まるぞう備忘録

無題のドキュメント

想いと現実化の考察。2

2020-11-21 10:54:43 | 陰と陽の理論

防災カレンダー 
新潟県中越地方から東方向





 現在Amazon Primeで配信されているアメリカドラマ「ユートピア〜悪魔のウイルス」はまさにこの時期という猛毒注意の内容でした。


 以下ネタバレあります。この猛毒ドラマこれから観るよ。という方はご注意くださいね。
 それでは、ユートピアの中にある三つの猛毒について。



猛毒1 陰謀組織の手口。

 このドラマの原作である英国のテレビシリーズは2013年放映です。まだ人々はパンデミックなんて現実に起きるなんて。と思っていた時代の製作です。しかしAmazonでリメイクされて全世界に配信される今この2020年。まさに洒落にならないという話です。

 このドラマはアメリカ国内でウイルス感染が蔓延するというお話です。そしてこのウイルスは地球の人口を減らす計画で作られそして全米に撒かれました。
 重要なのは、ウイルスそのもので地球の人口を減らすのではなく、特効薬と称して国中の若者にワクチンを打たせること。そのワクチンは3世代に渡って人類を不妊にする。という壮大な人口削減計画でした。(人口が100億に迫り飢饉や戦争で人々が生命を落とすなら、人類そのものを不妊させて人口を減少させることが地球と人類を救うことなのだ。ドラマ終盤に明かされるプロジェクトの全容)

 最初は謎だらけ。パリーポッターと同じ英国原作ですから主人公たちは一つずつ謎解きをして、最後には巨悪黒幕の企みを暴きます。果たして彼らはワクチンの配布を食い止めることが出来るのか。

 世界中でCOVID-19の犠牲者がうなぎ上りの現在、この「ウイルス陰謀ドラマ」を全世界に公開するのは猛毒でありましょう。

 そして陰謀論者が好みそうな話。黒幕はどうやって大衆を動かしていくのか。という手口が非常に具体的に出てきます。これって本当にフィクションなの。言われてみればいかにもありそう。彼らならやりそう。そういう手口の数々。
 これはウイルスの話というより、今アメリカで起きている大統領選挙の話なんじゃないの。マスコミを使って世論を誘導したり、票の数を操作したり。
 たとえばビルを爆弾で破壊して崩した事象なのに、全世界の99.99%の人は飛行機が突っ込んでビルが爆破したと思い込んでいる。(この話も猛毒だからやめておきます。)
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/d9b188505a32ba6129c618e747c3c392



猛毒2 残虐性の発火。

 とにかく残酷なシーンが続きます。目を背けたり早回しスキップしなければ最後まで観れません。まるでこのドラマは、人の深層にある暴力性や残虐性を時限爆弾のように発火させる仕組みがあるかのようでした。個人の感想です。

 先日も新宿でホームレスの高齢女性をいきなり撲殺した事件がありました。自分の中の暴力性や残虐性を抑えられない人もいるのです。そういう傾向を持つ人がこのドラマを観たならば。サブリミナル効果で。時限爆弾のように暴力衝動が発火する。このドラマの演出にはそういうサブリーダーの猛毒を感じました。



猛毒3 陰謀論で大衆を操作する。 

つづく








■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想いと現実化の考察。1 | トップ | 想いと現実化の考察。3 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-11-21 12:42:29
映画は見る気ないですが、近年、ゲームや映画が示唆してるのは感じます。
4~5年前から顕著に感じるようになりました。たとえば最近では緊急事態宣言のころに動画みてたら、バイオハザードRE3のプロモーションCM入って、発売時期考えて開発したと思えるくらい今の御時世にタイミングいいなと思いました。4月3日発売だったので。でも、ウイルスのパニック設定より大手製薬コングロマリット企業の設定のCMの最後当たりのアンブレラ社のCM
「献身、誠実、品位 これこそまさにアンブレラ社の基礎をなす基本的価値観なのです」こちらの文言のほうが響きました。
普通に企業理念とかに掲げられてそうだし企業CMしてそうと日常感を感じられたからです。
もし、地球に人類や動物が死滅したら都市部や地球はどうなる?の空想画像などよく入ったり見たりはしました。動物が死別した世界はともかく人間が絶滅した後の映像は、皮肉にも緑溢れて凄く綺麗だったです。その辺の画像は環境動画としてよくでてました。実はUSBのデータの記録より、紙やら大昔の羊紙に書かれた書のほうが残るんですやら。
また、アメリカが終わる日というタイトルで何気に気になると、このゲームがでたことも当時いくつか話題にしてるのもみて、ウイルスのタイプ違っても何かの示唆はかんじました。
The Last of Us
https://ja.wikipedia.org/wiki/The_Last_of_Us

異色なところは「傲慢と偏見とゾンビ」かな。予告は、あの名作が感染とか、地図の場所の映像が感染区域として広がっていく映像はミラ・ジョボヴィッチが主演したジャンヌダルクの映画の予告の冒頭とか、トム・クルーズのワレキューレの予告と同じみたいと思いました。地図があってウイルス汚染地域や領土や侵攻していく地域として広がっていく
Unknown (Unknown)
2020-11-21 12:50:37
テックさんの映像みたらビルゲイツさんは、結構前から予測してたみたいですけれどね。
もし予感を感じてる人がいても、3年前に少しでもこんな話したら「妄想」トンデモ論好きと馬鹿にされたり揶揄されたりしたんだろうと思います。
ウイルスは予測できなかったけれど、10年近く前かな、まだAIがSF話のころ、日経やらではその流れでてたし、作業用重機扱う社長がグローバル化の波と共に社員は削減して機械にまかせる、女性社員の割合増やすの日経記事よんで、「将来的にマトリックスというか機械と競争しそうで怖い」とさる掲示板でいうと、見知らぬ人らがワラワラでてきて、「機械にまで競争意識燃やすなんて大変ですね~♪」みたいな馬鹿にした口調でで複数名に揶揄されたことはありました。あのころから何か時世代技術は日経テクノロジーなどでは出てたけれど世間一般では大きく語ってほしくないという何かがあったと思ってます。当時はAIとかいってもSF映画の見過ぎですね~~と笑われるのが落ちだった風潮でしたから。
Unknown (今日もありがとうございます)
2020-11-21 14:09:52
コロナワクチンの安全性に不信感を持っています。
今年はインフルエンザワクチンも接種しない予定です。
仕事帰りにジムによって運動をして、夕飯は軽く済ませて必ずお風呂に入っています。今はすっかり低体温が改善しました。あとは、感染したら仕方ないと腹を括る覚悟がありますよ~。いろんな事に執着しないよう気を付けて頑張ります。
まるぞうさん、いつも本当にありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2020-11-21 17:27:16
想いと現実化の考察シリーズは考え深いです。これ迄の人生を振り返ってみて、何十年か前に、実現するかどうか分からないけれど、こう成っていたら良いな〜と想った事が、30数年を経て実現した時は、自分でも驚きました。主人に言っても一緒に感動はしてくれませんでしたが。出すべきものは潔く出し、自分なりに質素倹約を心掛けて過ごした年月は間違って無かったんだと思いました。このシリーズも興味深いです。楽しみにしてます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰と陽の理論」カテゴリの最新記事