ベーシストの気ままに競馬日記

主に競馬のこと、さらに映画館やDVDで観た映画の感想などを書いていきます。※ネタバレを含む!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ソーシャルネットワーク

2011-02-01 23:28:02 | 映画
レート 4.2/5.0 ネタバレあり
 Facebookの創設者マーク=ザッカーバーグの半生を描いた映画。基本的には2つの訴訟を中心にそこから回想して現代まで話を進めてくる感じ。
 主人公は天才的なプログラミング能力を持ち、Facebookの前身となるサイトを作るも、コミュニケーション能力不足のため次々と大切な人を失っていく。マークの純粋に皆と面白いモノを共有したいという気持ちに対して、周囲の人々はそれで儲けたいと思っているという気持ちのズレがマークを孤独にさせていく。最終的には親友のエドゥアルドでさえも失ってしまう。
 この映画を観ていると自分の好きな事で収入を得ようとするのはかなりの覚悟が必要なんだと思えてくる。感情とビジネスは一緒にしてはいけない。
 映画の最後は、マークがオフィスで1人Facebookを開いているところ。彼の唯一の理解者とも思われる新人弁護士さんと話した後、彼が開いたのは冒頭に出てきたもと恋人エリカのページ。そこにある「友達になる」のボタンを押した後、何度も更新ボタンを押し続けるところで映画は終わる。天才でも人とのコミュニケーションが苦手だと何の意味もないのだと思った。
Comment