ベーシストの気ままに競馬日記

主に競馬のこと、さらに映画館やDVDで観た映画の感想などを書いていきます。※ネタバレを含む!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中山記念 結果

2013-02-25 02:32:04 | 競馬

こんばんは!! 今回は中山記念の結果について書いていきます。



私の予想は、タッチミーノットを本命にシルポート・ダノンバラード・ナカヤマナイトの4頭で勝負! 結果は・・・











1着⑮ナカヤマナイト・2着⑩ダイワファルコン・3着⑨シルポート。

やはり中山巧者のナカヤマナイト・・・ 強かった・・・ シルポートの1000m58.5というハイペースの中、仕掛けどころを間違えずきっちりと差したのはやはりベテラン騎手の実力。

ナカヤマナイトは道中6~7番手。逃げるシルポート・早めに仕掛けたダイワファルコンをゴール板ギリギリのところで交わし優勝。馬はゴールの位置をわかっていたのかと思うぐらいの差し切り勝ち。やはり騎手・馬の両方ともこのコースにはかなりの適性がある模様。2~3着付けにしたのは完全な読み違い・・・

ダイワファルコンも上手くまわってきての2着でした。早めに仕掛けたのは良かったが最後にナカヤマナイトに交わされての2着。それでもコース適正はかなりあることが証明されたので今後に期待。

シルポートは大方の予想通り超ハイペースでの逃げ。セーフティリードを保ったままギリギリまでトップ。最後は差してきた2頭に交わされてしまったものの、強い力を見せてくれました。鞍上の松岡騎手は先週のエスポワールシチーでもそうですが、逃げ・先行に定評がありそうです。

本命のタッチミーノットは4着。相手候補のダノンバラードは6着。

タッチミーノットは道中下げ過ぎたことが原因か・・・ ほぼ最後の直線だけで勝負をした感じ。さすがにあれでは届かないだろう。メンバー最速の34.8の上がりではあったものの、あと少しのところで届かずの4着。もっと早く仕掛けるべきだった気がします・・・

ダノンバラードは先行有利のこのコースで3~4番手につけるという願ってもない好条件。しかし直線では思ったように伸びずトーセンレーヴにまで差され掲示板を逃す。ベリー騎手、前走の危険騎乗が響いているのか・・・



今回は予想の時にお伝えした通り、ダイワファルコンが来てしまったので潔く諦めます。資金の関係上とは言え、手を出すことができなかったのは明らかに自分の責任・・・
Comment

中山記念 予想

2013-02-24 02:59:23 | 競馬

こんばんは! 今回は久しぶりに地元中山開催に戻ってきましたので特に力を入れて予想をしていこうと思います(^^)/

中山の1800mはコーナーをまわる回数が多いため、器用に走れる馬を中心にピックアップしていこうと思います!!


私の本命は、⑭タッチミーノット。

この馬の良いところは中山コースで馬券圏内に入れなかったことがないということ。(2‐1‐1‐0)他の馬と比べてそもそも中山を走った回数が少ない上に実績は全て2000m戦と少々不安点もあるが、そこはコース適正抜群のジョッキー横山典弘に託すしかない!笑
外枠ではあるが上手くまわってこれると信じている。

相手候補は3頭。⑨シルポート・⑫ダノンバラード・⑮ナカヤマナイト。

シルポートは、今回もおそらく逃げることが予想されているため、粘り腰を見せ3着に残っている可能性もあるので一応ピックアップ。鞍上が小牧ジョッキーなら問題ないのだが松岡ジョッキーがこの馬をどこまで逃がすことができるのかにも期待。

ダノンバラードは、前目につけ直線では早い段階で先頭に躍り出るほどの強い力を持った馬。前走と同じ鞍上ではあるが今回は危なっかしい騎乗だけは避けてもらいたいところ。成績も安定しており信頼できる1頭。

ナカヤマナイトは、やはり名前の通り中山コースにはほぼ100%の確率で連対している安定感が売り。前走の有馬記念では初の連対外ではあったが、あれはメンバー構成に明らかな差があったため仕方ないと判断。懸念事項は土曜のレースで落馬した柴田善臣ジョッキーの体調的な問題。


買い目はいつもの3連単フォーメーションで、⑫⑭→⑫⑭⑮→⑨⑫⑭⑮




わりと人気な馬が中心になってしまったがこれで勝負!!
内枠のリアルインパクトと⑩ダイワファルコンが来たら素直に諦める・・・
Comment

フェブラリーステークス 結果

2013-02-18 01:57:43 | 競馬

こんばんは(^○^) 今回はフェブラリーステークスの結果についてです。
2013年一発目のG1レースとして今後のダート路線を担う馬たちが集いましたが、どの馬が勝ったのか!!



私の本命は⑩ワンダーアキュートに、相手はイジゲン・テスタマッタ・シルクフォーチュンの3頭。結果は・・・













1着②グレープブランデー・2着⑥エスポワールシチー・3着⑩ワンダーアキュート。

本命の馬だけなんとか馬券圏内に来たというカンジ。1~2着の馬については軽視していたため全く買い目に入れていませんでした・・・(+_+)

1着のグレープブランデーは道中こそ7番手あたりを走っていましたが、内にもまれた状態だったのでこのまま終わると思っていました・・・
最後の直線では徐々に外に出していき35.9の上がりでゴール。直線で前走の時のような走りができたことが最大の勝因かと・・・ 浜中ジョッキーの手綱捌きが光った瞬間でした!


