まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【転職】 今の職場で人間力を磨く。

2020-10-29 09:45:36 | まるぞう経営学


「会社を見返してやる」そう言って早期退職を選んだシニアたちの末路
自分の力だけでは何もできない
寺田 淳 プレジデントオンライン 2020/10/28 9:00
・・・
【事例1】処遇への不満からの選択
・55歳営業企画部部長

「なんで生え抜きの私が彼の下風に立たなくてはいけないのか!」彼の不満は企画部生え抜きの自分ではなく、他事業部から異動してきた「外様」が部のトップに就任したことでした。正直な話では実力差があることは認識しており、年齢も近いため、ほぼ自分が企画部長になる可能性が無くなったことは感じてはいたのですが、結局「この会社は自分のポテンシャルを活かせないダメな会社、組織だから」という結論に納得し、早期退職に応じました。できれば同業他社に再就職をして見返してやると考えていましたが、10カ月間の再就職活動は全て虚しい結果となり、ようやく異業種で契約社員として営業職に就いたそうです。
・・・
【事例2】本音と建前の見極めの失敗
・52歳営業所長

「得意先だけでなく、競争相手の同業他社もことあるごとに私の営業センスを称賛してくれて、すぐにでもウチの会社で営業マンを鍛えてほしいと言われ続けていたんです」
「そりゃ、営業一本で首都圏の大型拠点長を同期のトップで就任したという自負がありましたし、まだまだ自分のノウハウやスキルは役に立つとも」

この営業所長は若くして所長に就任したものの、その後やや伸び悩んでいました。そこで「この好機を活かしてステップアップを目指す!」と早期退職に応じたのですが、見事な手のひら返しで同業他社への再就職は叶わず、結局は人材派遣会社の派遣社員に落ち着きました。
・・・
【事例3】自負心の取り違え
・47歳企画課長

この企画課長は、営業職から企画職に異動し、何度も高い実績を残した企画を手掛けてきましたが、課長職も5年が経つ頃、次第に不満を募らせていったのです。その会社では50歳で課長職というのが平均的で、遅れているどころか人並み以上の肩書だったのですが、本人はこう話していました。(略)

ですが会社からの評価は正反対でした。
「いくら言っても自分ひとりで全てをやったような錯覚に気付かない」
「あの新製品だったら誰が担当してもあの程度の実績はあがった。そんなことすらわかってない」
「部下に対しての感謝が皆無」(略)

「自分ならどこにでも居場所がある!」というのが退職の挨拶だったそうです。

この方とは、残念ながら1年後から音信不通になりました。
・・・
【成功例1】自分の強みを考えていた
・60才関連会社常務取締役

「親会社で言えば取締役一歩手前の役職でした。65才までは雇用延長の途もあったんですが片道1時間半の通勤をあと5年も続けるのはちょっとと思い、応募しました」
「工学部出身で現場主義だったこともあり、ここは60の手習いも厭わず現場仕事を探そうと役職・肩書無用で活動をした結果、自動車部品の開発スタッフとして平社員で再就職できました」
「いざ配属されると、そこは自分以外30才以下のメンバーばかりという別次元の職場でした」
「当然、息子以下の年齢のチームリーダーに仕えて現場仕事を始めました」
・・・
【成功例2】第三者の意見を受け入れていた
・53歳経理部長

次は、少々変わった形での成功例です。

「実は早期退職の最大の理由は住宅ローン完済のためで、あとは何とかなるだろうと気楽に考えてました」と、早期退職の理由は、一見すると感心できないものでした。しかし、彼は少年野球の監督を手弁当で長年続けており、社外の人脈はごく自然に多岐にわたっていたのです。

「でも、一応まだ在職中に子供つながりのいろいろな人たちに自分でもできる仕事は何だろうかと尋ねたり、自分の強みについては聞いてました」
「その結果、いざ退職した際に、いきなり五指に余る再就職口を紹介してもらいまして、退職後わずか2カ月で再就職できました」
・・・
https://president.jp/articles/amp/39779


会社の評価は大抵の場合正しい。

 私も友人や知人から転職したいという相談を受けることがあります。その時の私の答は「転職しないで今の会社にいた方がいい」というものです。

 当然その彼は今の会社がいかにつまらない職場なのかを私に力説してきますが、それでも私のアドバイスは「今のまま残った方がいい」です。

 もちろんその会社が違法ブラックパワハラの場合は別です。自分の身体と家族を守るために即対応行動とるべきです。*1
 そうではなく、ただ「自分が認められていない」「会社の自分の評価が低すぎる」という文句の場合は、「今の会社に留まるべき」が最善であるケースはとても多い。(一部例外はあります。下記に述べます。)
 ただ私の助言に関係なく、辞める人は辞めてしまう。辞めたことで社会の厳しさを知るのもまた仕方ない。長い視点で御本人の塞翁が馬になればいいなと願います。

