こだわりのEM菜園日記

田舎に帰り小さな畑???で安心・安全な野菜を作っています。
14年目になりますが毎日がとても楽しく充実しています。

菜花

2006-02-28 17:55:16 | 農作業
1.痛風の薬を貰いに行く。ついでに女房の買い物につき合わされる。
2.だいこん、白菜、人参、子かぶ、菜花収穫。菜花は大変な事になっていた。早生の菜花もまだ収穫出来るのに、3月収穫予定の菜花が最近の暖かさで急成長。明日は何処に配るか検討中。写真は菜花です。
3.山口県の家を建替える事にした。最終契約の為メーカ営業担当者が来大分。価格、支払い方法、スケジュール全てこちらの条件を飲んで貰った。(目の前で担当と店長で電話相談して貰いながら決定)。担当者は大分県は初めての為、宇佐神宮を案内しようと途中まで行ったが時間的に無理なことから昭和の町を案内した。
コメント (3)   トラックバック (1)

目玉焼き

2006-02-27 20:22:48 | 農作業
1.大工仕事戦闘態勢の時にダンゴ3兄弟二男より長兄が家に来ているのでお前も来いとの連絡あり。いそいそと出かける。大した用事もなく、神社行事の件、営農組合の件、近広川清掃日など世間話をする。長兄より[蕗のとう]のミソを貰う。酒の肴に最適か?
2.家に帰ると姉が来ていた。先祖供養のお供えで指導あり。・・私は素直(?)ですからハイ、ハイと聞いていたら12時になった。
3.昼からは妹がケーキを持ってきた。女房が14:00着で帰大分。妹は女房と話がある為15:00まで家に居た。15:00~17:30でやっと小屋の大工仕事。
4.写真は私が料理した目玉焼き・・フライパンの温度が低かった為周囲に焦げが出来たが黄身部分は半熟で最高。卵は朝1個、17:30に小屋を見ると2個産んでいた。
コメント (2)

にわとり小屋外周修理

2006-02-26 20:01:55 | 農作業
1.今日は溜め池の土手切と言って草刈、火を付けて燃やす予定も雨の為順延となった。
2.畑も出られない為、にわとり小屋周囲の大工仕事実施。写真は小屋の修理前です。屋根のトタンが2枚剥がれており、応急修理をした。(トタンバサミとくぎを買いに行く)私が子供の時にはこの小屋があったので築50年は経っていると思う。バス板は弱くなっており屋根には上がれない。はしごに登りへっぴり腰で作業。釘も手が届く所しか打っていない。・・・サラリーマン時代の仲間は絶対に自分が作業したと信じないと思う。
3.にわとりが野菜を食べない(とうもろこしの配合飼料のみ)。卵は1個はセメントの上に産んでおり破損。もう1個生んでいたが黄身のみでにわとりが食べようとしていた。籾殻を貰って来て生み場所を作っているのに?
コメント (3)

にわとり小屋竣工

2006-02-25 18:06:42 | 農作業
1.女房が山口に行く為フェリー乗り場まで送る。リュックに手提げバック、それに白菜、ダイコン、菜花合計4個の荷物・・・座席まで野菜を運ぶ(昔の買出しみたい?)
2.ニワトリ6羽を四日市まで貰いに行く。籠の中で1個卵を産んでいた。(昼食に目玉焼きをして食べた。・・・写真に出せない焼き具合)
3.写真はにわとり小屋(約6㎡)・・運動場所(約25㎡)も作る。総費用はちょうつがい等で400円。今日は今からにわとり小屋竣工記念パーティを開く・・自分1人で。寂しい!(サラリーマン時代は飲み仲間は沢山居たのに。こちらは遅くならないと人が集まらない。私は早く飲んで20時には帰りたいのに)
4.追記・・20:30に同級生のタクシーで帰宅、居酒屋:3軒、スナック:1軒を訪問。本のレポーターと勘違いされているのか店毎に得意な一品が出てくる。帰りにラーメンを食べようと思ったのに腹がいっぱいで食べられなかった。
コメント (4)

新年会

2006-02-24 09:46:40 | 農作業
1.昨日2/23はEM会(自然農法研究会)の新年会(?)で11時近くまで飲みながら自然農法、その他談義し楽しかった。・・但し家に帰るのに暗く、寂しく、昔は何とも思っていなかった道を1人で帰るのは少し怖かった。
2.ニワトリ小屋99%完成。今日はにわとり入手に動くかな?・・孵化場とオス1羽、メス5羽購入を契約した。(2/25引取り予定)ニワトリ小屋もワラを敷いて準備万端。
3.中津の福沢諭吉邸見学(写真)。道の駅[おこしかけ]でわかめうどんで昼食。八面山登山(700m)・・・頂上付近まで車で行ける。高校時代に遠足で登った事あるも全く記憶なし。B29爆撃機が墜落したところで有名との事。
4.明日女房が山口に行く為お土産に白菜を準備した。(3個)(白菜が欲しいとの要求で)私の農業師匠は出荷状態で4.5kgの巨大白菜を作っているが、私の白菜は畑状態で4.4kg、出荷状態で2.5kg。(この差1.9kgは虫に食べられ除去した部分)・・無農薬は難しい!
コメント (2)