2着のエスポワールシチーはスタート後、タイセイレジェンドと共に後続を突き放すような超ハイペースの競馬を仕掛けました。直線に入ってからは早々に抜け出し粘りを見せるも、あと一歩のところでグレープブランデーに交わされてしまい2着フィニッシュ。
それでもあのペースの中よく最後までもったなと感じました。鞍上の松岡ジョッキーもさることながら、馬の能力もまだまだ衰えていないのではと感じました。

3着のワンダーアキュートは10番手辺りからの競馬。道中は問題なく進んだように見えたが問題は最後の直線。前が詰まってしまいなかなか抜け出せず仕掛けが遅れた感が否めない。なんとか外に出したもののテスタマッタの進路を妨害してしまい、和田ジョッキーは開催2日間の騎乗停止処分。馬の方はそれでもじわじわと伸びてなんとか3着を確保。やはり安定感は抜群です。

相手候補の3頭、イジゲンは12着、テスタマッタは7着、シルクフォーチュンは5着と何とも言えない結果に・・・

イジゲンに関しては完全に出遅れが原因・・・(:_;)スタート前もゲート内でかなり暴れていたらしく、当然と言えば当然の結果。追いつくために脚を使い果たし、直線では前も開かず早々に画面から見切れる始末。やはりゲート難は克服していなかったらしいです・・・

テスタマッタやシルクフォーチュンは最後方からの競馬。超ハイペースの展開がもう少し味方してくれればさらに上の順位に行けたのではないかと思うが、今回は前で残っていた馬があまりにも強かったので仕方ないです。




今年一発目のG1はギリギリで買ったワンダーアキュートの応援馬券のみ的中。
次は3連単を当てたい!
Comment

フェブラリーステークス 予想

2013-02-17 11:56:18 | 競馬

こんにちは! 今回はついに始まった新年最初のG1 フェブラリーステークスについて予想していこうと思います(^^)/

今後のダート戦線を担う馬たちが集う一戦。どの馬が勝つのでしょうか・・・
芝戦線からは2頭が出走しますが、かなりのレベルでないと勝ち負けに食い込むのは厳しいと思うので人気のカレンブラックヒルとガルボは消しでいきたいと思います!!



私の予想は、⑩ワンダーアキュート。

やはりメンバーの中でもトップクラスの実績を誇る馬なだけあって予想からは外せない1頭。
このコースは1-0-1-0とコース相性も抜群。乗り慣れた鞍上、和田ジョッキーの手綱捌きにも期待。最後の直線では長く粘るタイプのイメージ。ここ最近はジョッキー共々中央のG1に手が届いていないのでここは頑張ってもらいたい。

相手候補は3頭。
⑧イジゲン・⑭テスタマッタ・⑯シルクフォーチュン。

イジゲンは、ゲート難の不安要素があるもやはり買い目からは外せない1頭。持ち時計が遅いがそれが活きる展開となれば勝機は十分にある。前走の大敗は出遅れ+阪神コースの不得意と判断。実績のあるこのコースならば問題ない。鞍上は騎乗停止明けのフランシス・ベリー騎手。ここで一発魅せてもらいたい。

テスタマッタはなんと言っても昨年の優勝馬。さらに2010年は2着と絶好のコース。鞍上は謎のマクドノー騎手から乗り慣れてる岩田騎手に戻ってきたためこれもプラス評価。前目につけて走ることができる馬なので今回も展開によってはチャンスがあると予想。

シルクフォーチュンは、昨年2着の実績馬。前走からの距離延長が気になる点だがベテランの鞍上なだけあって上手くやってくれることに期待。ゴールドアリュール産駒の底力を見せてほしい。昨年と臨戦過程が異なる点は少々気になる・・・

買い目は3連単フォーメーション12点買いで、⑩⑭→⑧⑩⑭⑯→⑧⑩⑭⑯



芝戦線の2頭とガンジスが来たら潔く諦める!!
Comment

東京新聞杯 結果

2013-02-07 01:02:57 | 競馬

こんばんは!! 更新がだいぶ遅くなってすいません・・・<(_ _)>
今回は東京新聞杯の結果について書いていこうと思います。

私の予想はクラレント本命の⑤⑧⑨→⑤⑧⑨→⑤⑧⑨⑬の3連単フォーメーション。

結果は・・・









1着⑤クラレント。2着①ダイワマッジョーレ。3着⑧トライアンフマーチ。

惜しかった・・・2着抜け。
2着のダイワマッジョーレには正直驚きました。過剰人気じゃなかったのか・・・
スタート後はほぼ最後方からの競馬。4コーナーあたりでは完全に来ないと思ってたけど、まさかの内から最速上がり32.7の早さで前のクラレントを猛追。
やはりスタート後すぐに内に入り、直線では前で粘ったクラレントの方が有利だったか、しかし、ダイワマッジョーレの鞍上である丸田騎手は本当に見事な手綱捌きでした。

相手候補のドナウブルーとリアルインパクトはそれぞれ10着と11着・・・笑

2頭とも道中は割と近いところにいた印象。しかし直線に入ってからか、ドナウブルーの進路の先にリアルインパクトがいる状態。なかなか交わすことができなかったが最後の最後で交わし10着フィニッシュ。
進路妨害ではないがリアルインパクトがいなければもう少し伸びたのではないかというカンジです。



Comment