まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【mRNAワクチン】 トゲトゲのマクロファージは善玉?悪玉?

2021-05-12 09:51:41 | 今日のひとり言

防災カレンダー
12日。新月大潮。09時53分月の最遠より3時間後。




 抗COVID-19ワクチンであるmRNAワクチンについて解説します。素人理解なので、誤記等あればご指摘いただければ幸いです。



 これがマクロファージです。自然免疫の重要な一員です。
 体内に異物を見つけると食べて退治してくれます。頼もしい免疫君です。





 これがSARS-CoV-2です。COVID-19のウイルスの名前です。外側にスパイクと呼ばれるトゲトゲがあります。



 COVID-19に感染した人は獲得免疫が出来ますが、それはこのトゲトゲの形を獲得免疫が覚えて、二回目からはより迅速にやっつけてくれるのです。

 通常のワクチンはこのウイルスを弱毒化したり不活化して、身体に取り入れてもほぼ大丈夫な形にして、体内に注射します。そうすることで、身体の獲得免疫がトゲトゲを覚えて、本当に感染した時に迅速に免疫が働けるように。です。



 mRNAワクチンは従来のワクチンと異なり、人工的に設計された遺伝子の設計図を体内に注入します。
 このmRNAは異物ですから、マクロファージ君が食べて退治しようとします。




 しかしこのmRNAを細胞に取り入れてしまうと、実はこれは遺伝子を書き換える設計図であったためです。マクロファージや樹状細胞のように「抗原提示細胞」がこのmRNAを取り込んでしまうと





 細胞の表面にSARS-CoV-2と同じトゲトゲが生えてしまうのでした。
 これまでの人類の歴史の中で初めての体験。身体を守るはずのマクロファージ君や樹状細胞君に、あのウイルスのトゲトゲが生えてきたのですから。これはいいもん?わるいもん?




 このトゲトゲの形を獲得免疫が覚えるので、実際SARS-CoV-2に感染しなくても、体内に免疫ができるんだよ。やったね。





トゲトゲのマクロファージ。人類が経験したことのない細胞。

 さて問題なのは、トゲトゲが生えたマクロファージ君。これは敵なのか味方なのか。身体の免疫は100%研究者が想定した通りに動いてくれるのでしょうか。

 1,000人中999人は大丈夫だよ。あるいは10,000人中9,999人は大丈夫だよ。でも何人かは想定外起きるかもなあ。
 でも本人の体質とか、あるいは外的刺激の組み合わせで、ひょっとしたらひょっとするかも。

 本来なら免疫メンバーであるマクロファージ君にウイルスのトゲトゲが生えている場合。身体の免疫はどういう反応をするのでしょうか。



何かの条件下で、免疫が善玉を悪玉と勘違いすることはないのか。

 たとえばアレルギーのような反応は起きないでしょうか。
 アレルギーとは身体に害をなさない成分なのに、毒だと免疫が間違えて攻撃してしまうことです。

 マクロファージ君にトゲトゲが生えたもの。今まで見たことのない細胞を攻撃しようとするわけです。
 何かのきっかけで、本当は味方のはずの免疫細胞を免疫細胞が攻撃することはないでしょうか。

 何らかの刺激で、サイトカインストームという免疫暴走が起きる危険性はどのくらいなのでしょう。1,000人に一人でしょうか。10,000人に一人でしょうか。



何かの条件下で、免疫が本来の悪玉を善玉味方と勘違いすることはないのか。

 あるいは逆に本来は害のあるウイルスなのに、免疫が無反応ということはないのでしょうか。トゲトゲを持っていても本体は仲間のマクロファージ君です。
 ああ、ダイジョブダイジョブ。このトゲトゲは仲間だよ。というようなミスはないのでしょうか。

 正常系なら問題はないでしょう。しかし本人の体質や外的要因の組み合わせで、退治するべきウイルスに免疫系が無反応になることは本当にないのでしょうか。

 身体の免疫反応は人間が考えるよりずっと精妙であるかもしれません。単にトゲトゲの形だけしか反応しないのかもしれません。



 彼が体内に出現した時、身体の免疫はどういう反応をするのでしょう。敵だと反応するのか。味方だと反応するのか。

・本当は味方なのに敵と反応することはないのか。(アレルギーやサイトカインストーム現象)
・逆に将来本当の敵に感染した時、味方と思って素通りさせることはないのか。(免疫力の低下)