・自分が会社に与えている貢献
・会社が自分に与えている評価

 実はこの二つは多くの人はきちんとバランスしている。私の経験でそのように思います。だからもし「自分に対する評価が低すぎる」と思う人は、かなりの確率で勘違いと言えます。



一緒に仕事して欲しいと他所からお誘いがあるかどうかが一つの目安。

 しかし中には本当に会社の評価が低い場合もあります。自分はそのどちらだろう。簡単に知る方法があります。

 それは「あなたと一緒に仕事したい」というお誘いがあるかどうか。です。
 勿論、今すぐにはお誘いの声はないかもしれません。しかし今の会社勤めをしながら、「では自分は今の会社の看板を外して、自分の身体一つでどういう社会貢献が出来るのか」という「自分の価値を社会に問う」活動をしてみることをお勧めします。



「人間力」の人材はどこも引く手あまたという現実。

 世の中実は本当は人材が不足しているのです。
・自分から発案して動ける人は本当に少ない。
・自分で責任をとる。お客に対して仲間の責任もかぶれる責任感の人は本当に少ない。
・事前にリスクを計算して3手先まで見越して行動できる人は本当に少ない。
・人の意見に耳を傾けて自分の主張を変えられる柔らかい人は本当に少ない。

 このような「人間力」を持った人材は本当に少ない。ので、そういう方は、自分のところで是非一緒に事業をやってもらいたい。そういう声がかかることでしょう。
(そして本当の「人間力」の人材なら、今いる会社も放っておかないでしょう。)



今の職場は「人間力」を鍛える絶好の場所。

 これからの日本社会は100歳現役の時代に近づいていく。私はそのように考えています。だからどちらにしろずっと今の会社のお世話になり続ける人より、職を何度も変える人の方が多くなることでしょう。

 その時に一番の財産は自分の「人間力」でありました。
 そしてその「人間力」は今いる職場でも充分鍛えることが出来ます。

 「自分を評価しないこの職場を辞めたい」という視点をちょっと変えて「いずれ自分はこの職場を去ることになるのだから、その時までに、給料を貰いながら『人間力』を鍛えよう」という視点は如何でしょう。



周囲が放っておかない人材。100歳現役の時代に向けて。

 私が一緒に働きたいという人間力のある人材とは

・最悪を想定して備える努力のあとは、仕方ないと腹を括れる胆力の人。

・小さな警告(自分より立場の弱い人が発するもみ消したい耳の痛い警告)に耳を傾けられる勇気の人。

・自分は半分は間違っている。相手の半分は正しい。という視点が持てる柔らかな人。

 そういう人間力の方は、私が声をかけるまでもなく、周囲が放っておかないことでしょう。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
敵味方判定が悪いのではなく、敵判定で極端な行動や感情的なを取る幼稚さが問題なのだと思います。

→ そうですね。私達は無意識のうちに「敵味方判定という衝動」に操られていないか。と自問自答することがコツであります。

自我の本能の衝動が半分。これも大切。
自分と相手という区別のない俯瞰した視点が半分。
この半分半分のハンドリング。人生というツーリングのコツ。

==========
半分半分という言葉だけが一人歩きすると、彼の国お得意の「どっちもどっち理論」に繋がりかねないので、何かいい方法はないですかね?

→ 半分半分とは自分の心に問う扉であります。ゼロかイチしかないと思いこんでいるロボット自我の催眠術を目覚めさせる「パチンという手拍子の音」です。

ゼロイチの鎖の縛りが解けたあとは、いずれにせよ各自の自由判断となるので問題ないというのが私の考えです。いかがでしょうか。

==========
女の人で私をどうしても辞めさせたかった人に関しては、どんなに面子を立てても、こちらが下だという対応をしても納得してくれませんでしたから。

→ その女の人がどうしても辞めさせたかった理由は、お互い似ていたからでしょうか?

