フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

9月29日(日) 曇り

2019-09-30 11:51:19 | Weblog

7時半、起床。日曜日なのに早起きなのは、大学院のマスターの入試(二次)があるからである。

トースト、サラダ(+ウィンナー)、牛乳、紅茶の朝食。

昨日の対アイルランド戦の勝利のニュースが朝刊の一面を飾っている。「大金星」をグーグルで翻訳すると、「Great Venus」(大いなる金星)と出て来るが、ここは「Giant Killing」(巨人殺し)となるべきところ。

9時ちょっと前に家を出て、大学へ。駅までの道の途中で、デジカメと財布を忘れたことに気付いたが、戻っている時間ない。

10時から二次試験(面接)開始。面接が終わって、会議。1時ちょっと前に昼食休憩に入る。

昼食は蒲田駅構内の弁当屋でスイカで購入した崎陽軒のシュウマイ弁当。こういうとき(財布を忘れたとき)にスイカは役に立つ。 

1時半から会議再開。3時ごろ、終わる。

4時半に卒業生で句会仲間で書道家の恵美子さんが旦那さんとお子さん(一歩君)を連れてやってきた。今日の訪問は約束していたのだが、私は母子2人を当然のように予想していたので、、ドアを開けたとき、恵美子さんの後ろにベビーカーを押す背の高い男性がいたので驚いた。 卒業生がお子さんを連れて研究室にやってこられるのはもう珍しいことではなくなったが、旦那さんも一緒というのは初めてのケースである。ご自宅がここまで歩いて来られる距離なので、散歩がてらということもあろう。はじめまして。

彼は恵美子さんより8歳年上で、身長は184㎝ある。若い頃は、サッカーのオマーン代表チームのメンバーだったこともある(というのは嘘です)。

俳優を志したこともあり、阿部寛主演の映画『テルマエロマエ』に端役で出演していた(というのも嘘です)。

お土産に早稲田正門通りの洋菓子屋「アニバーサリー」で買ってきたロールケーキとアイスゼリーをいただいた。さっそく紅茶を煎れる。

研究室に入ってきてから一歩君はずっと旦那さんの膝の上にいる。平日は恵美子さんがずっと一歩君の世話をしているので、週末はできるだけ父と子のスキンシップを心がけているのだろうか。でも、恵美子さん、一歩君のことが気になるようである。というのももう48時間くらいウンチが出ていないそうなのである。よくあることなのだそうが、48時間というのは一つの目安で、それを越えると、めん棒で肛門を刺激して、排便を促すそうである。という話をロールケーキを食べながら聞く。 

母子のツーショットを撮る。恵美子さんは一歩君 が可愛くてしかたないようである。当初は、早々に保育園に預けてということを考えていたようであるが(彼女は書道の教授を自宅や出張先で行っている)、まだしばらくは一緒にいたくなったらしい。一歩は「イチホ)と読むが、呼称は「いっちゃん」とか「いっくん」である。

私も抱っこさせてもらう。「抱き方がお上手ですね」と旦那さんに感心される。はい、場数を踏んでおりますので。

あれこれと3時間くらいおしゃべりしたが、さあ、この辺でとなったときに、一歩君がウンチをした。ベルリンの壁が崩壊するような排便だったようだ。トイレでお着替えをして、気持ちよさげな顔で帰って行った。また散歩のついでにお立ち寄りください。 

8時半、帰宅。

すぐに夕食。 

鯖の水煮(缶詰)と小松菜の炒め。 

2時半、就寝。 

この記事についてブログを書く
« 9月28日(土) 晴れ | トップ | 9月30日(月) 晴れ (... »