まるぞう備忘録

無題のドキュメント

時事ネタ。

2021-05-27 08:54:09 | ──





 読者の方に教えて頂きました。昨日発表された「新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要」です。
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000784439.pdf
 接種拡大に伴い今後更に増加していくことでしょう。



COVID-19の免疫が本当にない基礎疾患のある高齢者の方には。

 知人の高齢女性が早速mRNAワクチンを接種しました。
 彼女はほとんど副反応がなかった。と言います。

 私の素人考えでは彼女の体内にはやはりこの1年COVID-19免疫はほとんど出来ていなかったんだなあと思いました。
 基礎疾患のあるその女性は、本当にCOVID-19に感染することを恐れて、この1年間ほとんど外出していませんでした。
 買い物も通販で済ませ、でもやむなく外出する時は帰宅時に荷物も上着も毎回アルコール噴霧消毒するという徹底ぶりでした。

 そういう彼女でありましたから、mRNAワクチンを接種したことは、体内の免疫部隊にSARS-CoV-2に対する警戒の実績が出来たことは良かったと思います。

 ただし2回目の接種はいるかなあと思います。
 あのワクチンの接種量は我々より体格の大きな欧米人を基準にして算出されております。
 小柄な女性でしかも非常に痩せている彼女には量が多いだろうな。1回で十分じゃないかなと素人考えに思っています。

 私は身体の免疫の精妙さを信じておりますので、一回に刺激でも十分効果がある。研究者の検査では抗体は消えたように見えても、検疫部隊の閻魔帳は一種類だけじゃないよ。と思います。

 だから厚労省の発表で、一回目の接種はしたけれど、二回目はちょっと様子見をする。という高齢者の方が御自分で考え直すきっかけになればいいなと思います。



本来は癌治療の望みの光。

 mRNAワクチンそのものは癌治療に効果があるとされます。
 本来免疫部隊が排除しなければならない癌細胞が、なぜか見逃されて体内で異常増殖してしまう。
 これをその人の癌細胞を抽出してワクチンを作って、その人の免疫部隊に「これは悪玉さんですよ」と配布してあげる。
 これによって免疫部隊が異常繁殖した癌細胞を排除してくれるようになると、癌治療に大きな恩恵になるでしょう。

  健康な細胞との我慢比べになる抗がん剤治療よりも、はるかに患者さんの身体の負担をかけない、ピンポイントの免疫治療となるでしょう。

 このようにmRNAワクチンは、使う症例によっては、そのワクチンのもつ副作用(長期的な免疫疾患の危険性)よりも、ワクチンの治療効果の方が何十倍もあるのです。



私たちは自分自身で白と黒の世界を作ってそこに住んでいる。

 私たち旧人類はどうしても世界をゼロかイチで判断してしまう癖があります。
 しかし世の中はいろいろな要素が多重層で共鳴して進んでいます。
 ゼロかイチではない、多彩な色彩の世界の景色を観てみたいなと思います。


私が観ている世界。白と黒。ゼロとイチに自分で分けて、私は自分の創ったゼロとイチの世界観の中で生きています。


その白黒の色眼鏡を外してみました。



おまけ
この動画は興味深かったです。
許せない相手を忘れられない3つの原因【心理学】





おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
・子宮から出血の女性が死亡,めまい等で入院の女性も…ワクチン接種とアナフィラキシー疑い 専門家の見解は 5/25(火)20:12配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/281e715c09465e3f96f4d0d6a6717d75b1b98a8c

→ 情報ありがとうございます。本当に重要なことだと思います。
「これに対し伊東医師は「今のところ、ワクチンと症状の因果関係が証明されたものはない。なので、この一件でワクチンが危険だと判断するべきではない」と話しています。」

一般的な薬は「安全であることが証明できない限り使うべきではない」という基準だと思いますが、mRNAワクチンに関しては「危険だと証明できない限り使うべきだ」という論調なのがおかしいです。

危険は承知で、各自が自己責任で判断することだと思います。

===========
本日大雨
関東 東海に大雨です。皆既月食から満月で防災意識でしたけど、大雨にてグラグラ和らぐ?ただ、今度は水害注意ですね。

→ 情報ありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 【mRNAワクチン】 免疫の閻魔... | トップ | 平凡な風景。かけがえのない... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-05-27 10:20:04
欧米では2回目接種を促すよりも
未接種の方の1回目の方を優先させたい国が増えているようですね。

欧米でも2回目で予想以上の副反応に悩まされる人が多いようです。
口コミの広がりで接種を控える方が増えているようです。
Unknown (Unknown)
2021-05-27 10:48:19
ほとんどの日本人に不要な物を、外圧に負けて受け入れ、半ば強制的に接種し、死者まで出しているように、私には見えます。
まるぞうさんは、よく陰と陽と言われますが、このことで日本が救われている面もあるのでしょうか?
閻魔帳 考察 (Unknown)
2021-05-27 11:26:04
お忙しいところわかりやすくお伝えして頂き有難うございます。
見た目の抗体価が減っても閻魔帳にはしっかり記憶あるみたいとの報告が超有名な雑誌に出ていました。私達の体の職人技は本当に複雑で何億年の命の努力の結晶であり、敬意を払うべき物だと思いました。
ただ、専門家からは、これは本当の感染だから、枠は別だと言われそう。でも、疑似感染でも同じ反応が起きる可能性は否定もできない気が。一回でも効果あり?逆に過ぎたるは及ばざるになったら、、。

