まるぞう備忘録

無題のドキュメント

心の中のお天道様考4。 パイプが詰まるほど良心が疼く。

2021-06-11 07:15:03 | 今日のひとり言

防災カレンダー
11日。大潮。要注意日。




 前回のあらすじ。
 他人に対して思い遣りのない態度は、パイプを詰まらせるしがらみとなる。結局いずれそのしがらみと向き合うこととなるので、痛みは自分に返って来るのだ。

仮説1
他人に与えた痛みは、いずれ自分に戻ってくる。


 そしてもし生きているうちにそのパイプの掃除(痛み)が間に合わなければ、死後その痛みと向き合うことになる(仮説)。

仮説2
生きているうちに痛みとして戻って来ない場合は、死んでからその痛みと向き合うことになる。




パイプ通してやってくるのは母性の暖かさ。

 人に対して思い遣りやがない言動は、自分の心の中のパイプを詰まらせるしがらみとなって少しずつ堆積する。



 しかし、たとえばそのたびに「ごめんなさい」と謝ることは、その垢をこすり落とすこととなる。なぜか。
 それはきっと「心の中のお天道様」というのは「大いなる母性」なんじゃないかな。っと思う。

 それでね。多分「弱い人を助けよう。守ろう」という人や「してもらったことや与えてもらったことに感謝すること」ということも、このパイプをピカピカに磨くこととなると思うよ。きっと。
 それは自分の中にある「大いなる母性」の暖かさが、昇ってくるパイプだからね。

・人に思い遣りをもって接すること。
・心ない言動は謝れること。
・弱い人を守ること。
・もちろん自分自身も守ること。
・助けてくれた人に感謝すること。
・与えてくれる環境に感謝すること。

 これってみんな「心の奥底の母性」の「生きる強い暖かさ」だもんね。





自我は後戻り出来ない。

 しかし自我が強い頭でっかちだと、このパイプを詰まらせるよ。
 自分が正義で相手が悪いと責めるよ。
 言葉で相手の言動を支配することが正しいことだと勘違いするよ。
 相手が傷ついたり負けることが自分の正しさだと勘違いするよ。

 あれ。これって逆向きかも。
 とちらっと思うかもしれないけれど、自我は「これでいいんだ。だって自分は正しいんだから」って理屈で押し通すよ。

 このようにしがらみはだんだん蓄積していくよ。
 蓄積するほど、パイプのつまりはひどくなっていくね。





パイプを掃除するのは痛い。けれど。

 でもこのケースも、私のようにたまたま幸運だと、自分でしがらみをお掃除のチャンスが貰えた。
 でもそれはとても勇気がいる「痛み」だったよ。

 自分の思い遣りが欠けた言動を与えた多くの人のことを認めないといけないからね。
 自分自身でそれを認めるのは痛かったよ。正直。

 でもそれは表の誰もしらない。私の心の中のお話。



パイプが詰まるほど良心が疼く。

 でもさ。フェイスブックって中のいい人どうししか交換しないはずでしょ。
 しかしそれでも、その人達の顔や名前を観るのが(漠然と)辛いなんて、私はそれまでどんな人生送ってたんじゃと思うね。

 私の表面意識は「俺が正しかったんだ」と主張していたけれど、心の中では「自分は思い遣りに欠けてた」ってちゃんと知ってたんだね。これを「良心の疼き」と言う。

 そしてね。これが重要なことなんだけれど、パイプが詰まるほど、良心の疼きって大きくなる。
 それはこんな感じだよ。



 でも表面自我はその疼きを認めたくないよ。だから更に自分の道を突き進む。そして更にしがらみを蓄積しちゃうんだ。





遭難自我「(薄々気づいていても)戻りたくない」

 これは山の中で遭難している人に似ている。
 遭難したら沢を下っちゃダメ。逆に山頂に向かって登っていかなければならない。



 でも一度沢を下り始めると、途中で引き換えして登るのはとても抵抗がいることだから。

 ええ。半日かけて降りてきたこと沢をまた逆に戻るの?
 しかもこんどは登りだからもっと大変だよ。
 と自我は抵抗するよ。

 心の中では「半日、ずっと沢を降りたけれど、藪がどんどん高くなるだけで、川の流れも急になるだけで、とても人家に近づくとは思えない。やはり先達が言ってたように、山頂に向かって戻った方がいいんじゃないか。」と薄々は気づく。

