フィールドノート

連続した日々の一つ一つに明確な輪郭を与えるために

6月15日(土) 雨

2019-06-17 16:26:36 | Weblog

7時、起床。午前中から重要な会合があるので、寝坊しないようにと思っていると早く目が覚めた。

トースト、サラダ(+ハムステーキ)、牛乳、紅茶の朝食。

8時半に家を出て、大学へ。 

 9時50分から始まった会合は午後1時半までかかった。 

会議を終えて、ランチを食べに出る。「たかはし」が休みだったので、道路を挟んで近くの「キッチン南海」に入る。前回は入ったのがいつだったか思いさせないくらい久しぶりである。学生街の昔からある洋食屋さんということで、「ボリューム満点」というイメージがあり、カロリーが気になる私は(ホントか?)近寄らないでいたのである。しかし、外から店内を見ると、年配の男性客や若い女性客の姿も見え、彼らが大丈夫ならと入ることにしたのである。 

 組み合わせのバリエーションが豊富なメニュー。 

人気メニューNo.1というチキンカツ+生姜焼き(740円)を注文。カウンターの中の人二注文を言おうとしたら「食券機で尾根がします」と言われる。たしかに入口を入って横に食券機がある。気づかなかった。 

待つことしばし。注文したチキンカツ+生姜焼き定食をカウンター越しにシェフから渡される。 シェフは昔からずっと同じ方とお見受けするが、たぶん私よりも年配である。

 チキンカツと生姜焼きを一緒に食べるのは初めての経験。合うのかと問われれば、微妙である。チキンカツだけもよかったかもしれない。揚げたてが美味しいい。

ミニカレールー(100円)というのがメニューにあったので、追加で注文する。ライスにかけて食べると、あっ、美味しい。次回は最初からチキンカツカレー(680円)かポークカツカレー(700円)にしてみよう。 

どこかで食後のコーヒーを飲むことも考えたが、鯛焼きを買って、研究室でお茶を淹れようと考え直す。 

パソコンに向かいながら鯛焼きでお茶をする。 

雑用を片付けて、恵比寿ガーデンプレイスへ。 

東京都写真美術館に行く。 

入口に置かれた傘立て。鍵が抜かれているのに傘がないものが多い。係の人に聞いたら、鍵を持って行ってしまう人がいるのだという。それって鍵を盗むってことですよね。そこを自分専用の傘立てにしようとでもいうのかしら?

3つの展示会、宮本隆司「いまだ見えざるところ」、コレクション展「イメージを読む~場所をめぐる4つの物語」、「世界報道写真展2019」を観て回る。

宮本隆司「いまだ見えざるところ」にはちょうど写真家本人がフロアーレクチャーを始めるところだった。グッドタイミングと思って付いて回ろうと思ったのだが、ペースがあまりにゆっくりで、この調子だと他の展示会を観る時間がなくなりそうだったので、 群れを離れて一人で観て回った。おかげで誰もいない(みんな写真家さんを取り囲んでいる)空間でゆったりと観ることができた。→こちら

コレクション展「イメージを読む~場所をめぐる4つの物語」は、ユージン・スミス 「カントリー・ドクター」、奈良原一高「人間の土地 緑なき島ー軍艦島」、内藤正俊「出羽三山」、山崎博「10 POINTS HELIOGRAPHY 」の4セクションで構成される。いずれも別の展示会で観たことのある作品だが、傑作ぞろいで、楽しめた。→こちら

山崎博のセクションのみ写真撮影がOKだった。

 世界報道写真展」は毎年この時期にここで観ている。 「報道写真」は訴えかける力がストレートで、会場を一周回るといつもクタクタになる。→こちら

 

 館内のカフェで一服していく。 閉店まで30分を切っていて、客は私だけだった。

 

クリームパンとレモネード。 

クリームパンはスイーツ的な要素を多分にもっていて、こうした場所で食べるのに相応しい。 

レモネードのストローが太いのに驚いた。タピオカ仕様ではあるまいか。ちょっと吸っただけでたくさん入ってくる。 

甘味と酸味を補充して大分元気が回復した。恵比寿タワービルの38階に上ってみようという気持ちになる。

 

