光産業技術動向ブログ OITT

OITTとは、Optoelectronic Industry and Technology Trendの略称です。

先端技術研究、中国が8割で首位、日本は、1~2位のテーマなし

2018年12月31日 11時24分08秒 | 新現象・新技術

 日本経済新聞はオランダ学術情報大手エルゼビアと共同で、各国の研究開発力を探るため、世界の研究者が最も注目する先端技術の研究テーマ別ランキングをまとめた。次世代の電気自動車(EV)やロボットなど新産業の要となる電池や新材料などが目立ち、論文数を国別でみると上位30テーマのうち中国が23でトップ。米国の首位は7つにとどまり、ハイテク摩擦の様相を呈する米中の新たな火種になりそうだ。


 調査は2013~18年のエルゼビアが持つ学術誌などの論文データを基に分析した。閲覧数などをもとに論文の注目度を点数化し、研究テーマごとに点数を集計。高得点の30テーマのランキングをまとめた。テーマを約10万に細分化しており、様々な分野にかかわる人工知能(AI)のようなテーマ設定はない。


 調査対象とした論文総数は約1720万件で内訳は中国が約290万件、米国約390万件、日本約77万件だった。



先端技術研究、中国が8割で首位 ハイテク覇権に米警戒 -日本経済新聞
光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

3Dプリントのニセ顔で各社スマホの顔認証をテスト

2018年12月19日 17時58分26秒 | 新現象・新技術

 近年の最新スマートフォンには顔認証システムが広く搭載される傾向にありますが、いったいどの程度のセキュリティが確保されているのか。米経済メディアのForbesは、3Dプリンタにより作られた偽の頭部により、アップルのiPhone Xおよび主要なAndroidスマートフォン4機種のテストを行いました。


 その結果は、Androidデバイスは4つとも偽の頭部で認証を通してしまったのに対して、iPhone Xは「侵入不可能」だったとのこと。各社の顔認証システムに対するスタンスがうかがえる、興味深い報告となっています。


 同誌の記者は、イギリスのバーミンガムにある印刷業者(3Dプリントサービスも提供している)Backfaceに自分の頭の3Dプリント造形を依頼。50台ものカメラが入ったドームのようなスタジオで撮影し、石膏パウダーによる偽の頭部モデル(以下3Dプリントヘッド)を数日かけて作ってもらったとのこと。


3Dプリントのニセ顔で各社スマホの顔認証をテスト。結果はiPhone Xは「侵入不可能」、Android4機種は全敗 - Engadget 日本版

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

「遠隔合奏」が普通になる時代 NETDUETTOと5G

2018年12月18日 13時01分06秒 | 新現象・新技術

 ヤマハのNETDUETTO(ネットデュエット)が5Gで注目を浴びている。


 NETDUETTOは、遠隔地同士のミュージシャンがその場にいるかのようなライブセッションをできる技術だ。ヤマハの音楽技術とルータをはじめとするネットワーク技術が合体して生まれた。


 発想から10年を経たNETDUETTOが5Gネットワークで次の進化を遂げようとしている。


「遠隔合奏」が普通になる時代 NETDUETTOと5G (1/2) - ITmedia NEWS

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

4K放送がキタ! 観た! 録った! ダビングした! そして半分、再生できた!!

2018年12月04日 12時01分22秒 | 新現象・新技術

 平成最後の電波祭り“新4K/8K衛星放送”がやってきた。既報の通り、12月1日に都内では華やかな開局セレモニーが開催され、午前10時、BS/CS衛星を合わせ計17チャンネルもの高精細放送がスタートした。


 17チャンネル全てを視聴するには、受信設備等の変更が必要になるが、NHK BS4Kと在京民放5局の4Kチャンネルであれば従来のBSアンテナで受信ができるため、比較的、導入のハードルは低い。


 しかも民放5局の4Kチャンネルは無料。今後放送が予定されている番組の中には、配信・パッケージ化されていないものや、パッケージ化されていてもBD/DVD止まりのものも多数ある。おまけに4K放送開始に合わせて、パナソニックとシャープからはBDに4Kがそのままダビングできるレコーダーも発売されるなど、状況的には、AVファンの録画魂に火が付く舞台が整ったといえる。