人類史上初めて。まだ大量投入から1年もたっていないのよ。

 実はそれはよくわかっていないのです。
 なぜならmRNAでマクロファージをウイルスのトゲトゲを生やすという技術を、大量の人間に打つのは、まだ半年しかたっていないから。

 わかっているのは、短期的にはたいていの人には大きな問題は起きていないということです。

 では長期的に身体の免疫系に影響はあるの?誰にもわかりません。
 では少数であってもアレルギーやサイトカインストームや逆に免疫低下はおきる可能性はあるの?誰にもわかりません。

専門家「mRNAワクチンは安全です。」

一般人「全員に安全なの?例外はないの?」

専門家「ないとは言いきれません。まだデータが不足だから。」

一般人「あるとしたら、どのくらいの確率なの?」

専門家「データが不足しているので、確率も当然わかりません。もし例外があったとしても、ごく少数だと思います。でも全員安全と言い切れるかどうかはわかりません。」

一般人「問題ないという人でも、今健康でも長期的にはどうなの?問題起きる可能性はないの?」

専門家「それは誰にもわかりません。だってまだ大量接種始めて1年たってないですもん。」

一般人「mRNAワクチンは身体の免疫系に問題起こさないと言えるの?」

専門家「はい。短期的には大抵の人にはだいたい大丈夫です。キリッ」

一般人「長期的には?」

専門家「だからそれはわかりません。」

一般人「もし問題が起こるとしたらどういうメカニズムで免疫不全起きるの?」

専門家「そういうことも何もわかってません。本当に起きるかどうかもわかりません。でも大多数の人には短期的にはだいたい大丈夫です。」

一般人「アレルギーだって本来は起きないはずなのに、免疫の調整が狂って起きるのですよね。このワクチンもそういうことがあるのでは?身体の免疫って人間が考えるよりずっと複雑で精妙じゃんじゃないですか?」

専門家「その可能性はあります。もちろん。」

一般人「でもmRNAワクチンは安全なの?」

専門家「短期的には大多数の人には大きな問題は起きていません。キリッ」




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
ご提示頂いた36条について
たまに見かける条文ですが、これは開催都市契約には存在しない条文かと思われます。
https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/hostcitycontract-JP.pdf

おそらくこれは2018年版までに記載されていたオリンピック憲章の条文かと思われます。
現行と思われる2020年版には記載がなくなっているように思われます。
https://www.joc.or.jp/olympism/charter/

→ なるほど。そうだったのですね。詳細情報ありがとうございます。

==========
東京五輪中止の違約金のことを言ってもソース出しても信じてもらえません

→ 説得するが勝ち負けになっているようなら、距離をおいて政治的な話題はしないようにするのが大人の対応と思います。いかがでしょう。

==========
何度も言うのは心苦しいですが、障害者が合理的配慮を受けるために感謝を代償とする必要はありません。

→ もしよろしければ教えてください。

質問1 合理的配慮の判断の基準はどこにありますか。第三者が検証可能な基準があるのなら教えてください。あるいは当事者が「不合理だ」と感じた時点で、それは合理的配慮としては不十分ということになるのでしょうか。
その判断基準は客観的な基準なのか、当事者主観の判断なのか。教えてください。

以前ある国が「心からの謝罪を」と主張してたことがありました。心からの謝罪の定義とは「私がその謝罪を充分と認めたときだ」ということでした。

質問2 健常者と障害者の区分けは何によるのでしょうか。医療機関の診断書の有無でしょうか。以前は病名がつかなかったものが、現代では病名がつく場合も少なくありません。今診断書がなくても将来は診断書がつく症状もあるでしょう。
では健常者と障害者の線引は何によるのでしょうか。診断書がなくても本人が「生きづらい」と判断すれば、障害者として認めてもらえるのでしょうか。
第三者が客観的に検証可能な、健常者と障害者の区別はあるのか。当事者の自己判断なのか。教えてください。