雨で視界が悪い。 

 雨に煙る東京をしばらく眺めていた。

電車が行ったばかりの恵比寿駅のホームで。 

六月の自販機淡く灯りおり たかじ

6時半、起床。

夕食は焼鳥(手羽)、 

とろろ汁、 

サヤエンドウの玉子とじ、 

味噌汁、ご飯。 

デザートはオレンジ。 

2時、就寝。


6月14日(金) 晴れ

2019-06-16 22:43:07 | Weblog

8時半、起床。

ハムトースト、牛乳、紅茶の朝食。

 昼前に家を出て、大学へ。門扉のところでナツが寝ている。こっちが玄関から出て来てもちょっと薄眼を開けただけで居眠りを続けている。

1時過ぎに卒業生のアユムさん(論系ゼミ6期生)がやってきた。彼女と前回会ったのは、一昨年の10月であるから1年8カ月ぶりである。その間に彼女は結婚、出産、退職、(夫の転職)、転居を経験した。

ベビーカーには今月末でちょうど1歳になるメイちゃんがいる。メイちゃんは私をじっと見ている。男の人には人見知りをしがちで、実際、アユムさんのお父さんにも旦那さんのお父さんにも最初は大泣きしたそうである。しかし、とりえず、私の顔を見ても泣くことはなかった。アユムさんはここに来る前に私の写真をメイちゃんに見せて、「大久保先生だよ。大久保先生だよ」と何度も言って聞かせたそうである(笑)。「あっ、写真の人だ」とメイちゃんは思っているのかもしれない。

でも、ここですぐに触ったりしていはいけない。じっと見つめるのもよろしくない。とりあえず同じ空間にいるという状態になれてもらう。怖い存在ではないと認識してもらう必要がある。

何かないかなと部屋を見渡したら、小さな犬の縫いぐるみがあった。自分で買ったものか、誰かからいただいたものか、記憶が定かでなかったが、「これは使える!」と直感した。 

 思った通り、メイちゃんはこれを渡すとニッコリした。指でほっぺたをつんつんするとさらに笑った。こうなればもうこっちのものである。 

テーブルの上でハイハイしてもらう。 

 机上の書類が多少くしゃくしゃにされることは想定内である。それは私の論文のコピーである。

個人面談をする(笑)。 

ツーショットを撮ってもらう。 

さあ、そろそろお母さんのところへ戻ろうか。 

バイバイ。 

私はアユムさんが育児疲れでやつれていないか心配していたが、そういうことはなかった。聞くと、今日は実家から来られたのだが、美容関係の仕事をされている妹さんがヘアスタイルやメイクを整えて「いってらっしゃい」と送り出してくれたのだそうだ(笑)。通りで、きれいなお母さんである。

セルフタイマーを使ってスリーショットを撮ろう。 

何度もテイクし、どうにか撮れたときは、メイちゃんがお眠むになっいた(笑)。 

ランチに出る。普通のお店ではメイちゃんがくずったときの対応が難しいから、文カフェにいく。 メイちゃんは私にほっぺたをツンツンされるのが気に入ったようである。

 ここなら多少騒いでも大丈夫である。私はキーマカレー、アユムさんは素うどん。メイちゃんもうどんは好きみたいだ。

デザートにケーキも。文カフェのケーキを食べるのは久しぶりである。前より美味しくなっているのだはなかろうか。

 

戸山の丘に行ってみましょう。

芝生の上にはけっこう学生たちがいる。

メイちゃんを芝生の上でハイハイしてもらおうと下ろしたら、いやがった。足の裏が芝生でチクチクするのがいやだったようだ。赤ちゃんの皮膚には芝生はやさしくないようである。ここでゴロゴロするのは大学生になってからにしようか(笑)。

 研究室に戻る。メイちゃんは寝入ったようである。 

 紅茶を淹れる。ベビーカーにメイちゃんを寝かそうとすると目を覚ますので、アユムさんは12キロのメイちゃんを抱っこしたまま飲んだ。

あれこれのことが短期間に起こって、大変だったね。いまも大変だけど、夫婦力を合わせて、そしてそれぞれの家族の力を借りてやっていけば、なんとかなります。メイちゃんの笑顔は可愛いです。また会いましょう。次はあまり間を空けないで会いましょうか。 

