まるぞう備忘録

無題のドキュメント

自己肯定感2。(他人に肯定してもらうか。自分が肯定するか)

2022-10-01 08:52:53 | 今日のひとり言

防災カレンダー


電離圏全電子数観測
https://aer-nc-web.nict.go.jp/GPS/QR_GEONET/AMAP/




自己肯定感についての追加メモ。

セルフ1が自己肯定感を満足させるには4つの方法があります。

1,他人に喜んでもらうこと。
 人から「ありがとう」と喜んでもらえることで、自己肯定感を味わう人は多いです。読者の方の多くがそうであることでしょう。

2,自分の道を達成すること。
 特に日本人に多い生き方ではないでしょうか。他人の評価は関係なく、自分の仕事(家事含む)を「道」として極める人。

3,他人と比べてより認めてもらうこと。
 これは1と似ていますが、その評価の基準が「他人と比べて」というところが違います。

・他人より良い成績を得る。
・他人より良い収入を得る。
・他人より良い家に住む。
・他人より良い伴侶や子供を得る。
などなど。

 他人より良いかどうかという基準はどこから来るかと突き詰めていくと、セルフ1の催眠術の幻想社会の価値観である。幼少からの躾や教育の中に、他人と比較して認めてもらう。というパターンで形成されていきます。
 でもその「他人との比較」で得られたものは、この世を去る時には置いていくものばかりですから。生きている期間の幻想ルール(牛乳瓶の蓋)であります。



煩悩は貴重な体験。ただし半分半分。

 古来からの修行者はこの「牛乳瓶の蓋の苦悩」を「煩悩」と呼んで、それを滅相することが大事といろいろ苦行をしてきたことでしょう。が、私はこの自己肯定感もまた「生きている人生ならでは」と肯定したいなと思います。ただし半分半分。

 半分はこの「他人との比較」に没頭するけれど、半分はその価値観から距離を少しだけ置きたいです。

・他人と比較して多く得られることの喜び。
・他人と比較して多く得られなかったときの苦しみ。

 その両方が必ず1セットになっていることは興味深いです。実際に「人間として人間社会で生きる」とはこういうことなのだ。なるほど世界はこういう風に観えるのだ。



テレビゲームの世界でも生きている間はリアル。

 人生相談の悩みの大半は、この3番目ではないでしょうか。
 セルフ1の催眠術の社会価値観で、得られないことの苦悩。どうして私だけ与えられないのでしょうか。という悩みもまた貴重だと思います。

 でも半分だけね。その実態は「催眠術の幻想」です。テレビゲームの中だけの価値観と同じ。だからゲームに没頭しても良いけど、半分は「ふむ。テレビの画面はこう観えるのか」と眺めて頂きたいです。せっかくのチャンス。



自己肯定感の本質は(他人の中ではなく)自分の中にあった青い鳥。

 この中で、他人とは比較のない。自分の心の底から、自分自身を肯定する価値観にたどりつく人も多いことでしょう。と思います。

・他人に喜んでもらうこと。
・自分の人生道を達成すること。



4,他人を否定することで一時的に得られる自己肯定感。

 これが4つ目の自己肯定感の満たし方です。
 これからこういう人は(一時的に)増えるかもしれません。
 でもそういう人に出会ったら、その否定の言葉の中に、一応「小さな警告」要素はないかだけを確認して、あとは大人の対応で、静かに距離を置く。

 決して同じ土俵に乗らないこと。という私的メモ。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
いずれにしても、安倍氏の最後のお顔はお安らかであった、ということと、私も思い浮かべる安倍さんのお顔はいつも笑顔であることは忘れません。

→ ありがとうございます。

==========
ああ美味しかった!と初めて言われてじーん。胸がいっぱいになりました。
私でも誰かをちょびっと幸せに出来るんだって
いう体験は有り難かったです。幸せ頂きました。

→ ご馳走様です!

