まるぞう備忘録

無題のドキュメント

アンチエイジング・ストレス 中編。

2021-04-09 09:15:46 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
9日。【9】 新月週間。




大きなトラブルには必ず前兆がある。

 日常で起きるトラブル=ストレスの原因。
 でもこのトラブルを
・事前に起きると準備が出来ている。
・起きた場合真正面から受け止める覚悟がある。
ということで、そのストレスは「良いストレス=アンチエイジング刺激」になる。という仮説です。

 そしてそのためにとても重要な「コツ」があります。それは
・大きなトラブルには必ず前兆がある。
 ということです。



前兆。三つのパターン。

 それは一つに、仕事上のことで小さなサイン(警告)として現れます。
 自分が揉み消せてしまう耳の痛い見なかったことにしたい報告や知らせや現象として起きます。

 それは一つにちょっとした違和感として現れます。
 別に問題はないんだけれど、ちょっと引っかかるな。そういう感覚で知らせてくれます。

 それは一つにごくごく小さなトラブルの連続として現れます。
 朝の外出時。いつもならしない忘れ物。いつもなら引っかからない信号機。いつもなら間に合う電車。まるで運の逆風が吹き始めているのか。という「いつもなら違う小さな逆風の連続」。



覚悟して観ているとそれは起きない(起きても被害はずっと少なく)。

 そういう時は。そういう時は、何か大きなトラブルが起きます。そしてその大きなトラブルは一番起きて欲しくないタイミングで起きます。
 重要な会議で電話に出られない時に、すぐに電話に出なければならない重要なお客さんからの電話が掛かってくる。しかもすぐに対応しなければならないクレーム電話。など。
 そうか。今日は悪いことに悪いことが重なる要注意日なのか。

 でも私の人生経験では「観ている間は起きない」というものがあります。
 今日は悪いことに悪いことが重なる日ぞ。と先手先手で準備と覚悟をしていると起きない。うむ。



何回もフィードバックすると経験値が上がる。

 もし大きなトラブルが起きてしまったら。嘆く前に思い返して頂きたいです。果たして前兆はあったのか。見逃していたのか。

 私の仮説では「必ず何らかの前兆があった」です。
 その時「あれがひょっとして前兆だったのか」と思えることが、魂の経験値となります。

 思い返さなければ、ただ「突然トラブルが降って湧いた」となります。
 しかし思い返し、前兆があれだったのかも。と自覚すると経験値となります。
 そしてその経験値が増えていくと少しずつ「前兆をとらえる嗅覚」のレベルが上がっていきます。

 長年の経験がある漁師さん。同じ海の景色なのに「今日は午後から荒れるな」とわかります。それは長年の経験値から来るもの。それと同じ。誰でも経験値を積んでいくと必ず嗅覚のレベルが上がる。そういうように出来ている。

 ただし「いつもトラブルは前兆なく私に降ってくる」という捉え方だと、せっかくの経験値のチャンスを逃していますのだ。だから
・大きなトラブルには必ず前兆がある。
という仮説は役に立ちます。



その嗅覚は一生自分に役に立つ。

 今日から仕事上で日常生活上で、大きなトラブルに遭遇したらチャンスです。一体何が前兆だったのか。
 それは見逃してしまいがちだけれど、でもちゃんと私達に教えてくれていました。という仮説です。

・もみ消せる耳の痛い「小さな警告」として。
・なぜか心に引っかかる「小さな違和感」として。
・いつもと違う「小さな運の逆風の連続」として。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
 そろそろ、まるぞうさんの歴史や政治談義が聞きたいのですが、ブログに書くのと動画に載せるのとどちらが、狙われやすいのでしょうかね?動画の中だと検索しにくいし、見てみなければ分からないから、突っ込んだ話が出来るのでしょうか?

