まるぞう備忘録

無題のドキュメント

幸せの期待値は小さい方が幸せ。

2021-06-22 09:31:25 | ──

防災カレンダー
22日。中潮。辛丑の重なり日。

千葉市(西〜北西方向)


東京都足立区から南方向


神奈川県三浦市





肚の据わり方が全然違う…東大生の親は「わが子が不登校になってもビクともしない」
2021/06/21 11:00 鳥居 りんこ
・・・
中学・高校で伸びる子の共通点は「親の期待値の低さ」

ただ面白いのは、親も子も「なぜ、ウチが東大に入れたんだ!?」といまだに考えていることだ。彼らの学校は進学校ではなく、いい意味で親の子供への期待感が薄かった。この「期待感の薄さ」は賢い子を育てる際、実はとても重要な要素のひとつだ。教育カウンセラーとして長年活動している筆者の元に寄せられる相談の中には「子供が引きこもり」という内容は際立って多い。

この子たちは、元有名私立中高の出身者であることがほとんどである。分析するに、彼らは「東大・医大を目指すことが当たり前」という環境に置かれ、彼らの親や親戚縁者もそれを強く期待している。最初から、飛ぶハードルがとてつもなく高いのだ。
・・・
https://president.jp/articles/amp/47075?page=2




どうして私の願いが叶わないのか

 先日美輪明宏氏の恋愛相談番組を観ました。相談に来る女性の話を聞いて「幸せの期待値が高いほど人生苦しいんだな」と改めて感じました。

 私の人生経験で
・追いかけるものほど逃げていく。
・逃げるものほど追いかけてくる。
というものがあります。

 子供の将来にしても、恋愛の相手にしろ「ああなって欲しい。こうなって欲しい。」と求めれば求めるほど、それは遠ざかっていく。



幸せは勝手についてくる。

 人の幸運とはお金の貯金に似ているなとつくづく思います。
 100万円のものが欲しければ、コツコツ働いて100万円貯めるしかないのです。あるいは借金してあとでコツコツ返済するか。

 期待値が高い人の悩みは
・私は貯金が10万円しかありません。
・でも100万円のあれが欲しいんです。
・どうしたら100万円の望みが叶いますか。
というものに似ています。

 私は幸運因子の貯金100万円さえ貯めれば、幸運はおのずとやってくる。という考えです。
 貯金さえあれば、どんな逆境も必ず塞翁が馬になる。
 逆に今望んでいる具体的な「幸運像=子供への期待。恋愛相手への期待。」は本当に最終的に幸運になるかどうかは不明です。

 そもそもその幸運像の多くは、自我が他人と比べて作り上げたものが大半でしょうし。



人生を思い通り生きるハンドルのコツ。

 私の自分の人生の中で「幸福の期待値が下がるほど、人生の幸福度が上がる」ということがわかって来ました。

・追いかけるものほど逃げていく。
・逃げるものほど追いかけてくる。

 これをわかるだけで、ハンドルを逆に切ることができ、人生の舵取りは随分上手になるという個人的なメモです。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
常日頃から反枠珍な人たちと同じにされるのは困ります。違うんですよね。
でも今は同じにされても仕方ない、冷たい目で見られても耐えなければいけない。

→ 私は「賛成」でも「反対」でもなく「中立」ですというのはいかがでしょうか。
・ワクチンは重症化予防には効果がある。(相手を肯定)
・だから高齢者や基礎疾患やBMI28以上の人には意味がある。(相手を肯定)
・ただし50歳以下で基礎疾患がなくてBMI28以下の人は、ファイザーの治験が完了する2023年まで待つ方がいいね。(様子見の提案)
という中立派です。
と。

相手を否定した議論になるとコジれるだけで逆効果になりかねません。

==========
出来ることって何なんでしょう。接種の自由から中立派には賛成ですが、反対派じゃないとは、心が嫌がって言えない自分がいます。

→ 人を説得するのには論破じゃダメなことが大半です。耳を傾けてもらえるためには、大人の態度が必要です。

ワクチン賛成派の〇〇を一発でギャフンと否定派に転向させる証拠を教えてください。という方もいらっしゃるかもしれませんが、当面(数年)はそういうものは出てきません。ゼロイチではなく大人の態度で誘導するしかないと思います。

