日々

しあわせにと祈る

妊娠と仕事…反響特集

2018年05月29日 20時18分13秒 | 私自身や健康
妊娠と仕事…反響特集
2018年5月28日 (月)配信読売新聞

 働く妊婦の窮状と、妊婦に対する職場の対応を描いた連載「妊娠期の働き方」( 〈上〉仕事量変わらず母体に負担 、 〈下〉「どう配慮?」戸惑う職場 )には、100件を超える意見が寄せられた。職場に迷惑をかけてしまったのだろうかと、思い悩む言葉とともに、妊婦を抱える職場に対しての国の支援、妊婦を守る制度の拡充を望む声が目立った。
責任と体調の板挟み 職場も対策が必要
 最も多かったのは、つわりで休職したり、流産したりした体験談。妊娠中の人からも届いた。
 《妊娠中に残業して倒れ、何度も救急搬送された。恐ろしかった。仕事との間で板挟みになって苦しかった(東京都の女性会社員、23歳)》
 《医師から仕事を控えるよう指示された。かなうなら今すぐ休みたい。でも、無責任に仕事を休むこともできない。不安と申し訳なさで、おしつぶされそう(神奈川県公務員・妊娠5か月、26歳)》
 《点滴を受けながら休職中。「妊娠してすみませんでした」と、自分を責めてしまう。どこの職場でも同じような雰囲気はあると思う(兵庫県会社員・妊娠4か月、30歳)》

 職場への感謝も多かった。
 《代わりもいないのに、切迫流産と診断された自分に休暇や在宅勤務を提案してくれた会社の対応に救われた(神奈川県会社員・妊娠5か月、41歳)》
 《妊娠期に温かく対応してくれた職場への感謝から、予定より早く、産後7か月で復職。私の姿を見て、妊娠する同僚も出てきた(北九州市の女性介護福祉士、35歳)》

 職場の同僚からは、妊婦を抱える苦労が寄せられた。
 《人手不足の中、部下から妊娠の報告を受けると、「おめでとう」という気持ちと、管理職として「どうやって乗り切ろう」という気持ちになる。負担が増えるスタッフの不満もある(東京都の女性看護師、41歳)》
 《妊娠を隠して仕事をし、体調を崩して辞める女性が後を絶たない。男社会の職場で言い出せない雰囲気がある。対策を考えるべきだ(兵庫県会社員、西村修治さん(57)》
不安で産めず 制度の整備を
 制度整備など、対策を求める意見も相次いだ。
 《法律にもとづいて出産予定日の6週間前から取れる産前休業を、8週前からにできないのか(千葉県の女性薬剤師、34歳)》
 《代わりがいないために無理する妊婦は多い。代替要員の確保や妊娠中の短時間勤務制度を企業に義務づけるなど、国が後押しすべきだ(広島県の女性会社員、40歳)》

 働きながら出産することへの不安を訴える人もいた。
 《先輩妊婦の働き方を見ていると、今の職場で働きながら子どもを持てる気がしない。妊娠したいと辞めた人もおり、自分も転職を考えている(神奈川県の女性会社員、27歳)》
 《第1子の時のように職場に迷惑をかけてしまうのかと思うと、第2子を産むのをためらってしまう(山口県の女性会社員、30歳)》

 続々と届く反響は、どれも切実な内容でした。「妊娠と仕事」については、今後も随時、紙面で取り上げていく予定です。
 (大広悠子)

 介護、医療、子育て、老後に関するご意見・疑問をお寄せ下さい
 メール ansin@yomiuri.com
 ファクス03・3217・9957
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« イングリッシュガーデンのバラ | トップ | 措置入院事案で補償求める ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私自身や健康」カテゴリの最新記事