まるぞう備忘録

無題のドキュメント

コロナで服用する薬には3つの段階がある。

2022-08-03 09:02:43 | 今日のひとり言

防災カレンダー
4日 【9】
徳島市。(ハロ)







 声明では、「オミクロン株は平均3日で急性期症状が出現するが、ほとんどが2~4日で軽くなる」と指摘。発熱や喉の痛みなどの症状が出た際は「まずは仕事や学校を休んで外出を避け、自宅療養を始めてほしい」とした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3304c0683baa163e6f97e124dcf7dc08e657a823

 健康な大多数の日本人にとっては、COVID19は「ちょっと重い風邪」というレベルでまず各自が自宅で対処してください。という声明です。私も同意いたします。



大いなる誤解。

 多くの人が勘違いしているのは
・つらい症状(発熱や痛み)はウイルスが起こしている。
・処方した薬を服用することでウイルスをやっつける
・その結果つらい症状(発熱や痛み)が収まる。

 ところがそれは大いなる誤解であります。
 まずCOVID19の薬は大きく分けて3種類に分かれます。

1,ウイルスの増殖を抑制する薬
2,つらい症状を緩和する薬
3,重症時のサイトカインストームを抑える薬



1,ウイルスの増殖を抑制する薬

 効果があると言われているのがイベルメクチンです。あと新薬でもいろいろ出ているようです。
 これは症状が出る直前から出た直後に服用すると劇的な効果があります。

 しかしウイルスが減少し始めている時期に服用してもあまり期待できません。
 なぜなら「増えるのを抑制する」薬なので、もう「減り始めている時期」に服用しても、タイミングを逃した。ということになります。



 発症から3日以上たって「やはり熱や痛みが辛いからイベルメクチンを服用しているけれど効果ないです」という方もいらっしゃるかもしれませんが、もうそれはタイミングを逃したかも。やはり「おやちょっとおかしいぞ」という発症0日〜3日が勝負でした。

 ただイベルメクチンは肝炎に良くないという欠点がありす。最近子供の肝炎が増えているというニュースから、COVID19の相関がはっきりするまでは、自己責任の範囲では様子見かなと思います。

 また病院で処方される新薬についても、私は考察出来る知識は現時点ではありませんので保留です。

 ただ5ALAサプリは初期のウイルス抑制には効果あるかもと個人的には期待しています。あと古くからの漢方の麻黄湯なども。コロナ菌とは広い意味で風邪の菌ですから。

 私は番外茶を「半日水出し」その後「80℃で煮出し」の2つを用意しています。「水出し茶」のエピガロカテキンは身体の自然免疫を活性化させます。
 「煮出し茶」のエピガロカテキンガレートは喉のウイルスを直接やっつけてくれます。
 外から帰ったら、上気道に付着したウイルスをこの煮出し茶でゴックンと洗い流しています。

過去記事:水出し番外茶
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/2da6f55b5b357a3f106457b8896d4313



2,つらい症状を緩和する薬

 発熱や痛みはなぜ起きるのか。多くの人はウイルスが身体を発熱させたり、ウイルスが喉を痛くしていると考えています。しかし実際は違います。逆です。

・ウイルスをやっつけるために、体温を上げている。
・ウイルスをやっつけるために、白血球が患部に集中し、それで腫れている。

ということです。
 ですから、薬で強制的に体温を下げると、それだけ免疫が戦いづらくなります。強制的に炎症を抑えることも、やはり免疫が戦いづらくなります。

 ウイルスが熱や痛みを出していのではなく、身体の免疫がウイルスと戦う時に、少しでも優位になる環境の結果として熱や腫れが出ているのです。多くの人の誤解。



 たとえばギャングが街に立てこもっているとします。それを排除しようと警官隊が来て、そしてお互い発砲しあうことになります。
 その弾が近くの建物に当たるので、これは困る。発砲する警官隊を半分に減らしてください。ということと似ています。解熱剤や鎮痛剤。
 発砲による周囲の建物の被害は減りますが、ギャング退治も長引きます。

