まるぞう備忘録

無題のドキュメント

バターナイフ効果。

2019-03-15 09:02:34 | 今日のひとり言

防災カレンダー
15日。中潮。己[亥]・丁卯・辛[亥]。



ある物理学博士と助手の会話。

「博士。お話って何でしょうか。」

「うむ。助手くん。ここに缶入りコーラがあるだろ。問題なのだが、これを思いっきりコンクリートビルにぶつけるとするとどうなるかね。」



「そうですね。缶が凹みますね。」

「うむ。では速度をもっと上げてはどうだろう。」

「そうなると缶は潰れて中のコーラが吹き出しますね。」

「もっと速度を上げたらどうなるかね。運動エネルギーは速度の二乗に比例するからね。コンクリートをぶち破ることは出来ないかね。」

「そりゃコンクリートの一部が欠けることはあっても、壁を貫通するのは難しいでしょう。運動エネルギーのほとんどは缶が変形することに使われるでしょう。なぜなら缶の方がコンクリートより柔らかいからです。」

「うむ。正解じゃな。それでは車はどうだろうか。たとえば乗用車を凄い勢いでコンクリートにぶつけるとどうなるかね。」

「やはり車はペシャンコになるでしょう。缶の時よりはコンクリートは欠ける量は多いかもしれませんが、やはり同じ現象でしょう。
 なぜなら車とは外が鉄板で覆われていますが、中は空洞ですから。基本はコーラ缶と同じです。」

「速度を上げれば衝突でコンクリートを貫通することが無理かね。」

「もしコンクリート壁が薄ければ外壁の穴を開けることは可能かもしれません。でももし乗用車が構造鉄骨にぶつかればそこで止まることでしょう。」

「乗用車が鉄骨を切断してビル内に潜りこむことは可能かね。」

「無理ですね。鉄板と鉄骨。同じ材質ですから、切断されるのは鉄板の方です。厚さは100倍ほどの差があるでしょう。鉄骨はせいぜい歪むぐらいでしょう。運動エネルギーが充分高くてどちらかが切断されるのであれば、真っ二つになるのは鉄骨の方ではなく、車体の方です。」


バターナイフ効果。

「なるほど。正解じゃ。では飛行機ならどうかね。もし飛行機がコンクリートのビルに突っ込んだら。」

「ああ。飛行機の場合は、ビルの中に貫通して行きます。そりゃ常識ですよ。」

「でも飛行機はアルミとジュラルミンの板で覆われた中は空洞の筒だぞ。車の鉄板よりさらに軽い金属だぞ。
 ジュース缶でも鉄缶のコーヒーは潰しにくいけれど、アルミ缶のコーラは潰しやすいだろ。飛行機はアルミ缶で車は鉄缶だぞ。車はコンクリート壁でペシャンコになるのに、飛行機ならコンクリート壁を貫通するのかね。」


※飛行機の内部構造。巨大なアルミ缶と同じ。

「はい。そうですよ。当たり前じゃないですか。」

「コンクリート壁を貫通するだけじゃなく、鉄骨も切断していくのかね。」

「はい。そうですよ。」

「鉄骨はI型鋼だぞ。高層ビルで使われる。航空機は軽量化のため中はスカスカだぞ。それでもアルミジュラルミンの皮が、コンクリート壁を破壊するだけじゃなく、何十本の鉄骨を切断するというのか。
 自動車なら鉄骨一本も切断できないのに。アルミジュラルミンのペラペラの飛行機は何十本も切断するというのかね。」

「はい。そうです。常識ですよ。」

「正解。助手くん。君は物理学をマスターしたようだ。飛行機だけはコンクリートビルも鉄骨も切断して貫通するんじゃ。 これをバターナイフ効果という。
 どんなに堅いコンクリートでも鉄骨であっても飛行機は、まるでバターナイフがバターにささるように貫通していくのじゃ。
 よくここまで勉強したもんじゃ。」