2人を地下鉄の改札まで送って行く。

彼女からいただいた袋の中にはお菓子の他に団扇とタオルが入っていた。「父の日」のプレゼントみたいである。 

5限、6限はゼミ。

5限は映画・TVドラマを素材にして、ポピュラーカルチャーと人生の物語の考察。今日のグループが選んだ作品は塚原あゆ子監督、有村架純主演の『コーヒーが冷めないうちに』(2018)。原作は川口敏和の同名の小説である。

 

4話からなるオムニバス映画。そのうちの1話(認知症の妻を介護する夫が過去に戻って、妻からの手紙を受け取って戻ってくる)を観てから、グループディスカッション。

休み時間のスイーツ。 

私は2枚もらった。「余ったらもう1枚さしあげますね」と言われたが、余らなかった。

 

6限は私の論文「現代日本における『幸福の物語』のゆくえ」を元にしたディスカッション。

8時半に大学を出る。夕食は東西線から京浜東北線に乗りかえる途中の大手町の『屏南』で。 

いつもの担担麺。 

9時半、帰宅。

アユミさんからいただいたお菓子を食べる。 

 2時、就寝。


6月13日(木) 晴れ

2019-06-15 22:56:23 | Weblog

7時半、起床。

トースト、ベーコン&エッグ、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

最近の『なつぞら』。白蛇姫のこの一瞬の表情はなつのアイデアによるものということだが、たしかに絵に命を吹き込んだという感じだが、実際の作業工程の中でアシスタントにはここまで踏み込んだ「加筆」はできない(許されない)だろう。

昼から大学へ。今日は梅雨の晴れ間だ。 

3限は大学院の演習。『ひとびとの精神史』第3巻(1960年前後)から、田中久稔「山下善寛ーチッソ第一組合員として」と、花崎皋 平「石牟礼道子ー自分を低くして」の2本を読む。

演習を終えて、昼食を食べに出る。『早稲田軒』まで足をのばす。陽射しが強い。

麵ではなく定食が食べたい気分だったので、肉と卵の炒めもの(ムースロー)定食を注文。 

5限は講義「日常生活の社会学」。

7時半帰宅。

夕食はオムライス。冷蔵庫のご飯が一定量に達するとオムライスになって出てくるのである。

芦屋での句会のときに花さんからいただいた柚子餅を食べる。 

柚子の形の容器の中に一口サイズの柚子餅が詰まっている。 

私の場合、一週間の忙しさのピークは水曜から木曜にかけてである。ブログからはそれは感じられないかもしれいが、それは忍者が気配を消しているように、私も忙しい感じを消しているからである。何のために? まぁ、好みの問題ですね。そんなわけで、木曜日の夜は「やれやれ」という気分になる。半分、週末。

2時、就寝。 


6月12日(水) 曇り

2019-06-15 15:01:49 | Weblog

8時、起床。

トースト、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

今日は会議日。9時半に家を出て、大学へ。

10時40分から学位委員会。第3水曜日の大学院の社会学コースの教室会議は10時30分からである。この10分の差は何か。10時40分というのは2限(10時40分ー12時10分)の開始時間である。対して、10時30分というのは1限(9時ー10時30分)の終了時間である。1限と2限の間には10分の休み時間がある。1限に授業のある先生がいた場合を想定して、10分間の休み時間のあと、10時40分から会議というのが学位委員会のスタイルである。社会学のコース会議が休み時間を考慮しないのは、水曜1限の授業を担当している先生がいないからであろう。

学委員会を終えて、昼食用のパンとコーヒーを「ミルクホール」に買いに行く。外に食べに出ないのは、1つには食事の時間を節約して部屋でしなくてはならない作業があるためだが、単純に「ミルクホール」のパンが好きだからでもある。

 

3個の場合、カレーパンとあんドーナツというのは定番で、これにプラス1(そのときどきで変わる)という構成になりやすい。今日はベーコンポテトサンドにした。「でき立て」という札が立っていたからである。これに弱いのである。 

