大円の窓  OH MAD? NO MAD!

大円 一篇 (おおまど かずふみ)です。
SFホラー政治哲学小説、書いてみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次の衆院選、誰と誰との戦いか? 安倍対小池? 保守対リベラル? 本当?

2017年10月01日 | お題
こんにちは


 マスコミは、小池百合子氏にくぎ付け。
 まあ、当然と言えば当然。普通に因果関係で考えると、
「安倍晋三内閣総理大臣大将軍様より小池百合子氏の方がまし(現時点では)」

 「民主党よりまし」
という理由だけで維持した安倍長期政権。
 「安倍晋三よりまし」
という構図ができれば、ころりとひっくり返るのは、釈迦じゃなくても分かること。
 しかも、それはそれほど難しい話じゃない。 
 コケコケコッコー、カゴカケカットー、コッカキキーッ!
 ネズミ程度の脳味噌があれば、鶏は喰える。
 
 こう考えると、自民党議員もよくよく考えた方が良い。
 今はまだ、
「安倍晋三よりまし」
 が小池百合子氏の評価。しかし本格的に選挙戦が始まり、一つ戦い方を間違えれば、
「自民党よりまし」
 が小池百合子氏への評価になるかもしれない。
 そうなれば目の前の民主党消滅は、近い将来の自民党の姿。しっかり目に焼き付けておいた方が良い。

 さてマスコミが、安倍晋三にとっての選挙、小池百合子にとっての選挙、自民党にとっての選挙、保守にとっての選挙、リベラルにとっての選挙とはしゃぐのも面白いのですが、我々一般市民にとってこの選挙はどう考えればいいのでしょうか? みなさん、どう思いますか?

 能力があって、人格者で、立派な指導者様に、私たちを導いていただくための選挙なのでしょうか?
 もちろん違います。我々が政治家の主なのです。選挙とは、我々が政治家を評価する場所。国民の道具なのです。

 つまり我々一般市民は、騙されてはならない。与党だろうが、野党だろうが、そんなの関係ない。右だろうが、左だろうが、そんなの関係ない。保守だろうが、リベラルだろうが、そんなの関係ない。好きか、嫌いかですら、そんなの関係ない。憲法改正だろうが、安保賛成反対だろうが、消費税増税賛成反対だろうが、そんな議論こそ、詐欺以外の何物でもない。なぜか? それは手段の話でしかないから。そして、
 『状況に応じて、手段は変わる』
 これほど変化が激しい時代に、どの手段が正しいかで選挙するなんて、それこそ馬鹿。

 本来我々がすべきことは、
 『その時々の状況を真剣に把握し、有権者にとって最も良い方法を必死になって考え、社会に対して責任をもって実行できる、信頼性の高い人間を選ぶ』こと。
 ですが問題は、そういう政治家がいないこと。
 そんな政治家を探すぐらいだったら、徳川埋蔵金を探す方がまし。

 ではどうすればいい? みなさん、どう思いますか? 天を仰ぎ、神の名を叫び、新しい救世主様を送ってもらいますか? 
 もしそんなことをすれば、きっと神様に、
「自分の頭で考えろ! 何のために脳味噌やった」と天罰を落とされてしまいます。

 そう、だから
『状況に応じて、手段は変わる』
 選挙を、政治家の教育の場にすればよい。最低でも
「お手、お座り、待て」
ができるようにする。

 そう、今回の選挙は、
「政治家VS国民」
大義は、
「こら安倍っ、お座り」選挙


 さて、今回みなさんに考えて頂きたいのは、

・ 私たち日本国民は、政治家を躾けることができるようになると思いますか?






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 安倍晋三と小池百合子。 「... | トップ | 安倍vs小池。「正々堂々と... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今度ばかりは (コロ健)
2017-10-01 21:23:08
今度ばかりは国家百年の大計を真剣に考える政治家が現れるのではないかと、こちらとしても真剣に願っています。
Unknown (大円)
2017-10-10 09:09:58
こんにちは

まったくおっしゃる通りですが・・

まだ無理そうですね

コメントを投稿

お題」カテゴリの最新記事