→ 私の妄想陰謀論では今は「凪」の時という感じです。かろうじてバランスのとれているやじろべえ。だからどちら側の話も記事にして(読者の方の心を)動かすことは、プラスにならない。動くと動いた側からほころびる。ってなんのこっちゃ。

そういう時期は、一人ひとりの心の胆力を準備しておく時期だと思います。パニックになった時、一斉に船の片側に走り寄って船が沈没することのないように。

私が社会的な記事や陰謀論大作を書く時は、世論の流れと逆にハンドルを切らなければならない。ということが書く動機であることが多いようです。
今は右にしろ左にしろいたずらに舵に触るのではなく。動き出す時は一気に傾くので、それに備えて蓄積している。なんのこっちゃ2。

==========
私は、自分の承認欲求が
どこから来るのか知りたいです。

コンプレックスや劣等感
ということなのでしょうか?

→ すみません。動画では取り上げられませんでした。が、もう少し具体的な例をさしつかえない範囲で教えていただければ、何かキーワードが見つかるかもしれません。いかがでしょう。

==========
昔、まるそうさんが記事の中で『お相手の言い値でお仕事を受ける』
とおっしゃっていたのになるほど~と思い
自分で金額を提示する場面の時にはそちらを参考にさせていただいていました。
しかし、時が過ぎ、、その方式でやっているとわたしの場合、もうちょっと自分で決めたらいいんじゃない?これにはこのくらいって、自分で考えて、それを伝えたら?という感情が起こってきました。
もしかして、なんですがわたしのケースは言い値で受けることが逃げになってきたのかな?
まるぞうさんの場合ご自分は傲慢に行きがち、とおっしゃる印象があったので(そんなことはないです、とても謙虚です!)言い値で行う方式があっていて
わたしの場合、卑下しがち、自己主張できない、自分が我慢すればいいや、に行きがちなので、そのような場面は、自分の仕事の価値をしっかり見つめて提示する方がいいなかな?
自分でギャランティを決められる機会はどのようにやるといいか、最近手と頭が止まってしまいます。
ご意見伺えると助かります!

→ はい。今の私の意見は「値段は自分で決める」です。過去の意見とは変わっているので、ご質問頂いてよかったです。

自分が相手に価値を与えるのを実感するために「言い値で」は有効でありますが、数多くの取引をするには、最初に価格を提示した方が、お客さんが利用しやすいでしょうから。

まず一つに自分はいくらの仕事をしたいのか。その仕事の価格を決めます。
価格を決めるというのは、お客さんを決めるということです。どういうお客さんに来て欲しいのか。

値段を安くするとたくさんお客さんは来ます。が良いお客さんは相対的に少なくなります。
値段を高くするとお客さんんの数は減ります。が高くても良いという良いお客さんは増えます。

自分がお客さんになったと仮定して、世の中でいくら支払うだろうか。という想定で、いくらの商売ビジネスをするか。という視点で価格を決めます。

そして次にその価格でこのぐらいの価値だ。という想定の少しだけ価値をあげます。
たとえば価格を1万円とします。すると普通1万円でこのぐらいだなと思う価値よりも少し多い、1万5千円くらいの価値を与える。価格を下げるのではなく、与える価値を上げる。というようにする。

これからの商売は
・値段が安いから売れる(買う前に安い)
ではなく
・払った金額より多くの価値を受け取れる(買ったあとにお得)
という方向に行けるのが理想。良いお客さんのリピーターが増えるからです。

ただしこの方法だと軌道にのるまでには時間がかかる。という難点があります。安売り誘惑引力に負けない意思力が必要です。

==========
一点のこだわりで自ら幸せを壊してるみたいだと言われます。私もそんな気はします。わかっているけど繰り返してしまう寂しさとか怒りとか嫉妬とかはどうしたら消せるでしょうか?いらないんです。仕方ないなと静観してたら特定の女性達と会ってはいないけど、フワフワ仲良くなった経緯がありました。

→ 人生というのは本当は単純な法則から出来ていて
・こちらが追いかけると相手は逃げていく。
・こちらが逃げると相手は追いかけてくる。

だから相手が振り向いてもらうために「振り向いて〜」という願望を心の中で相手に投射するのではなく、あなた自身、本当に彼がいなくても大丈夫生きていける独り立ちする。という生き方を心の中で築くこと。

