和楽桜鳴座   『俺にも云わせろ!吹かせろ!叩かせろ!』

愛媛県松山市で活動している和太鼓グループです。所属している一風変わったメンバーが、日頃起こった由無し事を書き散らします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

進捗状況

2006-05-29 00:25:46 | Weblog
何事に於いても、事を起こしていこうとするときは『計画』を立てます。

『計画』を立てて事を起こし、着手して事業が走り出した瞬間に『計画』が置き去りにされる事があります。わたしもよくやります(←おい。)

計画にもいろいろあって、5W1H的なものや、ある一定の期間ごとに到達点を設定したり(短・中・長期計画)、その時点でのあるべき姿をビジョンとして考えたり、事細かな工程表まで作り上げて(技術屋さんに多い)綿密な計画を練ったりと、その手法はさまざまです。

組織と云うか団体と云うか、集団の場合は

『全体の計画に個々の計画を合せていく』

のか

『個々の計画を統合調整して、全体計画を策定する』

のか、全員が認識しておかなければなりません。
これが、大きな演奏会やイベントを企画立案しているタイミングであれば、おのずと答えが出てくるのですが、普段の活動の中で果たして全員の意向が一致しているかと考えると・・・

当面は8月にあるイベントが大きなヤマになってこようと思います。
その場で自分は、そして桜鳴座はどういう演奏をしているでしょうか。
イメージしてみましょう。ビジョンとしてぼやっとでも浮かんできますか?

プラスにしてもマイナスにしても、イメージできる方は現在の自分の状況を把握できていると思います。

ぜんぜんわっかんなぁ~い

と云う方は、今一度、自分が抱えている課題や取り組み目標を見直して見ましょう。


計画を立て(Plan)
実行し(Do)、
うまく事が運んでいるか精査(Check)
うまく言っている事とダメな事を比較して改善(Action)
そして再度計画の見直しに戻る・・・

といったPDCAのサイクルで考えてみて下さい。


私の尺八の師匠~ご教示頂いた練習の秘訣をご紹介します。

Wynton MarsalisというJazzトランペッターの練習極意

日本風に云うと『稽古十弐箇条』 てなものです。
ご存知の方も多いと思いますが、改めてと言う事で。


THE WYNTON MARSALIS 12 RULES OF EFFECTIVE PRACTICE:

1. Seek out the best private instruction you can afford.
2. Write/work out a regular practice schedule.
3. Set realistic goals.
4. Concentrate when practicing
5. Relax and practice slowly
6. Practice what you can't play. - (The hard parts.)
7. Always play with maximum expression.
8. Don't be too hard on yourself.
9. Don't show off.
10. Think for yourself. - (Don't rely on methods.)
11. Be optimistic. - "Music washes away the dust of everyday life."
12. Look for connections between your music and other things.


割と簡単な英語で書かれているので、和訳は割愛しますが
(というか、和訳を読むより英文のフィーリングを感じ取って頂いた方がシックリ来ます)

今までつべこべ書いてきた事がこの12の中に凝縮されてますね
くどくてすみません

コメント

表現方法

2006-05-23 23:15:19 | Weblog
先日のグループホームでの出演は、お年寄り20名弱に対して演奏側が子どもたちも含めて8名

ハコの広さはおそらく20畳程度

そこで痛感したことと言えば





音量の問題





今までそれぞれ所属していたところで、大きな音を出すトレーニングはしていても、大きな振りのまま小さな音を出すと言ったトレーニングは、おそらく意識してやっていたメンバーは少なかろうと思います。


今までの経験で周りを見る余裕がなかったわけではないけど、
そこまでする必要がなかったと言えば『なかった』です。

「派手にやりましょ~!」

とか

「楽しくやりましょ~!」

とか、最低限必要なことは求められましたが・・・





「周りを見て各自適切に判断し、暗黙の了解で意思疎通を図りましょう」



とまで考える余裕はなかったなぁ~(www
そういった指示が出たこともなかったですけど。



求められてこそいないけど、そういったところに気づいておくべきだったと反省しきりです。



まぁ、周りの雰囲気で「音量抑えなきゃ」というのは、その場の雰囲気で感じ取れるので、あとは技術的な問題。
普段の指導やトレーニングで、そこまで考えておく必要があるのでしょうね。



「曲を覚えた。出演した。思いっきり叩いて楽しかった。でも耳をふさいでいた人もいた。ちょっとカンジわる~い」


こういう状態にだけはならないように気をつけましょうwww
コメント

法被

2006-05-14 23:32:21 | Weblog
過去の記事で御目出度さ倍増計画を発表したところですが、このたび思い切ってオリジナルを作ってみたりしようかと密かに企んでおります。

名付けて・・・

和楽桜鳴座
ブランディング確立計画発動





いやいや

そんな大袈裟な物ではありません。


ただ単に


ピンクのかわいらしい法被に照れているだけです。(#^.^#)
コメント (4)

特別練習

2006-05-06 18:32:47 | Weblog
今日は13時から17時までの4時間、特別練習と称してコミセン練習室を借りて、届いたばかりの担ぎ桶太鼓を堪能致しました。

結構皮の張りがつよく、音は高め。薄めの革を使っているのがミソかも知れませんが、耐久性に若干の不安が残ります。

さて、その桶太鼓ですが、練習中や調べ緒の上げ下げの際に胴に傷がつくのがイヤで、養生の為に布を巻きました。


う~ん・・・生まれ持っての貧乏性。


縁が黒。調べ緒も黒。養生布も黒(これだけ艶消し)。
外見が怪しい事になっていますが、別に怪しくはありません。たぶん。



さて、練習の中でオリジナルのChase!や田楽に若干の変更を加えてみました。
ノリ感(オンビート感)を出す為のアレンジです。定例練習の時にデモってみて、音楽指導担当と皆さんの意見を伺いたいと思います。>メンバー各位


コメント (4)

桶太鼓到着!

2006-05-02 11:51:12 | Weblog
いや~待った甲斐がありました。
画像でははっきりしませんが、現物は無茶苦茶綺麗です。
コメント

資材調達2

2006-05-02 09:55:38 | Weblog
ユニクロ太鼓計画・・・着々と進行しております。

先日、2尺1張1.6尺2張を注文しました。

5月25日以降の納品だとの事です。



台は、2尺が70cm程度の高さの『やぐら』
1.6尺は『斜め台』で注文しています。
伏せ台は、納品次第管財チームで製作予定です。

コメント