 ただ発熱や痛みにより、そもそもの体力が衰えるのは良くないので、免疫が戦いづらくなることを犠牲にしても、薬で熱を下げたり炎症を抑える方が良い。とお医者様が処方される場合は、解熱薬や鎮痛剤の選択が総合的に良いということです。

参考文献:炎症性疼痛―炎症は抑えたほうがよいのか―
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspc/24/4/24_16-0053/_html/-char/ja
(今回のコロナの件そのものの話ではありませんが、抗炎症薬全般の話題として)



 多くの人は
・ウイルスが熱や痛みを出している。
・だから薬で熱や痛みを抑えること=ウイルスを退治していること。
と勘違いしています。

 だからコロナにかかって苦しい。お医者さんに診てもらって薬ください。となるのは、お医者さんが「熱や痛みを引き起こしているウイルスを退治する薬をくれる」と勘違いをしているのではないでしょうか。

 多くの健康な日本人にとって、感染しないように努力していても、それでも感染してしまった場合は、「熱が出る時は熱が出る候」「痛みが出る時は痛みが出る候」が最善なのではないでしょうか。
 自分の身体の中の免疫が、本当に頼りになる力である。私はそのように思っています。だから熱が出ても炎症が出ても。それは今、免疫が最善を尽くしている最中だということです。

*病気の治療中や基礎疾患のある方は別です。お医者様に相談して頂きたいと思います。セカンドオピニオン含め。ただし熱や炎症を抑える薬は、ウイルスをやっつけてるものではない。ということを知っておいてください。警官隊を一部解散させるので、発砲は減っているかもしれませんが、ギャングを減らしているわけではない。




3,重症時のサイトカインストームを抑える薬

 COVID19は免疫の暴走を誘発することがあるので怖い病気です。
 もうこの時はウイルスは体内には多くは残っていません。重症化させているのは、ウイルスではなく自分自身の免疫なのです。

 だから重症サイトカインストームを抑えるのは、免疫抑制の薬が主な治療薬となります。

 成人国民の9割が接種しているCOVID19のワクチンは免疫を抑えるため、重症化なりにくいと私は考えております。
 接種後数ヶ月たつと中和抗体は激減するので、感染しやすさは元に戻ります。免疫は抑制されているので、無接種者よりかかりやすいかもしれません。しかし免疫は抑制されているので、免疫暴走は起きにくい。重症化しにくいです。



 これは自宅の鍵を撤廃しているのと似ています。自宅の鍵止めました。だから出先で鍵を失くしても、締め出されることはありません。良かった良かった。でもその変わりに、空巣にどんどん入られやすくなりますが、そのことは公表しません。
 「ドアの鍵を撤廃したことと、空巣が増えたことの因果関係は認められません。」


 ワクチン接種で免疫そのものが落ちたため、自己免疫暴走は抑えられたけど、そもそもの空巣や強盗が入り放題になった。そういう方もいらっしゃるかもしれません。



人類が2つに分けられているかのごとく。

 私は自分の身体の免疫こそが「大自然」だと思っています。
 人間の医療は、その免疫をサポートするのには役に立ちます。しかし完全に置き換わるのは難しいでしょう。でも人類の中には、大自然(神)よりも、人間の知恵の方が正しいと信じる人も少なからずいるのかもですね。

・大自然(免疫)>人間文明科学
・大自然(免疫)<人間文明科学

 人類を2つのグループに分けようとしているのは、ひょっとしたら大自然(地球)の意志かもしれません。ナンノコッチャ。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
初めての梅干しが完成しました。ぷくぷくかわいくて笑みが出てしまう姿を見て、君の性格だと勿体ないって食べなさそうだねと家族から笑われてしまいました。

注目されるのは梅で、梅酢と赤紫蘇は日の目を浴び辛いから漬物以外にもゆかりが際立つ料理を考えたり、、集団においてほぼ脇役の自分と重ねてしまったら放っておけなくなりました。ひとつ残さずワイがメインにしたるで!って(笑)

