光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

ギガビットの10倍の転送速度が実現、マルチギガビット対応スイッチ&アダプター

2017年06月30日 20時22分01秒 | 新製品

 アイ・オー・データ機器は6月28日、10GBASE-T対応のスイッチングハブおよびLANアダプターを発表。7月下旬に発売する。


 「10ギガビット&マルチギガビット対応8ポートスイッチ BSH-10G08」は10GBASE-Tの10Gbps超高速通信に対応した8ポートのスイッチングハブ。従来のギガビット(1000BASE-T)と比べて理論上約10倍の高速通信が可能となる。マルチギガビットにも対応しており、既存の配線を活かして5GBASE-T(5Gbps)や2.5GBASE-T(2.5Gbps)の高速通信が可能。本体サイズはおよそ幅330×奥行き231×高さ44mm、重量約2.1kg。価格は8万6400円。


ギガビットの10倍の転送速度が実現、マルチギガビット対応スイッチ&アダプター - 週刊アスキー
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

携帯各社、17年も富士山頂をLTEエリアに

2017年06月29日 20時19分43秒 | 通信市場

 携帯電話事業者各社が6月26日、富士山の山頂や登山道での通信サービス提供をそれぞれ発表した。富士山は7月1日に山開きを予定しており、国内旅行者や訪日外国人客が増加するとみられる。風景の写真などをSNSなどで共有するニーズが高まることなどを想定し、無料Wi-Fiの提供や4G LTEのエリア化などを行っていく。


 KDDIは、7月4日~8月下旬にかけて、富士山頂での4G LTEのエリア化を実施。登山口と登山道は年間を通じて4G LTE通信を提供しているため、開山期間中は富士山の全域で高速通信が可能になる。


携帯各社、17年も富士山頂をLTEエリアに - ITmedia ビジネスオンライン
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

4K/18Gbps対応、プラスチック光ファイバーで折れにくいHDMIケーブル

2017年06月27日 16時41分08秒 | 光製品情報

 エーディテクノは、折れにくいプラスチック光ファイバーを採用したHDMIケーブルを7月中旬より発売する。価格はオープンプライス。想定売価は18Gbps(4K/60p 4:4:4)伝送やHDR対応のHDMI 2.0aケーブル「AHT」シリーズが37,000円~83,000円前後(長さ10~50m)。10.2Gbps(4K/60p 4:2:0)伝送のHDMI 1.4ケーブル「AHO」シリーズが27,000円~85,000円前後(長さ10~100m)。


 光ファイバーを採用し、最長100m(AHOシリーズ)の長距離伝送が可能なHDMIケーブル。いずれも導体に国産のプラスチック光ファイバーを使用。従来の銅線HDMIケーブルに比べて最大でも重量は30%に抑えられており、ケーブル径は5mmと細径化。許容曲げ半径は5mm以下、繰り返し曲げ耐性が10万回以上でガラス光ファイバーケーブルに比べて折れにくく、破損時もガラスが飛散しないため安全だという。ケーブル外皮は難燃性プラスチック素材で燃えにくい設計。医療現場や撮影・中継現場、FA機器などで長距離伝送が必要な利用シーンを想定している。


4K/18Gbps対応、プラスチック光ファイバーで折れにくいHDMIケーブル - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

Qualcomm、スマートスピーカーの参照設計やUSB-Cイヤホン向けチップを発表

2017年06月26日 20時02分45秒 | 新現象・新技術

 米Qualcomm傘下のQualcomm Technologies Internationalは6月15日(現地時間)、中国深センで開催した音楽関連の開発者会議で、スマートスピーカー開発の参照設計「Qualcomm Smart Audio Platform」やUSB-Cイヤホン向けSoCなどを発表した。


 Smart Audio Platformは、メーカーが音声AIアシスタントの米Amazonの「Amazon Alexa」および米Googleの「Google Assistant」をサポートするスピーカーを開発できるようにする参照設計。OSはLinuxとAndroid Thingsをサポートし、BluetoothとWi-Fiで接続するスマートスピーカーを開発できる。また、同社が2014年に立ち上げ、パナソニックや日立などが採用するオーディオシステム「AllPlay」もサポートするので、複数のスピーカーを連係できる。


Qualcomm、スマートスピーカーの参照設計やUSB-Cイヤホン向けチップを発表 - ITmedia NEWS
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

ドンキの「ジェネリックREGZA」4K 安くて売れすぎ、予約生産販売を中止

2017年06月21日 19時46分23秒 | 注目の光通信製品

 ディスカウントストア「ドン・キホーテ」がプライベートブランドの50V型4K液晶テレビを2017年6月15日から5万4800円(税抜)で発売したところ売り切れ店が続出、予約生産販売に変更したものの6月21日、生産が追い付かず予約も中止したことが分かった。


 売上絶好調の原因は、このテレビが「ジェネリックREGZA」などとも呼ばれて性能が思いのほか高いことだった。ネット上では「東芝の『REGZA』がこの値段で買えるなんて」などと話題になっていた。


