大磯の風

<湘南発祥の地 大磯から

四季折々の香りをカメラスケッチ

でお届けするフォトログです>

『「今月の一枚」』 アオバト

2011年07月31日 05時34分32秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

                 『「今月の一枚」』 アオバト

           今月の<お気に入り>の一枚です。  岩礁から

           杜に向かい、群れが舞い上がるような構図が

           好きです。  この一週間は<曇天、雨天>が

           続いていますので、青空が恋しいですね

 

コメント

『雛は何処』 アオバズク

2011年07月31日 05時29分39秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

                 『雛は何処』 アオバズク

           高麗山近くの<S神社境内>大きなタブの樹に

           アオバズクの親鳥が。  巣穴から出て大分

           経ちますが、未だ雛が姿を見せません。

           <国府の杜>のアオバズク一家は旅立った

           のに ・ ・ ・

 

コメント

『西防波堤で』 お疲れ様でした

2011年07月31日 05時25分17秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

                 『西防波堤で』 お疲れ様でした

          昭和16年から70年間<お疲れ様でした>、そして

          <有難うございました>。  西防波堤の旧灯台が

          明日から解体作業に入るそうです。  

          

 

コメント

『町角の花壇』 芦添三叉路

2011年07月31日 05時17分10秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

                『町角の花壇』 芦添三叉路

          芦添三叉路は国道1号線と国道134線を結ぶ

          バイパスの入り口。  地元の方々が普段から

          丹精こめて手入れをされています。  手前に

          浜木綿、後にはピンク色の夾竹桃が夾竹桃は

          大気汚染に強いので道路沿いの並木や公園樹

          として植えられているそうです。

               夾竹桃散る三叉路に雀の子

                            鉄之助

 

コメント

『「海のみえる森」1』 <子どものホスピス>を

2011年07月31日 05時01分30秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます>

 

        『「海のみえる森」1』 <子どものホスピス>を

   2010年12月10日号<タウンニュース誌(大磯・二宮・中井版)>、

   2011年6月20日付<朝日新聞・湘南版>、そして6月21日の

   当フォトログでご紹介の「海のみえる森」を再度掲載します

                    ***

         豊かな緑と美しい海、暖かな木の家がある

          「子どものホスピス」を目指して!

    東京からわずか1時間の神奈川県大磯町。  美しい海を眼下

    にした緑豊かな森の中に子どものホスピス予定地があります。

    善意により提供されたこの森と、文化的価値の有る建築物を

    生かして英国ヘレン・ダグラスハウスなどの子どものホスピス

    をモデルとした施設を目指しています

           <「ビバーチェ」資料より>

 

コメント

『稚魚放流イベント2』 定置網

2011年07月30日 05時33分36秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

              『稚魚放流イベント2』 定置網

         <稚魚放流イベント>の最後は、大磯港沖で

         見学した「定置網漁の仕組み」を漁協組合長

         が<定置網の模型>を前に説明。

          イベントの目的は:

           * 栽培漁業への理解

           * 水産資源の保護

           * 魚のさばき方実習

           * 定置網漁の学習  

          参加された方々はそれなりに<理解>されて

          帰られたようです

 

コメント

『大磯漁港で』 稚魚放流イベント1

2011年07月30日 05時21分05秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

               『大磯漁港で』 稚魚放流イベント1

         「大磯港みなとまちづくり協議会」主催で、みなとを

         活用する事業の一環として<稚魚の放流イベント>

         が開かれました。  小学校3年生以上の親子18組

         が参加。  大磯港沖では、ウミネコに餌を投げたり、

         鯛の稚魚を放流。  傍に仕掛けられた<定置網>の

         説明を受け帰港、その後は<魚さばき方教室>が。

         盛りだくさんのプログラムに子どもたち(同伴の親御さん)

         も満足そうでした

 

         

         

        

コメント

『峠のさんぽ道』 <まきばのはたけ>

2011年07月30日 05時14分01秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

             『峠のさんぽ道』 <まきばのはたけ>

         西小磯から旧粕屋街道へ抜ける山道の粕屋峠

         (勝手に命名)そばに<まきばのはたけ>と

         書かれた小さなプレートがありました。  鶏たち

         も放し飼いにされていて、向日葵畑もあるのどかな

         処でした

 

コメント

『町角の草花』 朝顔

2011年07月30日 05時06分55秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

                 『町角の草花』 朝顔

      ゴーヤにエコカーテンの首位の座を奪われていますが、

      朝顔も頑張っています。  朝顔の日本への到来は、奈良時代

      末期に遣唐使がその種を薬として持ち帰ったものが初めてと

      いわれています。   花言葉:  愛情  平静

 

               朝がほや一輪深き淵のいろ

                             蕪村

 

 

コメント

『「おおいその歴史」より』 東海道鉄道

2011年07月30日 04時54分59秒 | 日記

 (写真をクリックすると拡大画像が御覧になれます)

 

              『「おおいその歴史」より』 東海道鉄道

             <明治時代>

      1887年(明治20)    東海道鉄道 新橋ー国府津間が開通

         同年 7月       大磯駅停車場営業開始。  運賃、

                       大磯ー平塚間(上等10銭、中等6銭、

                       下等3銭)・大磯ー国府津間(上等25

                       銭、中等15銭、下等7銭)

         同年 7月       東海道鉄道開通により、横浜ー小田原

                       間の馬車営業者は営業危機。

           <大磯町刊行「おおいその歴史」より、写真は

           渋沢篤二写真集「瞬間の累積」から明治末期の大磯駅>

 

           

コメント