gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平昌パラ、冬季最多49か国・地域570人参加

2018-02-28 04:49:12 | 日記

3月9日に開幕する平昌冬季パラリンピックの大会組織委員会は27日までに、冬季大会で過去最多となる49か国・地域から570人の選手がエントリーしたことを明らかにした。
韓国の聯合ニュースが伝えた。
これまでの最多は前回2014年ソチ大会の45か国・地域、547人。
エントリーでは米国の68人が最も多く、カナダが52人。
日本は38人で韓国は36人。
北朝鮮はノルディックスキー距離の2人が国際パラリンピック委員会(IPC)から特例で出場枠を与えられ、冬季大会に初出場する見込み。
(時事)
2018年02月27日
19時50分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


羽生結弦「人生すべてをかけた結果が金メダル」


羽生結弦「人生すべてをかけた結果が金メダル」


平昌パラ、冬季最多49か国・地域570人参加


アメブロ デザイン カスタマイズ
コメント

「五輪の勢いに続け」平昌パラ選手団が結団式

2018-02-27 02:49:12 | 日記

平昌パラリンピックの壮行会で健闘を誓う日本選手団(26日午後5時44分、東京都港区で)=稲垣政則撮影
平昌パラリンピック結団式で、大日方邦子団長(左)から団旗を受け取る旗手の村岡桃佳選手(26日午後3時26分、東京都港区で)=稲垣政則撮影
「日本の勢い引き継ぐ」平昌パラリンピック結団式、須藤悟主将が決意
3月9日に開幕する平昌(ピョンチャン)パラリンピックの日本選手団の結団式が26日、東京都内で開かれ、選手たちが活躍を誓った。
秋篠宮ご夫妻も出席された。
長野大会など5大会に出場し、アルペンで計10個のメダルを獲得した大日方(おびなた)邦子団長(45)は「東京大会の開催まで残り2年余り。
選手が今大会で活躍し、たすきをつなげることでスポーツ全体への関心をさらに高めたい」と語った。
また、選手団主将でアイスホッケーの須藤悟選手(47)は「平昌五輪で史上最高の13個のメダルを獲得した日本の勢いを受け継ぎ、素晴らしい大会にしたい」と決意表明した。
大会は18日までの10日間で、日本からは17~61歳の計38選手がアルペン、クロスカントリー、バイアスロン、スノーボード、アイスホッケーの5競技に出場する。
日本選手団は、前回ソチ大会の6個を超えるメダル獲得を目標にしている。
2018年02月26日
22時20分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


「五輪の勢いに続け」平昌パラ選手団が結団式


「五輪の勢いに続け」平昌パラ選手団が結団式


「五輪の勢いに続け」平昌パラ選手団が結団式


ネット広告比較一覧
コメント

中川翔子さん「感謝を真っ先に口に、格好いい」

2018-02-18 18:49:12 | 日記

フィギュアスケートファンの著名人も快挙を喜んだ。
タレントの中川翔子さん(32)は金メダルを掲げる羽生選手のイラストをツイッターに投稿し祝福。
「日本選手の金、銀という景色を見せてくれた2人は最高にすてき。
羽生選手は想像を超える苦しみや葛藤があったかもしれないけど、滑り終わって周りの人への感謝を真っ先に口にするところも格好いい」と興奮した様子で話した。
教育評論家の尾木直樹さん(71)は16日、羽生選手のファンの間で「聖地」として知られる神戸市の弓弦羽(ゆづるは)神社を訪れ、活躍を祈っていたという。
「ケガをしていたことを感じさせない優雅な演技だった。
期待を背負い、それを力にするところが羽生選手のすごさ。
まずはゆっくり体を休めてほしい」と語った。
2018年02月18日
11時31分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


中川翔子さん「感謝を真っ先に口に、格好いい」


中川翔子さん「感謝を真っ先に口に、格好いい」


中川翔子さん「感謝を真っ先に口に、格好いい」


懸賞サイト
コメント

「ブラボー羽生」66年前に連覇のバトン氏称賛

2018-02-17 16:49:20 | 日記

米国の元フィギュアスケート選手で、66年前に五輪男子で2連覇したディック・バトン氏(88)がツイッターで、自身に次いで2連覇を果たした羽生結弦を「ブラボー羽生。
(私の)記録に並んだ」と称賛した。
また、羽生の演技については「美しい振り付けと音楽。
すさまじい劇場だ」と絶賛した。
ディック氏は1948年のサンモリッツ五輪を史上最年少の18歳で制覇。
続く1952年のオスロ五輪でも金メダルを獲得するなど、1950年前後に世界を席巻した。
2018年02月17日
14時54分
Copyrブログ デザインight
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


「ブラボー羽生」66年前に連覇のバトン氏称賛


羽生結弦「頑張ってくれた右脚に感謝している」


羽生結弦「頑張ってくれた右脚に感謝している」

コメント

羽生が最終調整、4回転サルコー抜けるミス続く

2018-02-16 14:49:16 | 日記

フィギュアスケート男子SP、公式練習に臨む羽生結弦(16日)=守谷遼平撮影
フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇に挑む羽生結弦(ANA)は16日朝、会場の江陵(カンヌン)アイスアリーナで行われたショートプログラム(SP)当日の公式練習で最終調整DVD発売日を行った。
羽生は、上下黒の練習着でリンクに登場した。
SPで使うショパン作曲の「バラード第1番」をかけた通し練習では、冒頭に予定した4回転サルコーで回転が抜けてしまったが、演技後半に跳んだトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転―3回転の連続トウループはしっかり着氷した。
その後は4回転サルコーを重点的に練習。
回転が抜けるミスが続いたが、最後は4回連続で着氷すると、約20分で練習を切り上げ、時間を残してリンクを後にした。
2018年02月16日
11時39分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


羽生が最終調整、4回転サルコー抜けるミス続く


羽生が最終調整、4回転サルコー抜けるミス続く


羽生が最終調整、4回転サルコー抜けるミス続く

コメント