大前研一のニュースのポイント

世界的な経営コンサルティング 大前研一氏が日本と世界のニュースを解説します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界に対して恥ずかしい日本国民のモラルの低さ

2010年08月24日 | ニュースの視点
113歳で都内最高齢とされ、所在が分からなくなっている杉並区の女性に対し、東京都から公務員の遺族に支給される「遺族扶助料」と呼ばれる手当が、先月まで約50年間にわたって本人名義の口座に支払われていたことが明らかになった。また、朝日新聞社の調べで行方がわからない100歳以上のお年寄りは、12日現在全国で計279人にのぼることが分かった。

それにしてもこれほど不愉快なニュースはない。日本人はここまで堕落してしまったのかと嘆かわしい気持ちだ。もちろん管理がずさんな行政にも問題はあるが、本来受け取るべきではないお金を受け取り続ける「モラルの欠如」の方が大きな問題だと思う。

この点、マスコミの伝え方も甘いと私は感じる。まるでパンドラの箱を扱うかのようにお茶を濁した表現を使っている。さらに言えば、私はこうした行為は何らかの法律で規制すべきだと思う。もし死亡届けなどを出さずに年金を受け取り続けていた場合には、何らかの罰を受ける、あるいは刑に服するといった対処が必要だろう。

おそらくしっかりと調査をすれば、行方不明のお年寄りは相当数いるはずだ。そして、日本は世界一の長寿国ではなくなると私は見ている。行政・制度の問題以上に、今回のニュースで明らかになった日本人のモラルの低さは、世界に対しても非常に恥ずかしいことだ。

厚生労働省が5日に発表した2009年度の国民年金保険料の納付率が59.98%となり、初めて60%を割り込んだことが明らかになった。所得水準が低い非正規労働者の割合が増加したことなどが影響したと見られている。

年金に関連することには、良い話題がない。79年にはほぼ100%の人が国民年金を納めていたのに、それがついに60%にまで低下してしまった。

ここには2つの問題があると私は思う。1つは、国民年金保険料を納めていない4割の人たちは本当に年金を受け取らないのか?ということだ。おそらく、保険料は払わないけれど「年金を受け取る権利だけ」を主張する人も出てくると思う。

死亡届けを出さずに年金を受け取り続けるというモラルの低さを考えれば、十分に考えられるだろう。支払っていないものは受け取るべきではないが、国の側にも「支払ったにも関わらず記録がありません」などという落ち度があるため、信頼性がない。ゆえに両者は完全に「いたちごっこ」に陥っている。

2つ目の問題は、年金の「制度」そのものの見直しが必要だと言うことだ。その大前提として、私が20年も前から提言している「国民データベース」の導入が挙げられる。国民データベースがなく、未だに「戸籍」ベースのずさんな管理になっているために、政府は当てずっぽうな政策しか打ち出せないのだ。

そして年金制度は、かつて民主党が野党の頃、長妻議員が提言したように「2階建て」とするしかない。1階部分は生活保障として税金でカバー、2階部分は401kと同じく個々人が自分の計画で運用するというものだ。

率直に言って、今の年金制度及びそれに関わっている人を私は信用していない。例えば私のところにも年金の案内が来ることがあるが、「70歳までに受給を開始しなければ、永遠に権利が剥奪される」と言う。これは全くナンセンスだ。また昔、今の年金制度についてアドバイスをしていた大学教授の話を聞いたことがある。彼は何の根拠もなく「給料が4%、人口が2%ずつ毎年伸びるので、年金制度は大丈夫だ」と主張していた。

厄介なのは政府がこうした外部の「識者」と呼ばれる人たちを上手に利用することだ。何か問題があっても外部の識者の意見を聞いた上での判断という「エクスキューズ」を用意する。年金制度もまさにその代表例だ。

私に言わせれば、彼は国家を転覆させるに等しいアドバイスをしたとんでもない識者であり、それを利用した役人も同罪だ。そしてこれが日本という国の制度の特徴だと言えるだろう。ここに手をつけない限り、年金問題も根本から解決することはできないと私は確信している。


【今週の問題解決視点のポイント】

何が大事で、それを高めた上で何をするのか、何を実現するのか考えよう。
コメント (30)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 高速道路無料化の“内容”を理... | トップ | 中国の軍拡は日米関係にも大... »

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
放蕩息子 (horse_deer)
2010-08-24 17:49:27
日本人全般がいつまでも親(国家)に依存する放蕩息子になっています。
社会保障の充実を求めながら、消費税に反対するような政党や団体や際限なきバラマキを求める政党や団体の存在がなによりの証拠です。

