光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

YotaPhoneにそっくりな、表はAMOLED/裏は電子ペーパーの中国製スマホ

2017年09月25日 16時18分11秒 | 新製品

 中国の通販サイト「京東」(JD)にて、HiSense(海信)製のデュアルディスプレイスマートフォン「A2」が予約受付を開始している。価格は4,199人民元(約71,300円)だ。


 表に1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応の5.5型AMOLEDを備えるほか、背面に5.2型の電子ペーパーを搭載したデュアルディスプレイ端末。電子ペーパーは電子書籍の閲覧に好適としており、長時間駆動や太陽光下での高い視認性を謳っている。


 同様のギミックを採用した製品としてはロシアのYota Devicesが開発した「YotaPhone」が有名で、中国ではすでに最新の「YOTA 3」が販売されている。しかし、YOTA 3は本体前面にしか指紋センサーを備えていないのに対し、A2は側面の電源ボタンを指紋センサーと兼用させ、指の向きを認識する。これによってAMOLED側の画面ロックを解除するか、電子ペーパー側の画面ロックを解除するかをインテリジェントに判断できるようになっている。


YotaPhoneにそっくりな、表はAMOLED/裏は電子ペーパーの中国製スマホ - PC Watch
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ASUS「ZenFone 4 Pro」が11ad... | トップ | クラウドから操れる電源コン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新製品」カテゴリの最新記事