趣味の写真帳

過去に撮影した蒸気機関車から最近撮影した電気機関車まで、鉄道写真が中心ですが時々鉄道以外の話題も...

重連の魅力/ロクニ重連

2019-11-07 07:00:00 | 線路際で
 鉄道趣味団体の企画だったと思いますが、EF62のお別れ列車が宮原~水上間で運転されたのはもう20年以上前のことになりました。
 地元で宮原までの回送と機回し、宮原出発を撮影していますが、いずれもイマイチの写真で...

 回送は良い光線でしたが、お顔にビームの陰が... 

 今なら連射して良いコマを選べますが、67の一発切りではこういうミスが良く有りました。

 こちらもサイドにビームの陰が...電車も被っているし...


 何で上越線へ行かなかったのか...

 高崎線 宮原
 回****レ~****レ、EF6243+EF6246DH
 1997年10月18日撮影

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 重連の魅力/後光差す | トップ | 重連の魅力/シロクニ重連 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気合い (tamura)
2019-11-07 09:26:27
重連でのお別れ列車、旧客が連なっているところが良いですね。
前後に違うデザインのヘッドマークまで用意されていて気合いが入っています。
撮る方の気合いは今一つだったようで、、、(笑)
記事にもありますが、ここは上越線北上が正解だったような気もしますが、おそらく何らかの事情があったのでしょう。
EF62 (枯れ鉄)
2019-11-07 21:39:19
EF62といえば、横軽で後ろにEF63を従えて走っていたのを、思い出します。
C+Cという軸配置が災いして、行き場がなく、短命に終わってしまった罐です。
正面貫通でも、凛々しいというより、優しい感じがします。
Re:気合い (佐倉)
2019-11-08 07:38:50
tamuraさま

 重連とは知らなかったのかも...
 当時、EF62単機牽引で宮原発のイヴェント列車を何度か撮っていますので、いつもと同じ...程度に考えていたのかも知れません。
 この鉄道趣味団体は色々な列車を企画されていて毎年楽しみでした。
Re:EF62 (佐倉)
2019-11-08 07:46:34
枯れ鉄さま

 EF62+EF63重連で三重連もありましたね。そのうち出てくるかも...(笑)
 貫通扉の丸みを帯びた窓が優しい感じの源でしょうか。
 自分はアンテナが付いてからは、剣を持つ不動明王を思い出します。(^^ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。