光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

ギガビットの10倍の転送速度が実現、マルチギガビット対応スイッチ&アダプター

2017年06月30日 20時22分01秒 | 新製品

 アイ・オー・データ機器は6月28日、10GBASE-T対応のスイッチングハブおよびLANアダプターを発表。7月下旬に発売する。


 「10ギガビット&マルチギガビット対応8ポートスイッチ BSH-10G08」は10GBASE-Tの10Gbps超高速通信に対応した8ポートのスイッチングハブ。従来のギガビット(1000BASE-T)と比べて理論上約10倍の高速通信が可能となる。マルチギガビットにも対応しており、既存の配線を活かして5GBASE-T(5Gbps)や2.5GBASE-T(2.5Gbps)の高速通信が可能。本体サイズはおよそ幅330×奥行き231×高さ44mm、重量約2.1kg。価格は8万6400円。


ギガビットの10倍の転送速度が実現、マルチギガビット対応スイッチ&アダプター - 週刊アスキー
光技術や光産業での情報交流フォーラム
エイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 携帯各社、17年も富士山頂をL... | トップ | ラトック、4K/60Hzにも対応... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新製品」カテゴリの最新記事