ベーシストの気ままに競馬日記

主に競馬のこと、さらに映画館やDVDで観た映画の感想などを書いていきます。※ネタバレを含む!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スプリンターズステークス 結果

2013-09-29 19:05:59 | 競馬

こんばんは! 今回はスプリンターズSの結果ブログです。

電撃の6ハロン勝負、勝ったのはどの馬だったか・・・


私の予想は⑩ロードカナロアを本命に
⑦⑩→⑥⑦⑩→②⑥⑦⑩⑪⑬の3連単フォーメーション16点買いでしたが、結果は・・・












1着⑩ロードカナロア。2着⑦ハクサンムーン。3着⑤マヤノリュウジン。

見事に3着抜けです・・・(+_+)

ハロンタイムは11.9-10.5-10.5-11.0-11.3-12.0
前半600mは32.9という昨年ほどではないがハイペースの展開になり、力のない先行馬は総崩れのレースでした。

スタート後、ハナを奪ったのはやはり⑦ハクサンムーン。その後ろに②フォーエバーマークと⑧パドトロワ。4番手は⑬サクラゴスペル。勝ち馬のロードカナロアは5~6番手あたりを進む展開に。

4コーナーをまわって直線に向いてもやはりハクサンムーンは内ラチ沿いで粘ったまま、脚色の良くないフォーエバーマークとパドトロワはずるずると後方へ。変わってサクラゴスペルと内で追走していた⑤マヤノリュウジンが2番手争いへ。その外ではロードカナロアと⑥ドリームバレンチノ、⑮マジンプロスパーが豪快な末脚を見せ先行争いへ突入。

直線残り200mから中団にいたロードカナロアにムチが入り、ジリジリと逃げるハクサンムーンを捕まえに行く展開。遅れて、ドリームバレンチノ・マジンプロスパーそして4コーナーで外へ持ち出した①グランプリボス、③アドマイヤセプターが上がり33秒台の末脚で詰め寄るも、世界のスプリント王ロードカナロアには届かずの結果に。

相手候補に選んだフォーエバーマークは16着、サクラゴスペルは11着。全く見せ場のなかった⑪スギノエンデバーは12着。内から差してきたドリームバレンチノは6着という結果でした。

前から後ろまで全体的にハイペースで進んだため、後ろの馬も末脚を活かせずという状態でした。




出走馬16頭中15番人気のマヤノリュウジンはどう考えても買えなかったです・・・(:_;)

来週は毎日王冠でエイシンフラッシュが、京都大賞典ではゴールドシップとヴィルシーナ、そして凱旋門賞にはダービー馬キズナと3冠馬オルフェーヴルが出走予定です。
今週以上に面白いレースになりそうなので、また予想していこうと思います。
Comment

スプリンターズステークス 予想

2013-09-28 20:24:18 | 競馬

こんばんは! お久しぶりの更新です(^^)/
前回の宝塚記念の更新から早3ヵ月が経ちましたが、秋競馬も開催したので年末の有馬記念に向けてまた気ままに更新していこうと思います。

今回は秋G1初戦、スプリンターズSについて予想です。

断トツ1番人気(オッズ1.5倍)の海外馬ロケットマンの単勝に2万円ぶち込み大惨敗してからもう2年が経ちましたww 全G1レースの中で最も相性の悪いレースなので今年はしっかりと予想したいと思います。

中山競馬場芝1,200m戦の本レースは直線での好位抜け出しが有利と予想。逃げ馬は前傾ラップ且つ直線の急坂のため、逃げ切りが厳しいと踏んで考えていこうと思います。

私の本命は⑩ロードカナロア。

やはりここはスプリント界最強の馬を本命にせざるを得ないか・・・
前走では逃げるハクサンムーンにクビ差届かずの2着だったがハクサンムーンは斤量56.0キロに対しこちらは58.0キロ。さらに休み明けということも重なっての結果と予想。叩いて上積みの見込めるロードカナロアを本命に選択。
調教でも2週続けてラスト200mを11秒台の好タイム。年内引退が決定しているだけに、ここと年末の香港に焦点を当ててきているはずなので期待大。
懸念事項は岩田ジョッキー。人気になると平気で飛ばすイメージが払拭できないが、ここは勝ちに来てもらいたいので本命に挙げます。

相手候補は5頭。
②フォーエバーマーク、⑥ドリームバレンチノ、⑦ハクサンムーン、⑪スギノエンデバー、⑬サクラゴスペル。

フォーエバーマークは内枠の経済コースを活かして3着ぐらいならありそうだと思い選択。
テンの速さならばおそらくハクサンムーンより上かと・・・ 
夏場の大敗が引きずっているようであれば厳しいが、調教&馬体の感じは申し分ないと思うので一応買い目に入れておきたいと思います。

ドリームバレンチノは、調教で松山ジョッキーが乗り800mを51.3、ラスト200mは12.1の好タイム。
昨年の本レースは、レコードタイム決着のロードカナロアに0.2秒差の3着。
昨年の函館SSでは、あのロードカナロアに勝っているので馬券圏内は十分に考えられます。
好位抜け出しに期待。

ハクサンムーンは、前走のセントウルSで休み明けとはいえどもロードカナロアに先着したのは驚き。
前に付けられればそこそこに粘るはずなので、ここでも買い目に入れます。
鞍上の酒井学ジョッキーとのコンビは相性抜群のようなので期待大。
懸念事項は、フォーエバーマークとハナを争ってハイペースになり、そのまま2頭とも共倒れするパターン。

スギノエンデバーは、強烈な末脚が魅力的の馬。夏場をそこそこに使ってきた疲れが気になるが、展開次第では十分馬券圏内に食い込む可能性があると予想。
完全な追込馬のため、中山の短い直線では届かない可能性もあるので3着付けくらいがちょうど良いのではないかと思います。鞍上の蛯名ジョッキーの手綱捌きに期待。

サクラゴスペルは、好メンバーが揃った高松宮記念や安田記念で掲示板に食い込む実力馬。
中山1,200m戦は重賞も含め2勝しているのでコース適正も問題なし。
今回からブリンカーを付けての参戦になるが、これが吉と出るか凶と出るか・・・
調教もびっしりと追い込まれ好タイムを出してきているので問題はないかと思うが、このメンバーでどこまでやれるかが勝負。併せ馬での調教中にスピードが出過ぎたためのブリンカーらしいがどう影響するか・・・
鞍上はベテラン横山典弘ジョッキー。上手く中団に食らいつき直線に入った段階で抜け出して3着までに入ってもらいたい。

買い目は3連単フォーメーション16点買いで、
⑦⑩→⑥⑦⑩→②⑥⑦⑩⑪⑬

その他の馬については・・・
①グランプリボスは、サクラバクシンオー産駒であり最内枠の利も活かせそうだが、最近はマイル戦でのイメージしかないため消し。直線に入った段階で馬群に揉まれて捌けずに失速すると予想。

④サンカルロは、もうピークが過ぎたと思い消し。

気になるのは⑮マジンプロスパー。これが来たら諦めます・・・



久しぶりにサークルのメンバーと現地観戦予定。楽しみ!

Comment