==========
今打つことに焦るな、様子を見ようと伝えてきましたが、彼女の職場の同調圧力に屈して、打つことを決めてしまいました。

→ ツイッターで「ワクチン 出血」で検索を奥様にしてもらいましたでしょうか。
あれをみると、女性は本能で「危険」を嗅ぎ取ると思うのですが。いかがでしょう。

==========
私と違って頭のいい彼女のことだからこのワクチンの危険性を十分にわかっていると思います。

→ ツイッターで「ワクチン 出血」を検索してもらうことと。
それでもあなたは接種するでしょうが、私はどうしても心配だからおせっかいをやいてしまうのごめんなさい。と。

ただ女性の身体は本当に大切だから、2023年のファイザーの正式治験が終わるまで様子を見て欲しい。本当に危険なのは摂取直後の副反応じゃなくて、2年後5年後の身体(母体)への影響だから。と。

と伝えるのはいかがでしょう。

==========
夫が賛成派で、人一倍健康体なのに打つといってます。
わたしの説明の仕方が下手なこともあり、夫には今ひとつこの枠珍の危険な側面をわかってもらえてないのが、なんとも歯痒いです。

→ ・ワクチンはCOVID19の重症化防止には確かに効果はある。(相手の肯定)
・高齢者や基礎疾患の人やBMI28以上の人には打つ意味はある。(相手の肯定)
・30〜56歳日本人では1万人に1人しか重症化しない。(事実)
・ワクチンを打つのは反対しないから(肯定)せめてファイザーの治験が終わる2023年1月まで見て欲しい(様子見の提案)。
・ただし感染者の推移をみて、20〜59歳の重症化率が上昇し始めたら、その時点でワクチンを打つのがいいと思う。(提案)

最後は、
・長期的にどういうリスクがあるかはファイザーも分からないと公言している状態で、あなたが接種して5年後10年後どうなるか本当に心配なの。
・せめてファイザーが長期的にも大丈夫そうだと発表する2023年まで待って欲しい。
・家族のために心配なの。

と「心配な気持ち」をダイレクトにぶつける。
相手を論破するのじゃなくて、こちらの相手への想いを伝える。で少し様子見でしょうか。

==========
夫が打って仮に発熱した場合、受けてないわたしは、その発熱からコロナに感染する可能性があるのでしょうか?その辺りがよくわからないのですが。。。

