フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

5月18日(土) 晴れ

2019-05-21 13:06:41 | Weblog

8時、起床。

トースト、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

9時過ぎに家を出て、大学へ。10時半から早稲田社会学会の理事会がある。 

理事会は昼過ぎに終わり、那須先生と関水さん(立正大学)と「たかはし」に昼食を取に行く。私と那須先生は二重弁当、関水さんはお刺身定食。店内ではご主人夫妻の小学生の娘さんが料理をテーブルに運んでいた。学校が休みの土曜日ならではの光景であるが、同時に昭和を感じさせる光景でもあった。近頃は一家総出で頑張っている食堂というものを見かけなくなった。k

「たかはし」を出て、その足で慶応大学(三田キャンパス)へ向かう。早稲田社会学会と三田社会学会の合同研究会が2時からあるのだ。 

 慶応大学に来るのは久しぶりである。 

昔のままの建物も残っているが、

新しく建った建物もある。これは南校舎と呼ばれる新しい建物。

 ここの453教室が研究会の場所である。

今日の報告は2件。

 鳥越真吾(慶応大学)「近代的時間と社会学的認識」 討論者:澤井敦(慶応大学)

 大坪真利子(早稲田大学)「カミングアウトの根拠としての「不可視」論の再考と課題」 討論者:熱田敬子(早稲田大学)

鳥越さんはこの課題で博士論文を書いた。大坪さんはテーマで博士論文を書こうとしている。ともに興味深い発表で、フロアーからの質問を喚起していた。合同研究会は去年から始まった、今回が2回目だが、1回目に見られた「早慶戦」的な対抗意識は影を潜め、身内でもなく、かといってまったくの他人でない、ある種の親しさをを伴ったハイレベルの研鑽の場という感じになってきたように思う。今回は報告者の募集に時間がかかったようだが、いずれこの合同研究会で報告者となることが院生たちにとっての晴れ舞台として目標になってほしいと思う。

研究会は5時過ぎに終わり、私は大井町へと向かう。

ヤマダ電機から、修理を依頼していたデジカメが上がってきたとの電話連絡があり、受け取りに行く。1年半ほど前に78000円で購入し、普段使いをしているデジカメ(ソニーのサイバーショットRX100Ⅲ)だが、よく落下させるので、あちこちが変形し、それだけならよかったのだが(稼働にはとくに支障はない)、とうとう液晶画面が本体から断線して外れてしまったのである。

 

修理代金は15000円。①液晶パネルの部品交換だけもよかったのだが、そういうわけにもいかないようで、他の故障個所もセットでの修理となった。それないの出費だが、新品を買い直すのに比べたらましである。私の場合、普段使いのデジカメは消耗品といってよく、2年くらいで買い替えるが、今回は途中で修理をしたので、3年(あと1年半)は使いたい。

6時半、帰宅。

夕食は焼き魚(カマスの干物)、サラダ、茄子の味噌汁、ご飯。

そして、とろろ汁。これがあるとついついご飯のお替りをしてしまう。

デザートはオレンジ。 

2時半、就寝。


5月17日(金) 晴れ

2019-05-20 23:19:33 | Weblog

7時半、起床。

トースト、サラダ(+炒り卵)、牛乳、紅茶の朝食。

11時半に蒲田駅で卒業生のミサさん(論系ゼミ2期生)と待ち合わせ、池上の「HITONAMI」へ。去年の10月に生れた長男のアユム君も一緒である。前回お会いしたのが臨月のときだったから、そのときと比べると、見違えるほどスリムになりましたね。

アユムは「歩睦」と書く。誕生の前後は心配なこともあったようだが、すくすくと元気に育っている。

かわいくてしかたがない、そういう感じが伝わってくる。実際、彼女にとっての「大切なもの」の順位は、子ども、夫、仕事(休職中)とのこと。まぁ、そうでしょうね。気になるのは、1位と2位の間の距離である(笑)。