小松菜

2006-02-22 17:56:54 | 農作業
1.今日は父の6年忌と先祖供養をする。母は一生懸命であるがチグハグな行動で21回目(?)の発作を起こす。・・・まだ子供に任せられない様子。
2.双子のキャベツの片方を収穫。食べられる状態で970g・・まあまあか!。青虫1匹捕獲。昨日はブロッコリーにも青虫がいた。
3.2/11に植えた小松菜が芽を出した。種袋には2cm間隔で種を撒くとあったが上手くいかず写真の様に間隔が狭い。間引きをするのか?すれば何時時点か?ビニールの覆いは何時取れば良いのか不明。(親父は野菜作りが上手かった。私は60歳で田舎に帰り親父に教わりながら野菜作りを計画していたのに。)でも今私には農業師匠あり、心配はない。
コメント

草刈

2006-02-21 20:24:19 | 農作業
1.午前中は水路の草刈・・昨日夜に連絡あり。水路の査察あり、現状では不合格の為加勢しちくりー(加勢してよ)と依頼あり。説明はそれだけ。なんでそうしなければならないかの説明なし。私は素直(?)ですから、何も言わずモクモクと作業。写真は作業前の水路状態。私が担当した所・・サラリーマン時代の友達は信じられないでしょう!
2.午後からにわとり小屋の製作(進度80%)・・材料はちょうつがい(100円)のみ。大工仕事は時間を忘れ本当に楽しい。
コメント

白子

2006-02-20 20:28:58 | 農作業
1.今日の11:30竹田津着のフェリーで帰大分。サラリーマン時代の会社に寄る予定も雨がひどくあきらめる。大分に着くと小降り・・これは何?。岩徳線で友達2人に会う。1人はアメリカに出張との事。・・・リタイアした身にはなんとなく寂しい気持ちになる。
2.孫が私の顔を見て、ニッコリしてくれたのは本当に嬉しかった。私は自他共に認める子供好きであり、田舎に帰って一番残念な事は孫の成長を身近で見られない事。
3.子供夫婦を食事に連れて行き、フグ鍋を食べた。そこの仲居さんとは良く知っている間がらで白子を出してくれた。息子曰くふぐ鍋は初めて(嫁さんも)で美味しいと言っていた。白子も最高と絶賛していた。・・しかし、それはタラのシ・ラ・コですよ!残念!
(帰りの車の中で報告)そう言えば息子には食べさせていなかったんだ。反省!山口はフグの白子は大っぴらには食べられないが大分では良く出てくる。今度食べさせよう!
コメント (3)

ニワトリ小屋

2006-02-18 13:55:56 | 農作業
1.朝からニワトリ小屋を製作する。残材を使用する為なかなかうまくいかない。しかし、大工仕事は楽しい!
2.昼食を食べている時に急に孫に会いたくなった。3月は日曜日に全て行事が入っており、山口に行けそうも無いことから今からフェリーで行く。(15:30竹田津発)母を出来るだけ1人にしたくない為私1人で行く。女房は来週に山口に行く予定。
2.私は何処に行くにも荷物は持たない主義。しかし、孫に無農薬の野菜を食べさせたく、ダイコン、白菜、人参、菜花を持って行く。車はフェリー発着場に置いていく為フェリー乗り降り時が大変。・・・これもジジイバカか?

コメント (2)

由布岳

2006-02-17 21:12:22 | 農作業
1.母デェイケアの日(母不在)日田豆田町のひな祭りを見に行く。途中由布院経由で行く。自宅から由布院までは以外と近い。(時間は65分、信号待ち4回)
2.由布院では2つの目的あり。1つはカボチャの漬物でしたが売り切れ、売り出しは5月頃か?製造方法を聞くも秘密(?)との事・・・店員さんは本当は知らないみたい。もう1つは私が属している自然農法の会の会員の方がお店を出しており、そこでの食事。地鶏り膳を食べたがご飯の具が多く本当に美味しかった。
3.ひな人形を見ていると子供に女の子が欲しかった。当時は欲しいと思わなかったが今は。(息子2人、孫1人全て男)息子達に期待するか?。写真は由布岳で頂上付近は雪(?)が積もっていた。
コメント