→ COVID19には感染しないと思います。ウイルスの実態はないので。打った直後は体内で生産されたスパイク脂質は呼気などからも体外に排出されるようです。それが危険かどうかはまだ何もわかっておりません。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 反対派ではありません。まだ... | トップ | 原因は意外なところにある。 »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-06-22 11:01:58
子育て真っ最中の自分にとって大変耳の痛い話でした。本当にそうだと思いますね。他人との比較の中で作り上げた高いハードルと実際の我が子を比べては、嘆いたり怒ったり。虚しくなったり疲れてしまったり。期待値が薄い方が幸福感が大きい。確かにその通りです。
まるぞうさんに質問です。自分の子供に対して先生なども含めた外の人間などからあれやこれやと言われた場合、親としても確かにそうだな、と納得出来る事に関しては受け入れてそのようにするよう努力させますが、そうは言われても道徳的には反していないし、誰にも迷惑かけてないし、生まれ持った特性も考えると今のうちの子にはそれは容易では無いんですよ!ただでさえ忙しい中真面目に頑張っているんだし!と思えるような時って、言ってきた人間に対しては保護者としてまるぞうさんだったらどんな風に対応しますか?最近は、外野から言われたことを全て受け止めて、そのようにしなきゃ!となる必要はないんだと思うようになりましたが、子どもがもっと幼い頃は私が他人の言葉に一喜一憂して、私自身の精神状態が乱高下して持病の具合が悪化したりなど、情けない有り様でした。
今日もありがとうございます。 (Unknown)
2021-06-22 11:21:36
幸せのハードルは低い方が生きやすいですね。先日良くぶつかる上司の方が「お金があれば高級な美味しいものを毎日食べることができるのだよ。」とおっしゃっていました。それから、自分で食べたい物を考えましたが、特にないのですよね。ただ、自分で作った物は多少失敗しても美味しく感じますね。先日仕込んだブルーベリー酢を昨日飲んでみましたが、甘過ぎました。
そこで、クエン酸を足して飲んでみました。少し爽やかな味になりましたよ。
Unknown (Unknown)
2021-06-22 11:25:37
私の拙いコメントに、ご回答ありがとうございました。
親世代に危険性を伝えたいのですが、大人の態度で誘導難しいです。やっぱり親なのでこっちが説得されてしまい切ないです。ワクの否定の証拠が数年は出てこないということで、身近な人の体調や様子を見守るしかないかなと思いました。変化があったあと、打たなければ良かったと後悔したらかわいそうだと思って自分の子供を心配するのと同じように心配していました。数年証拠が出ないということは、急激に多くの人が悪くなる可能性は低いのかなと、影響がでるのもジワジワなのかなと思いました。ワクチン後に亡くなった人がいるのは消えないからちょっと許してはいけないようなモヤモヤは消えませんね…。
Unknown (Unknown)
2021-06-22 12:17:35
ワクチンを接種して後悔するのか、接種しないで後悔するのか、それは各個人が様々な論拠の下に納得した上で決定すればいいと思います❗同調するのではなく、また只反対するのではなく、決定したことに対する自己責任を覚悟して、将来に対する社会的帰結を甘受する必要がありますね。権威ある者が言ってるからではなく、科学的知見を大切にしてみずから判断を下すのです。
Unknown (Unknown)
2021-06-22 12:24:09
父が小学生の頃、祖父が事業に失敗してド・貧乏生活に突入したそうです。
生活費のため小学生の頃から新聞配達のバイトをするようになったそうですが、親に全て渡さず少しずつ貯めて妹と映画を観に行くことがとても幸せだったと言っていました。

本当は自分にとって幸せなささやかな生き方がわかっていたのに、そこから外れていってしまうんですよね。でも振り子を思う存分正反対に揺らして納得してから元に戻りたいのかも。せっかく生まれてきたんだし。

父の場合は本当は高卒で就職して手に職をつけたかったらしいですが、親の希望で大学に行って(奨学金の返済が大変だったそうです)安定した企業に勤めて10年頑張って。でもやっぱ無理、好きなように生きたいと独立。大変なのはそこからで、迷走しながらなんとか生き延びてきた感じです。(振れ幅大きすぎ)
 
結局他人と比べて価値のある財産は何も残らなかったけど人生思い通りにはいかないという経験が出来てよかったね、と思います。
父自身も、順調にサラリーマン生活を続けていたら鼻持ちならない嫌な人間になっていたと言っています。(やるとなると承認欲求を満たすために頑張って結果を出すタイプ)

ただ、大学進学も就職も本人にとっては不本意でやりたくないことだったでしょうが、その経験があってこそ独立もできたんだから、実は嫌な経験がお宝なのかも。(父は未だに文句言ってますが、贅沢なやっちゃ。笑)

とは言っても、生きるって正直めんどくさいです。私は子供の頃から「あー、めんどくさ!早く終わんないかな」と思いながら騙し騙し生きています。勿体無いですね(笑)
でも、そんな自分でもそれで良いかなと思います。人それぞれのペースというか、季節ががあると思うので。こんな自分でも生きていられることへの感謝は忘れないようにします。

両親は注射をするらしいですが、懸念点は伝えつつも反対はしませんでした。意思を尊重します。
思い通りにしてくれないからもう終わり、と決めつけるのは相手からすると窮屈かも。楽観的すぎかなあ。
Unknown (Unknown)
2021-06-22 12:57:52
〉100万円のものが欲しければ、・・・あるいは借金してあとでコツコツ返済するか。

私はこちらが好きです。無理せずコツコツ返済。その100万円のものが消えてなくなるものではなく、資産なら最高ですね。
あるいは自分のスキル向上とか。
Unknown (神無月)
2021-06-22 13:09:36
コロナ感染で亡くなられた方の数字は海外とは比較せずに国内の数字のみ毎日発表されますが、コロナ以外の病気で亡くなられた方々の数字は発表されません。

日本は、主要国の中で病気による死者数が前年より減っている数少ない国の一つですね。

コロナ禍の為か、インフルエンザが消え失せ、花粉症も軽く済んでいるようです。

世界人口が現在約79億人です。
地球の資源には限りが有りますので、地球が養える人口にも限りは有ります。

まるぞうさんならば、地球人口の現状維持?削減?の方法をどの様に考えますか?

