ベーシストの気ままに競馬日記

主に競馬のこと、さらに映画館やDVDで観た映画の感想などを書いていきます。※ネタバレを含む!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本ダービー(東京優駿) 結果

2012-05-28 10:35:24 | 競馬

おはようございます!! 今回は日本ダービーの結果ブログです。
全ての馬の目標であるこのレースに挑戦できる選ばれし18頭!
どの馬が頂点にたったのか。


私の予想は⑥⑦⑭→⑥⑦⑭→⑥⑦⑭ でしたが結果は…












1着⑩ディープブリランテ。 2着⑪フェノーメノ。 3着⑭トーセンホマレボシ。


また岩田ですか! ワールドエースとゴールドシップの2強対決じゃなかったの?
ワールドエースは4着で、ゴールドシップは5着という結果…

道中は逃げるゼロスとそれを追いかけるトーセンホマレボシが全体のペースを乱したおかげで、最後尾の方の馬は完全につぶれましたね…
3から4コーナーにかけてのところは、ワールドエースとゴールドシップが互いに牽制しあっていたせいか、他の馬もまくるタイミングが若干遅れましたね。

結局、最後の直線でディープブリランテが早々と抜けだして、そのままトーセンホマレボシを抜き去っていきました。
外から来たフェノーメノが差したかなってところで決着。フェノーメノの伸びは強烈でしたがあと少しの差で2着…

岩田ジョッキーの嬉し泣きはかっこよかったですね!

本命のゴールドシップは5着。相手候補のトーセンホマレボシは3着。コスモオオゾラは6着。期待馬のフェノーメノは2着という微妙な結果に…笑


コスモオオゾラはこのメンバーに6着は大健闘です。ワールドエース、ゴールドシップの次にゴールしてますからね。 ある程度のペースで流れたので、この馬には走りやすかったのでは。
トーセンホマレボシもあのペースでゼロスを追いかけていってよく3着までに残ってるとは…
やっぱり京都新聞杯レコード勝ちは伊達じゃないですね。

ゴールドシップはあと少しのところで5着でしたね… 内田ジョッキー、鞭いれすぎなんじゃないかと思うくらいの叩きでしたね笑
位置取りも悪くなかったし、今回は完全に他馬のマークをフルに受けたまま最後まで来てしまったことが悪かったのかな…?


馬券的には、ディープブリランテを甘く見すぎでしたね… 「芝レース3勝以上」と「近3
走以内の最高着順が1位」という2つのデータに当てはまる馬しか勝たないと思ってたのが間違いでした。(ディープブリランテは芝2勝、近3走の最高着順2位)







福永ジョッキーは1番人気を飛ばしすぎだと思う…
Comment

日本ダービー(東京優駿) 予想

2012-05-26 22:51:28 | 競馬

こんばんは~~(^○^) 今回は待ちに待った、日本ダービーの予想です。

すべてのホースマンが目標とする大舞台で勝つのはどの馬か!
東京競馬場の芝2400m(今週からCコース)で行われるレースですが、相変わらずの高速馬場状態。









本命は、⑥ゴールドシップ。
ワールドエースとの2強対決になりそうだけど、この馬の方がキャリア数も多く、なおかつ出走馬18頭中、唯一の「芝レース4勝」過去10年のデータ的にも3勝以上の馬が優勝している上に、勝利数が多ければ多いほど好走確率が高いという結果。
どんな展開にも柔軟に対応する上に道悪もなんのその。当日はおそらく良馬場みたいだが、道中はうまく脚をためて、皐月賞の時のように最後の直線で伸びてくることに期待。直線の短い中山でできるのだから、直線の長い東京なら上手くやってくれるはず。
内田騎手には、2010年のエイシンフラッシュで勝った時のような、判断力と手綱捌きに期待。
芦毛の馬体の馬は過去78回のダービー中、1回しか勝ったことがない(1989年ウィナーズサークル)らしいが、23年ぶりにそのジンクスを破ってくれるはず!

