本とパンのあるくらし

おいしいパンと大好きな本があれば幸せ。
そんな私が綴る日々の暮らし。
おすすめ情報発信します。

「木島櫻谷の四季の金屏風」と「泉屋ビエンナーレ」

2021年10月17日 | 芸術
昨日、泉屋博古館へ行ってきました。

    

木島櫻谷(このしま・おうこく)の四季の金屏風。

秋の菊の花、まるっとした形が可愛い。
春の桜の花と柳の葉の屏風絵は美しかった。

鹿などの動物の絵もいいですよ、好きです。

同時開催の「泉屋ビエンナーレ」
現代鋳鉄作家の作品展も面白かった。

    

リンゴを頭にのせて、持って…。
なんともユーモラスな作品に見入りました。
佐治真理子さんの作品。

    

「鳥の青銅花器と繋ぐ花」 三上想
可愛くて、ちょっとファンタジック、いいなっ。

    

絵画鑑賞の後はお庭散策。
スーッと開けた空間は気持ちがいい。
緑の葉がきれい。

    

小川の流れを眺めたり、しばしくつろぐ。

    

京都の鹿ケ谷にある泉屋博古館。
京都在住の私も数年前まで知らなかった穴場の美術館。

ゆったりと芸術鑑賞できるお気に入りの場所です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村ブログ読んだよっと訪問クリックしていただけると嬉しいです
ナチュラルライフランキング

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秋の恵みの栗ご飯 | トップ | 可愛い丹波栗のあんパン »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