多分そもそも論のボタンの掛け違いを避けるために、上記2点。あなたの考えを教えてください。

==========
その事についてはまだ、咀嚼できておりませんが、自分のその時のコメントを今読むと自我バリバリだったなぁと思いました。それがこの本を成功本みたいに見せてしまってたら申し訳ないです。

→ マインドフルネスのことを成功本とはとらえておりません。大丈夫です。良い内容だと思います。
成功本のことは、元マルチ商法トップセールスの方の動画にあったので、考察を書きました。

その後輩の方については、人生でいろいろ恵まれているように見えるかたは、人生で成し遂げなければならない自分に課したノルマもきついということです。

==========
耳が痛いなと思う声と、普段から嫌だとなと思っている心。これの差がわかりにくいです。
例えば耳が痛いなと思う内容は、私はデジタルが苦手で、お客様からデジタルの質問があると上手く答えられなくて、注意を受けることもありました。これはもっと勉強しなくてはいけない耳の痛い内容と捉えているのですが、会議や、プレゼンなどは苦手で、一番嫌いな内容です。

→ 仕事業務であれば、できる範囲でも努力して身に付けられるようにした方が良いと思います。給料の代償なので。

プレゼンは「うまく話せなくてもいい。下手な自分でいい。」と割り切ることがコツです。
そして、話す自分が大切だと失敗します。聴く相手が大事だと下手なりにうまくいきます。

==========
それから10数年経ってあの道を知り、「自我と真我の差を取る」という視点にしっくりくるものを感じました。幸いなるかな。むろん簡単ではないし、すぐにジャック(私の天邪鬼の名前)が矛盾を指摘してくれるんですけど、余計なお節介にも(ーー;)

余談が過ぎましたが、「潜在意識の声を聞く」。心にメモ致します。声の聞ける状態であるよういろいろ努力するのが自我の喜びと感じられれば、少しは差が取れるかな、などと。

→  表面意識とはアベコベ装置だと思います。人間以外の生き物は本能の声(心の奥底の自分の声)に従うだけです。
人間だけが、心の奥底と正反対の声が表面で働くようになっています。
人間の人生とは善と悪の葛藤の乗り物なので、全宇宙の魂の大人気アトラクション。一度人間に生まれてみたい。アベコベ装置を体験したい。と長蛇の列です。という心の風景です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (34)   この記事についてブログを書く
« 【同行二人ツーリング】 ハン... | トップ | 表面の意識と心の奥底の心の声。 »
最新の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出来る事から少しづつ(やっぱり書きたくなりました) (たま♪)
2021-05-12 11:49:36
例えばなのですが、「5年以内に障碍者の方の不満を全て全部解決する!」方法 を述べろ
と言われたら、 ない としか言いようがありません。

なんたら弁護士さんが、「わきまえる必要がない」というのは

何をやったって、福祉が進むことはないのだから、傍若無人に文句を言えばいい
、少なくとも少しスッキリするでしょ?

という意味ならば、そうですね、と思います。言ってスッキリするだけでも気持ちはラクになりますもんね。それだけの不満は抱えて生きてきましたもんね、大変でしたね、と思います。(嫌味ではなく)

目的が、文句を言ってスッキリすること
であれば、「わきまえる必要がない」と言っている弁護士さんも、車椅子でJRへ迷惑をかけることを喜んでいる女性も、褒められた行動をした、と言えるというか。

でも、そうじゃなくて、自分のスッキリ感を求めてるわけじゃなくて
本当に福祉の現状を良くしたいと思っている方々、それに奔走して下さっている方は、「出来る事から少しずつ」地道に努力されている、と思うのです。
それしか方法はないと思います。

介護先進国と言われている北欧やカナダでも、決して、他人に迷惑をかけて文句を言うことを良しとして介護福祉のインフラが進んだわけではないと思います。

小さな事からコツコツと進めていく以外の方法はないと思います。
連投すいません(質問お願いします) (たま♪)
2021-05-12 12:33:55
マクロファージとウィルス君がとってもカワイイです☆