==========
まるぞうさん、この頃ぶつかっている方なのですが、
良く考えたら、私と似ている所が多い事を発見しましたよ〜。あちらは、私よりもっと凄いゼロイチ思考。
程度ではないですよね(笑)。

→ ですね〜。と思います。

==========
この味方確認をしなかった正しい人が
中学時代いじめのターゲットになりました
そうは思ってなくても
リーダー格の味方でいないと
自分が血祭りに挙げられる
それは苦しい時代でした

→ うむ。。。。

==========
今更ながら、生命潮流という言葉は上手い表現だなと思いました。

→ 私が敬愛する故ライアル・ワトソン博士の著書「Lifetide」の邦題から頂きました。博士はイギリスの方でしたが、日本人古来の自然観と共通した視点をお持ちだった。と思います。

==========


おまけ2

ダイソーで二袋100円で購入した大根と人参の種を直播き。どんどん伸びています。カタバミやハコベの雑草とも共生して緑の絨毯です。大根と人参は間引きがてら毎日抜いて食べているのですが、追いつきません。^^;



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。


コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【個人メモ】 死(=死後)と... | トップ | 嵐の前の静けさだから。 »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-10-29 10:43:57
100歳現役って好きな言葉です。たとえ100歳まで生きることが出来なかったとしても、まだまだ出来るにも関わらず自分で勝手に限界を決めて、全力を尽くさずに不本意な余生を過ごすとか自分だったらしたくないからです。もちろん歳をとればあちこちガタが来るだろうし、病気やケガと上手く付き合いながらの生活になるとは思うんですが、それでも残されている能力を使ってやれることはやりたい、役に立つ事をしたい、とすこしでも思いながら過ごせたらいいなと思います。最近ヘルパーズハイという言葉を知ったんですが、人に役に立っているという感覚を感じるとドーパミンが大量に分泌するそうですね。もう一つは激しい運動をした時なんですが、これはデメリットもあるかと思うので、安全なのは人の役に立つ事をやる方かなと思います。子供を育て上げるまではガツガツと血のたぎるような生活が続きそうですが、ひと段落ついたら、いずれは色んな事を手放しながら、人の役に立てる事をしながら歳を取れたらいいなと思います。
Unknown (たま♪)
2020-10-29 10:54:24
質問いただいたことの回答です。

似ているかどうか、はよくわかりません。
彼女は私と違って、お喋り上手で、男性メンバーとよく飲みに行っていました。夜はバイトの水商売もしていましたし、政治家や公務員の地位のある人の付き合いもあり、社交的でむしろ、私とは正反対のように思えます。新入社員の若い女の子を連れて、会社の重役さんたちとの飲み会にも参加されるような方でした。

ただ、私は内面の暑苦しい性格と裏腹に、見た目は大人しくてすぐに泣いてしまいそうにみえるそうです。何かと周囲に助けてもらっているためか、「ぶりっこしやがって」と頻繁に言われたりして、そういうところが気に食わなかったのは間違いないようです。
お互い似てる?とは、私側からはあまり思えなかったです。風邪をひきやすいところ、電話での声は似てたかもしれません。飲み会に行きたいと思わない性格、彼女に迎合しようとしないところが不満だったのではないか?とは私側からは思っていたのですが、よくわかりません。

ただ、私に限らず、彼女は気に入らない人を辞めさせることを正義だと思っている面もありました。中途で入った人がすぐに数字をあげられない場合、男性であっても辞めさせようとしていましたから。仕事面で私の覚えが遅いことなども原因の一つにあったとも思います。
Unknown (たま♪)
2020-10-29 10:56:15
ちょっとほっこりしたので

https://grapee.jp/871651

血祭の世界は終わろうとしている、
んじゃないでしょうか^0^(希望的観測ではありますが☆)
Unknown (今日もありがとうございます)
2020-10-29 11:33:08
私のコメントに「ですね~。と思います。」のお返事に笑ってしまって(笑)。まるぞうさん、いつもありがとうございます。
Unknown (250389)
2020-10-29 12:45:30
葉っぱも美味しそうですねぇ。。小さい間引きのは、まるごとピクルスで、大きな大根は干してビール沢庵等もいい感じですー。
Unknown (singingkerorin)
2020-10-29 12:57:25
まるぞうさんのブログのテーマが時々自分のテーマとシンクロしていて苦笑いしてしまいます
それはまるぞうさんの人類洞
察力が投げる大きな網に
必ず引っかかるステレオタイプな魚なのかなとも思いますが
その結論に賛同出来る爽快さも癖になります

私は、非正規雇用者ですが15年勤めた職場で誰からも注意されたりたしなめられたりすることがなくなった怖さを感じ
先に辞めた同僚に誘われて資格の勉強からさせられて転職しました
転職先では完全アウェイで注意されたりたしなめられることばかり
その辛さは自分の想像を遥かに超えて更年期の私を苛みましたw
前の職場ではベテランでしたから
言われなくても解ってることばかり
ただ、やり方が
なかなか身につかないだけなのに!

