シロ猫ピッピの「おいら物語」

生死をさまようガン闘病中に人間の言葉がわかるようになったシロ猫ピッピの物語。ニュージーランドからお送りしています!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vol.0247■アニマル・コミュニケーター 

2007-04-28 | お知らせ
スゴいことがあったんだ。
タビの話の途中だけど、先にそっちの話をするよ。
==============================

おいら、知らない二本足と交信したんだ。
ホントに話したんだ。

その日は大きい子どもの部屋で寝てた。アニキは小さい子の部屋。アイツは庭にしゃがんでなんかしてて、連れ合いはパソコンをカタカタやってた。天気のいい日で、けっこう暑かったからおいらはウトウトしてた。

「ピッピちゃん?」
突然、交信がきた。でも、普通の四つ足のとは違う。二本足みたいに話すんだ。頭の中のテレビも見えるけど、そんなにはっきりしてない。でもアイツのヘタクソなのから比べればよくわかる。
なんなんだ?この二本足。誰なんだ?

「元気?」
「うん。」
おいらはわかんないまんま答えた。どうせ二本足のことはいつもわかんない。だから慣れっこさ。

「今、シアワセ?」
「うん。」
これもそうだ。シアワセって「文句がない」ってことだろ?

「身体とか痛くない?」
「うん。」
別に痛いとこはない。

「ママが心配してるみたいだけど。」
「心配しないで。」
おいらに心配がないんだから、アイツが心配するこたぁない。それに誰かが心配しだすと、それが周りに移っちゃうからね、心配なんてしない方がいい。いつも言ってるけど比べないこと。
心配があるときに心配がなかったときと比べないこと。
そんなこと、意味ないからね。

「新しいお友達ができたの?」
「うん・・・」
そうか!タビのことだ。すぐにわかった。だって知らない二本足のテレビにはクロ猫が映ってたから。でもホントのタビよりずっと小さい。タビのデカさはあんなもんじゃない。

「ママがそのコがピッピちゃんのストレスなんじゃないかと心配してるけど。」
「ちがう。来たときはびっくりしたけど今はそうじゃない。」
って答えた。ときどき引っかいたりもするけどね。タビは毎日来て食ってくし、アイツらもご飯をあげて、「タビちゃん、タビちゃん」って言ってるから、もう元には戻んないだろう。
タビが来なくなるとは思えないし。

他にもいろいろ話した。怖くもないし、嫌な感じもしなかった。その二本足はアイツらの友だちなんだろう、後でおいらとなにを話したか、パソコンに送ってきたらしい。アイツはパソコンを見ながら泣いて、おいらのとこにも来てまた泣いた。おいらの交信がわかったのが嬉しいらしい。いつも同じこと伝えてるんだけど、アイツはわかってないからね。わかんないと心配になるのさ。

こういうことができる二本足をアニマル・コミュニケーターっていうんだと。
長い名前だよな。でもスゴいじゃないか、足が二本しかなくてもそんなことができるなんて。
で、自分のペットと話をしてほしい二本足がいたら代わりに話してくれるんだと。
ココから連絡してくれよな。今月中までなんだってさ。

そのとき、
「シロ猫ピッピの紹介」
って言ってくれってさ。たくさんの四つ足の写真が送られてきて大変みたいだぜ。
こんな風に誰かに交信してもらうのもいいかもな。だってアイツら、ホントに優しくなったもん。

(えっ?寝てるみたいに見えるって?交信の後は水をいっぱい飲むから水を忘れないで→)

(つづく)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Vol.0246■タビ物語-飯屋 | トップ | Vol.0248■タビ物語-盗み見 »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事