【レビュー】4K放送がキタ! 観た! 録った! ダビングした! そして半分、再生できた!! - AV Watch

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

4Kレグザも音声で操作。LINE Clova操作の対応モデルが東芝やシャープ製品などに拡大

2018年12月03日 11時10分31秒 | 新現象・新技術

 LINEは、声で家電や家の機器などを操作できるホームIoTサービス「Clova Home」の連携メーカーや対応機器を拡大すると発表しました。同サービスは、同社のスマートスピーカーClovaシリーズと連携し、音声やスマホアプリ上の操作で各種家電機器を操作可能にするもの。


 従来の対応機種はフィリップスのスマート電球「Hue」や、イッツ・コミュニケーションズ製の照明機器やエアコン、テレビ、扇風機の一部でしたが、11月29日にシャープ製の空気清浄機や洗濯機とエアコンが、12月20日には東芝映像ソリューション製テレビ「4Kレグザ」が加わります。


 Clova Homeは、2018年4月9日に提供開始されたホームIoTサービスです。基本的な仕組みとしては、提携サービス企業のインターネットサーバーを経由して、自宅に設置された対応製品をコントロールするための機器「ゲートウェイ」(または「ブリッジ」)に接続。


4Kレグザも音声で操作。LINE Clova操作の対応モデルが東芝やシャープ製品などに拡大 - Engadget 日本版

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

AWS宇宙へ! 衛星通信事業に参入。ロッキードマーティンとの共同事業も

2018年11月28日 12時57分27秒 | 新現象・新技術

 11月27日(現地時間)、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は、米ラスベガスで開催中の年次開発者会議「re:invent 2018」にて、衛星通信に関する事業への新規参入と、AWSと連携したシステム「AWS Ground Station」を発表した。  AWS Ground Stationは、衛星とのデータのやりとりを「オンデマンド」化するシステムだ。一般的に、衛星とのデータ転送はかなりコストがかかる。衛星を持つ会社と付き合いのない企業が「使いたい時だけ、リアルタイムに近い衛星写真を取得する」のは難しい。だがAWS Ground Stationは、衛星基地局をAWSで結び、「衛星から情報をダウンロードしていた時間」に応じて課金する形態を採る。要は、AWSによるパブリッククラウドと同じように、弾力的な運用が可能になるのだ。  AWS Ground Stationのために、AWSは12基の新しい基地局を、AWSの各リージョンの中に設置する。そうすることで、データを高速にAWSのクラウドストレージに配置、さらに、機械学習などによる処理も行なえる。AWSとしては、衛星写真の取得を「民主化」することによって、AWSのニーズそのものを増やすことができる……という、一石二鳥の戦略である。AWS側は、AWS Ground Stationの導入により、衛星基地局のアンテナにアクセスするためのコストが「80%以上削減できる」としている。


AWS宇宙へ! 衛星通信事業に参入。ロッキードマーティンとの共同事業も - Impress Watch

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

NTTの光通信技術でレーザー加工機が進化、三菱重工による実証段階へ

2018年11月27日 13時55分09秒 | 新現象・新技術

 日本電信電話(以下、NTT)は2018年11月26日、「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」(同年11月29~30日開催予定)の報道陣向け先行公開において、レーザー加工用ハイパワー光制御技術を披露した。レーザー加工機を手掛ける三菱重工業と共同で開発を進めており、2019年度には同社における加工実証の段階に入るという。


 シングルモードレーザーを用いるレーザー加工機は、高品質かつ高精度な加工が可能だがレーザーの伝送距離が数mと短いことが最大の課題だった。このため、レーザー光源のすぐそばでしか加工できなかった。一方、レーザーの伝送距離が数百m以上のマルチモードレーザーを用いるレーザー加工機は、加工精度は高いとはいえない。


 今回開発した技術では、シングルモードレーザーの伝送に、NTTが光通信向けに開発してきたフォトニック結晶ファイバー技術を適用。これにより、kW級のシングルモードレーザーを数十~数百mまで伝送できることを確認した。「大型になるレーザー発振器の設置位置は変えずに、工場内の各所で高品質なシングルモードレーザーによる加工が可能になる」(NTTの説明員)という。なお、フォトニック結晶ファイバーは、断面に空孔や高屈折率ガラスを規則的/周期的に配列した光ファイバーだが、今回の技術では約60個の空孔を持つものを用いている。


