まるぞう備忘録

無題のドキュメント

三つの極の考察。どうして中共社会の監獄化が加速するのか。

2021-03-24 09:15:27 | 今日のひとり言

防災カレンダー
24日。注意日(東北〜千葉沖)




本日も陰謀論小説メモです。

騙される方が悪い。という社会が行き着く先。

 人類全体が今直面しようとしているのはまるで「最終試験」のように想います。
 一段上に進化するかあるいは落第するか。落第の場合はこの文明事態が消失する。今まで何度か消えた高度文明のように。

 一つ目の極は、ゆっくりと人類の監獄化を進めていた。おそらく進化した神人間とロボット人民の二極化を考えていたのでしょう。(しかしその二極化も最後の一厘で破綻する)

 そこに第二の極である中国共産党が急速に伸びてきた。監獄管理社会と相性の良い文明だったから。人民はオモテから堂々とみな監獄管理社会を受け入れているのですから。
 「管理されるのはイヤ。でも自分が管理して搾取する側に回るならOK。」人民の過半数がそのように思っている限り、騙し騙されの社会。相手を出し抜いて管理した方が勝ち。という競争がどんどん進んでいく。

 身内以外は他人を信用しない。騙された方が悪い。過半数の人がそのように思っている社会がデジタル技術を手にすると、社会の監獄化は加速度的に進んでいく。
 だれもが監獄社会は嫌だと思いつつも、相手を出し抜きたいと考えているうちは、その監獄化の速度は加速する一方です。



人類は中道を選択出来るか。

 もし人類が生き延びるのなら、それは最終課題をクリア出来るかどうか。今までたくさんの文明が落第してきた難題であります。

「自分さえ良ければ良い。騙される方が悪い。」というウイルスに対する免疫獲得を人類が間に合うかどうか。

・人の悪意に無防備だと悪賢い相手に滅ぼされる。
・自分も相手以上に悪賢くなると監獄社会が加速化して自滅する。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
なので私のような国際的言語やPC言語に暗い者は真実を語るページに行き着けません。

逆の発想でファクトチェックサイトに極の人たちが隠したい情報が網羅されている事を見出したとの記事があります。

ご参考まで。
https://indeep.jp/information-survival-using-fact-check/

→ 非常に面白い記事ですね。お知らせありがとうございます。

==========
おはようございます コロナワクチン接種ゆっくり動画を見ました!!原則接種の私たち 血液サラサラで乗りきります。 ありがとうございました!

→ 頑張って!

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 三つの極の考察。第二の極に... | トップ | 三つの極の考察。良心の三つ... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
血液サラサラ? (Unknown)
2021-03-24 11:38:21
コロナの現行の遺伝子組み替えのmRNAとDNAワクチンを打つ場合は血液サラサラの薬やサプリは原則その前後を含めてストップが望ましいですよね。(病気によってはやめれないとしても)
打たない人は血液サラサラが大切ですが。
Unknown (おひさま大好き。)
2021-03-24 11:41:12
ご恩を忘れ生意気に生まれて自力で生きているとの思い上がりが畏ろしい無礼。
Unknown (Unknown)
2021-03-24 17:16:45
ブログの本題と関係ないお話かつ、既出でしたら申し訳ありません

YouTubeなどで検閲されるリスクが少ない
ビットシュート(Bit Chute)という動画サイトを友人から教えて頂きました。

リンク先
https://www.bitchute.com/video/BFiixSuZV6Y/
検索する場合はDuckDuckGoのが出やすいです。

まるぞうさんとこあくまちゃんの動画が大好きで、検閲されたら嫌だなと。
なのでもしも今まで以上に厳しくなる日が来たら、こちらを利用するのもありなのではないかと思い紹介しました。
少しでもお役に立てたら幸いです
Unknown (塩おむすび)
2021-03-24 17:58:14
こんばんは。
今日は、気になった事がありコメントさせていただきました。
今朝、子供と遠足気分で歩いて公園に行ったところ、側溝にミミズが10匹ほど列をつくるようにして干からびていました。公園にも生きたミミズが出てきていたので土に埋めようとしましたが、凄く嫌がったので袋に入れて自宅に連れて帰りプランターの土に入れました。
(干からびたミミズはビニール袋で掴んで土に埋めました。)
地磁気なのか分かりませんが、こういう時期なので防災意識かもしれないと思い、コメントさせて頂きました。
場所は町田市です。
Unknown (unknown)
2021-03-24 22:49:34
血液サラサラに関して、こんなYouTube動画を見つけました。https://www.youtube.com/watch?v=uo68ukDD5Pk&t=8s お金もかからないし時間さえあればできる事なので参考にしてみてください。
また同じ方が”血液の流れを良くする食品 サラサラの薬を飲んでいる人は注意”と題して別の動画でもはなしておられます。

後私が見逃していたら申し訳ないのですがワクチン接種と血液サラサラにする事は何か関係があるのですか。
Unknown (Unknown)
2021-03-25 07:26:59
https://www.youtube.com/watch?v=2JB_nG_KMCs
繁中字幕】手嶌葵 - テルーの唄

>ぼくが日本語が好きになった理由は
>日本語特有の美しさだったと思います。
>日本語の単語一つ一つには、その意味を込めようとする大切な思いがこもっている、
>外国人にまでその思いがはっきり伝わります。
>日本の方々はぜひ日本語に対して誇りを持ってほしいです
>こういう美しい言葉を母語として使っている皆さんは幸せ者です。

>日本語を愛している韓国人より。😋

この歌もとても好きなのですが、コメント欄の3番目にとても心を打たれてしまいました。自分は日本人なのに忘れてた大切なもの。
どの国の言葉にも美しい旋律がきっとあると思います。政治的にはいろいろあるでしょう、お花畑でいられない。
でも、いろんな駆け引きで見えなくなってるその旋律を忘れない。
Unknown (うさぎのロン)
2021-03-25 09:17:36
考察記事をありがとうございます。
CCPは、コミンテルンの指事の元、毛沢東によって作られた国家です。
そう考えると、先日のアラスカでの米中会談での中国側の猛烈な批難も、国内向けポーズだなと見ていました。

日本は、安倍総理の頃から、中国を孤立させず、しかし国際ルールを守れるのか、その姿勢は崩していないようにも見えます。
南シナ海における英、独、仏といった艦艇が航行しており、中国海軍も漁船を220隻とも言われる大量の後ろに海警艦艇を従わせ抵抗しています。 今の国際的圧力は、日本にとっては幸運です。

周りから圧力を与えつつ、仲良くやっていこうよ、ルールに従えば良いのだよと米国式の裏で操るやり方とは違う、時世を見ながらの日本式外交は、私達の学べる所がありますね。 と、ちょっと誉められる所も作っておこうかなw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事