大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次の選挙の最大の興味

2017年10月17日 | お題
こんにちは


 個人的に、次の選挙で一番興味があること。それは・・・

『東芝、神戸製鋼の社員は、どの政党に投票するのだろう?』


 嘘をつき、誤魔化しをし、詐欺をする経営者。
 それを知っていながら、見て見ぬふりをした社員たち。
 それどころか、忖度し、共謀者、共犯者となっていった社員たち。
 この社員たちはいったい何を考えるのでしょうか? みなさん、どう思いますか?

「ちょっと粉飾したぐらい、いいじゃないか」
「ちょっと数字を誤魔化したぐらい、いいじゃないか」
「これをしなければ、売り上げが減る」
「これをしなければ、自分の給料が減る」
「人を殺すわけじゃない」

 こうしてちょっとずつ嘘や誤魔化しや詐欺が、積み重なった。
 それどころか・・・

「嘘や誤魔化しや詐欺ができない奴は、無能だ!」

 いつしか嘘や誤魔化しや詐欺をすることが、評価基準となった。

 こうして嘘や誤魔化しや詐欺が、社風・企業文化となった。

 因果関係で考えれば、神戸製鋼はかなりやばい。
「これを反省して、商品品質が上がるのではないか」
という期待する人もいるのでしょうが、むしろ逆だと思います。
たぶんここから本格的に嘘や誤魔化しや詐欺が横行する。
今までのようになんとなくではなく、本気で、必死で嘘や誤魔化しや詐欺をする可能性が高い。
なぜか? みなさん、なぜだと思いますか?

 嘘や誤魔化しや詐欺が文化なように、品質もまた文化だから。

 高品質を実現するには文化が必要となります。
『人が見ていなくても丁寧に真剣に仕事をする。人が見ていなくても嘘や誤魔化しや詐欺をしない』
 これができなければ、高品質は生み出せない。それを見事に証明してくれたのが中国人と韓国人。
経済発展をして久しいですが、未だに高品質を期待することはできません。

 ですがみなさんそれを喜んではいけません。
 三菱自動車、オリンパス、東京電力、東芝、日産、神戸製鋼。
 名だたる企業の嘘や誤魔化しや詐欺が意味するものは、『嘘の文化』どころか『嘘の文明』化。

 『嘘と誤魔化しと詐欺の文明』

 つまり、『日本製、高かろう悪かろう遅かろう』の時代が来る。
 つまりこれから、中国や韓国以下の産業力となる。
 景気後退どころか、景気消滅になりかねない。


 安倍政権とアベノミクスが抱える問題の構図もこれと全く同じもののように見えます。
 この流れを止めるか進めるかは、一般市民次第。
 今度の選挙は、冗談抜きで日本史の分岐点になると思っています。

 するとここで疑問が生じます。
「東芝や神戸製鋼の社員は、安倍政権をどう評価するのだろう?」

 リーダーの嘘や誤魔化しや詐欺を黙認するとどうなるのか?
 衰退と消滅を己の身で知る東芝、神戸製鋼社員。


 今日みなさんに考えて頂きたいのは、

・ 東芝、神戸製鋼社員は、次のどちらの考えの人が多いのでしょうか?
 ・ 籠池・加計問題は、小さな話。その程度の嘘や誤魔化しや詐欺があったとしても許される。
 ・ 籠池・加計問題は、大事な話。これを許せば日本が潰れる。

・ 日本の高品質神話は、いつまで続くと思いますか?

・ 粗悪品しか作れなくなった時、日本はどうなっていると思いますか?





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アベノミクスと神戸製鋼 | トップ | 自民党は、組織なのか? そ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ムベ)
2017-10-17 10:43:16
高品質を実現するには文化が必要となります。

本当にそのとおりですね。自分の納得できる仕事をすることは、働く人のプライドによるものであって、銭金の問題ではないです。
大切なものが売り渡されたように思います。
まず私自身が (コロ健)
2017-10-18 22:09:01
私も同じように考えていました。
当たり前の真面目が通用する国に戻ってもらいたい。
でも、その前に自分も真面目に生きたいものです。
Unknown (大円)
2017-10-19 12:01:31
ムベさん、こんにちは

はい。
ある意味、順調に日本製品の品質は下がっているように思えます。
そして、順調に日本の財政赤字は拡大している。

 人類史上類のない財政赤字を抱えながら、「メイド・イン・ジャパン=粗悪品」となった世界。
 想像するだけでぞっとします。

 政治家たちは、「未来、未来」と連呼しますが、この人たちは、どれほど先を見ることができているのでしょうか?
 「どうせ、次の10月22日までだろ」
と考えるのは、下司の勘繰りでしょうか?
Unknown (大円)
2017-10-19 12:32:38
コロ健さん、こんにちは

 おっしゃる通りです。まずは自分から。
ですが、もはやそれでは間に合わないと思っています。

 大事なのは、
「堂々と口に出して評価をすること」
 間違ったっていい。誰かがそれを修正すればいい。

 人類は、組織を作ることで繁栄してきました。組織するということは、群れることではありません。
 では、組織と群れの違いは何か?
 群れとは、強い個体に弱い個体が従うだけの集団。
 組織とは、お互いに評価しあいながら、正しい方向に修正していく集団。

 こう考えると、
「戦争は他の手段をもってする政治の延長」
という言葉は、さらに
「政治は他の手段をもってする評価の延長」
と言える。
 すなわち、神様を選ぶ場所でもなければ、ご主人様を選ぶ場所でもなければ、飼い主様を探す場でもありません。
 何が正しく何が間違っているのか? 国民の評価基準を、政治家に教える場所。政治家を躾ける場所に他なりません。

 ですので次の選挙は、日本国民の評価能力をかなり正しく評価できる場所になると思っています。

 

コメントを投稿

お題」カテゴリの最新記事