「えっへん。」











博士のいうように飛行機がバターナイフのようにビルに吸い込まれて行きます。


 切断するのにこれほど苦労する巨大な鉄骨です。しかし飛行機のペラペラの外皮は、バターナイフ効果により、これらの鉄骨を何十本も切断しビル内を貫通していくのです。


 40本以上の鉄骨が飛行機の本体と羽根によって切断されています。飛行機の影が見えないことから、ずっと奥まで飛行機が鉄骨を切断しながら突き進んだことがわかります。

 その証拠に、別の角度では飛行機はビルの反対側まで貫通しているようです。










あるデジタル工房での会話。

当日はアメリカ某所では、こんな会話があったかもしれませんね。

「ボス。今日はいったいどうしたってんです。朝から大忙しです。」

「まあ、そういうな。どれも大事なお得意さんからの特急の仕事ばかりだからな。特急と言っても手を抜くなよ。」

「もちろん大丈夫です。私の仕事のどこに手抜きがあるってんですか。ほら見て下さいよ。」

「うむ。素晴らしい。まるで本当にバターナイフがゆっくり巨大なバターにささって行くように見える。」

「でしょう。現実の爆発に合わせて逆算して描いていますから。」

「うむ。それが終わったら次はこちらを頼む。これは今晩のニュースに使う素材だからな。アメリカ中。いや世界中の人が見る画像となるからな。急ぎながらも丁寧にやってくれよ。今回の仕事が終わったらボーナスをはずませてもらうよ。」

「イエッサー」


 ライブでヘリコプターから現場を中継していた記者は、北棟に続き、南棟が突然いきなり爆発したように見えたことでしょう。しかし大丈夫。夕方のニュースにはきちんと飛行機は間に合いましたよ。











9/11 - No Plane Hit South Tower





おまけ(読者の方が教えてくださったこと)
==========
日本維新の会の足立議員が「国会議員は帰化情報を公開すべき」と提言しています。欧米では当たり前だそうです。野党から大反対を受けそうですが、官邸に意見を送れば実現すると思われますか?日本を守りたいです。

→ 官邸に声を送るのは大切なことだと思います。あと本件に関しては自民党に送るのも有効と思います。

自民党へのご意見
https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.269020789.500088484.1552604417-1368235832.1522575404

==========
最初の君が代を歌う五郎丸選手の目から一筋の涙が流れました。この日本代表の思いが国魂を動かしました。オリンピックの選手も君が代を柱に頑張って欲しいものです。

→ 本当に。君が代が世界中に流れる良い機会ですね。

==========
安倍政治を許さない なる標語の表面を削り取ると ぼくちゃんはパパが大嫌いなんだ になるだろう。さらに削ると 俺は権威なるものが大嫌いなんだ になるだろう。

→ 大嫌いは「自分を認めて」の裏返しであります。

==========
小春日和って晩秋から初冬にかけての春のような陽気を言うそうです。

→ ご指摘ありがとうございます。また一つ賢くなりました。(*^^*)

==========
私は、恨みの中に生きなかった。それが、今の私を存在させてくれてると思う。悲しい痛い思いをした子供の私は、耐えるに強い子供だったのだと。気づかせてくれてありがとう

→ ありがとうございます。

==========
まあ確かに今の生活に昇華出来てない不満が鬱屈して、それらを左に利用されている可哀想な人たちではあるんでしょうが。私もなるべくそう思うようにしたいですが。
でも日本に過去から現在に繋がる恨みの遺伝子、寄り添って気持ちは決して忘れずにいたいです。


→ 洗脳から覚めた日本人から、日本を守るためのミジンコの一滴一滴の雫は必須であります。
一方眠ったままの人間に感情的に接してもお互い消耗するだけです。それは子育てに似ています。理屈で子供は動かない。
子供は親の姿を見て育ちます。私達に出来るのは、彼らを説得することではなく、自分が出来る範囲でこの国と子どもたちを守る行動を各自それぞれ一つひとつ後悔のないように。

==========
人類発生は白山、琵琶湖周辺より、それが半島、大陸始め世界に出て行き最終はアフリカまで行ったとの事ですが、半島の先祖様も当然日本から出た行った人類の子孫になるのですね。それとも別の人類の起源なのでしょうか、同じ子孫なら一連托生と納得しやすいですが。

→ 私の空想小説では、半島の方たちも私達と同じであります。半島と日本。鏡のウラオモテ。
3歳児の「お前の母ちゃんデベソ」発言にこれほど感情的に反応する日本人が多いということは、同じものどうし引かれあっているということです。感情的になる。その心の内側を観察すると。自分が一番見たくない姿をお互い相手に投射しております。