オガサワラさんに抱っこされても大丈夫。人見知りはするが、女の人は大丈夫らしい。私はこの時点では抱っこは控えよう。食事の前に鳴かれちゃうと困りますからね。

メイン料理+惣菜3品をチョイス。

 長崎のブリ玉ねぎソース。

 切り干し大根のアラビアータ。 

ジャガイモのコロッケ。 

大根と人参と高野豆腐の煮物。 

ミサさんは霧島鶏のむね肉のキノコソースをメインに、ジャガイモのコロッケ、切り干し大根のアラビアータ、そしてスペインふうオムレツ。 

食事の間はベビーカーに置いておかれたが、とくにむずかることもなく、よい子にしていてくれた。

「HITONMI」で食事をして、「スリック」でお茶をするつもりであったが、「スリック」に電話をしても出てくれない。どうも臨時休業のようである(実際、そうだった)。というわけで「池田屋」で葛餅を食べましょうということになる。

平日の「池田屋」は空いている。寺町らしいゆったりとした時間が流れている。

アユム君は「HITONAMI」からここに来る途中で、ぐっすりと眠ってしまい、われわれが葛餅を食べている間も眠ってくれていた。

そしてわれわれが葛餅を食べ終わるの待っていたかのように目をさました。よくできた子である(笑)。 

店内の黒い壁の前で撮ったツーショット(写真スタジオで撮ったみたいにでしょ)。ふだんは彼女がアユム君を撮っているので、アユム君単体の写真はたくさんあるが、母子のツーショットは案外少ないそうである。これはどこの家庭でもそうである。

 母子のツーショット以上に少ないのが、ミサさん単体のポートレイトである。今日はしっかり撮っておきますからね(笑)。

さて、そろそろ私とアユム君のツーショットといきましょうか。初対面の瞬間から2時間ほどが経過しているので、もう大丈夫とふんだ。はたして大丈夫であった。 

2人とは蒲田駅で別れ、私はその足で大学へ。 

5限・6限はゼミ。私の『日常生活の探究』をテキストにしてのディスカッション。小グループでのディスカッションは5限は同じ学年同士で、6限はそれを崩して、3年生と4年生の混成グループを作って行った。

休み時間のスイーツは3年生のA君が用意してくれたが、私が演習「現代人と社交」でときどき配るスティックワッフルであった。 

私がジャンケンが強いという話をしたら、スイーツを賭けて私とジャンケン勝負を挑んできた学生が2人いた。気の毒に彼女たちは今日はスイーツなしである。(かわいそうなので、剥奪したスイーツは返してさしあげた) 

今日は定刻どおり(8時45分)終わる。

9時、帰宅。

夕食は「ちよだ鮨」で3割引きになっていた握りと巻物。 

コンビニでもようやく賞味期限が近くなった弁当などを割引で売るようになるらしいが、よいことである。 

昨日の『プレバト』(録画)を観ながらの食事。 

デザートは杏仁豆腐。

2時、就寝。 


5月16日(木) 晴れ

2019-05-20 02:56:31 | Weblog

8時、起床。

トースト、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

 松本土産の「モモ」のマーマレード(グレープフルーツ)を開ける。

初夏の食卓に相応しい味わいである。 

先日、ヨウさんからいただいた栗鹿ノ子を食べる。 

食感としては 栗キントンですね。

 11時半に家を出る。玄関先のバラが花開いている。

3限は大学院の演習。今日から『ひとびとの〈精神史〉』 全9巻(岩波書店)をテキストにした発表が始まった。今日は第1巻「敗戦と占領1940年代」から、Y君が武田宏子「西崎キク―大空から大地へ」、Tさんが栗原彬「北村サヨー踊る宗教が拓く共生の風景」についての発表。体制内で先駆的な女性としたフル回転で頑張った西崎キクと体制の根本的な否定と世直しを図った北村サヨ。対照的な二人の女性の行き方について。