 でも後戻りするには、それはあまりにも大変だから「大丈夫。大丈夫。このまま沢を下っていけば、きっと大丈夫だよ。」と根拠のない根拠で自分を騙し続けようとする。



良心の疼きを思い出させると自我は怒る。

 もし誰かが「いや、引き換えして山頂に戻らないと死ぬよ。」とアドバイスをくれるものなら、表面自我は怒り出すかもね。

 表面自我は薄々それは気づいていたよ。
 でもそれを認めたら、全部イチからやりなおしだ。
 それどころか、逆にきつい登りを今から辿らなきゃいけないの。

 そんなの認めたくないから、表面自我はしがらみを守ろうとする。
 しがらみを削ごうとする人に対して、怒りだすよ。

仮説3 表面自我は「良心の疼き」を思い出させるものに攻撃的になる。





【遭難】途中で引き返せたのは奇跡でした。

 でも私のようにたまたま幸運だった人は、引き返すことが出来た。
 それはやはり今まで降りてきた道を登り返すことだったから、勇気は必要だったし、(自分しかわからない)心の痛みはあったけれど。
 それでもなんとか遭難し始めた元のポイントまでは戻れたよ。

 今から考えると、本当に幸運だった。
 あのまま降り続けたらどうなってたかと考えるとぞっとするよ。



良心の疼きだけが残存する(?)

 私は死後の世界って正直どうなるか全然わからない。
 でも理系理論的に推測すると、心の中のお天道様(生命潮流)に戻っていく過程で、自分が蓄積したしがらみと一つひとつ対峙していくことになるんだろうな。と思う仮説。

 死後とは表面自我はもう停止した状態。記録が止まった状態。もうしがらみに固執している作用は停止している。
 心のお天道様に戻っていく時、自我が積み上げたしがらみは、さぞかし「痛み」だろうな。と思うよ。



 だからまだ生きているうちに、引き返せて良かった。自分が今まで人に対して行ってきた思い遣りのない言葉や行為を「申し訳ないな。ごめんなさい。」って、引き返せたのは、本当に幸運だったよ。



古来から日本人が見抜いていたこと。

 表面自我が暴走して、人に対して思い遣りのない言動をとってしまいそうになる時、「お天道様が観てるよ」という言葉は、本当に真実を表しているな。と思う。

 昔の日本人の方々は、本当に真実を見抜いていたんだなとつくづく思う。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
私も45歳の時に、主人の会社が倒産し、住む家も追われ、路頭に迷ったあの日。
あれから20年、家族4人、なんとか生きて来れました。
目に見える助けと目に見えない助けをたくさん頂きました。
そして、多くを学びを頂きました。
人の気持ちが判る人間になる為に、
神様から頂いた最高のプレゼントだったと、しみじみ感じています。
全てが順調ならば、きっと一生解らなかったでしょう。
生きているうちに、気が付いて良かった~
何と恵まれているんだろうと実感しています。

→ 塞翁が馬を地で行っている人生ですね。
コメントありがとうございます。

==========
情報を鵜呑みにせず(客観的事実を)自分の頭でもう1度考えること、自分の半分は間違っているかもしれないと思うことはこれから生きていくのに本当に必要なスキルだと思いました。(あと、自分が本当はどう感じているかという感覚的な部分も…。)

→ 私は特にこの「感覚的な部分=嗅覚」が大切だと思います。
このブログでも「心の羅針盤」について今後も考察して行きたいです。

==========
子供の頃、師走になると毎年祖父が、無償で親戚やご近所に配るように注連縄を何十個も作っていた光景が思いだされます。

→ 良いお話ありがとうございます。おじいちゃん。ありがとうございます!!!