NTTの光通信技術でレーザー加工機が進化、三菱重工による実証段階へ - MONOist(モノイスト)

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

Wi-Fiルーターの電波で人の呼吸・動きを検出、50cm精度で位置を追跡する「Origin Wireless」

2018年10月19日 16時17分22秒 | 新現象・新技術

 10月16日~19日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2018」。電波を活用した技術開発を手がけるOrigin Wireless(Origin Wireless Japan株式会社)のブースでは、Wi-Fi電波のみで人・物の移動を追跡したり、人の呼吸や動きを検出する仕組みを披露している。Wi-Fiルーターしかない部屋で、人が倒れ込むとそれを感知する、というデモも見ることができる。


 同社が展示している技術の最大の特徴は、一般的なWi-Fiルーターをベースにした機材で、位置や動きの検出を可能にしている点。Wi-Fiルーターのファームウェアに同社独自のソフトウェアアルゴリズムを組み込むことで、子機の位置を50cm前後の精度で割り出したり、Wi-Fi電波の反射波を解析して室内の人の呼吸や動きの有無を検出したりできる。


 ブースでは、その技術を応用し、コンビニに見立てた店内で子機を搭載したカートが巡回しているルートをビジュアル化している。施設内を巡回するロボットの自動操縦支援、所定の巡回ルートから外れた自走機器の自動停止といった用途のほか、店舗のカートに子機を装着することで来店客の動きを分析する、といったマーケティング用途なども考えられる。


Wi-Fiルーターの電波で人の呼吸・動きを検出、50cm精度で位置を追跡する「Origin Wireless」【CEATEC JAPAN 2018】 - INTERNET Watch

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

NICTら、毎秒1.2ペタビットの伝送実験に成功

2018年10月16日 15時28分34秒 | 新現象・新技術

 情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所とフジクラは2018年10月、北海道大学、オーストラリアMacquarie 大学MQ Photonics Research Centre (MQ)と共同で、直径0.16mmの4コア・3モード光ファイバーを用い、毎秒1.2ペタビットの伝送実験に成功したと発表した。既存光ファイバーに比べて10倍を上回る情報伝送能力を持つことになる。


 毎秒ペタビットを上回る光伝送の研究はこれまで、12コア以上で、直径が0.21mmを超える光ファイバーが用いられてきた。しかし、光ファイバーの直径が大きく、曲げや引っ張りといった機械的ストレスに弱いなど、実用面での課題もあった。


 今回の研究では、北海道大学が設計を行いフジクラが開発した、既存光ファイバーとほぼ同等サイズの「4コア・3モードの光ファイバー」と、MQが開発した4コア・3モードを一括で多重/分離可能な「カプラ」を用いた。さらに、368波長一括光コム光源や、1パルス8ビット相当の256QAM多値変調技術を用いて、NICTが伝送システムを構築した。


NICTら、毎秒1.2ペタビットの伝送実験に成功 - EE Times Japan

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

ドコモ、5G通信の検証環境を大阪に設置

2018年10月02日 15時39分36秒 | 新現象・新技術

 NTTドコモは、2020年の第5世代移動通信方式「5G」商用サービス開始に向けて、大阪市に「ドコモ5Gオープンラボ OSAKA」を開設した。本施設には展示体験スペースも併設しており、5G回線とVRヘッドセットを利用した遠隔授業や8KパノラマVR設備なども設置する。


 本施設はNTTドコモが展開する「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」の参画企業や団体が、5Gの実験基地局装置などを無償利用できる検証用環境を用意。約130平方メートルの空間に、5G基地局装置などを設置する。


ドコモ、5G通信の検証環境を大阪に設置 | ASCII 新着ニュース | ダイヤモンド・オンライン

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

Amazon、Alexa搭載の時計やレンジ、アンプなどEchoシリーズ大拡充。日本は新Dotなど

2018年09月21日 11時30分45秒 | 新現象・新技術

 9月20日(現地時間)、米Amazon.comは本社で記者会見を開き、スマートスピーカー「Echo」を含むAlexa関連の新製品を発表した。そのうち新「Echo Dot」など4製品は日本でも発売が予定されている。