==========
忙しいところ、貯金の意味を教えていただきありがとうございました。
コツコツ、コツコツ。少しずつ少しずつ頑張ってきたのに、何だかなぁ~と。

→ どちらにしろあの世にはもっていけないものです。未来の自分や大切な人のために使いたいです。
現代の日本においては、税金とは「富の収奪」ではありません。税金とは、私達を守ってくれる国に対する寄付です。そういう見方もあるのではないでしょうか。

==========
https://news.yahoo.co.jp/byline/tadafumiaki/20220816-00310528?vm=r
<不安になる国税庁からの「未払い税金のお知らせ」 偽メール・偽SMSの正体とは?

年々手口が巧妙になってくるかんじでひやひやします。特にここに出てくるauの画面なんてうっかり信じそうになる。
ご用心ご用心。

→ とにかくオレオレ詐欺と同じで、如何に人の心理につけこんで、偽のログイン画面に誘導してIDとパスワードを盗むか。彼らは100回試して1人騙されたらもうそれで御の字なのです。

逆を言うと、いくら私達が気をつけても何十回と攻撃されると、ふらりと1回ぐらい騙されて、偽のログイン画面に入力するかもしれない。だって人間だもの。うっかりすることは誰にでもある。

だから私はブラウザというプログラムの助けを借りて
・パスワードはブラウザに(ランダム英数字を)覚えさせる。
・パスワードは自分は記憶しない。(記憶しなければ、騙されてもそもそもログイン画面に打ち込めない)
という対策です。

あとiPhoneはセキュリティ対策ソフトは、インストールしなくても(一般の人は)大丈夫です。その代わりOSのアップデートは最新にしてください。

AndroidもGoogle Play以外からのアプリのダウンロードを許可しなければ、こちらもセキュリティ対策ソフトはインストールしなくても(一般の人は)大丈夫です。

逆に「あなたのスマホが感染しました」とパニックにさせて、セキュリティ対策の名前のウイルスをインストールさせる手口が危ないです。

==========
これも切り口が違うな、情報の選択と三つ以上読んでみると比較のしがいがあるなと、思いました。
・北海道~千葉の沿岸108市町村を「津波避難対策特別強化地域」に(省略)9/30(金)TBS
https://news.yahoo.co.jp/articles/cfe95e661a0543eb2f49f990660d1c2068485b77
↓印象に残ったワード
>北海道から関東にかけての太平洋沿岸を震源とするマグニチュード9クラスの巨大地震への備えを加速させるため、政府の中央防災会議は、北海道から千葉県までの沿岸にある108の市町村を、新たに設定する「津波避難対策特別強化地域」に指定することなどを答申しました。
>北海道や東北特有の課題である低体温症対策を推進する

・太平洋沖で巨大地震が起きたら…北海道の39自治体が「特別強化地域」に 津波発生時の対策も10/1(土)北海道放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/dde0d75aa3ea56f3a3df9635f162668f2c2a2d5f
1つ目と比べ、事実を伝えたという印象(個人的な感想デス)
・「北海道・三陸沖後発地震注意情報」に決定  日本海溝・千島海溝沿いM9巨大地震への注意促す情報の名称9/27(火)TBS
https://news.yahoo.co.jp/articles/96d812ed5da7f3db9d160cd63785b4a7699a9fbd
類似ニュースで古い情報。名称について「北海道・三陸沖後発地震注意情報」決まったよという内容。

→ 情報ありがとうございます。

==========
あの、コメントしていて質問したくなりました。
まるぞうさんは、いまはどんなふうに情報をとっていますか?
どんなことに気をつけていますか。

→ RSSリーダというサービスでいろいろなニュースサイトやまとめサイトを見ていますが、ピンと来るニュースは100個に1つあるかないかでしょうか。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2022-10-01 10:43:41
私は、4の人に出会ったことがありません。
だから、まるぞうさんが blogで4の人を描写すればするほど、はあ???という思いがいつも沸き上がります。
まるぞうさんは、4の人を待ち望んでるんやろか???みたいな気持ちになります。

まるぞうさんは、過去の会社上司さんとかが4の人だったのでしょうか?