→ ご馳走様です。ありがとうございます。

==========
まるぞうさんの梅干し美味しそう!今週末、うちの梅干しも干します。昨日は夕方畑に行ったら、お隣のおばあ様(90歳)も畑仕事をしていました。「無理なく体を動かしている。」との事でお話が面白いのです。それに若く見えます。明るく楽しくだなぁ~と思いましたよ。

→ 幸せな風景のおすそ分けありがとうございます。

==========
私は「白梅」のほうが好きなのですが、そんなこともあるし、シソはいいとお聞きしましたので、今年はそこにシソを投入。
やっといい感じになってきました。

→ やはり紫蘇は免疫に良さそうな感じです。私は昔からの日本人の知恵を信じておりますので、梅干しに関しては昔ながらの作り方を試しています。

「しそに含まれているβ-カロテンは体内でビタミンAとして、皮膚・粘膜を丈夫にする働きをします。ウイルスから体を守ってくれる大切な役割を果たしている皮膚や粘膜が丈夫になると、体の免疫力も高まります。
また、しそにはビタミンCも豊富に含まれています。ビタミンCは、白血球[※6]の働きを強化し、自らもウイルスに対抗する役割を果たしています。しそに含まれるβ-カロテンとビタミンCの相乗効果によって免疫力が高まり、風邪を引きにくく、回復力の高い丈夫な体をつくることができます。」
https://himitsu.wakasa.jp/contents/perilla/#:~:text=%E2%97%8F%E5%85%8D%E7%96%AB%E5%8A%9B%E3%82%92%E9%AB%98%E3%82%81%E3%82%8B,%E3%81%AE%E5%85%8D%E7%96%AB%E5%8A%9B%E3%82%82%E9%AB%98%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

==========
私は4人の母であり、4人の親がおります。守りたい命があります。頑張ります。

→ お母さん。いつもありがとうございます!!

==========
まるぞう様、私は、よう分からんのです。悲しいお亡くなり方をした元総理大臣に対してどうしてあのように喚きたてるのかと。日本人の姿と同じ感じですが中身はまるで

→ 貶めている人は、自分自身を貶めていることに気づかないのです。お気の毒な人たちです。
あの方たちを気の毒に思うことはあっても私はもう腹が立つことはないです。

==========
おまけコーナーに出てくる『ホメオスタシス』という言葉なんですが、『ス』が抜けちゃっていますよ。2回出てくるのですが、2回とも同じように抜け落ちています。

→ ご指摘ありがとうございます。また今日も一つ賢くなりました。ありがとうございます。

==========
・EPO - 百年の孤独
https://www.youtube.com/watch?v=6VEHN-Rcz64

→ ご紹介ありがとうございます。

==========
職場は、コロナのワクチンを推進していました。従業員50人前後の中で、初期に接種しなかったのは3人でした。

今、現在、
ワクチン受けた方の8割弱が、
受けなかった3人のうち2人が感染しています。

ちなみに、ワクチン未接種の私は、3日前から喉がおかしいです。。。

→ 健康な日本人にとって、感染しないように努力しても感染するのであれば、感染するのが良い候と思います。このウイルスの記憶が体内に残ることには意味がある。塞翁が馬かもしれないです。素人個人の小説です。

==========
そんで、なんちゃってお肉はよろしいのかしら?
まるぞうさんはどうお考えですか?

→ 今は普通にお肉を頂いています。先日の記事を書いてから我が家は豚肉が多いです。

参考サイト:https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/990dc53cd9972651d7e6ed78e3370d36

もしお肉が危険な時節に入りそうなら、きっとそんな記事を書くかなと思います。今は普通に美味しく頂いています。

==========
コロナは感染回数が多いほど死亡率上昇、後遺症にもなりやすい

→ 多くの人は再感染しても無症状か本当の軽症だと思います。この記事にあるのは、再感染するたびに、中等症を発症する人。それはなぜか。どうして身体の免疫部隊が(感染の記憶があるはずなのに)毎回初期で食い止められないのか。繰り返し食い止められない人には、〇〇の傾向(共通点)がある。という視点はいかがでしょうか。