===========
それでも、私の「とりあえずは様子見」という意向は尊重してくれるようなのでそれは感謝したいと思いました。
後はもう気が変わるように祈るしかないし、もしもの場合は食生活でサポートするしかないのかなと思いました。

→ 現時点では最善だと思います。お知らせありがとうございます。

==========
お天道様を守るためのかさぶたは必要ないけど、お天道様はかさぶたの下の痛みを同じように感じながら(何しろお天道様と人は切り離せない関係ですから)暖かく見守っていると思います。

→ コメントありがとうございます。かさぶたの話にも言及できたらなと考えております。心の治癒力について。

==========
恒常な実体はなく縁起によって存在する事を悟られているからなのでしょうか?

→ 人生天狗になって遭難しかかったのを、本当に千載一遇の幸運で生き延びられただけです。今から考えると本当に危なかったです。あぶなかった〜。

===========
わたしもどちらかと言うとゼロイチの考えだったあの頃。同僚ともう少し話し合いをすれば良かったと反省しています。

→ 自分の心の中で、そうやって解けていくことに意味があると思います。コメントありがとうございます。

==========
市のワクチン接種キャンセル等で余ったワクチンを、受けられる枠があるとききました。子育てしてない方から、受けてください、とのこと。
余剰ワクチンの廃棄を無くすため、とのことです。

どのように、お断りする方法がありますか?

→ 「すみませんが、心配なので、もう少し様子見させて頂きたいです。」
簡潔にこれだけで良いと思います。大丈夫!

①すみませんが
②心配なので
③もう少し様子見

たとえ説得を受けたとしても、この3つの単語を物腰やわらかく繰り返すこと。下手なことは言わず。です。

==========
イベルメクチンの使用について特定医薬品指定特措法案を8日に立憲が衆院に提出したそうです。
現時点で通るはずもないですが、この先、イメルメクチンが良かったんじゃないか!立憲はたいしたものじゃないか!と花畑の国民に支持され、野党が政権を、なんていうことにはならないですよね?
この出来事が起爆剤になりそうでイヤな予感がします。
考えすぎでしょうか??まるぞうさんのご意見を伺えればと思います。宜しくお願い致します。

→ ゼロかイチではないので、どこの政党でも良い法案は出してくれたら良いと思います。
ちなみにイベルメクチンを推している方の動画には一切政党名は出していないです。「衆議院議員」という肩書だけでした。

本音は離党したいのかもしれないです。本当のまっとうな政治をしたいのかも。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (25)   この記事についてブログを書く
« 心の中のお天道様考3。 し... | トップ | 心の中のお天道様考5。 一... »
最新の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神無月)
2021-06-11 09:36:08
面子メンツに囚われている方は意外と多い気がします。
一度言葉で発した事は、後に間違っていた事に気付いても面子で認めらず、詭弁や偏向、恫喝で誤魔化そうとします。