本当に心の中で彼から自立してしまうと、彼の方から近寄ってきます。

お互い二人が健康で一緒にいられる期間は想像するより短い。人生終わると振り返るとあっという間。だから今のうちいろいろ「駆け引きの経験値」を挑戦するのは良いことですよ〜。

==========
>ブログ主の内の神性を見る時期を経ていつか自身の神性と向き合う、

この表現は私には難しくてよくわかりませんでした。神性かぁ、言葉で説明できない物ですもんね。なんとなく、自分の中に見出した時、相手の中にも見ることができる物、とも言えるのかな、と思いました。灯台下暗し。

→ 神性とは良心のことです。心の中のお天道様です。ポカポカ。

==========
Kkの長文の説明をどう思いますか?私は○子さまは、もう結婚出来ない気がします。

→ 国民の一人として、お幸せを心から願っております。大丈夫。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« アンチエイジング・ストレス... | トップ | アンチエイジング・ストレス... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-04-09 13:10:42
>神性とは良心のことです。心の中のお天道様です。ポカポカ。
そうです、こう言いたかったのです。伝えるのが下手ですみません。
Unknown (八十六茶)
2021-04-09 13:54:52
>すみません。動画では取り上げられませんでした。もう少し具体的な例をさしつかえない範囲で教えていただければ、何かキーワードが見つかるかもしれません。いかがでしょう。

まるぞうさん
お返事ありがとうござます。

こちらこそ
ふわっとした質問を
すみません。

すでにご存知の方
いらっしゃるとは思いますが

承認欲求とは
他者に自分を認めさせたい
あるいは
自分は他者に不当に認められていない
と思い込む状態です。

この承認欲求
生きている限り
誰しも持っているものですが
自分自身かなり感じます。

承認欲求が強い状態とは
具体的にどういうことか

大変お手数ですが
私から説明させて頂くよりも
それらに特化した情報サイトを
参考にして頂いた方が
ベストかと存じます。

代わりに
私の承認欲求が生まれた原因の
分析をしてみたいと思います。

改めて投稿しますので
よろしくお願いします。
Unknown (Unknown)
2021-04-09 14:15:28
まるぞうさん、価格の決め方のお返事ありがとうございました。
価格を決めること、奥深いなと感じました。
金額よりも価値を乗せてやっていく、ということに大きなヒントをもらえました。
先に金額が決まっているお仕事でも、それプラスの価値ある仕事をやっていきたいな(毎回は無理かもだけど)
また価値、っていうのが難しいんですが、シンプルにいうと相手に喜んでもらえることかな。
怠け体質の自分がたまにやになりますが、ゆっくり挑戦したいと思います。
Unknown (八十六茶)
2021-04-09 14:23:55
自コメ続きです。

私の承認欲求は
私の両親との関係性から
生まれたものかもしれません。

例えば良い成績を残した時は
褒めてくれました。認めてくれます。
良かった。うれしい。次も頑張ります。

しかし少しでも点数が下がると
あれ?どうしたの?遊んでたの?
こんな結果は受け入れられないよ

ええ〜
遊んでたわけじゃないよ
自分なりには頑張ったよ
ていうか他の人たちとの関係に
悩んでたりもするんだけど
嫌がらせされて勉強どころじゃないよ
まずは自分のことを理解してよ

その後も努力は続けました。
しかしいくら成績を残しても
本当に褒めてくれる人が現れても

自分は決して認められない
という気持ちが消えませんでした。

いくら頑張っても
その頑張りそのものじゃなくて
結果しか見てくれない
そんな諦めに覆われてたから

みなさんへヒントがあれば幸いです。
Unknown (SHO_KO)
2021-04-09 15:03:36
オンエア情報 4/9(金)
・魔法少女まどか☆マギカ第2話 「それはとっても嬉しいなって」BS朝日毎週金曜よる11:00~11:30 全12話(最終話)
先週忙しく、なんと第1話見逃してしまいましたー(泣)!無料見逃し配信&アマゾンプライムなかったです。
でも情報ありがとうございます。今日はみるゾ!
Unknown (Unknown)
2021-04-09 18:09:09
→ 神性とは良心のことです。心の中のお天道様です。ポカポカ。