もしくはご自分の中に4の人の存在を感じることがあるのでしょうか???
Unknown (たま♪)
2022-10-01 10:50:12
3と4の境目を作る理由は何なんだろうと思います。
3が色濃い人は、おつきあいするのが面倒だなあ、と思うのでテキトーに距離を置きますが。
この人は4だ、とは思ったことがないというか。。。
ピンと来ないです。
Unknown (Unknown)
2022-10-01 11:02:27
最近は、年をとったので、人のぜんこうを祝福いたします。
Unknown (今日もありがとうございます。)
2022-10-01 13:13:16
午前中は、栗拾いでした。栗ご飯、渋皮煮、マロングラッセ、いろんな料理が出来ますね。職場関係の方々を家に招いて食事会を計画しています。田舎料理です。その中にたまにぶつかる上司も入っています。仕事を離れたから、話が面白い方です。今日のまるぞうさんの記事を読んで、やはり自分に優しく、自分を労う事は大切と思いましたよ。
Unknown (解決策はないのか?)
2022-10-01 13:14:24
4,他人を否定することで一時的に得られる自己肯定感。

私もこういう方が益々増えてくると思います

同じ土俵に立たない、静かに離れる
ようにしても
(多くの対処方法がこれで終わるんですが)

質問はここからですが
それでも粘着され向こうから執拗に
追い掛けてくる場合
どうしたらいいと思いますか?
備蓄について (Unknown)
2022-10-01 20:21:22
 毎日記事を読むのを楽しみにしています。ありがとうございます。
 備蓄の量はどのくらいがいいか考えがまとまりません。本家で10年という数字もあって、一人暮らしで野菜を育てる自信もなし、1年半で私は足りるのか、静観する時間はあるのか、まるぞうさんはいつまで食料危機が続くとお考えですか。自己判断が基本ですが、こんな話をする人もおらず、もし、宜しければ、何かの機会に載せて頂ければと思います。ブログ、ありがとうございます。
Unknown (SHO_KO)
2022-10-02 07:16:02
・きょうからネット中傷の犯人特定が迅速に 発信者情報の開示手続、留意点は?10/1(土)
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6440342
「改正プロバイダー責任制限法」が施行へ。
世の流れを静かに観ていきたいです。良心に従うだけではなく、読む方へ誤解のないように言葉を尽くすよう私も努めたいと思います。
>ネット中傷の犯人特定が迅速に行われるようになる。発信者情報の開示手続が簡略化されたためで、改正プロバイダ責任制限法の施行に基づく。侮辱罪の厳罰化と併せ、法的責任の追及が活発化するだろう。
おすすめオンエア情報 (SHO_KO)
2022-10-02 08:05:13
・100分de名著~知里幸恵“アイヌ神謡集”最終回「アイヌの世界観」Eテレ (再)10/3(月)午後1:05~1:30
「序」悲しくも素晴らしい知里幸恵さんが未来に託したメッセージ
没後100年が経ちどれくらいの方に届いたのだろうかと思うとやるせなくなります。私も知らなかった。知ろうともしてこなかった。
私は関東出身で、身近に接した方にもアイヌの方はおりませんが、歴史を知る事は大切な事です。人間を理解することにつながると思います。

国葬当日の話に戻りますが、こんなことを感じました。因果応報という個人的な心の風景です。
世間の流れは、二分化しているように見えたのですが、なぜこのように分断があるのか、同じ国土に住みながらなぜ歴史や文化を破壊しようとする流れがあるのか。それは、やはりこの国にそんな因果があるのではないかなと思いました。国葬前日に放送されたこの番組の内容はつながっているような気がしました。だからこそ興味関心を持たれた方がいるならば、ぜひ見て知ってほしいそのような思いを強く持ちました。
(まるぞうさんの過去記事検索しましたが、やはり考察されていましたね!)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。