何故、人は面子の感情を持つのでしょうか?
自我の持つマイナス面だと思うのですが、自我の確立には必要なのでしょう。

私は、面子力が低いので、納得出来れば軌道修正は呆気ない程です。

世の頑固親父と面子に拘る民族も良し悪しですね。

若い頃、まるぞうさんタイプの上層の方々が居りましたが、なるほどと感じる事とちょっと違う?と感じる事と半分半分だったように思います。

まるぞうさんは迷いの森から抜け出せて良かったですね。
されど、まるぞうさんの求めるものが宗教と紙一重になりますと危険ですので、お気楽にです。

人間は、集団になって力を発揮する動物でしょう。
その集団が目指すものによって、栄か滅かに別れると思います。

人間も自然の一部と思うか、自然とは別の存在と思うのか、その両間のどの位置かによって人類の未来が描かれて行きそうです。

私はハチミツ漬けの梅干しが好きです。
.
Unknown (雑菌)
2021-06-11 10:52:47
雑菌より

私の投稿で不快な気分になられた方にお詫び申し上げます
以下、このブログで感じた事を述べさせて下さい。
(菌に例えて申し訳ありません)
宿主のまるぞうブログ⇒話題の豊富さとするどい知見とこのブログ作成の労力に驚嘆しております。抽象的な内容も半分理解できないところがありますが、心にすんなり入る感じがして、もっと知りたい読みたいと感じる自分がおります。
読者の常在菌さま⇒宿主との関係が良いなあと思います。お互いのコミュニケーションは良好で、読んでいて勉強になります。
時々、宿主の弱点をついてそれを正そうとする強い菌もおられます。
宿主に負けず劣らずの理論をおっしゃるのですが、雑菌の私には内容が難しすぎます。
何回読み返しても頭に入ってこないし、理解できないのです。ただただ不快感が残るだけです。
宿主と強い菌の会話を理解できない自分が情けなくなることがあります。
お気の毒と言われても仕方がない自分を感じます。
この先、一部の常在菌が暴れてこのブログが日和見感染症を起こさないように祈念しております。
今後も宜しくお願い致します。
精神統合、統一されます。 (BARTH)
2021-06-11 11:07:05
『今』から、統合統一された現世へと急加速で移行していますから、自我とお日様は一体化しないといけなくなります(笑)

もう、直結と成ってしまいます(連結器)
Unknown (Unknown)
2021-06-11 11:48:34
まるぞうさん、今日もありがとうございます。私の職種はキャンセル待ちでの接種優先になりました。今のところ60代の職員1人が1回目の接種が終わっております。私は心配だから様子を見ていますと職員に伝えていまよ。それと、まるぞうさんの記事・資料を何枚か印刷してタイムカードの近くに置いています。若い女性が多いの職場なので、のらりくらりで行きたいと思います。家の梅の実、高い所は取れなかったのですが、朝夕に落ちている実を拾っています。ほんのりと黄色く、良い香りがします。
Unknown (ミント)
2021-06-11 13:02:59
まるぞうさんのご意見、大変ありがとうございました。
広い観点で教えて下さり、とても勉強になります。ひとつの点だけ見ての判断は視野を狭めてしまいますね。本当に、ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2021-06-11 13:19:35
一貫してい言っているのはまるぞうさんが「障害者の正当な権利の主張をクレーマー扱いしたこと」「正当なクレームと悪質で理不尽な迷惑行為を一絡げにして非難したこと」に対する指摘です。
それを「まるぞうさんに噛みつく」と捉えてしまうところが非常に極端です。
また、不快感はその人が感じることなので私にはどうしようもありません。ただ、不快感を感じさせないように事実を歪めることもできません。
人間、自分が思いもしなかったことを指摘されるとたしかに不愉快になります。

障害者差別をやめましょう、これだけなんですけどね。
自分の差別を見るのはたしかに嫌ですね。これは差別ではないと否定したり、指摘した人間を貶めて除するほうが楽でしかも気持ちいいです。

気になっているのはたま♪さんの投稿が途絶えていることです。本人の意志かまるぞうさんがわざと不掲載にしているのか、心配しています。私のコメントもかなり不掲載になっているので、もしかしてたま♪さんも排除されているのかなと勘ぐってしまいます。
私はたま♪さんと同心円ではありませんがどうしてもペアにされてしまうのも不本意ではあります。

彼女は自分の考えを彼女なりに言葉を選びながら紡いでいると思います。その誠実さがなぜ伝わらないのか、お天道様と言っているわりに残念です。

まるぞうさんはこれまでの苦労を昇華し活かして今を創ったのだと思います。そのお天道様の光と温かさは、今まで自分の知る人種にしか当てられなかっただけなのかもしれません。光の当て方が偏っています。
障害者やマイノリティの人達にも、これから照らせるよになればいいな、と思います。
Unknown (Unknown)
2021-06-11 13:33:25
まるぞうさん
ワクチン現場に、抜き打ち検査って。。。
そこまでするとは驚きですが、
実際に
原液で打ったり、
薄め過ぎて打ったり、
同じ針を使ったり、
同じ人に二度打ったり、
保管冷蔵庫の電源が切れていたり、
ワクチン接種は、コロナより怖いかも〜
どこの会場も、ガラガラの様子。