 今回発表されたのは、スマートスピーカーだけではない。自動車用の「Echo Auto」やキッチン用の電子レンジ「Amazon basics Microwave」など、多岐に渡る。同社のAlexa拡大戦略の一環だ。


Amazon、Alexa搭載の時計やレンジ、アンプなどEchoシリーズ大拡充。日本は新Dotなど - AV Watch

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

「Apple Watch Series 4」9月21日発売、画面は大型化し心電図などの進化も

2018年09月14日 11時35分35秒 | 新現象・新技術

 Appleは、新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表した。


 OSはwatchOS 5。先進的なアクチティビティ対応と通信機能を備え、転倒を検知できる新たな加速度計とジャイロスコープを搭載した。


 心電図を取得できる電気心拍センサーを備えており、背面とデジタルクラウンに搭載された電極を利用して、30秒で取得できる。心電図に関しては米国の基準で案内されている。


「Apple Watch Series 4」9月21日発売、画面は大型化し心電図などの進化も - ケータイ Watch

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

5G商用化に向け部品メーカーも加熱、三菱電機が基地局向け光通信用デバイス投入

2018年09月10日 19時26分46秒 | 新現象・新技術

 三菱電機は2018年9月4日、第5世代(5G)移動通信基地局向けの光通信用デバイス「25Gbps EML CAN」を同年11月1日に発売すると発表した。


 5Gは日本を含む世界各国で2020年頃から商用サービス化が開始されることが予定されており、現在は関連機器の開発や製品化が急速に進められているところである。5Gは高速、大容量の通信能力だけでなく、多接続、低遅延化なども実現されるという。これらの利点により、移動体端末から基地局間の通信量だけでなく、基地局からデータセンターなどをつなぐアクセス網や幹線網などの通信量も大きく増加することが見込まれている。


 これらのバックヤードの通信ネットワークは光通信ネットワークで構築されていることが多い。三菱電機が新たに投入した新製品はこの光通信ネットワークの大容量化に対応するための製品となる。


5G商用化に向け部品メーカーも加熱、三菱電機が基地局向け光通信用デバイス投入 - MONOist(モノイスト)

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

通信用の光ファイバー網が、高精度な地震センサーになる

2018年09月04日 11時47分44秒 | 新現象・新技術

 通信用に敷設された光ファイバーのネットワークを地震の検知に活用できることが、ドイツの研究チームの実験から明らかになった。既存の光ファイバーを利用できる新しい手法は、低コストで高精度、かつ素早い地震警報システムの構築に役立つ可能性がある。
 地震が発生すると、震源からの揺れが一連の地震波となって地面を伝わっていく。まず最初に、進行方向と平行に振動する「P波」が放射され、続いて進行方向に垂直に振動する「S波」が放射される。P波とS波を分析すれば、地震の大きさと震源地がわかる。
 ドイツ地球科学研究センターの研究チームが7月3日付で科学誌『Nature Communications』に発表した新たな論文によると、地震によって地盤にかかる荷重がどの程度あるのか計測する際に、光ファイバーケーブルを利用できるという。地震波によって地盤が押されたり引かれたりすることにより、ケーブルの長さに微小な変動が生じる。これを計測に利用する仕組みだ。


通信用の光ファイバー網が、高精度な地震センサーになる|WIRED.jp

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント

網膜投影型ディスプレーで映画上映、体験者から「衝撃を受けた」の声も

2018年08月24日 12時00分00秒 | 新現象・新技術

 田端のCINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)にて「ASCII×Chupki『言の葉の庭』特別上映イベント(RETISSA Display体験会付き)」を実施しました。


 「RETISSA Display」は、網膜に直接レーザーを照射することで、目のピント調整機能に関わらず、クリアな映像が見られる網膜ディスプレーです。このデバイスをCINEMA Chupkiに設置し、実際に映像視聴を体験できる上映会となりました。


ASCII.jp:網膜投影型ディスプレーで映画上映、体験者から「衝撃を受けた」の声も

光技術や光産業での情報交流フォーラムエイトラムダフォーラムhttp://www.e-lambdanet.com/8wdm/

コメント