4時半から現代人間論系の教室会議。今日はあれこれ意見交換をすべき議題が多く、6時までっかった。 

7時半、帰宅。

夕食は鮎の塩焼き、つみれ団子と野菜の煮物、サラダ、茄子の味噌汁、ごはん。

蓼酢をかけたかったが冷蔵の中で行方不明。レモン汁で代行しようかとも考えたが、やっぱりそれは違うだろうと、何もかけず塩焼きのまま食べた。 

明日の授業の準備をして、2時就寝。


6月11日(火) 曇りときどき晴れ

2019-06-14 11:48:10 | Weblog

8時半、起床。

トースト、サラダ、牛乳、紅茶の朝食。

先日、アリさんからいただいたお菓子を食べる。どれにしようかな。

これにしよう。いただきものを食べるときは、感謝の意味で、最初の一回だけ写真にとり、ブログに載せるのが習慣である。一回に全部食べるわけではない。

雲の切れ間からときどき太陽がのぞく。そのときの陽射しはけこう強い。

かき氷の季節がもうそこまで来ている。

 夏嬉し幾たびも経し夏なれど たかじ 

近所の駐車場でナツが昼寝をしている。ナツよ、轢かれるなよ。 

 昼食は「マーボ屋」で。

 

ランチメセットの中から豚バラと獅子唐の黒チャーハンを注文。 これは初めて。

確かに黒っぽい。これは醤油の色だが、味付けは上品である。 

デザートに杏仁豆腐。

支払いのとき厨房からシェフのカトウさんが顔を出して、「先日、先生の紹介でという女性の方がいらっしゃいました」と言われる。はは~ん、たぶん「スリック」のマダムですね。前から一度「 マーボ屋」に行ってみたいと言われてましたから。で、何を注文されたのかしら。「麻婆豆腐です」。そですか、彼女は韓流ドラマの大ファンだけど、食べ物も辛い物が好きなのかな。

 店を出て、その足で大学へ。 

同僚の岡部先生から先生が関わっている雑誌『支援』(生活書院) の最新号をいただく。毎号ありがとうございます。

5限は演習「現代人と社交」。今日のグループ発表は、大学生がいくつの友人グループに所属しているか、それはどういうグループなのかをアンケート調査して、先行研究と比較した。前回の授業で私がアドバイスした内容をちゃんととりこんでいる。

今夜は卒業生のモエさん(論系ゼミ6期生)がお仕事終わりにやってくるのだが、7時半ごろになりそうですと連絡があったので、時間の節約のため、研究室ではなく早稲田駅の神楽坂寄りの改札で待ち合わせることにした。  

ここから「すぎうら」へはすぐだ。前回、彼女と来ようとして貸切で入れなかったのだが(それで中華の「北京」へ行った)、今回は入れました。

私大のキャリアセンターで働いている彼女はいまが繁忙期だ。体調は大丈夫なのと尋ねると、そういうことを構っていられる状態ではなくて、とのこと。おいおい、大丈夫かい。 

とりあえず乾杯。私はウーロン茶、彼女は梅酒で。 

海鮮サラダ。

出汁巻玉子。

豚の角煮。 

 穴子の天ぷら。

 今日の〆は私はタラコ茶漬けにした。 

彼女は玉子雑炊。

これで気分もホッコリしたでしょう。

6月末で忙しさのピークは過ぎるようだ。あと2週間、なんとかりますよ。「なんとかなる」を合言葉に乗り切って下さいね。 

 このあと「カフェゴト―」へ行く。2人ともチーズケーキを注文。飲み物は私はアップルティー、彼女はアイスミルクティー。

ベイクドチーズケーキは「カフェゴト―」の看板メニューである。 

おしゃべりの中で出てきた『20世紀ラテンアメリカ短篇集』(岩波文庫)を彼女が読んでみたいというので、「あゆみブックス」に探しに行ったがなかった。

前からある早稲田中学のとなりのファミマが閉店になるようである。 

「三朝庵」の跡にできたファミマはこの店が移転したもののようである。 

11時、帰宅。

2時、就寝。