ドンキの「ジェネリックREGZA」4K 安くて売れすぎ、予約生産販売を中止 : J-CASTニュース
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

4K/8K対応のDisplayPort 1.4採用拡大。USB Type-C端子が主流に

2017年06月20日 17時11分34秒 | 注目の光通信製品

 映像機器関連の規格化作業を行なうVESA(Video Electronics Standards Association)は19日、4K/8KやHDR映像の伝送にも対応するDisplayPort 1.4規格について、スマートフォンやパソコンなど最新の採用事例や「早期認定プログラム」なども交えて説明した。


 DisplayPort 1.4は、4K/8K映像やハイダイナミックレンジ(HDR)信号などに対応する、DisplayPort(DP)規格の最新版。従来のDP 1.2の技術をベースに、今までのDisplayPort端子ではなくUSB Type-Cから映像/音声を出力する「DP Alt Mode」、帯域幅を拡張する「HBR3」(ハイビットレート3)をサポート。総帯域幅は32.4Gbps(8.1Gbps×4レーン)で、従来のHBR2から50%拡大。5K×3K(60Hz/4:4:4)や8K×4K(60Hz/4:2:0)の映像伝送を可能とする。転送レートは25.92Gbps。


4K/8K対応のDisplayPort 1.4採用拡大。USB Type-C端子が主流に - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

VESA、DisplayPortコネクタのフェードアウトを示唆。将来的にはUSB Type-Cに集約

2017年06月19日 20時22分42秒 | 新政策

 VESA(ビデオエレクトロニクス規格協会)は19日、ディスプレイインターフェイス「DisplayPort」に関するメディア向け説明会を開催し、現行規格であるDisplayPort 1.4に関する技術的なアップデートやAlternate Mode、適合性試験などについて現在の状況を説明した。


 登壇したVESA コンプライアンス・プログラム・マネージャのジム・チョート氏は、VESAは現在250以上のメンバーを有しており、主に半導体メーカーが35%、ディスプレイメーカー15%などで構成されているとした。DisplayPortへのメンバー加入はUSB Type-CインターフェイスでDisplayPort信号を扱うための規格「Alternate Mode」のサポートによって急増しているという。


VESA、DisplayPortコネクタのフェードアウトを示唆。将来的にはUSB Type-Cに集約 ~DisplayPort 1.4規格の現況を報告 - PC Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

リコー、スマホ/タブレット画面を投写できるMHL対応プロジェクタ

2017年06月16日 20時17分41秒 | 新製品

 リコーは、スマートフォンやタブレットの画面をMHLで投写できるプロジェクタを6月30日より発売する。価格はすべてオープンプライス。ラインナップと店頭予想価格は、WXGAパネルで明るさ3,100ルーメンの「WX2440」が10万円前後、XGAで3,000ルーメンの「X2440」が9万円前後、SVGAで3,000ルーメン、MHL非対応の「S2440」が85,000円前後。


 '15年発売「RICOH PJ WX2240/X2240/K111」の後継となるエントリーモデル。基本機能を引き継ぎながら、WX2440とX2440についてはHDMI入力を2系統に増やし、うち1系統はMHLに対応。対応スマートフォンやタブレットなどから映像投写でき、「モバイル機器を活用するなど多様化する働き方に対応する」という。S2440はHDMI×1で、MHLには非対応。


リコー、スマホ/タブレット画面を投写できるMHL対応プロジェクタ - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

エレコム、タブレット/PC画面をLAN経由でHDMI出力できるコンバーター「ECB-G01HD」

2017年06月15日 19時44分21秒 | 新製品

 エレコム株式会社は、WindowsタブレットやPCの画面をネットワーク経由でHDMI出力できるコンバーター「ECB-G01HD」を6月下旬に発売する。価格は2万9800円(税別)。離れた位置の電子黒板などに出力できるため、提示用PCが不要で、教室のどこからでも画面を投影でき、スムーズな授業運営が可能としている。


 エレコムが無料でWindows向けに提供している文教市場向けアプリ「ディスプレイ共有ユーティリティー」により、ネットワーク経由でECB-G01HDに対して画面を伝送できる。最大4画面の分割表示なども可能。また、Sky株式会社製の学習活動ソフト「SKYMENU Class 2017」での動作にも対応する予定。


エレコム、タブレット/PC画面をLAN経由でHDMI出力できるコンバーター「ECB-G01HD」、PoE受電にも対応 -INTERNET Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

古いビデオデッキやゲーム機をHDMI接続!しかも4K出力対応

2017年06月14日 15時30分21秒 | 新製品

 コンポジットやSビデオなどのアナログ映像出力を4K解像度(3,840×2,160ドット)のHDMI出力に変換できるコンバーターが登場、ラトックシステムから「REX-AV2HD-4K」が発売された。店頭価格は税込9,799円。