顔形のデザインって、カワイイと思ってもらえる比率みたいなものがあると聞いたことがあります。目の位置を〇〇にしてその〇分の1の位置に口を置く等。

また、動物の赤ちゃん、子供の目鼻のパーツや大きさや配置は、大人の動物のそれよりも、人からカワイイと思われやすい配置になっているそうです。


質問お願いします(スルー可)

まるぞうさんは、そこのところを計算してカワイイ顔デザインを作成していますか?
それとも、なんとなくの感性で、「これがカワイイ♪」と思うものをデザインされていますでしょうか?

興味本位の質問です☆のでスルー可です☆
わかりやすい説明ありがとうございます。 (ひなぎく)
2021-05-12 12:59:54
まるぞうさん、こんにちは。

mRNAワクチンについての詳細な説明ありがとうございます。
mRNAワクチンがウイルスそのものではなく、ウイルスの一部の設計図を体内にいれて、抗体を作らせるということは知っていましたが、免疫細胞のマクロファージにCOVID-19と同じスパイクを作らせて、それで抗体を作らせるということは知りませんでした。
絵入りで、とてもわかり易かったです。

ワクチンを打つにしても、打たないにしても従来型のワクチンとは違うものなので、しっかり理解して置くことは大切ですよね。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 13:16:22
今日は行事について、利用者様からのクレームがあり、対応しています。何かやろうとすれば、価値とリスクはセットで起こります。落とし所を模索中です~。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 14:00:56
まるぞうさん
この枠珍の記事は、
分かりやすくて最高です。
良い記事を、本当にありがとうございます。
沢山の人に読んでもらいたいな〜

そもそも、一年足らずで出来たものを、誰が枠珍と呼んだのでしょう。
それもまだ、一度も人間に使われた事の無い物です。
その事をメディアは一言も言いません。
従来の日本人が安全だと打ってきた枠珍と、何処が違うか、誰も言いません。
では、枠珍の定義とは?
コロナが病なら、先ずすべき事は、治療であるはずなのに。
沢山の作ってある筈の、アビガンやイベルメクチンはなぜ出回らないのでしょうか。
メディアが枠珍に誘導する理由は、どこにあるのでしょう。
日本は、医療従事者への摂取は20%にとどまったまま、
65歳以上の高齢者の摂取へと進んだ様です。
イスラエルの首相は、国民の治験データを全て提供する条件で、国民100%に接種。
何故そんな事をするのでしょう。
よく考えると、不思議だらけです。

接種が進まない事が、塞翁が馬となりますように。。。
日本という国の強運を思います。

オリンピックも不思議だらけ。
「311からの復興」だったはずが、
「人類が感染症に打ち勝った証」となり、
今は、
「世界の団結の象徴」だそうです。

自分なりに疑問を調べながら、
本質を見る目を養いたいと思います。
再送 (Unknown)
2021-05-12 14:27:42
まるぞう様
努力の免疫シェーマ絵有難う御座います。少し変更のご提案。mRNAが最初に入るのはマクロファージより体細胞(体の色んな所の細胞の事)とした方が良いと思います。マクロファージの可能性は有ってもとっても少ないも。(なんせ人類初で100%は無いので)
体細胞がで人間は作られてるので当たり前ですね。で、このナノナノmRNAは筋注ですから、打った所の筋肉細胞を偽ころちゃんに変えたり、筋肉は血流豊富ですから、血管の中、特に血管内皮(血管の内側裏打ち細胞)に多く取り込まれるのではないかと予想されています。で血管内皮を偽ころちゃん変える。(だから血栓などの副作用が出やすいのでは?と。)また、筋肉は血流豊富ですから、注射部位から血流に乗ると血管内皮以外にも適当に2日位体中をクルクル回って、色んなところにくっついて色んな細胞つまり血管の外側の臓器の細胞を偽ころちゃんにしてもおかしくないですよね。で取り付いた細胞を偽ころちゃんに変える。だから現在の初めの方のマクロファージ君の所をを体細胞としてはいかがでしょう。実際このmRNA はリピッドナノパーティクルという脂質で覆われており、それが大体の体細胞膜にぴったりひっつき虫の様にひっついて、くっついた所から細胞内に取り込まれてしまいます。鹿先生の動画の2021/2/12 の前半をご覧下さい。
そしてこの偽ころちゃんに変わった体細胞を本物のころヤローか⁉︎として認識して攻撃するのがマクロファージという事が良いと思います。
上手く説明できたでしょうか?わかりにくい時はこのイメージで 鹿先生のこの動画の 2021/1/21の4分過ぎからみて下さい。変えた所の偽ころちゃん細胞(元は自分の色々な所の体細胞) をマクロファージ君は敵とみなしてやっつけます。だって、細胞の表面に棘あるんだから敵でしょ!で偽ころちゃん君を撃破して、分析して新たにこの棘持ってるの敵よーと仲間の防衛軍のTリンパ球やBリンパ球に伝えます。
命令を受けたTとBリンパ球は協力して抗体という協力な武器を作っていきます。