==========
今日チェックしたら、なんとさらに別の猫ブログが1位に躍り出ていて驚きました!猫ブログ恐るべし!とか思ってよく見てみたらもしかして政治ブログ?敵か味方か?!のような気分になって、思わずみてみたら、
用語やなんかは私には難しい感じでしたが、もっと読みたいと思う感じのブログでした。


→ すみません。ようわからんです。私のテリトリー外です。

==========



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング




■ブックマーク
自民党への安倍首相応援コメント
安倍首相のFacebook

■防災意識リマインダー
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくは

■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恨みの遺伝子。その13。聴く。 | トップ | 犯人「イスラム人大好き。勤... »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2019-03-15 12:09:55
伊勢の猿田彦神社さんについては、wikipediaの概要で述べられていることが概ね正しいです。

まるぞうさんの「結界ホイホイ」で片付けられるのは、ちょっと猿田彦神社さんが可哀想なので付け加えます。

猿田彦神社さんの家系は、宇治土君(うじつちぎみ・うじとこ)さんです。
天照大御神様が伊勢の宇治に鎮座されてから明治4年までは内宮さんで奉仕されてました。実に2000年近くです。

しかし明治4年の世襲神職廃止の際に奉仕を解かれ、どのように生活していくかを考えたとき、屋敷神として祀られていた猿田彦さんを祭神として自分の屋敷を神社とされました。

明治政府からはもちろん快く思われない行為ですが、現在までなんとか生き延びます。

戦後の車社会到来時は交通安全祈願をメインに、結婚式もされたり、最近は芸能の神(天宇受売命あめのうずめ)さんも祀られるようになりました。
伊勢神宮とは違い、少し商業寄りですが、氏子もいない神社さんですから仕方ないと思われます。
東京でいえば、明治神宮も氏子がいないため、やや商業寄りでしょう。

歴史的経緯を加えるなら、宇治土君さんも度会さんと同じ、磯部氏です。

磯部氏は、天照大御神様が伊勢に鎮座される前に、伊勢を支配しており、稚日女尊である「朝日(朝の太陽)」をお祀りしていた海の民です。

伊勢津彦が伊勢の地を離れ、磯部氏が五十鈴の川上を天照大御神様に譲り、度会氏(磯部氏)が現在外宮さんのある山田へ退いたときに、宇治に残って、内宮さんに奉仕したのが宇治土君さん(磯部氏)です。

最初の読者の方のコメント全文が掲載されていないので、どのような内容を書かれたのかは分かりませんが、猿田彦神社さんを、内宮さん・外宮さんと同列には扱えませんが、伊勢の地を古くから守られてきた一族であることは確かです。

なので、「結界ホイホイ」で片付けられるのは少し可哀想ですので、久しぶりに長文を投稿させて頂きました。

商業寄り=「我良し」の方が集まりやすくなるのは、確かですが。。。

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2019-03-15 13:10:06
少しロマンを付け加えるならば、海洋民族であった磯部氏は、ムー大陸から逃れてきた民族との説も聞いたことがあります。

しかしこれは歴史的検証はされていませんので、現時点では、あくまでもロマンです。
今後考古学的発見や、DNA解析の進歩により解明される日が来るかもしれません😊
Unknown (Unknown)
2019-03-15 13:29:39
最後に、
伊勢に住む、心ある方は、猿田彦神社さんでは
「伊勢の地(狭義的には宇治の地)を古くからお守りくださり、ありがとうございます」
と感謝を捧げます。
地震雲のご報告です (Unknown)
2019-03-15 13:34:26
15日 昼 北西と南の方角
横に伸びる雲

福岡県遠賀郡です。
Unknown (Unknown)
2019-03-15 14:04:12
昨日の記事でなんとなく思ったのですが、「安倍政治を許さない。」の方は、一見自分を認めてくれない人に対して怒っているように見えますが、本当は他人の価値観に縛られている自分に怒っているのではないでしょうか。自分自身が、自分に対して本当の自分を理解してほしい、気持ちを分かってほしいと怒っているのかもしれないと思いました。

私自身、人に対して異様に怒りがおさまらなかったり、執着してしまうときに冷静に観察したら、一番自分のことを分かってなかったのは自分で、実はその人は関係なかったというパターンがよくあります。今まで気づかなかった、または見ないようにしていた気持ちを認め、受け止めると、徐々に怒りが消えていくことが多いです。