==========
RSウイルスと手足口病が流行っているそうで。それと最近私は30代40代で40℃の熱が出る話を聞くのですが、北海道有志の会の方のスピーカーを聞いた時に、最近熱が出ない陽性者、自己免疫疾患だから倦怠感がすごい症状の話も言ってて、おや?と感じてます。
ADEの可能性もあるのですが、PCRで陽性だけど大人がRSウイルスにかかってることは無いのかな?と。
去年の冬だかにイギリスでたちの悪い風邪が流行とも聞くし。
除菌でRSウイルスが抵抗力ついてないといいですが。
色んな可能性を考えてくれる医療になってほしい。

→ ADEは注意深く観ていく必要があると思います。

==========
私はてっきり打った人が免疫が落ちてしまい、風邪に罹りやすいのだと思っていましたが、最近は打っていない人も高熱を出す人がいます。
気温が高い上に、高熱が出て体力の消耗が激しいかと思います。

→ 接種未接種に関わらず、日本人全体がこのウイルスを体内に入れているように見える事象から。ケンタウルスが露を降らせるのかしらと思っています。塞翁が半人半馬

==========
右隣も左隣も発熱した人が座ってて、看護師さんが慌てて道を教えて発熱の方へ誘導していました

→ 大半の健康な日本人は、少し重い風邪にかかったと自宅でゆっくり安静にするのが一番の近道だと私は思っています。

==========
なんだか10日間で世の中も自分も変わってしまったような…
私の持っている傲慢な部分、過剰な欲望、何かをコントロールしたいという気持ち、感謝のない部分が少し弱まったのかもしれません。
もしかしたら今回の感染によって人の意識まで変わることもあるのかな…などと妄想する私でした。

→ 興味深いお話ありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆちゆち)
2022-08-03 11:00:48
まるぞうさん
毎日のブログ楽しみにしています
〇セト〇ミノフェンについて
indeep さんの記事で
気になる記事が8/1にありました。


数年後はこれが常識になるのかもしれません。。
私は「症状はありがたい」という言葉がすきです。人体は意味の無いことはしないと思うので本来は自然に任せて免疫力を上げる生活を心がけていきたいです。
Unknown (Unknown)
2022-08-03 12:44:12
>>でも人類の中には、大自然(神)よりも、人間の知恵の方が正しいと信じる人も少なからずいるのかもですね。

・大自然(免疫)>人間文明科学
・大自然(免疫)<人間文明科学

 人類を2つのグループに分けようとしているのは、ひょっとしたら大自然(地球)の意志かもしれません。ナンノコッチャ。

↑ その通りだと思います。
思いの外、人間文明科学が正しいと信じる人が多かったですね。単に周りに流されたという人もいるでしょうが。

そういえば去年の今頃は東京オリンピックでしたが、当時の総理が「人類が感染症に打ち克った証として〜」とか言っていた記憶があります。
その方のことは嫌いではなかったけれど、この発言に関しては何を言っているんだ?と思いましたね。

先程夫に4回目のお知らせの封書が届きました。
7波の前はもうしないと言っていましたが、7波になってやっぱりする気になっている様子です。
私はもう何も言わないことにしました。
言ったとこころで喧嘩になるのが目に見えているし、喧嘩になれば向こうは弁が立つので勝ち目はありません。
そういうところが長年夫婦をしてきて淋しい感もありますがそういう相性だったんだなと思う他ないですね。
これからどうなっていくのか?
神のみぞ知るっていう感じでしょうか。
Unknown (Unknown)
2022-08-03 13:35:02
濃厚接触者になり免疫アップだーって熱いお風呂に入った途端発熱になり静かに家で頑張りたかったのですが、38から39度の熱が行ったり来たりだったので体力持たなく、病院で診てもらい陽性でしたのでホテル療養をえらび只今2日目です。オリンピックの様に4年に一度くらい身体の疲れが一気に出てきちゃうタイプなので、職場の心配もありますが、身体も頑張っていた結果なのでありがたくゆっくりさせてもらってます。塞翁が半人半馬、、、であるかもしれませんね。
Unknown (昨日のコメントがないです)
2022-08-03 13:38:37
昨日ら8月2日のコメント数がないのですが。 
Unknown (Unknown)
2022-08-03 15:23:22
https://news.yahoo.co.jp/articles/62f3c707604953eb32e84b74d31ef884194d6ce9?vm=r