かつてマッカーサーが言ったとおり日本人は未だに12歳のままなのでしょう。

欲しいものは? (long)
2010-08-24 18:14:32
年金の問題(現在報道されている多くの)にしても、多くの人は楽をしたいのだ。
年金を受給している高齢の親が無くなっても届けを出さない。年金は貰いっぱなし。
多くは、自らも年金受給者であろう。
若いころ、働いて年金を収めたんだからと言う論法だろう。
年金を含め“社会保障が充実した国”で生活できるのはとても良いことである。
北欧の国をモデルケースとしているのであろう。
しかしながら、理想を実現するために必要な手続は?
財源は?
選挙で当選することを優先するのは理解できる。
代議士になれば、公約を実現するのに近付くことが出来ると思ってのことであろう。
所属党内の派閥間を渡り歩くのもそのためであろう。
自らが目指す国家を構築するために必要なのであろう。
でも、今代議士の多くを見ても何かが違う。そう思わざるを得ない。
Unknown (Shinji)
2010-08-24 19:37:59
何をどうやっても、日本は破綻しますよ
モラルも、どんどん崩れる一方・・・
日本人なのに老後たぶん日本じゃ暮らせない (ヤジロベー)
2010-08-24 20:09:06
現在、非正規の社員です。この状態がかれこれ15年、日々の生活でいっぱいです。年金も未納期間があります。
25年も払う自信がありませんので、せめてこれまで払った分に対してでも年金として支給されてるしくみに変えて欲しいです。
将来、消費税の上昇(おそらく15%以上)など
日本で生活ができない、もしくは生活レベルが低くなるでしょう。
治安等の生活リスクと引き換えに物価の安い海外での老後を真剣に考えております。
日本生まれで日本育ちの純粋な日本人ですが、
老後は、日本でまともな生活はできないなんて・・
人間の本質は紀元前から変わらない (衛門)
2010-08-25 00:39:15
衣食足りて則ち 栄辱を知る。
「清貧」とか「武士は食わねど高楊枝」が理想ですが、私を含め多くの人は生活に困窮すると恥も外聞もなくなってしまいます。
政治家は年金不正受給のニュースから、国民がどのような生活を送っているかよく考えてみるべきだと思います。
サムライをいかに増やすか (プログラマー)
2010-08-25 00:59:37
世の中、私心で行動する人が多いように思われます。
日本を成長させた考えは私心なき心。
常に緊張感を持ち、現在のアジア列強(日本以外)の中でどうやって生き延びるかを本気で考えるハングリー精神が今の日本に欠けていると思われるのですが、如何でしょう?

現在の日本人はやたらと他人(政治、景気等の自分以外)のせいにしすぎると思います。
モラルと犯罪 (上石)
2010-08-25 05:50:49
「死亡届けを出さずに年金を受け取り続けるというモラルの低さ」
これは不正受給であり、詐欺行為という犯罪だ。
犯罪が多い国はモラルが低いのだろうが、全体的に見ても日本は犯罪多発国か?
このように日本人全体をバッシングして、自分を高尚に仕立てようとする超国際的批評家には、自覚症状のない病理が潜んでいるように見える。沢尻エリカに最終的に「キモイ」と言われて逃げられた、ハイパークリエイターなんだらかんだらの元夫もそんな人だった。
括り方 (サラリーマン)
2010-08-25 08:51:59
日本国国民という括り方がそろそろ限界に来てはいないか。隣の家、またはマンションの上下でこれほど所得差のある住民が暮らす国は世界中に日本だけではなくないか?犯罪やモラルはやはり所得に比例する。人は平等ではない。救済策は必要だが、ある程度既にある「格差」を受容し、各々が身の丈にあった社会で分かれて暮らす普通の国を目指した方が健全と考える。
Unknown (くるー)
2010-08-25 11:26:23
久しぶりに先生と意見が合いました。
今回の高齢者の問題などはモラルの欠如としか言いようがありません!国を批判しながら、国からはお金を貰うとは…。生活保護も考えものです。
Unknown (カタストロフィー)
2010-08-25 12:38:06
日本という沈みゆく巨艦の中で、モラルなんて無いですよね。
国債の暴落が迫るこの頃。 国民は薄々、きずいていますよ。

暴動が起きますよ。

デフォルト宣言する時。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュースの視点」カテゴリの最新記事