https://www.nature.com/articles/s41586-021-03647-4


長寿命の骨髄形質細胞(BMPCs)は、持続的かつ不可欠な防御抗体の供給源である。コロ助に感染した回復者は、再感染のリスクが著しく低い。しかし、抗コロ助血清抗体は、感染後数カ月で急速に減衰することが報告されており、長寿命のBMPCが生成されず、このウイルスに対する体液性免疫が短命に終わるのではないかと懸念されている。ここでは、軽度の感染を経験した患者(n=77)において、血清中の抗コロ助スパイク(S)抗体は、感染後4カ月で急速に減少し、その後7カ月かけて徐々に減少し、少なくとも感染後11カ月で検出可能となることを示した。抗S抗体価は、感染から7~8カ月後のコロ助回復期患者18名の骨髄穿刺液から得られたS特異的BMPCの頻度と相関していた。コロ助感染歴のない11人の健常者の骨髄穿刺液からは、S特異的BMPCは検出されなかった。この結果から、S結合型BMPCは静止していることがわかり、長寿命のコンパートメントの一部であることがわかった。また、回復期の人には、Sタンパク質に対するメモリーB細胞が循環していることが確認された。以上のことから、コロ助感染は、ヒトにおいて強固な抗原特異的、長寿命の体液性免疫反応を誘導することが明らかになった。
Unknown (Unknown)
2021-05-27 12:57:56
5/26の記事のコメント返答に、「人類にワクチンを広めたい勢力の人がいれば、こういう噂を流す人は役に立つと思います。」と記載してあり驚きました。
まさしく私の友人がコ◯ナなんて嘘だ運動に一緒懸命です。
SNSだけに留まらず個別にLINEまで送ってきて自分の主張がいかに正しいかを分かって欲しいようです。
その友人は家族の問題があるにも関わらず、自身の健康問題で仕事も出来なく家族と暮らさざるを得ない状況で、これまでも今も大変な思いをしているのですが、そのストレスを世の中や政府にぶつけているような感じに思えてならなく、私としてはただじっと見守るだけになっています。

自作自演は、、どうだろう?
多分出来ないタイプだと思うので、もし上手く利用されているとしたらただただ不便です。
Unknown (Unknown)
2021-05-27 13:37:31
まるぞうさんいつもありがとうございます。私は後期高齢者ですが、同じ年代の人達とコロナについて話すのはある種タブーになっています。というのもみんな私みたいにネットを見る人間というのは少数みたいで(特に女性)みんな私ほどコロナワクチンに心配しません。それで私はもう、心を閉ざそうと思っています。私はどんなことがあっても受けない。いろんな情報がありますが最後は自分のカンだけを頼りにしてゆこうと思ってます。
前期高齢者のまちがいです。 (Unknown)
2021-05-27 16:50:37
ごめんなさい、後期高齢者ではなく前期高齢者に近い年令です。でもまあいろんな目に遭ったので息子の言うことなど馬耳東風で聞き流し、注意はしますが自分流にかけてみようと思ってます。
お薬の処方量の違い (三月の桃日和)
2021-05-27 17:05:45
例えば、中耳炎で処方された抗生物質の量を思い出しました。アモキシシリンという抗生剤で、日本だと250mgを1日3回(大人)だそうです。で、欧州住まいの私に処方されたのは1000mgの錠剤を1日3回でした!⋯2日後、全身に蕁麻疹が発生してショゲました。それまで抗生剤でアレルギー反応を起こしたことなどなかったのですが。「これってゾウさんかディノザウルス用の量じゃないの?」と思い日本の実家に電話して報告したら、医師の家族がたまげてました。それ以来、こちらの医者にかかるときはこの経験を話すようにして、量を調節してもらってます。わたしら日本人は欧米人とのカラダの造りが違うんだから〜!と。
Unknown (Unknown)
2021-05-27 19:10:22
・【速報】ワクチン接種後の死亡事例が県内で初めて発生 宮崎5/27(木) 16:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/014b75e71d717abcd5a88ddc6b5173aa0a9b4f9d
ワクチン接種と死亡の因果関係は不明。
亡くなったのは基礎疾患のある60代女性で、5月17日に1回目のワクチン接種をし、20日に副反応(疑い)が出て22日に死亡。腹痛を訴えて医療機関を受診した。
アナフィラキシー反応はなかったという。
ワクチンと死亡の因果関係は評価不能としている。
Unknown (Unknown)
2021-05-27 22:49:35
https://twitter.com/EARL_COVID19_tw/status/1397719649249157121?s=19

ご参考まで。
精神疾患からの自殺者も (ひなぎく)
2021-05-28 07:09:59
まるぞうさん、おはようございます。
コロナワクチンを打った後の死亡者に自殺者が2名でています。

特にこちらの25歳男性は、コロナワクチン接種後に精神錯乱で自殺した方は、 基礎疾患なし、既往歴なしで4月23日に一回目接種、4月27日高速道路で走行中の車から飛び降りて死亡しています。
以下のまとめにかなり詳しく載っています。

ファイザー製ワクチン接種後に精神錯乱し自殺。厚労省はワクチンを原因に挙げる報告書に異議。特定ロットに言及する声も
https://togetter.com/li/1720876

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

──」カテゴリの最新記事