 REX-AV2HD-4Kは、アナログコンポジット出力やSビデオ出力からのアナログ映像をHDMIに変換するコンバーター。レトロゲーム機やビデオデッキなど、アナログ出力しか持たない機器の映像を、HDMI入力を持つ液晶テレビなどに表示することができる。アップスケール解像度は720p・1080p・4K・変換無しの4つが用意されており、映像がはみ出てしまうような場合に表示画像を縮小できるアジャスト機能もサポートしている。


古いビデオデッキやゲーム機をHDMI接続!しかも4K出力対応 - AKIBA PC Hotline!
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

HoloLensの体験デモやAR的FinTechも、VR/AR/MRから見たInterop Tokyo 2017

2017年06月13日 17時22分19秒 | 新現象・新技術

 Interop Tokyo 2017と併催のアプリジャパン2017で、インフォコムがHoloLensとIntel RealSenseカメラを組み合わせた、遠隔地の相手と立体的かつ双方向のコミュニケーションを実現する「バーチャルテレポート」のデモを行なっていた。


 同様の遠隔地との立体的コミュニケーションは、すでにMicrosoft ResearchがKinectで実現しているが、インフォコムはRealSenseカメラ4台と8コア16スレッドのRyzen 7のPCにUbuntuとGitHubに公開されているlibrealsenseなどオープンソースのライブラリを活用することで、コストを抑えているのが特徴。通信には、遅延が少なくリアルタイムコミュニケーションに適したWebRTCのメディアストリームとデータチャネルを用いている(HoloLensへはWebSocketを使用)。


HoloLensの体験デモやAR的FinTechも、VR/AR/MRから見たInterop Tokyo 2017 - VR Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

Microsoft、“真の4Kゲーム”を実現する「Xbox One X」を11月7日に発売

2017年06月12日 17時08分16秒 | 新製品

 米Microsoftは11日(現地時間)、次世代家庭用ゲーム機「Xbox One X」を11月7日より発売すると発表した。米国での価格は499ドル。


 “Project Scorpio”のコードネームで開発が続けられてきた家庭用ゲーム機。GPU性能は6TFLOPS、ビデオメモリは12GBのGDDR5で、帯域幅は326GB/sに達する。4K解像度でのゲームに対応し、Xbox One Sと同じくUltra HD Blu-rayプレーヤーとしても利用可能。既存のXbox Oneのゲームや周辺機器、コミュニティとの互換性も保たれている。


Microsoft、“真の4Kゲーム”を実現する「Xbox One X」を11月7日に発売 - PC Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

'17年の4Kテレビ販売は前年比3割増の140万台、GfK予測。有機ELは4月時点で7倍

2017年06月09日 18時28分44秒 | 新現象・新技術

 GfKジャパンは9日、家電量販店やネット通販などにおける2017年の4Kテレビや有機ELテレビの販売動向を発表した。'17年1〜4月の4Kテレビ販売台数は前年比76%増で、’17年通年では前年から40万台増の140万台を見込む。有機ELテレビは4月時点で販売台数が前年の約7倍に増加した。


 今回の発表は、家電量販店、総合量販店、地域量販店、インターネット販売の各販売チャネルにおける販売実績を元に、市場規模相当まで拡大推計したもの。


'17年の4Kテレビ販売は前年比3割増の140万台、GfK予測。有機ELは4月時点で7倍 - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

ドン・キホーテ、54,800円の4K対応50V型液晶テレビ「LE-5050TS4K-BK」

2017年06月08日 18時25分04秒 | 新製品

 ドン・キホーテは、同社プライベートブランド「情熱価格PLUS」の新製品として「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ LE-5050TS4K-BK」を発表。6月15日より、全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)にて発売を開始する。


 ドン・キホーテプライベートブランド初となる4K(3840×2160ドット)対応の50V型液晶テレビ。大画面で緻密な美しい映像を映し出すほか、東芝映像ソリューション開発のメインボードを採用。ゲーム機などを接続した場合は、高画質処理を行いつつ、外部入力信号が画面に反映されるまでの遅延時間を短縮する設定に自動的に切り替わるなど、動きの速いゲームでも快適にプレイできる。


 また、HDMIケーブルでARC対応(オーディオ・リターン・チャンネル)のホームシアターに接続することで、ダイナミックな音質で映像を楽しめる。番組録画は、別売のUSBハードディスクで、番組表からの録画予約のほか、番組視聴中でもリモコンの録画ボタンを押すだけで、すぐに録画を開始する。ダブルチューナー搭載により、視聴中以外の番組(裏番組)も録画可能だ。


 

コメント

J:COM、4K/8K実用放送対応STBを開発中。HDRや音声検索対応で'18年12月投入

2017年06月07日 20時12分04秒 | 新現象・新技術

 ジュピターテレコム(J:COM)は7日、2017年度の事業説明会を開催。4K/8K実用放送に対応し、HDRや音声検索などもサポートする新しいセットトップボックス(STB)を2018年12月の投入に向けて開発していると発表した。また、3月に開始した4K/8K試験放送については約5,000世帯が視聴していることを明らかにした。


J:COM、4K/8K実用放送対応STBを開発中。HDRや音声検索対応で'18年12月投入 - AV Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント