まるぞう備忘録

無題のドキュメント

論文の行間に込められたメッセージ。

2021-09-27 09:37:04 | 今日のひとり言

防災カレンダー
27日 月の最遠より3時間後09時44分

香川県中讃地域(立つ雲 飛行機雲?)
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/09/26/103156#19




論文1

 COVID-19感染や、遺伝子ワクチンで体内に生成されるスパイク蛋白が身体にダメージを与えるという論文が発表されました。

SARS-CoV-2スパイク蛋白質を介した肺血管細胞の細胞シグナル伝達について

概要

本研究では、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質だけで、他のウイルス成分を含まず、肺血管細胞の細胞シグナルを誘発するのに十分であることを報告している。ヒト肺動脈平滑筋細胞またはヒト肺動脈内皮細胞に、リコンビナントSARS-CoV-2スパイクタンパク質S1サブユニット(Val16 - Gln690)を10 ng/ml(0.13 nM)で処理すると、MEKリン酸化の活性化が生じた。活性化の動態は一過性で、10分後にピークを示した。一方、SARS-CoV-2スパイクタンパク質S1サブユニットのACE2受容体結合ドメイン(Arg319 - Phe541)のみを含むリコンビナントタンパク質は、この活性化を起こさなかった。SARS-CoV-2スパイクタンパク質による肺血管細胞の細胞成長シグナルの活性化と一致して、COVID-19患者では肺血管壁が厚くなっていることが確認された。このように、SARS-CoV-2スパイクタンパク質を介した細胞成長シグナルは、心血管や肺の有害な転帰に関与している可能性があり、このメカニズムはCOVID-19に対抗するための新たな治療標的を提供するかもしれない。

https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.10.12.335083v1?utm_source=pocket_mylist


 どれどれ。この論文の要約は。タイトルと概要にキーワードがあるんですよね。まとめると。

「SARS-CoV-2スパイクタンパク質を介した細胞成長シグナルは、心血管や肺の有害な転帰に関与している可能性があり、このメカニズムはCOVID-19の新しい治療法のヒントとなる。」

 でもね。なかなか難しい内容です。専門的に難しい領域の論文だから。というのもありますが、わざと素人にはわかりにくいような表現になっているのかも。というのが今回の考察です。

 これはひょっとしたらこの論文を書いた方々の自分たちを守る知恵なのかもしれない。
 同じ思いで研究を続けている世界中の研究者だけに「あれはやっぱりあれだったよ」と情報発信している。

 大勢の人の目にふれる「タイトルと概要」ではよくわからない。わざわざ長い本文を表示させ一番最後までスクロールしてその意味がわかるようになっている。



新しい治療法が望まれるという言葉の裏返しは。

 そして阪大のADE論文と同様ですが「新しい治療法が望まれる」という結論は、裏を返せば「今の治療法は危険ですよ」ということです。
 しかしそうとは書けないから「新しい治療法が望まれる(行間の空気読んでね」」という表現になるのだなあ。そのようもに思います。

 この論文は拡散されても多くの人には「なんだこりゃ?」とわかりづらい内容になっている。という手法によって、この論文が抹殺されず生き延びる手法をとっているのかもしれません。
 たとえば次の2つの論文なども。。。


論文2

タイトル
SARS-CoV-2に対するBNT162b2 mRNAワクチンは、適応および自然免疫応答を再プログラムする

概要
mRNAのBNT162b2ワクチンは、自然免疫応答の複雑な機能的リプログラミングを誘導することがわかり、この新しいクラスのワクチンの開発と使用において考慮すべきである。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.05.03.21256520v1?utm_source=pocket_mylist

まるぞう注記)mRNAワクチンは接種された人の自然免疫に何か変化(上書き)をもたらすぞ。要注意だよ。と言っているようです。



論文3

タイトル
mRNAワクチンを接種すると、感染時と比べて、SARS-CoV-2に特異的なIgG優位の反応が得られ、バリアントスパイクの認識率も同様に低下する

概要
BioNTech/Pfizer社のmRNAワクチン「BNT162b2」接種は,IgMやIgAに対するIgGの優位性において感染とは異なり,IgGはCOVID-19の重症患者と同様のレベルに達し,流行性コロナウイルスを標的とした抗体反応の幅は減少することがわかった。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.04.05.21254952v1?utm_source=pocket_mylist

まるぞう注記)mRNAワクチンを接種すると、新型コロナには強くなるが、旧型コロナに対する免疫は弱くなる。と言っているようです。接種者が風土病コロナ感染時のigAの立ち上がりがないことなどから。



読者の皆様へ。

 これらの論文を読み解いても決して
「このようにワクチンは危険だから私は打たない」
というようには他の方に主張されませぬようお願いいたします。

 これらの論文を読み解いてわかることは
「このような主張もあるが、事実はどうであるかはまだわからない。だから私は事実がもう少し明らかになるまで、もう少し様子を見ます」
という中立の立場を維持して頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

・ワクチンを危険だと決めつけることはNG。
・危険だと証明されてないから打て打てもNG。

 事実はワクチンが安全か危険かはまだわからないということです。世界中の研究者や医療従事者やマスコミ誰もまだわからないことなのです。
 だから安全性については、まだわからないことがあるので、もう少し様子を見る。が中立の立場であります。大切なことです。



論文1:遺伝子ワクチンのスパイク蛋白が心血管や肺にダメージを与える可能性が指摘されているが事実はまだわからない。

論文2:mRNAワクチンで本来の自然免疫が異常になる可能性も指摘されているが事実はまだわからない。

論文3:mRNAワクチンで従来のコロナウイルスへの免疫が弱まる可能性がも指摘されているが事実はまだわからない。

「こんな論文まだ査読も終わってないし、これだけじゃワクチン危ないなんて証明にならないよ。」

「はい。そうです。私はワクチンが危険だなんて一言も申し上げておりません。査読が終わって、これらの論文の指摘は事実ではない。ワクチンが安全だと証明されたら、晴れて堂々と接種させて頂きたいと思っています。」

「そんな理屈なんかどうでもいい。あんたがワクチン打ってくれないと周りが迷惑なんだよ。」

「すみません。」




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今日もありがとうございます。Twitterでは、私のヲタク垢にまで、ワクワクについて以下のような追い討ちツイートがたくさん流れてきています。

「発熱外来で感じるのは確実に東京の新型コロナウイルス患者は減少していて、数少ない陽性者は「なんとなくもう少し様子を見ようと思って…」などワクチン未接種の方がほとんどです。ワクチン接種事業は今月を最後に来月から大幅に縮小されます。打ちたい時に打てるのは今だけなのでどうぞ皆様お早めに」

「【接種を希望する未接種の方へ】国はワクチン接種を10月末。11月初めまでに接種を希望する全ての人に完了させる計画です(12歳になる人は継続)。ゆえに10月1週くらいまでに1回目接種→いま予約に動かないとダメです。以下、本日うてる情報を含めて多彩な情報があります。」

「あと、まだ予約取るのが大変だから、って重い腰を上げてない人は、9/27逃すと予約枠が減って行くから、もうさすがに行動を起こさないといけない時期に来ているって認識しないとダメだよ、って。そこも含め、11月頭からワクチンパスポート導入するぞ、って告知、宣告は非常に有意義なんじゃないかと思う」

「何度もお伝えしますが、新型コロナワクチン接種は11月をもって大幅に縮小します。
モデルナワクチンを希望される方は、10月22日までに、ファイザー社ワクチン接種を希望される方は、29日までに必ず1回目・2回目をご予約ください。
すでに80%程度の区民の方が、接種完了ないし接種予約をしています。」

→ 11月までが打て打てキャンペーンの一つの山のようですね。情報ありがとうございます。

==========
ただ上から言われて尤もな人もいれば、理不尽な搾取も多いから、社会的に評価されにくい職についていたら、やはりしんどいことはあるはずなので、まるぞうさんは素直に感動だったかもしれないが、それを目指して、また頑張れって言われても…という気持ちに、かつかつながら働いてる人はそう思ってしまうのでないでしょうか。

→ コメントありがとうございます。
もし私の記事の内容で不快に思われたり、傷つくように感じる方がおられましたら、真に申し訳ありませんでした。

==========
イギリスの女性教授、コロナは、これから弱毒化して、いずれはインフルエンザや風邪のようなものとなる可能性があると、発表しました。と、ニュースで流れ、なんのコメントの付け足しもありませんでしたが、びっくりしました!

→ 静かに見守りたいです。情報ありがとうございます。

==========
前からお聞きしてみたかったのですが、まるぞうさんのお母様は奈良のどの辺りのご出身ですか?

→ 母は奈良県の普通の市街地の出身地ですが、祖父祖母は山奥の村出身です。幼少の頃一度だけ連れて行ってもらいました。
大阪と伊勢を結ぶ丁度中間地点あたりの紀伊半島の山の中です。お正月のお雑煮のおもちにきなこを付けて食べる習慣がある地域です。
たくさん孫がおりますが、お雑煮のおもちにきなこ付けるのは今では私だけのようです。

==========
日本人のファクターXの1つは納豆だったかもしれないと想像しております。納豆最強説!
https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202109200000119_m.html?Page=1&mode=all

→ 日本食は発酵食品の文化でありますからね〜。

==========
ADEを起こす突然変異株が流行した場合のかかりやすくなる懸念点も主張すれば未接種のせいにする人も減るのでは?未接種の立場を守ることにもつながる事だから、説明の機会があればADEをしっかりと説明できることは大事だと強く感じました。

→ 将来的に接種者にADEが起きるかどうかを推測するのに、私はブレイクスルー感染(2回接種者が6ヶ月後以降に感染すること)の過程を知りたいとずっと思っております。
知りたいのは、ブレイクスルー感染時に免疫記憶によって中和抗体は産出されていたのか、されなかったのか。

・もしメモリーB細胞の免疫記憶が効かず、中和抗体が産出されないのであれば、御本人が3回目以降のショットを受けないのであれば、その方が1回2回の接種から6ヶ月以上期間をおけばADEを発症するリスクはぐっと減ります。(私はこの未来を希望します)

・もしちゃんとメモリーB細胞の免疫記憶のとおり中和抗体が産出されているのに、変異株だから効かないだけでブレイクスルー感染が起きているならば、残念ながらADEのリスクは(一度接種した人は)長期間残るということです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (21)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 風向き観察。 | トップ | 水出し番外茶。 »
最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-09-27 10:47:15
いつも読みながらまるぞうさんの頭の良さに感心します。つかぬことですが、まるぞうさんって小中高も優秀な成績だったり勉強も文理ともに出来たのでしょうか?
なんかマルチに出来そうな気がしました。
(*゜Q゜*)

余談ですが、たまたま今の若い子の就活(spiとか)問題集見ました。難しくてびっくり。そこでもスピーディーに要約したり論旨を捉える力を求められている気がしました。
ちょっと感動 (Unknown)
2021-09-27 12:20:42
まるぞうさん、いいことあったのでご報告。

女性グループ旅行を秋に控えて、打ってないのは私だけ。思い切って告白しました。
まるぞうさんに教えられた通り、頭を下げました。
ところが打った方は、
「自分は構わないけど、旅行で感染したら、あなたの方が心配よ」
とおっしゃいました。

バクシン信じて打ったのなら、打たない人を責めるのじゃなくて
心配するのが本当ですよね。
優しさに感動しました。
Unknown (Unknown)
2021-09-27 13:24:47
この間ワクチン接種後の後遺症の事例を集めた本の評価をAmazonの評価欄で読んでいましたら、強烈な評価を見つけ唖然としてしまうとう出来事がありました。多分その評価を書いた方は専門の知識がとても深い研究者か専門職、あるいは医師だと思われます。最初の少しはその本に対する批判でほぼ全否定から入り、評価の大半がワクチン接種反対派に対する嫌みと皮肉をたっぷり込めた攻撃、自分がいかに正しい推奨派であるかを証明するように、ことごとく接種後の副反応やその後に起こるであろうと思われる、症例を滅多切りに否定している内容でした。でもまあそれは多々あることだろうなあと予想はできましたが、私が最も驚いて目が点、口あんぐりになった文章がありました。もうその方の評価はその本に対する評価ではなくワクチンを接種することを反対する人々やそのような症状が現れる人がいることを真っ向から全否定することに始終する文章に変わっていました。そこからの……妊婦は絶対的に接種すべきだ。接種することが当然の義務だと言い切って私にはその文章が言っているように聞こえたのです。妊娠していても接種すれば胎児にもとても良い影響が巡りめぐって伝わるのだと言っているように私には感じました。だからせっかくした方がいいに決まっているだろうが!と怒鳴り付けられているとても攻撃的な文章に感じ、驚愕しました。読み終わって、この人はどういうつもりの人だろうか?と数日経った今でも私の心にグサッと突き刺さった文章が取れずにいます。まらぞうさんがいつも提示してくださり私たちにきな臭さや嘘を見破る訓練をしてくださっているのに、私はそういうことよりもこの人の人と成りや、この人は何をしたいのだろう?世の中に何かぶつけたい事があるのだろうか?とそちらの方が気になってしまって仕方がなかったです。この人の鬱々とした恐ろしい念のようなものが公共の電波を伝わって流れて広まるのも恐ろしいなあと感じています。
Unknown (Unknown)
2021-09-27 14:41:29
初めてコメントを送ります。
伊勢白山裏では大変お世話になっております、ありがとうございます。

ブログから、まるぞうさんの仰りたいポイントは良く分かります。
中庸な記事を通して、メッセージを伝えて下さる事に感謝です。
お身体に気をつけて、今後も滞りなく継続が続く事を応援しています。
Unknown (ひだまり)
2021-09-27 15:08:31
まるぞうさん、こんにちは。
コメントをありがとうございました。
枠珍の後のサプリメントをどうするか考えて、
松葉エキスと梅肉エキスと5-ALA
にしました。これくらいなら、子供に
飲んでもらえると思ったからです。さらに
まるぞうさんにいただいたコメントを見て
腸内免疫は大切だなと思い、ドラッグストアで
ビオフェルミンを買って帰りました。
結局4種類、合計8粒を、子供は飲んでくれています。
見た目はなんともなさそうです。
今は自粛期間で、過激な運動はしないですが、来月は
自粛明けで運動するかもしれず注意したいです。
家庭内は、表面的には穏やかっぽいです。(腹の中は
わかりません)
早く、治療方法がみつかるよう願っています。
書かせていただいてありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2021-09-27 15:16:14
まるぞうさん
脳梗塞で倒れる方、お亡くなりになる方が増えている様ですね。
交通事故も、増えるのでしょう。
しかし、ワクチンとの関連を誰も言わない。
言えない。
だけど、ここのお仲間なら、分かる。
分かる人には分かる。
静かに様子を見たいと思います。
Unknown (みの虫)
2021-09-27 15:26:40
高橋徳医師・中村篤史医師共著本『コロナワクチンの恐ろしさ』の中に以下の記述があります。〜[●スラミン(松の葉抽出物)ジュディー・マイコビッツ博士が「スラミン」と言う薬を紹介している。アフリカ睡眠病に対する薬ということでWHOの必須医療品リストにも収載されている薬だと言うが、日本での知名度はほぼゼロ。医者だって知らないだろう。調べてみると、松の葉から抽出される成分だと言う。スラミンの作用は、血液凝固カスケードの抑制作用と、RNAとDNAの複製/修飾を抑制する作用、この2つである。コロナあるいは(コロナワクチン)の症状として、脳梗塞、心臓発作、肺血栓、月経周期異常、子宮脱、出血過多月経などが挙げられるが、これらすべて、血栓症が根本にある。だから、結局、血栓異常をしっかりストップすることができれば、コロナワクチンの被害も相当部分、食い止めることができるはずである。そこで、スラミン(松の葉)の出番となる。さらに、マイコビッツ博士によると、スラミンは、ワクチン接種者から放出される病原体(スパイクタンパク)による感染にも有効だという。「ひとつ屋根の下で一緒に暮らす家族がコロナワクチンを接種してしまった」という人は多いが、こういう人にとって、松の葉茶は福音となるに違いない。お茶を煮出すのがめんどくさい人には、こういった松葉エキスでも同じ効果が得られると思う。松の葉抽出物がコロナに効くかどうか、実際の論文はおそらく無い。ただ、「効く」と断言しているのが、あのジュディー・マイコビッツ博士その人であるということ。個人的には、もうこれだけで、説得力が倍増する。極めて優秀でありながら、C○Cのファ○チ所長にキャリアをめちゃくちゃにされた女性科学者。この人はコロナ騒動の初期から一貫してキーマンだった。]〜以上です。
Unknown (Unknown)
2021-09-27 15:38:43
青にゃんが旭川市長選に言及されましたね。やはりキッシーで決まってしまうのでしょうか?
Unknown (SHO_KO)
2021-09-27 17:58:39
オンエア情報
・100分de名著 ル・ボン“群衆心理”[終](4)「群衆心理の暴走は止められるか」 Eテレ9/27(月)午後10:25~10:50<再>9/29(水)午前5:30~5:55、午後0:00~0:25
第四回は、ル・ボンが群衆心理の暴走に対して描いた処方箋を読み解き、「思考し問い続けること」の大切さについて深く考える。

→今日は第3回「操られる群衆心理」を観ました。出てきたキーワード「断言」は私が一番嵌りやすいものだと今日の記事で再認識しました。
白黒ハッキリするのは気持ちがいいものですね。決めつけた方が迷いがないから単純にそこへ向かって進めばいいし、脳が楽なんですよね。極端にいうと、結論を決めたらそれに沿う情報を判断して集め、都合の良いものだけが、自分が正義とする根拠となる。
>読者の皆様へ。の「中立の立場」が大切だという内容、よく伝わりました。
Unknown (玲玲)
2021-09-27 18:50:14
すみません、安全かどうかまだ判断できなくて、と、何故かめぞん一刻の響子さん風なイメージで言えたらいいなって思ったけど、まだまだ面倒な自分がいるので、私がワクチン接種で死んだら、運が悪かったって言われて終わりですよね、と冷たく言い放ちそうなので、自分の自我をヨシヨシします。
多分あと、半年か1年の辛抱で済む、もしくはすまなくても、市中引き回しとかされる訳では無いので、頑張ろ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事