鹿先生の動画貼り付けると遅れません。なんで?
えー、上手く言えたかな?
何時でも不明はご質問下さい。どやって?
Unknown (unknown)
2021-05-12 14:42:57
鳥海先生の意見に賛成です。
「オリンピックに反対するという意見そのものを否定するものではありませんが,社会的に適切に見えないやり方は,共感を得るためには得策とは言えない気がします.」池江璃花子選手への五輪出場辞退要請は誰が行っているのか
鳥海不二夫 | https://news.yahoo.co.jp/byline/toriumifujio/20210510-00237084/
既出でしたらすみません。
Unknown (unknown)
2021-05-12 15:32:01
日本RNA学会ホームページより
mRNAワクチン:新型コロナウイルス感染を抑える切り札となるか?飯笹 久(島根大学学術研究院医学・看護学系)より

「RNAを脂質ナノ粒子 (LNP) で包み、筋肉注射を行う。するとmRNAは筋肉細胞内に入り、細胞質で直ちにタンパク質が作られる。このタンパク質は抗原提示細胞へと輸送され、細胞内でプロセッシングされた後、MHCクラスIIに提示される。これは、やがて液性免疫の活性化へとつながる。」ので、主に筋肉細胞でのようです。

そして、

「これらのワクチンに共通する問題は、3つある。

1つ目の問題は、温度管理である。

2つ目の問題は、アレルギーである。12月20日時点で、BioNTech社のワクチンは27万人に接種して6名の重症アレルギー (アナフィラキシー) が報告。実は数万人規模のワクチン臨床治験では出なかった有害事象が、10万人、100万人ではじめて見えてくることがある。超特急で開発したこのワクチンも、副作用の問題を克服するのは容易ではない。。

3つ目の問題は、自己免疫疾患である。筋肉細胞でSpikeタンパク質が発現すると何が生じるのか、細かい影響はわかっていない。…したがって、副作用として思わぬ症状が報告されるかもしれない。」と怖い事が書いてあります。

詳しくは
https://www.rnaj.org/component/k2/item/855-iizasa-2
Unknown (むんちゃ)
2021-05-12 15:40:28
いつも勉強させて頂きありがとうございます。今日のワクチンのお話、なんだか同じような感じを思い出しました。どこかの誰かさんが震災の時に言っていましたよね、「直ちに影響はありません!」キリッ
体細胞への侵入 (Unknown)
2021-05-12 15:47:24
クルクル回って、mRNAが体細胞(1番多いのは血管内皮だろうーけど)その取り憑き方がさらにわかりやすいのが、貴方の管動画サイトで岡田正彦先生で検索頂くと、更に分かり易い動画であると思います。
細胞の壁にひっついてその後スライムみたいにスルッと入る。リピッドナノパーティクル恐るべし。

後、「はたらく細胞」という漫画もおすすめします。難しい免疫をよくぞあそこまで上手に説明できたと!
拍手の一言です。マクロファージさんの性格も本当に合ってるんです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事