相手は⑦コスモオオゾラと⑭トーセンホマレボシ。
トーセンホマレボシはなんと言っても京都新聞杯をレコード勝ち。前の方からいった競馬で見事に勝利しているので、これをダービーでもやることができれば善戦できるはず。
鞍上は今もっとも調子の良いクレイグ=ウィリアムズ騎手。今日のレースでも9鞍中3勝(1鞍は競争除外)という好成績なので引き続き明日も調子が良いことに期待。2歳チャンピオンのアルフレードを断ってまで乗るのだろうから何か勝算があってのことだと思う。
京都新聞杯組はなかなか良い結果を残せていないがこの馬と鞍上ならやってくれるはず!笑

コスモオオゾラは弥生賞を勝って臨んだ前回の皐月賞で4着という好走をしているので、能力があると思い相手候補に選択。(皐月賞の時は期待馬にしていましたね!笑)
決して速い脚やパワーがあるわけではないが、いつも安定して掲示板までにはいる存在。スローなペースではなく、ある程度のスピードで流れるような展開ならば、この馬にも対応可能なはず。
鞍上はダービー初出場の柴田大知ジョッキー。最近は障害レースでの活躍の方が目立っているけど、1度どん底を見たおかげか、最近は平地でもかなり調子が良い。当代きっての「追える騎手」として大仕事をやってのけてほしい。(実は福永ジョッキーや和田ジョッキーと同期。)


買い目はいつもの通り3連単フォーメーション6点買いで
⑥⑦⑭→⑥⑦⑭→⑥⑦⑭


今回も期待馬を1頭追加。⑪フェノーメノ。
前走の青葉賞では力強い走りで1着。メンバーの中で最も東京コースに強いイメージがある「東京巧者」。
持ち前の末脚と距離適性で良い走りをすることに期待。

買い目は複勝か3連複を適当に購入予定。









1番人気になりそうなワールドエースは、良い枠をひいているものの、鞍上お得意の「大外ぶん回し」で届きませんでしたという展開になりそうな予感がするため、今回は消し。さらに過去78回のダービーにおいて、1度も「調教師が連覇を達成したことがない」ので、池江泰寿調教師のワールドエースと相手候補に選んだトーセンホマレボシの1着はないと予想。

外枠の2頭については、距離適性があまりにも不安なアルフレードと、鞍上がいまいち信用できないグランデッツァなので消し。

もし3連複で買うなら、②ヒストリカルか⑩ディープブリランテといったところか・・・笑






今週は当てよう!!!笑

Comment

ニューイヤーズ・イブ

2012-05-26 01:55:37 | 映画
レート4.2/5.0 ネタバレあり。

 毎年、ニューイヤーズ・イブにニューヨークのタイムズスクエアで行われる「ボールドロップ」の責任者である、クレアはなんとしてでもこのイベントを成功させようと奮闘している。そんなカウントダウンイベントを死の間際に観たいという老人や、イベントでファーストキスをしたいと思っている高校生、イベントで歌うロック歌手とそのバックコーラスを務める女性、カウントダウンまでに自らが決めたことを成し遂げようとする女性とそれを手伝う男性など、様々な人々の思いと行動を描いた作品。
 「プリティ・ウーマン」や「バレンタインデー」で有名なゲイリー・マーシャルのもとに、ハル・ベリー、ロバート・デニーロ、サラ・ジェシカ・パーカーなどの有名キャストが集まった、監督・俳優陣ともに豪華すぎる映画。内容自体は、カウントダウンイベントを巡って、多くの人々の思いや願いを個々に表現しているものだが、それを最後で1つに繋ぎ合わせたのは感動。何の脈絡もないいくつかのエピソードが、イベントが近づくにつれて上手く結びついていくため、途中で居眠りするほどつまらない作品ではない。さらに、映画の中でクレアが記者会見の場で演説するシーンがあるが、そこから伺える「挫折はチャンスでもある」ということは、現代社会や各個人が抱えるすべての悩みに共通していると思う。
 残念に感じるのは、この映画で描かれている個々のエピソードの内容が薄っぺらいのと、前年の大みそかに出会った女性と1年越しに会う約束をかなえるためにニューヨークに来たサム(ジョシュ・デュアメル)がラストで再会するのがなんと・・・ 娘と喧嘩してやりきれない気持ちでいるキム(サラ・ジェシカ・パーカー)という、物語の流れを大きく無視したラスト。
 いくつかあるエピソードのうち、唯一ハッピーエンド的に終わらなかったのが、ハル・ベリーとロバート・デニーロが絡むエピソード。こんな描き方もするんだなと、ゲイリー・マーシャルの撮り方には驚かされる。「バレンタインデー」の続編として作られた映画らしいので、ぜひそちらも観てみるといいのではないかと思う。ボン・ジョヴィが出演していることもあってか、音楽には相当力が入っている。
 去年の年末に観た映画だが、1年の最後を締めくくるには良い映画だと思うし、カップルで観るとそのあとの話のネタができると思う。
Comment