世界政府?は、近未来の地球人口削減が大きな隠されたテーマと想像しますので、ワクチン接種は世界中が急ぐ方向に取り組むのでしょう。

既に、世界で約9億人が接種済みですので、このペースで加速度的に進めば、世界人口のかなりの割合が接種する事になりそうです。

コロナは引き金で、ワクチンは弾丸なのでしょうか?
.
Unknown (Unknown)
2021-06-22 14:30:46
高校生の娘がいます。
人から何か言われて改める子ではなく、勝手に「ここまでは大丈夫」とギリギリの線引きをしています。

だらしない生活面や進路について根気よく注意しますが線に引っかからないから腑に落ちていません。今朝はちょっとしたきっかけで「お母さんが色々ちょっと嫌なんだよ!わかってくれないし」と泣いて気持ちを吐き出しました。そんな気持ちを抱えながら甘えにきたりして、私はみんなクセが強いけど幸せだなぁなんてホンワカ単純バカだったんだと落ち込んでいます。

過干渉(でもないと思います)はいやと言うので、ぐっと抑えて見守りましたが、それでもまだまだ不満みたいです。私はもっと身を引くべきですか?高校卒業まで1年もなく、進学しても、働いて一人暮らししても、このままでは苦労すると思います。見ていて歯痒く、辛いです。
娘は逆ハンドルをそのまま受理してしまうタイプです、、
Unknown (Unknown)
2021-06-22 16:19:23
まるぞうさん
とても役に立つ、大人の対応を教えて頂き、誠に有難う御座いました。
手帳に書き写しました。
いろんな考えの人がいるので、本当に難しいです。

今までで、一番厄介だったのが、
ノーベル賞をとった、
あのPS細胞の山O伸弥さんが、絶賛して、何回も打つ様に勧めてるんだよー。
悪いわけが無い!とワクチン接種を絶賛した人に会った時でした。
これには、絶句でした。
ノーベル賞の山O伸弥さんが大好き。
ワクチンは良いものに決まってる。
あのすごい先生が嘘を言う筈ない。
国が悪いものを勧める訳がない。

山O伸弥さんは、モデルナのワクチンの開発に関わってます。
今年のノーベル賞は、モデルナのメッセンジャーRNAを開発したカタリン.カリコ女史に
ほぼ決定だそうですし。
そのカタリンさんが、山O伸弥さんがいなかったら、開発出来なかったと絶賛しているのですから。
私も、世界で多くの人を病の苦しみから救い、世界で活躍される山O伸弥さんを、日本の誇りと思っていました。
立派な研究者ですが、免疫学者、ウイルス学の御専門では無い。
しかし、近年彼があれ?と思うところから、巨額の資金援助を受けた事で、目が覚めました。

本日、厚生労働省の萩生大臣が閣議後に、小中学校での接種強制が回避と述べた事は、本当に救いでした。
孫達が守られました。
ホッとしています。

世界中で行われている、大規模な治験。
接種した方は、ロット番号を大切に保管して下さいとの事。
ロットで、濃度の高い低い、生理食塩水のプラセボに分けて治験。
年齢、性別、職業、職場で、どんな反応が出るか、追跡してデーターを採っている今。
副反応の差がありすぎます。
まるで、ロシアンルーレット。
リスクありすぎです。
一箱に10本、1本6人分だから、一つのロットで60人。
人体実験の結果は、どんな風に出るのでしょう。
治験が終わるのが、2023年5月2日。

まるぞうさん、毎日、私達の為に、大切な情報を分かり易く教えて頂き、
誠に有難う御座います。
Unknown (Unknown)
2021-06-22 18:58:24
いつもお世話になっております。我が家の場合ですが、親の期待値は低くまともに教育を受けずそのまんまの人間になりました。すみません

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

──」カテゴリの最新記事