「トヨタ社長が『ワクチンは毒』と発言」のデマ拡散 ブログが掲載し削除

常識的に考えれば大企業の社長が専門外の事でこんなこと言うはずがないと思います。でもなあ、自分で判断するって結構しんどいとこありますね。でもそのしんどさこそが大切だったりして、、、。
私は打たない派ですが。。
Unknown (うさぎのロン)
2022-08-03 21:23:21
記事をありがとうございます。
山形県の大雨特別警報に無事でありますよう祈っています。夕方からの警報、夜8時からの緊急安全確保警報、夜間の通知にどれだけの方々が避難出来るか心配しています。

経済優先で、個人の感染対策に頼った今回の社会政策の慌て方は、BA.5の特徴を軽視した結果と考えています。ポルトガルでBA.5が感染爆発を起こしていた時、感染力の強さは想定されていました。しかし、BA.5は、デルタ株変異体と同じL452R変異をもつこと、このL452R変質は、アジア人に多いHLA-A24による細胞免疫から逃避する可能性があり、日本では特に肺炎など重症化を予想して警戒すべきでした。(デルタの時も肺炎患者など重症化が多くなりました。ワクチンは2回目を打て打て作戦決行中でした。)どうも同じ鐵を踏んでいて、医療現場の逼迫はデルタの時と同じ様なら本物でしょう。

昨年は、8月の予期せぬ長雨から、オリンピック後、自然消滅したコロナが話題になりましたが、今年もそうなると願いたい所です。
Unknown (きょうのこ)
2022-08-03 21:56:29
まるぞうさん、こんばんは。

ペロシ米下院議長の訪台のニュースを見ながら、ふと思うのですが一一一、もしかして安倍さんも行かれる予定だったりしたのではなかろうか、などと、などから、などと。
限界トマト集落 (三月の桃日和)
2022-08-04 05:52:11
ハイジの国も連日33度を超える真夏日が続き、我が家庭菜園はエライことになってしまいました。ナメクジにたかられて食べる気が失せたサラダ菜の成れの果ては知らぬ間に茎がドンドン伸びて花芽をつけ、宇宙から飛来した様な不思議な植物に変貌しました。(食べる気はさらに失せました)。順調だった茴香は暑さで全滅。そしてなんとトマトの蔓延りかたが凄いことに。菜園の片隅に3株、ひっそり植えたはずだったのに今や菜園の7割を占めようとしています。葉の茂りかた、枝の伸びかた、どれも想像を超える繁殖力で、もうどこに本体の茎があるのかわからなくなりました。放置された限界分譲地?の様です。そして不思議なほど虫がつきません。今日水やりをしていて気づいたのですが、トマトの蔓延っているあたり、なにやら懐かしい匂いがするのです。それは昭和の時代におじいちゃんがよく貼っていたサロンパスの匂いでした。どうもトマトの葉から匂っているのです。トマトの葉には独特の芳香がありますが、コレが強いとサロンパス臭になると発見しました。虫に嫌われるわけです。私は好きです。
あと、もうひとつ発見!大葉を蒔いたのですが、大葉だけ単独で撒くと芽が出てもあまり育たないのです。多分土壌の問題だと思います。ところが!この限界トマト集落にはそこかしこ、トマトの間から大葉が育っているのです。トマトと一緒だと大葉も寂しくないから育つのでしょうか。
余談ですが、スイス人はロバを1頭だけ飼う時、必ず小馬も一緒に飼うのです。理由はロバは小馬がいた方がちゃんと育つのだそうです。寂しくないから。これに納得。。いや大葉は関係ないのかな。。自然は面白いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。