きっと神様が、必死で、日本国民に、打たせない様に御守り下さっているのですね。
Unknown (紅色カーネーション)
2021-06-11 13:37:14
こんにちは
いつも生きる指針となるブログを有難うございます
思い遣りという言葉を目にするたびに、ああ,私は今思い遣りがない生き方をしていると自覚します どこかで頭に入れた誰かの知識や言葉を思い込み、自分に対しても人に対してもそれを自信を持って振りかざして、後から自分の滑稽さに驚き恥ずかしくなり、拝読が日課の某ブログとこちらのブログで軌道修正し、また繰り返す…
一日はとても早く短いのに悲しいことにその繰り返しです 
今日、今から言い訳や反省する間も無く掃除にとりかかろうと思います 
一歩一歩亀のようですが💦
コメントも色々な意見がありますね 良いですね とても良いと思います 皆んな一生懸命生きてますね 有難うございます
Unknown (SHO_KO)
2021-06-11 13:54:42
まるぞうさん、更新ありがとうございます。図解のロボット表情がかわいくて好きです(^^)
・ネット情報は本当? コロナワクチン「副反応」で健康被害、補償受けられる?
https://news.yahoo.co.jp/articles/d010a56754ec5006d171cad91aeb06a07767298b?page=4
>厚生労働省の「予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について」(令和3年2月17日から5月16日報告分まで)によると、COVID-19のワクチンの副反応疑いは、推定接種回数611万2406回のうち7297件(0.12%)。このなかで、重篤として報告されたのは846件(0.01%)。また、接種後に死亡した事例が51件(0.0008%)あった。
 ただし、重篤と報告されたもののうち241件は、ワクチン接種との因果関係は不明だ。また、専門家の判断では、これまでの死亡事例については、いずれもワクチン接種との因果関係は評価できないとされている。
→認定されない場合「予防接種健康被害救済制度」があるそうです。

▽厚生労働省HP
申請には、予防接種を受ける前後のカルテ等、必要となる書類がありますので、お住まいの市町村に
ご相談下さい。健康診断書などが必要なのでしょうか・・??
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/

・原田曜平さんその後 6/8ツイッター抜粋
(5月10日接種の基礎疾患もアレルギーも一切なかった父は、重篤な副反応が出て、医師も副反応の可能性を認め、もう一ヶ月近くも経ったのにまだ厚労省の報告書に記載されていない)
https://twitter.com/YoheiHarada/status/1402064072426721282
Unknown (たま♪)
2021-06-11 14:57:04
うーーーーん。
難しいコメントばかりしていたみたいでなんだかすいませんでした。
私は、まるぞうさんのように多数の方とお話しようという気持ちがなかったので、まるぞうさんさえ分かればいいよ、と思って書いていたので申し訳ないです。
理解できないからってお気の毒とか全く思わないですよー。
私については、説明下手で、しかも話があっちこっち行く人だか分からなくて当然というか、ああ、宇宙人がシマウマ語を話していたんだーとか思っていただければ幸いです☆

もしも説明しても良いのならば、
まるぞうさんの弱点を突きたかったというよりかは、こんなに尊敬してきた偉大だと思っていたまるぞうさんが、何故××という行動を取ったのか?その理由は何だったのか?を知りたかっただけです。もう解明できたので、解消されました。

まるぞうさんが、過去の自分のシガラミの話を書くことで、勇気づけられる人も多いでしょうね。
昔は思いやりを出せずに後悔までした人でも、今ではこんなに親切で皆のために尽くす人に変われたのだから。誰だって頑張れば変われるんだっていう身近な生き証人になっていますもんね^0^

ああ、また長々と書いてしまった(◎_◎) 

私に関しては長年の疑問が解消されたので、今後はまるぞうさんの解説の邪魔をしなくて済むと思いますが、色々不快に思われる方もいらしたみたいですので、すいませんでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事