オークス(優駿牝馬) 結果

2012-05-21 01:15:11 | 競馬

こんばんは~~(^^)/ 今回はオークスの結果ブログです。
牝馬クラシック2戦目、ほとんどの馬が未経験の2400mをどう攻略したのか・・・

ということで、私の予想は「①⑤⑨→①⑤⑨→①⑤⑨」でしたが、結果は・・・












1着⑭ジェンティルドンナ。2着⑨ヴィルシーナ。3着③アイスフォーリス。



今年の桜花賞馬がまさかの2冠達成ですか・・・笑 この馬の距離適性は完全にマイルまでだと思ってたんだけどな~
距離延長も楽々こなしてたね。
4角をまわった段階ではまだ後ろから3~4頭目くらいだったけど、最後の直線で外からすごい勢いで伸びてきたのにはびっくり(+_+)
あがり34.2はメンバー最速。結局2着の馬を5馬身くらい離してゴールしたみたい・・・
そんなに力があるんだったらもしかして3冠牝馬が誕生するのでは・・・笑
優勝した川田騎手のインタビューもかっこよかったですね!!

私の本命のアイムユアーズは4着。
道中は4番手あたりにいて良いカンジで4角をまわったと思ったんだけどな~(:_;)
前のアイスフォーリスを差し切れたかな~って思ったところがゴール版。写真判定の結果ハナ差の4着・・・
いや~ 惜しかった・・・ あとちょっとだったのにね。それでもウィリアムズは今回もなかなかの仕事をしてくれてたね笑
距離も問題なさそうだから次に期待。

2着のヴィルシーナも良い位置からの競馬でしたね。あがりはメンバー内3番目の35.3。
一時は先頭だったんだけど・・・ ジェンティルドンナの差しにつかまってそのまま離されていくという・・・(:_;)
ただ、実力がわけではないのでこちらも次に期待。

ちなみにメイショウスザンナは9着。期待馬のダイワデッセーは11着。
メイショウスザンナはやっぱりキツいローテが影響していたのかな? 実力的には3着くらいにはありそうだったのに・・・
終始目立った走りではなかったような・・・ 途中見失ったし・・・笑





とりあえず今回は、ジェンティルドンナの距離適性と実力を完全に軽視していたことがこの馬を買えなかった理由。
むしろ今の段階ってあんまり距離適性は関係ないのでは・・・?



来週はダービー。 去年は雨の中オルフェーヴルが駆け抜けましたが、今年はどの馬が勝つのだろうか・・・





馬の能力が違えども、先週のアパパネの5着、今週のミッドサマーフェアの13着といい、
1番人気を背負った蛯名は馬券圏外に飛ばしすぎでは・・・笑
このままだと池添コースにまっしぐらな気がするんだが・・・
Comment

フォーメーションとボックス

2012-05-20 04:09:51 | 競馬

今回はいつも買っている「3連単フォーメーション6点買い」についての記事です。


最近よくこの買い方で買っていますが、お分かりの通り、出走馬の中から3頭選んでその3頭に対するすべての3連単を購入すると、1頭につき相手の組み合わせは2通りになるので、全3頭だと6通りということになります。

これでも十分簡単な買い方なんですが、競馬歴の長い人からしたら、フォーメーションではなくボックスで買った方がわかりやすいし買い間違いが減るだろう、とのこと。



そうなんですよね・・・笑 実際そのほうがマークカードを塗る手間も省けるので簡単なんですけどね(^^)/笑
なら、なぜそうやって買わないのか・・・?

競馬をやってる方ならわかると思いますが、赤色のマークカードや青色のマークカードで馬券を買うと馬番号と競走馬名の上に「ながし」や「フォーメーション」って印字されるんですよ。
これは私個人的なことなんですけど、「ボックス」って表示されるより「フォーメーション」って表示される方がかっこよくないですか?笑
本当にただこれだけの理由なんですよね・・・笑 

なので、人に買い目を口頭で説明するときはボックスで言ってますが、買い方はこだわってフォーメーションにしています(^○^)
これからもめんどうだとは思いますがもう少しこの買い目におつきあいくださいな・・・笑
Comment