よく分かりました!心の中のお天道様。心が晴れていれば感じることができるけど、曇って見えない時もある。でも変わらず誰の心にも存在しているものですね。(曇っている時は無理せず抵抗せず、うちにこもってのんびりするのが好きです。でも、思い切って雲に飛び込んで雲海の上に輝くお天道様を見に行くのも気分爽快だと思います)

高校生の頃、自転車運転中に「気を付けてね」と頭に響いた直後に縁石に乗り上げて頭から思いっきり転倒したことがありました。その時は、直前に聞こえても避けようがないよ〜と思っていましたが、一瞬の無意識の身体の反応で大怪我するのを回避出来たんだろうなと思いました。頭を打った衝撃はあったはずなのに、次の瞬間何もなかったかのように立ち上がって自転車を運転できたので。ありがたや〜、です。
(記事にあるトラブルの前兆とはまたニュアンスが違いますけどね)
Unknown (ねこ)
2021-04-09 18:59:50
まるぞうさん、ありがとうございます。

あなたが居なくても平気よってしたら「ラッキー!」と尚更のめり込んで離れてしまいそうで怖かったんです。最低限のお世話しか求められなくなる気がして寂しかった。彼が居なくても平気=嫌いになってからじゃないとつらいもの、という先入観でした。

全て逆なんですね。馬鹿正直に想うことが礼儀みたいな性格なので、駆け引きは初めてでカチコチしてしまいそうです(笑)あと、自分を後回しにしたから好きな事がわからなくなっていますが、彼以外にも夢中になれる事も見つけたいです。

今日の記事の「何らかの前兆」に事前に気付いても感情的になり自滅する癖はそろそろやめたいです。
Unknown (しろ)
2021-04-09 19:27:16
お返事ありがとうございました。凪ですか。本屋さんではなく、ブログなのだから、旬が大切ですね!
Unknown (Unknown)
2021-04-09 21:22:22
数年前に母親の事で相談しました。お返事で叱られた記憶があります。多分ですが恨の思想になってるから、手放すよう注意してくださったと解釈しています。
情けない事に今だに手放せないのです。
離れて暮らしてた時は怒りも忘れて、たまに食事や買い物をする程よい関係でした。
事情があり独り身の母を田舎町に呼び寄せて一緒に暮らすようになると…まぁ、、恨み辛み?なのか…単純に生理的に受け付けなくなってしまいました。
親不孝でこのままでは死んでも後悔の世界に行くと思いますが、そうならないよう心入れ替えようとしても母の顔見た瞬間拒否反応が出ます。
母を生かして〜とか、産んでくれたから今私は生かされてるとか、嫌な感情に支配されないよう足掻いてますが、本当ダメなんです。
善徳貯金や因果、カルマあれこれ考え尽くして…もう何も思いつきません。
Unknown (個々)
2021-04-10 10:08:15
まるぞうさんこんにちは。
小さな警告とのお付き合いはとても長いです。
幸いにも小難で済んでくれたことの方が多くて、有り難く感じています。
見えるもの見えないもの問わず、見守り支えてくれる存在に囲まれているというのは、本当に、愛すべき貴重な宝物ですね。
精一杯やった、でもダメだった、悔しい思いもした、そんな経験だらけですが、振り返ってみると、自分に必要な経験だったとやっと思えるようになりました。
過去の自分を救えました。
ありがとうございます。
喜怒哀楽の中でも、怒哀を多く選択してきた自分、(それも必要だった)これからは喜楽を気楽に経験させてあげたいなと思っています。
自分のことなのに自分だけじゃない感覚なので、こういうう表現になってしまいます。
自分が、という思いが強いと、何故か本気になれないのですが、自分という器の中に共存するご先祖様や、のの様を沢山喜ばせてあげたいと思うと原動力になります。
今日も、嬉しい楽しい思いを一緒に経験したいです。
今、苦しい方の気持ちもよくわかります。
最終的に、自分を救えるのは自分だけなので、こちらで他人様に何か書くことは、私にはハードルが高くてできないのですが、コメントは読ませていただいて一緒に考えています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰と陽の理論」カテゴリの最新記事