ただ、今まで見ないようにしていた部分を見つめるって、きついですね。思い通りにいかない、格好の悪い自分を見つめるなんて、正直やりたくない。(苦笑)人のせいにしたほうが楽。ついつい心の中で人のせいにしてしまいます。

だからこの方の気持ちもよく分かります。
自分が正しいと信じて努力してきた価値観が、実は本来の自分の価値観ではなかったということを認めるのは、長年真面目に努力してきた人ほど大変でしょうね。自分だったらその衝撃に耐えられるかなあ。ただ、人のせいにしている間は、延々と同じパターンを繰り返してしまうわけで…。でも、こればっかりは、他人はどうすることもできないし。難しいですね。まとまらない。すみません(^^;)
自分の考え、価値観がもしかしたら間違っているかもしれないという視点をいつも持っておくことは大事だなと思いました。
Unknown (Unknown)
2019-03-15 15:46:17
猿田彦神社ってそんなおかしな神社でしたっけ??

内宮の横にある神社で、私も行ったことがあります。

調べましたが、神社庁管轄です。
http://www.amigo.ne.jp/~chitonr2/jinjaichiran_ise.html
こんまりさんのこと (Unknown)
2019-03-15 15:52:02
今朝NHKBSP7時のキャッチ世界のトップニュースで、以前まるぞうさんが記事に取り上げていらした「こんまりこと近藤麻理恵さん」の特集をやっていました。

家に何を持ち込むか考えるようになり、保管できるからとなんでも買わないようになった、捨てるのではなく残す方に主眼を置く、手放す物に感謝をするという概念、

こんまり効果で食器や衣類の寄贈が急激に増加して喜んでいるホームレスの支援団体など、アメリカ社会に受け入れられ喜ばれている一方で、

衝動買いが減って、個人消費に悪影響が出る、と心配している人もいるとのことでした。
資本主義社会のアメリカとしては痛し痒しですね。
テルミット反応 (芋)
2019-03-15 16:47:43
9.11で倒壊したビルは鋼鉄チューブで組み立てた外壁とコアで構成され、コア部分にエレベーターや階段を集中してコアと外壁の間に梁を渡した構造で、フロアに柱を要しない、結果最上階まで同じフロアが確保出来ると言う構造だったと読んだ事があります。
その外壁を構成する鉄骨チューブはアルミの外皮で覆われていた、またこのチューブは上方で枝のように細い分岐になっていた由、これがあのような悲惨な崩壊の原因になったではないでしょうか。テルミット反応で瞬時に高熱が発生、外壁が溶融崩壊した。
ジェットエンジンは高温を発生するのでそれが引き金になったのでは?
もし、外皮の鉄骨がアルミで被覆されていなかったら、細く枝分れしていなかったら、あそこまで急激な反応はなく人々は逃げおおせたかもしれないと思うのですが・・・。
ただ、耐荷重と自重のバランスを考えれば上方を枝状に分岐するのは構造技術者としては常識だろうとは思います。

・・・誰かあの外壁の構造を知って居た者が居た?!
いつも、ありがとうございます。 (Unknown)
2019-03-15 17:04:06
まるぞうさん、国会議員の帰化情報開示について、アドバイスをありがとうございました。早速自民党宛てに国政や地方政治に携わる議員全員の帰化情報を開示してほしい旨の意見を送りました。また、国籍と帰化に関する情報は議員に立候補する時点で知りたいですね。

話は変わりますが「300満点の150点を覚悟する」の中の「人生は50点」という言葉に何だか救われました。人生が苦しい、足りないと思っていたのは、100点を目標にしていたからでした。半分は手に入らなくて当たり前なのだと知ったら、理不尽だと思う事にもあきらめがつき、あれもこれもありがたいと思えてきました。大切な事をいろいろ教えて下さってありがとうございます。
Unknown (薫風亭奥大道)
2019-03-15 17:21:57
猿田彦神社には、ももクロの事務所であるスターダストプロモーションが鳥居だったかを寄進してますね。芸能関係はお陰を求める体質が強いですから、そういう「気」が集まっていることは確かでしょうね。
ももクロの人気はそのお陰ではありません。あくまで彼女達の「人間性」によるものです。これ常識ね(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事