和楽桜鳴座   『俺にも云わせろ!吹かせろ!叩かせろ!』

愛媛県松山市で活動している和太鼓グループです。所属している一風変わったメンバーが、日頃起こった由無し事を書き散らします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

激辛[Honium1]

2008-10-30 23:19:23 | Weblog
激辛(「げきから」ではなく「げきつら」と読んで頂きたい)な夜でした。

秋口まであった週一回の太鼓出演が終わって、インターバルが開くようになると、たまの出演は体力消耗します。

今夜の某ホテルでの出演は、体のなまりがモロに出た感じで、最後は息が上がって死にそうになりました。
うーん・・・常に体を慣らしてないと・・・。


約一名、ケロリとしてた名コメンテーターがいらっしゃいましたが・・・・。



そんなわけで写真は激辛(これは「げきから」のほう)メニューもある、あっきぃさんが夢見て止まない秋葉原の「刀削麺華 唐家」。

単品メニューにある黒豚の角煮をトッピングして食べると、更に(゜Д゜)ウマー
コメント (4)

帝都は熱かった二日目編[Honium1]

2008-10-29 20:44:35 | Weblog
萌えの街、秋葉原・・・。
この夜は、秋葉原近辺の会社に勤める窮地の、いや旧知の友人と久々の再会でした。

通りのそこかしこでメイド姿の女の子が、チラシやらポケットティシュやら配っています。
一つもらって「これぞまさに冥土の土産。」と下らない事を思いながらストラット!

最近は写真のような、おされなスポットも増えてきました。

私がはぢめて秋葉原に来たときは、こんなんぢゃなかった・・・。



大型家電店が居並ぶ通りの片隅や路地には、怪しいパーツ屋がひしめいていました。

人一人がやっと通れるような狭い通路の両側で、おびただしい種類の電子部品が売られていました。
地元では決して手に入らない極超短波用の精度の高い特殊なパーツさえも、いとも簡単に見つかる秋葉原は、当時の私にとってはある意味桃源郷。
不審な外国人の姿もよく目にしましたが、政府の密名を受けた途上国の技術者が、フツーにミサイルのジャイロに使うベアリング等を買っていたとか。


それも今は昔となりつつあります。
表向きは・・・・・・・・・・。


それはともかく、そんな秋葉原のカオスの中、刀削麺(麺というより、小ぶりの極厚ワンタンのようなの。麺状に細長く切らず、小刀で削いで作ります。)を食べにいざ!!
コメント (5)

帝都は熱かった一日目編[Honium1]

2008-10-29 19:41:35 | Weblog
二泊三日の帝都出張から無事帰還を果たしました。

今回の帝都出張の拠点を池袋に置き、熱い二日間を。

一日目は今回の出張の目的たる、漫画家・イラストレーターの横ヨウコさんとの打ち合わせ。

で、熱い打ち合わせの後に、新宿ゴールデン街そばのろばた焼きのお店に連れて行って戴きました。
その名も「絶好調てっぺん」

ワタクシ、東京の魚をなめておりました。
「うおおおおう!!」と萌え倒れそうなくらいうまい!!
ぜんぶうまい!!

横さんとのおしゃべりもえらい楽しくて、晩の六時半から終電間際まで六時間近く、ココで食べて飲んでしまいました。

ちなみに大将は愛媛の人。

新宿に寄る時あらば、必ず行くべし。
私なら行く。


横さん、何もわからない門外漢なワタクシの間の抜けた打ち合わせにお付き合い下さり、あまつさえスゲーうまいお店に連れて行ってくださり有難うございました。
コメント (5)

染物作業再び【染之助】

2008-10-28 22:47:32 | Weblog
今日は必要に迫られた染物作業を。

前回のロープと違い、大物なので染料も倍でバケツでは間に合わない。

しかも、ポリエステル70のレーヨン30という、染まりにくさ抜群のつわもの。

ポリを染めるには『加熱染色』でなければなりません。


でも、そんなに大きな鍋もなく・・・・





仕方がなく、ホームセンターで所望したものは





『金盥(かなだらい)』




コンロで熱しながら行った染色実験が成功したので、なんとか11月末の出演には間に合いそうです。






しかし、一番の問題は、作業時間がとれるかという不安。
コメント (3)

また出張「Honium1]

