姿を見ることができました。
この川は釣り人にけっこう人気があるんですが、きょうの堰場川をみるとその訳がわかるような気がします。

 

さてさて、いつもはこのあたりで帰ってきてしまうんですが、きょうはもう少し上流まで行ってきました・・・

一番上の放流ポイントがここ・・・

この橋の下流です ↓

この下流側左岸に人影がチラッと見えて・・・・ やはり釣り人さん、場所移動中みたいです。

そしてこっちが橋の上流・・・

これからさらに上流に行くには川の左手にある細い小道を歩いて行くといいようです。
これから上は魚の放流はないようですので、いれば天然ものということかも???  数よりも質(?)という人にはお勧めですね。

 

※おまけ

あしたニジマスが放流予定になっている鬼怒川、上滝にあるオートキャンプ場前はえらいことになってました・・・

この前来た時よりも増水してます・・・ さっき、これを書いてる時、夕方の5時前にはダムの放流を知らせるサイレンが鳴っていましたし、あしたのニジマス放流は無理かもしれません。

三依の男鹿川についてはおそらく大丈夫かと思いますが、今ここではっきり「放流します!」とは言えない状態ですのでそれだけはご承知おきください。


          では、また


板穴川  4/17 AM5:30

2011-04-17 15:52:22 | 川のある風景

久しぶりの板穴川・・・

板穴橋のそばの空き地に車を止めて いつものように橋の上からの写真、上流側 ↓

そして、下流側 ↓

すごく水が少ない・・・

さらに驚いたのがこっち ↓  上の写真のえん堤下ですが、、、

こんなむき出しのえん堤は今まで見たことがありません。 この時期にここまで下がるなんて、これでは釣りは無理ですね。
そして、このえん堤のすぐ下・・・

右手の先、いつものプールが完全に砂利が丸見え。

そういえば、この先の道は以前路肩の工事をやっていて、その後工事は終わってるらしいし、どんなふうになってるのかと思って行ってみたら・・・・・

またまた、ビックリ!!
玉石をコンクリートで固めた護岸工事が終わってて、川は? と見るとわずか3メートルぐらいの川幅しかありませんでした。

おまけに工事の置き土産?  でっかい岩がごろごろといくつも河原にころがってました。

これじゃあ、たとえ水が増えたとしてもすぐに魚は戻らんでしょう・・・

しかし、砂利道を舗装したわけじゃなし、道幅が広くなったわけでもないのに、なんのための路肩工事だったんだろうか?
特に道が崩れてたようすもなかったのに、、、 お役所のやることはどうも分からない。
河原を平らにならし、大きな岩を置いて、見ればかろうじて水が流れている場所は小砂利だらけ。。。
自然を壊すのは簡単だけれど、戻すのは難しいですよね。

大谷川の並木大橋の上下も河川公園が出来るとかで大工事が行われて、、、、
工事前の川とはまるっきり変わってしまいました。。。
釣りえさに使う川虫がけっこう捕れた場所が、人工的な傾斜に固められて以前のようすとはまるでちがってます。

えさがなくなると魚もいなくなる。。。

いくら放流しても居付けない。。。

魚たちには厳しい環境ばかりです。


          では、また


湯西川のダム工事

2011-04-14 19:07:00 | 川のある風景

きのうのことですが、、、湯西川温泉まで行ってきました。

わが家から車で50分位で行くことができます。。。。 が、今までは温泉街のホンの入口までしか行ったことがなく、それもずい分昔の事・・・

去年の秋に久しぶりに行った時にはすでに湯西川ダムの建設途中で、大型ダンプがやたら多く行き来しているのに驚いた・・・
そのダムは現在 ここまで工事が進んでました。

今年中には完成しそうな感じです。
遠くからはこっち ↓

工事が完成するとここはダムの底に沈みます・・・
ここから先 ちょっと走ると、湯西川本来の流れが見えてきて・・・

雪しろのせいで水量が増えてました。

このあたりはダムの一部にはかからないのかな?  
透明度がたかく、とてもきれいな水です。
ダムのせいで渓流釣りができる距離が短くなってしまうことは少し残念ですね。

ここは4月3日(日)に解禁になっていますが、平日のせいか川に釣り人の姿はありませんでした。 さらに上流の温泉街のほうにはヤマメなどが放流されて、川にも下りやすいく観光客なども気楽に釣りを楽しめます。

例の民主党の事業仕分けで工事を見直すことになり、一時的にダム建設が止まったときにはどうなることかと思いました。。。
うちの店に来てくれるダム工事の関係者の方たちは口々に「困った。困った。」を連発・・・・  ほとんどが東北をはじめ、遠方から単身で来ている人でした。
答えがでるまで家族のもとに帰る人もいて、いくつもの飯場はひっそりとしてしまったと聞きました。

やがて工事が再開・・・・ プレハブの飯場はまた賑やかになり、きのうもいたるところで重機やダンプが動いていた。

帰りは夜の9時過ぎだったんですが、そんな時間でも交代制で工事は進行してた。。。

この写真、よく撮れてません・・・ 実際はもっと迫力があるっていうか、、、映画のワンシーンのようなイメージです。

しかし・・・・・人間ってスゴイですね。。。。
この巨大なダムにしろ、東京のスカイツリーにしろ、コツコツ・・・コツコツ・・・ 造りあげる。
なんか、働きアリを思い出した(^^)

便利、快適、安全、、、、、、になるのは良いけれど、その代わりに何か失ってはいないでしょうか。。。

ハンドルを握りながら、今と昔の生活をいろいろ比べながら帰宅しました。


          では、また