演習を終えてから昼食用のパンを買いにミルクホールへ。

店内に貼ってあるポスター。 

つくねバーガー、あんドーナツ、ミルクドーナツ、ブレンドコーヒーを買ってくる。コーヒーは紙コップから松本の「グレインノート」で購入した田中一光作のカップに移して。 

食事をしたいたら春風社の営業の方がやってきて、「春風新聞」を置いて行った。新刊案内だが、いいネーミングである。 

5限は講義「日常生活の社会学」。初回からの一貫したテーマである「近代社会の二重構造」の話は今日で一区切り。

授業を終えて、東中野へ。卒業生のサワチさん(論系ゼミ7期生)の出演する芝居を観るためである。東中野は初めて降りる駅である。

開演(8時)までまだ1時間ある。どこかで夕食を食べて行こう。

 「大盛り」という気分ではない。観劇中に眠くなってはいけない。

食事+お茶のできる「風月堂」には惹かれたが、もう少し商店街を先に進んでから探そう。 

個人経営の葬儀屋さんを商店街で見ることが少なくなってきている。 

この書店はもう営業をしていないようである。古書店だったのだろうか。 

駅から7分の「バニラスタジオ」のあるビルに着いてしまった。 

向かいの中華料理店「生駒軒」に入る。 

母親と娘と思しき女性2人でやっている店である。 

ウマ煮定食(730円)を注文する。

 予想を大きく上回ることも下回ることもなく、普通に美味しかった。 

開演までまだ30分ある。しかし駅の方へ戻ってカフェでコーヒーを飲むほどの時間ではない。餃子(560円)を追加注文した。6個ということで、大きい餃子だったら腹がきつくなるなと心配したが、大丈夫、小ぶりの餃子だった。 

開演10分前に入場する。 

今回の芝居『BAR 女の平和』(オフィス上の空プロディース 東京ノ演劇ガ、アル、♯2)は、アリストパネスの『女の平和』を下敷きにしている。男たちに戦争を止めさせるために女たちが徒党を組んでセックス拒否を行ったというあのギリシャ喜劇である。

舞台はバー「女の平和」。登場するのは5人の女性たち。バーのマダム、パートナーから不当な扱いを受けている女性たちにセックスストライキという戦いの方法を提唱して市議会議員に立候補して当選確実な女、彼女の友人で夫からDVを受けている女、姑と同居している子持ちの女、もう一人遅れてやってきた女。彼女たちは当選祝いのためにバーに集まってくる。ところが、ここでとんでもないことが起こる。夫からDVを受けていた女が誤って夫を自動車で轢いて殺してしまったのである。彼女は気が動転してしまったのだろう、どうしてよいかわからず、夫の死体を段ボール箱に入れて、バーまで持って来てしまったのである。さあ、大変。さて、どうするか。あんたの力で何とかならないかと市議会議員(当選確実)は言われて、それは無理だと答えると、いっそあんたが罪を被って自首したらどうか、ふだんから女の味方で選挙戦に勝利しようとしているんだからと吊るし上げに合うハメに。喧々諤々の議論の合間に、セックスストライキをしているはずの彼女たちが、実は禁を破ってセックスをしているという事実も明らかになる。女たちの結束ももろくも崩壊かと思われたが・・・、というストーリー。女たちそれぞれの主張は、無茶苦茶なところもあるが、妙に説得力もあり、聴き入ってしまう。脚本の山下由の力量はたしたものである。

サワチさんはDVを受けていた夫を誤って殺してしまうひ弱な女を演じていた(今日は昼間会社で働いているときからこの服装だったそうだ)。この5人の中からこの役を演じるのは彼女しかいないだろうと思う。他の4人もそれぞれにはまり役である。しかし、と私は考える、もし役をシャッフルして、別の役になったとしても、5人の女優はやはり「はまり役だ」と思える演技をするのではあるまいかと。そのくらいのことは軽々とやってしまうのが女優というものではなかろうか。実際、サワチさんの出る芝居を何本か観て来たが、素でやっているような役は一つもなかった。というよりも、私には素の彼女がどういう人なのかわからない。彼女とはときどきカフェをご一緒するが、そのとき彼女は「サワチさん」という役を演じているのであって、それは決して彼女の素ではないのではないかと思う。 

もっとも私にしても素の私を彼女に見せているわけではありませんけどね(笑)。そもそも「素の私」なんてものは、たんに想定されるだけのもので、実体として存在するのかどうかは疑わしい。仮にあったとしても、それをそのまま他者に呈示するなんてことが一体可能なのかどうか疑わしい。なぜなら人間は本質的に「演技する人間」であるからだ。

