光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

マスプロ、左旋4K/8K衛星放送も受信できるBS/110度CSアンテナ「BC paRabo」

2016年01月22日 16時12分16秒 | 新製品

 マスプロ電工は、BS/110度CSデジタル放送に加え、将来の4K/8K衛星放送も受信できる3,224MHz対応のパラボラアンテナ「BC paRabo」を1月下旬より順次発売する。6サイズを用意し、45cm径の「BS45RL」と、同製品に取り付け金具キットも同梱した「BS45RL-SET」の価格はオープンプライス。「BC60RL」(60cm径)が9万円、「BC75RL」(75cm径)が11万8,000円、「BC100RL」(100cm径)が19万円、「BC120RL」(120cm径)が25万7,000円。


 BS/110度CS放送で使われている右旋円偏波の信号に加え、将来の4K/8K衛星放送で使われる予定の左旋円偏波信号も同時受信できるパラボラアンテナ。受信周波数は11.7~12.75GHz。右左旋円偏波信号を同時に受信し、1,032~3,224MHzの出力周波数に変換して1本の同軸ケーブルで複数の部屋に伝送できる。分配器や直列ユニットなど、その他のテレビ受信機器も3,224MHz対応製品が必要。電波産業会(ARIB)の標準規格「STD-B63」に準拠している。


詳しい情報はこちら。
マスプロ、左旋4K/8K衛星放送も受信できるBS/110度CSアンテナ「BC paRabo」 - AV Watch


光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラム
http://www.e-lambdanet.com/8wdm/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ソニー、ピントを高速・高精... | トップ | ひかりTVの「スマホ向け4K HD... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新製品」カテゴリの最新記事