が、これを修行だと受け止め
職場に入るときに一礼
挨拶はどなたにもあらん限りに丁寧に
浮かぶ文句や言い訳は飲み込んで
注意されるたび
ありがとうございますと添えていたら
一年半ようやく
楽になりました
非正規の時給などどこもどんぐり
成功したとも思いませんが
大変有意義な転職だったと思います

まるぞうさんの教え
直近の半分半分も勇気をもらいました
有難うございます

中学時代のお恥ずかしい思い出をコメントさせていただにましたが
あの時の経験が
今の囚われない私を作っている気がします
お邪魔しました
Unknown (Unknown)
2020-10-29 13:19:00
敵味方判定ではなくその後の対応が大切、に一票。
そもそもこのシリーズに対して何か違和感があったのですが、その理由が分かりました。
少なくない人が「敵判定=攻撃」と認識していたのですよね?
私は敵判定をしても攻撃することはありません。特別扱いをしない/止めるだけです。
いちいち攻撃している暇もないし、普通に通常の条件で取引をすればよいだけ(ビジネスに影響がなければ積極的無視もあり)だと割り切っています。
そういえば某国に対する日本の対応も、優遇措置を止めただけ&積極的無視でしたっけ。

もちろん、明確な攻撃を受けた場合は反撃しますよ。きちんと法に基づいて。
その意味においては、単なるビジネステクニック(交渉手段)の一環としての嫌がらせなのか、悪意ある攻撃なのかを冷静に見分けることも大切ですね。
そうかそれで多面的なモノの見方が必要と言う話をされていたのかな?
私はしがみついてますよ (jun-fumi)
2020-10-29 16:40:27
自分がまだ20歳から30歳の頃
「年収が今の倍になるんだよ!!」と得意満面で周囲に語り
「おまえらいつまでこんな所にいるんだよ」と周囲にまで転職を促す先輩、同僚、後輩達・・・。
何人も観てきました。
世の中転職雑誌ブームでもありました。
ところがですよ、この人達1~2ヶ月で元の職場に
バイトさせて欲しいと戻ってくるのです。
こんなのを何人も観ていたので周りがなんと言おうが
どんな酷い扱いを受けようが自分は今の仕事にしがみついてきました。
正直辞めたいとき、〇にたいときもあったけど、
自分はここ以外では稼げないと思っていたし
出て行った人達がバイトになってでも戻ってくるほど
ここは良い場所なんだなって解ってたから。
出て行って戻ってきてバイトになった人、音信不通になった人
失敗したら元には戻れないです。
そして又今異動先の若い子が
年収に不満があって転職すると言っている。
周囲の人は結果がどうなるのかみんな解っていて説得するけど
若い彼には解らない。
年寄り達のやっかみにしか聞こえない。
若いって怖いです。
Unknown (SHO_KO)
2020-10-29 17:32:16
まるぞうさん、更新ありがとうございます。先日は、パスコの食パンのご事情まで丁寧にお答え下さりありがとうございました。
オンエア情報 10/29(木)
・所さん!大変ですよ「原因はコロナ!? シニアの健康がピンチ」総合午後7:30~7:57
・きょうの健康 知っておきたい!危険な子どもの病気「川崎病」Eテレ午後8:30~8:45(再放送)11/5(木)Eテレ午後1:35~1:50
全身の血管に炎症が起きる「川崎病」。患者数は年々増えており、乳幼児の約70人に1人が発症、特に1歳前後に多い。何らかの感染がきっかけとなり、免疫の働きに異常が起きることが原因と考えられている。高熱や目の充血、発疹などの症状を見逃さないことが重要。10日以内に炎症を抑えないと、心臓の血管にコブができ、狭心症や心筋梗塞につながることもある。川崎病の早期発見のポイントと最新治療の紹介。
・可視化でここまで見えてきた!コロナ・ミニ▽新たな感染の仕組みマイクロ飛沫 BS1午後10:40~10:50
・偉人たちの健康診断 選「紫式部“源氏物語”を健康診断」BSP午後11:45~午前0:45
10/30(金)
・可視化でここまで見えてきた!コロナ・ミニ▽マスクと換気による効果的な対策法 BS1午後10:40~10:50
Unknown (Unknown)
2020-10-29 19:31:30
まるぞうさん、YouTubeの
第10回 共産主義という〜

バズらないのは残念ですが、私は神回とおもいますよ。

解説ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

まるぞう経営学」カテゴリの最新記事