面白い芝居を観た。満ち足りた気分で帰りの電車に乗る。東中野の隣は大久保である。私はまだこの駅で降りたことがない。

10時半頃、帰宅。

1時、就寝。


5月15日(水) 晴れ

2019-05-19 10:43:00 | Weblog

8時、起床。

トースト、ポトフ(夕食の残り)、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

妻が「これ新作なの」と言って、身に付けたネックレスを見せに来た。初夏らしい、爽やかな風を感じさせるデザインである。

9時過ぎに家を出る。椅子の上でナツが気持ちよさそうに寝ている。

10時半から大学院の社会学コース会議。

昼食は研究室でおにぎり(おかかと梅干し)。 

それだけではこの後の長い教授会を乗り切れないので、きつねうどん(ミニカップ)。 

2時から教授会。予想に反して今日は早く終わった(4時半)。望外の幸せとはこのことだ。

6時頃まで研究室で雑用を片付けることもチラッと考えたが、さわやかな気候なので、早上がりすることにした。

教授会のときに教務(入試担当)の宮城先生から「8月3日、4日は空いてますか」と聞かれる。「なんで?」と尋ねたら、「オープンキャンパスでの模擬講義を頼みたいのです」とのこと。「いいですよ」と引き受ける。畏友の宮城先生からの頼みであれば、断れません。あとから事務の方から正式な依頼のメールが届いたが、1コマではなく2コマだった(1コマだと思っていた)。でも、模擬講義の1回の時間は40分だそうなので、2回で通常の授業の1コマ分と考えることにした。でも、40分って、話し始めたと思ったとたんに終わってしまうような気がする。 

梅雨入り前ならではの高原にいるような(つい数日前、実際私は高原にいたのだ)快適な気候だ。 

6時前に帰宅。妻が「あら早いのね」という顔をした。

夕食はラムチョップス、野菜の付け合せ、キンピラ、柚子大根、玉ねぎと卵の味噌汁、ご飯。 

付け合せの野菜はズッキーニ、ピーマン、エリンギ。 

 2時、就寝。


5月14日(火) 曇り

2019-05-19 10:19:20 | Weblog

8時、起床。

牛乳パン(ピーナツクリーム)、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。3日ぶりの自宅での食事である。

昼食は牛乳パン、ミニカップうどん、牛乳、紅茶。

牛乳パンはやさしい味わいである。

午後から大学へ。「ガルガ」の「ふるさと民芸品展」で購入した「道神面」をデザインした手ぬぐいを持って行く。 

5限は演習「現代人と社交」。課題としてコースナビにアップしておいた3篇の文章を読んだ感想を全員に(一人2分ずつ)話してもらう。 「読んで来ること」と言っただけで、「感想を一人一人話してもうら」とは言っていなかったので、読み方が総じて浅い。読んで、考えて、話すというサイクルを経て、読んだことは本当に自分のものになっていくのである。これからレポートやゼミ論文を書くために文献を読むことが増えるだろう。文献からたただ引用するだけ、批判も疑問も差し挟まず紹介するだけの引用は、引用としては初歩的レベルである。引用というのは、自分の考えを誰かに代弁してもらためにするのではなく、ましてや字数稼ぎのためにするのではない。自分の考えを深めるため、展開させるためにするものでなくてはならない。だから文献を読むときは、重要な個所な箇所や意味がわからない箇所や疑問の箇所に線を引き、そこで考えたことをメモしながら読まなくてはならない。そいういうことを今日の授業で肝に銘じてくれればと思う。

7時半、帰宅。

夕食はポトフ、温泉玉子、キンピラ、ご飯。

我が家の場合、ポトフは寒い時期のメニューではなく、通年メニューである。手軽にできてき、野菜をたくさん食べられる点がすぐれている。でも、私は野菜だけでは物足りないので、ウィンナーソーセージをたくさんいれてほしいとリクエストしている。

デザートはメロン。 

 今日の演習で配ったお菓子の余り(3本)を家に持ち帰って、妻と分ける(私が2本、妻が1本)。

ブログの更新が遅れ気味なので、ここ数日はサクサク書いてアップせねばなるまい。

1時半、就寝。