gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なでしこ練習再開、準決勝に向け攻撃の連係確認

2015-06-30 10:49:28 | 日記

準決勝に向けて調整する(左から)澤、大儀見、大野ら=高橋はるか撮影
【エドモントン(カナダ)=宮崎薫】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で、連覇を目指す日本女子代表(なでしこジャパン)は29日(日本時間30日)、主力組が7月1日(同2日)のイングランドとの準決勝に向けて本格的に練習を再開した。
約1時間の練習のうち報道陣に公開されたのは冒頭の15分間のみだったが、リラックスした表情でパス練習などを行った。
選手によると、その後は攻撃の連係などを確認したという。
過去の対戦で勝利がないイングランド戦に向け、MF川澄(INAC神戸)は「チャレンジャーとしてぶつかっていける」。
昨年までイングランド女子1部リーグのチェルシーに所属していたFW大儀見(ウォルフスブルク)は、「自分も相手のことを知っているけれど、相手も自分を知っている」と警戒しつつ、「日本代表での自分のプレーは明らかに違うので、それはプラスに働く」と話した。
2015年06月30日
09時26分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


なでしこ、監督「少し軽くやろうと思ったが…」


なでしこ、監督「少し軽くやろうと思ったが…」


なでしこ、監督「少し軽くやろうと思ったが…」


アニメソング神曲ランキング
コメント

なでしこ、相手DFへのプレス重要…対豪州戦

2015-06-29 08:49:38 | 日記

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の決勝トーナメント1回戦で、世界ランク上位のブラジルを破った豪州。
1990年代生まれが23人中15人という若いチームだ。
DF4人はここ3試合、同じメンバーが先発しているが、センターバック2人は身長はあるものの、攻撃の起点になるようなパスを出す力はさほどでもない。
プレスをかけられると、縦に大きくけり出すことが多い。
日本としては、前線から相手ボールを追って、自由な組み立てを許さず、苦し紛れのロングボールはしっかり競って、こぼれ球を拾う展開にしたい。
このボールを左右に幅広く動き回る俊足FWデバンナにつながれるようだと苦しくなる。
中盤では、ブラジル戦で最優秀選手に選ばれたケロンナイトがうまくボールを散らしてくる。
この選手が左足から繰り出すパスを抑えられれば、豪州の攻撃の威力はかなり減らせるはずだ。
(編集委員
川島健司)
2015年06月27日
18時26分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


ドイツ、PK戦でフランス下し準決勝へ進出


なでしこ、豪州戦に向け非公開練習…高さ対策も


イングランド、カナダ下し初の4強…日本と対戦


パチンコ/パチスロ攻略室
コメント

豪とは6勝1分1敗…W杯準々決勝、独仏対決も

2015-06-28 08:49:10 | 日記

【エドモントン(カナダ)=西村海】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は26日(日本時間27日)から、準々決勝が始まる。
連覇を目指す日本女子代表(なでしこジャパン)は24日、豪州戦の舞台となるエドモントン入りした。
準々決勝の最大の注目は、世界ランク1位のドイツと3位のフランスの対決だ。
攻撃陣が好調のドイツに対し、グループリーグから調子を上げてきたフランスがどのような戦いを演じるか。
中国は決勝トーナメント1回戦でカメルーンを破って勢いに乗るが、米国の優位は動きそうにない。
堅守のカナダは地元の声援を味方に、イングランドに挑む。
同4位の日本は、同10位の豪州と対戦する。
日本協会によると、2008年以降、8度の対戦で6勝1分け1敗と分のいい相手だが、佐々木監督は「(今大会で米国やブラジルなど)非常に強い国との対戦を経験し、成長していると思う」と警戒。
「軽視してはいけないと選手に伝えながら準備したい」と表情を引き締めていた。
2015年06月25日
19時23分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


W杯初得点「びっくりして、ちょっとパニック」


なでしこ佐々木監督「重圧あるがチームは成長」


佐々木監督「思いの強さが勝負分ける」…豪州戦


公式ショップ一覧
コメント

なでしこ、豪州戦に向け非公開練習…高さ対策も

2015-06-27 06:49:08 | 日記

オーストラリア戦に向けて練習する(右から)川村、上尾野辺、鮫島、有吉、澤(25日)=高橋はるか撮影
【エドモントン(カナダ)=西村海】サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の準々決勝で27日(日本時間28日)に豪州と対戦する日本女子代表(なでしこジャパン)は25日(同26日)、カナダ・エドモントンのグラウンドで約1時間半、非公開で練習した。
選手らによると、対戦相手の豪州を想定して試合形式の練習を行い、高さのある相手が得意とするセットプレーの守備に時間をかけたという。
豪州は決勝トーナメント1回戦でブラジルを破っており、DF岩清水(日テレ)は「強豪を倒して自信をつけていると思う。
スルーパスとか、相手の得意な攻撃にも十分注意したい」と表情を引き締めた。
昼前から行われたこの日の練習中、気温は30度近くに達した。
試合開始時刻も午後2時からで、気温は30度前後まで上がる見通しだが、前回オランダ戦でゴールを決めたDF有吉(同)は、「豪州より日本の方が暑さには強いと思う。
最後まで走り抜きたい」と意欲十分だった。
2015年06月26日
10時00分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


なでしこ佐々木監督「重圧あるがチームは成長」


なでしこ、豪州戦に向け非公開練習…高さ対策も


豪とは6勝1分1敗…W杯準々決勝、独仏対決も


ネット広告比較
コメント

なでしこ、2-1でオランダに勝つ…豪と対戦へ

2015-06-26 04:49:12 | 日記

10分、有吉(右)が先制ゴールを決める(23日午後、カナダ・バンクーバーで)=高橋はるか撮影
サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の決勝トーナメント1回戦、日本代表(なでしこジャパン)-オランダ戦は日本時間24日、バンクーバーで行われた。
有吉(日テレ)と阪口(同)のゴールで日本が2-1で勝ち、8強入りを果たした。
日本時間28日早朝の準々決勝で、豪州と対戦する。
日本は10分、大儀見(ウォルフスブルク)のシュートがバーをたたいた跳ね返りを、最後は有吉が右足でゴール左隅に突き刺し、先制した。
後半、やや押されるシーンが増えた。
それでも、ピンチを防いだ後の78分、細かくパスをつなぎ、阪口が左足でゴールを決めた。
試合終了間際、1点を返されたが、そのまま逃げ切った。
日本の先発メンバーは、次の通り。
66分に大野(INAC神戸)に代え、岩渕(バイエルン・ミュンヘン)を投入。
80分には、澤(INAC神戸)を川澄(同)に代えて起用した。
▽GK
海堀(INAC神戸)
▽DF
有吉(日テレ)、岩清水(日テレ)、熊谷(リヨン)、鮫島(INAC神戸)
▽MF
阪口(日テレ)、宇津木(モンペリエ)、川澄(INAC神戸)、宮間(岡山湯郷)
▽FW
大野(INAC神戸)、大儀見(ウォルフスブルク)
2015年06月24日
12時49分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


W杯初得点「びっくりして、ちょっとパニック」


なでしこ2大会連続で準々決勝へ…8強出そろう


W杯初得点「びっくりして、ちょっとパニック」


アニソン 神曲
コメント