2008-10-26 17:22:03 | Weblog
明日から二泊三日の帝都出張。

二夜とも「飛んで火に入るなんとやら」的な飲み会が組まれている、ダイ・ハード出張。

いや、歓迎してくださること自体、とても有難い事ではありませんか。
ならば私はあえて火中の栗を拾わん。
誇り高く、胸張って酔いつぶれ醜態を晒さん。




尤も一番心配なのが、若干方向音痴なワタクシが、無事に池袋駅から出ることができるかどうかなのですが・・・。

正しい出口に出ることは、もう最初からあきらめてます。

出張とぜんぜん関係ない写真は、先日ご紹介したオブジェのある施設の階段から写したもの。
ちなみにココは3階。
上半身だけ出して殺到する小さな人形・・・・。
後方で扇動する、血迷った土偶のような血相変えた埴輪のような人形。
コメント (3)

ちーちゃんプレデビュー[Honium1]

2008-10-26 17:06:06 | Weblog
今日の出演で、搬入搬出と荷物番と撮影と、フル回転で手伝ってくれたちーちゃん。
お疲れ様でした。有難う。


最後に全員で叩くところでステージに上がってもらって、プレデビュー(一番手前)。

ポシェットつけたまんま打っているあたりが、予定外で打ってもらったとゆー事を裏付けております。

余談ですがお酒はかなりいけるクチである事をカミングアウト。
なおさんやあいあいさんの喜ぶ顔が目に浮かびそうである。
コメント (4)

寿ぐ[Honium1]

2008-10-26 00:43:29 | Weblog
桜鳴座の鍋会。

あっきぃさん家に、賑々しくメンバーが集まりました。

集まったついでに・・・・イダダダダダダ・・・・失礼しました。

メーンイベントに、なおさん○才、だわぼんさん○才の誕生月祝いを寿ぎました。


オードブルにもつ鍋にケーキに篠笛にWiiにマッサージにと、非常に焦点のぼやけたごった煮のようなひととき。

それもまた桜鳴座也。
コメント (3)

友人賛歌[Honium1]

2008-10-25 00:10:47 | Weblog
かなり以前・・・・

友人が「すうどん」を作った。

「酢うどん」

ネタでも何でもなく本当の話。
本人は「すうどん」とはそういうものだと本気で思っていたフシがある。


一口食べて友人は床に崩れ落ちたらしい。
己の勘違いの愚かさを呪ったらしい。


ちょっと以前・・・

友人が親戚から休耕状態の広い畑を借り受けた。

「スローライフ」とか「ロハス」とかゆう流れに感化されて、一念発起。

色んな野菜を作り始めた。


見事に全滅した

一年間、丹精込めて作り上げたのは、借りる以前よりも更に荒れ果てた畑。


別に微笑ましくも何とも無いエピソード。



ああ、どんどん太鼓チームのBlogとは思えない方向に彷徨しつつアリ。
だ・・・誰か私を止めてください。
誰か軌道修正を。
コメント (5)

あきらめないこと[Honium1]

2008-10-24 17:45:38 | Weblog
忘れられない一枚の写真・・・・。
この写真を見るたびに、胸に熱いものがこみあげてきます。


これわ何かというと、私がまだ多感な35歳の頃、「おもちゃの缶詰」を目指してひたすらチョ●ボールを食べ、ようやく銀のエンゼルが5枚揃った日を寿いで写した写真であります。

85箱っっ!!!

大人買いなんて邪道な事はせず、裏技的な当たりを見分けるテクニックなどは駆使せず。
ひたすら愚直に正々堂々と買い続け食べ続け・・・。


ようやく手にした「おもちゃの缶詰」。
よりによって「おもちゃの缶詰」史上、最高のハズレ缶とも言われる「古代缶」。

まあ、それもよかろう。


大切なのは「継続は力なり!」ということ。

あきらめずにがんばる事の大切さを身を以て実感しました。





ちなみに胸にこみあげてくる熱いものとは、胸焼けです。
もう二度としません。


コメント (3)

電光掲示板的小ネタ[Honium1]

2008-10-23 13:32:45 | Weblog
某スタジアムでは、アナウンスルームで電光掲示板の操作もできるそうです。

私の友人が果敢にも顔文字に挑戦。(するなって)



無念・・・・一文字分足りなかったようである。
コメント (3)